八月の狂詩曲(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
Rhapsody in August Official Trailer #1 – Saburo Kadowaki Movie (1991) HD

八月の狂詩曲(映画)の動画フルを安全に見る方法

『八月の狂詩曲』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『八月の狂詩曲』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

八月の狂詩曲(映画)の内容

映画『八月の狂詩曲』は、1991年5月に公開されました。

原作は、村田喜代子さんの4編の短編を収録している芥川賞受賞小説の「鍋の中」です。

監督・脚本は、戦後の日本映画を代表する監督のひとりで、世界的に最も有名な日本人監督「世界のクロサワ」こと黒澤明さん、製作を息子の黒澤久雄さんが務めました。

黒澤明監督の第30作目となる本作は、長崎の人里離れた山村を舞台に原爆体験をした祖母と四人の孫たちのひと夏が描かれております。出演者には村瀬幸子さんをはじめ、吉岡秀隆さん、ハリウッド俳優・リチャード・ギアさんなど、ベストメンバーが顔を揃え、世代や国籍を超えて、あらゆる人々の心を揺さぶらずにはいられない感動の大作ドラマとなっております。

長崎の街並みや田舎の景色は20年以上前とは思えないほどとても綺麗な映像です。音楽も映像にぴったりでとても心に残ります。特に、映画の途中やエンドロールに流れる讃美歌が素敵でした。

何も考えないで皆さんに見て欲しいし日本人は勿論、海外の方にも見てほしい映画です。

派手な演出があるわけでもなく、エンターテイメントでもない。なので、評価は別れるとは思うが、映画にこめられた願いなど考えてみれば、味わいのある映画だと思います。

以前にも観たことありますが、懐かしくなり久しぶりにゆっくりと鑑賞しました。少しだけのつもりが最初から最後まで何故だか見てしまいました。良くも悪くもメッセージ性が視聴者に伝わる映画で、個人的には凄く良い映画だと思います。

あらすじ

ある夏、長崎の山村に住む鉦(村瀬幸子)の元に、ハワイに住む兄・錫二郎(松本克平)から1通のエアメールが届きます。それは、錫二郎の息子・クラーク(リチャード・ギア)からで、余命が長くないので錫二郎が死ぬ前に鉦に会いたいという内容でした。

鉦は兄弟が多かったため錫二郎のことをすっかり忘れてしまっております。また、突然現れたアメリカの親戚の存在に興奮した鉦の息子の忠雄(井川比佐志)と娘の良江(根岸季衣)は、鉦の代わりに四人の孫を置いてハワイに飛びます。

鉦は縦男(吉岡秀隆)、たみ(大寶智子)、みな子(鈴木美恵)、信次郎(伊崎充則)四人の孫の面倒を見ることとなり、ひと夏を一緒に過ごします。都会で育った孫たちにとって、田舎は退屈でしかありませんが、鉦は原爆投下など戦争時代の思い出話を孫たちに聴かせ、原爆で祖父を亡くした鉦の気持ちを孫たちは理解していきます。

やがて、鉦がついにハワイに行く決心をするのですが、入違いで忠雄と良江が帰って来きます。そしてある日、突然鉦の家にクラークがハワイから日本にやってきます。

見どころ

黒澤明の初挑戦

黒澤監督といえば、モノクロ時代劇という印象が強く、本作のようなホームドラマは、黒澤監督が初めて挑戦した作品になります。

物語が原爆に触れていること、世界で唯一の被爆国だからこそ描ける内容にもなっており、ファンや映画評論家から大きな支持を受けています。

公開から間もなく30年経ちますが反核を伝えたかった黒澤監督は、ずっとずっと先の未来を見据えていたような気がします。非常に印象的な作品となっており、感性に強く訴えてくる名作です。

リチャード・ギアの報酬

錫二郎の息子・クラーク役を演じたのは「僕は世界でも日本が一番好きな国なんだ」とインタビューで答えるほど、大の親日家としても有名なハリウッド俳優のリチャード・ギアさん。本来であればジーン・ハックマンが予定されておりましたが、健康上の理由から撮影前に降板しております。

リチャード・ギアの希望で、劇中で使用された念仏堂を撮影終了時に解体して彼のアメリカの別荘に移築されました。これは、特別扱いを断った彼の出演料が非常に安かったこどもあり、埋め合わせの意味もあったそうです。

実際の出演料がいくらなのか。この移築がいくらだったのかは不明ですが、ギャラ以上の演出を魅せてくれております。さすが、世界が認めるハリウッド俳優です。

スタッフ

原作:村田 喜代子「鍋の中」
監督・脚本:黒澤 明
製作:黒澤 久雄
製作総指揮:奥山 融
音楽:池辺 晋一郎

キャスト

鉦おばあちゃん:村瀬幸子
長崎の山村に済む老婆。

縦男:吉岡秀隆
みな子:鈴木美恵
良江の子供たち。鉦おばあちゃんの孫。

たみ:大寶智子
信次郎:伊崎充則
忠雄の子供たち。鉦おばあちゃんの孫。

忠雄:井川比佐志
鉦おばあちゃんの息子。

町子:茅島成美
忠雄の妻。

良江:根岸季衣
鉦おばあちゃんの娘。

登:河原崎長一郎
良江の夫。

クラーク:リチャード・ギア
錫二郎の息子。鉦おばあちゃんの甥。

錫二郎:松本克平(写真出演)
ハワイに済む鉦おばあちゃんの兄。

その他:牧よし子 / 本間文子 / 川上夏代 / 音羽久米子 / 木田三千雄 / 東静子 / 堺左千夫 / 夏木順平 / 川口節子 / 槇ひろ子 / 加藤茂雄 / 歌澤寅右衛門 / 門脇三郎

『八月の狂詩曲』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

八月の狂詩曲(映画)の感想

40代女性
40代女性

長崎を舞台に原爆体験をした祖母と4人の孫たちとのひと夏の交流を描いています。かつて祖父が務めていた学校のジャングルジムや平和公園など、戦争の悲惨な爪痕を黒澤明監督は真正面から映し出していました。あまりにも直球すぎるその描写は、まるでドキュメンタリーを見ているようでもありました。ホッコリする場面もあれば、やはり戦争経験者のお婆ちゃんの言動には聞いている子供たちのようにゾッとします。子供たちがしきりに、「なんか怖い」と言っているのが印象的で、私も子供の頃に原爆に関わる児童書を学校などでいくつか読みましたが、その時に思ったのも「なんか怖い」でした。この怖いという感覚だけはいつまでも忘れません。いまの子供たちにもこの感覚をこの作品を通して共に感じて覚えていて欲しいです。入道雲をキノコ雲と勘違いしたお婆ちゃんが、向い来る雨風にまるで突進してゆくように長崎の街に走って行く。それを追いかける孫たち。戦争が残したものがどれほど恐ろしいのかを考えさせられます。この身で経験したことのない私はこういう作品に触れなければ時代を振り返ることも出来ません。戦後70年以上経った今、当時のことを汁人は亡くなられ、戦争の話を聞けなくなっていくから、こういう映画を観ることは大切だと思います。

50代男性
50代男性

黒澤明監督の最後から二番目の作品が、この「八月の狂詩曲」です。前々作「乱」は黒澤監督自身が、「自分のライフワーク」というように、絢爛豪華な芸術作品に仕上がっていました。その後、箸休め的なオムニバス形式の映画「夢」を挟んだ後に、この作品に取り組みました。全体的に穏やかなトーンで、美しい自然や映像に包まれ、黒澤作品の中では、一番肩の力が抜けた、のんびりとした映画だと思います。当時のこの映画のキャッチコピーは「なんだかおかしな夏でした…」という物でした。文字通り、何だかおかしな田舎の夏休みの話です。舞台は長崎。戦争体験を持つお婆さんと、四人の孫達が中心で物語が進んでいきます。戦争、長崎という事もあり、お婆さんは原爆体験があります。激しいシーンは全くと言っていい程ありませんが、反戦、反原爆がこの映画のテーマとなっています。ですが決して声高にそれを叫んでいる作品ではありません。この映画にはハリウッドスター、リチャード・ギアも出ています。当時も話題になりました。しかし、そんなに多くは出ていないので、彼を期待して観るとちょっと物足りない事でしょう。でも彼のファンだったら、たどたどしい日本語を喋りながら、四人の孫たちと遊ぶシーンは、なかなか良い物ですよ。

 

まとめ

『八月の狂詩曲』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました