私たちのハァハァ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
6/29 DVD セル/レンタル同時解禁!映画『私たちのハァハァ』予告編

私たちのハァハァ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『私たちのハァハァ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『私たちのハァハァ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

私たちのハァハァ(映画)の内容

映画『私たちのハァハァ』は、2015年9月に公開されました。

監督は、ベルリン国際映画祭においてコンペティション部門正式招待作品『ワンダフルワールドエンド』を手掛けた、ジャンルやカテゴライズにとらわれない“今”を撮り続ける松居大悟さんが務めました。

本作は、女子高3年生たちが大好きなロックバンドのライブを見に行くため、福岡から東京まで自転車で駆け抜ける、どうしようもなく好きなものがある全ての人に捧げる青春ロードムービー。主役の女子高生たちを、井上苑子さん、大関れいかさん、真山朔さん、三浦透子さん。彼女たちの周りを日本映画界を担う若手実力派俳優・池松壮亮をはじめ、中村映里子、武田杏香などが集結しました。

手持ちカメラを多用して自撮りを意識した臨場感のある夜のシーンが印象的でした。またそれぞれのキャラが誇張されずに自然に描かれているのが良かったです。

いやー泣きましたわ(笑)私はクリープハイプが大好きだから、ほんとうに彼女らと旅をしているかのようで、共振できることが嬉しかったです。

青春時代に感じた何でも出来そうな根拠のない自信。好きになったアーティストが神のような見えて洗脳される感じ。忘れていた感覚を思い出して、彼女たちが羨ましく思えました。また、同じバンドが好きでも熱量が人によって変わるところが凄くリアルで、懐かしさも思い出させてくれました。

映画としてはドキュメンタリーっぽい作りになっていて、これぞ青春、リアルな青春映画を見せてくれました。

あらすじ

福岡県北九州市の片田舎の高校に通うチエ(真山朔)、さっつん(大関れいか)、文子(三浦透子)、一ノ瀬(井上苑子)は仲良し四人組。彼女たちは人気ロックバンド・クリープハイプの大ファンであり、福岡のライブを見に行きました。

そのライブ会場で出待ちをした際にメンバーから「東京のライブにも来てください」と声を掛けられたことを真に受けて、東京へ必ず行くと決心しました。高校3年生最後の夏休み、一ノ瀬が親と喧嘩し、バイトも辞めて家出をしようとしたことをきっかけに、四人は渋谷のライブ会場まで自転車で向かおうと団結しました。

ですが、勢い任せで出発した彼女たちの自転車は早々にパンクして、お尻も痛くなり、お金も底をつきてしまい、仲良し四人組の間に亀裂が走ります…。彼女たちは無事、四人で東京に辿りつくことが出来るのか?そして、クリープハイプの東京公演を見ることが出来るのか!?

見どころ

オープニングシーン

2代目なっちゃんの三浦透子さん、ミスiD2014ファイナリストの真山朔さん、Vine動画で有名になった大関れいかさんに、シンガーソングライターの井上苑子さんと、異色で新鮮。また、女子高生姿のリアルさが増したキャスティングで撮ったドキュメンタリータッチの青春映画となった本作。

物語の大筋は大好きなバンドのライブを見に行くために、福岡から東京を目指す女子高生四人の自転車旅というシンプルながら大変面白い企画です。自転車で各地の観光名所をめぐる様子は、思春期の冒険心を上手くとらえていて、同年代の人やかつて同じように自転車で長距離を走ったことのある人なら心ときめくはず。それを演じた彼女たち女子高生たちも自然な演技をしており、より感情移入しやすくなっておりました。

何かを好きでいる強さだけで突き進めるのは若さゆえかもしれませんが、好きなことに『ハァハァ』しているのが一番楽しいという真理。そこに至るまでの描き方がとても素晴らしいです。

また、物語の前半は出発地点である九州の風景をさまざまな角度から綺麗に映しており、田舎景色をモニター越しに眺めるだけでも十分な見応えがあります。

スタッフ

監督:松居大悟
脚本:舘そらみ / 松居大悟
製作:高根順次 / 林武志
音楽:クリープハイプ
主題歌:クリープハイプ「わすれもの」

キャスト

一ノ瀬:井上苑子
北九州の高校3年生。少しだけ金髪に染め、家出する不良少女。

さっつん:大関れいか
北九州の高校3年生。明るく元気な性格で、みんなをまとめる存在。

チエ:真山朔
北九州の高校3年生。楽しいことを求めて、東京を目指す。

文子:三浦透子
北九州の高校3年生。四人の中で一番クリープハイプ愛が深い。

三奈子:中村映里子
神戸で四人にチケットを譲ってくれた女性。

クリープハイプ
四人が憧れる人気のロックバンド。

武田杏香
池松壮亮
satellite blue metro
佐藤太一郎
茜チーフ
池浦さだ夢
土佐和成
中村まこと

『私たちのハァハァ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

私たちのハァハァ(映画)の感想

 

20代女性
20代女性

クリープハイプのライブに行くために女子高生たちが奮起するストーリーですが、まさに青春がぎゅっと詰まっていて観ていて胸が熱くなりました。片田舎の女子高生という設定も感情移入しやすくていいですし、思わず応援せずにはいられないキャラ設定で最高でした。監督を務めるのは松居大吾さんですが、松居さんの作品はとにかく会話の内容やテンポにリアリティがあり観ていて面白いです。私達のハァハァも例外ではなく女子高生同士の会話のリアルさ、面白さがしっかりと描かれていると思います。また、現代っ子ならではという感じですが劇中、SNSがよく出てきます。映画というとどこか知らない世界の話を観ているような気持ちになりがちですが、この作品は本当に実在する女子高生の日常を垣間見ているようで非常に興味深いです。そして最後にはクリープハイプも実際に登場します。代役を使わず、本人を使うことで観ている側もとても嬉しかったです。長い長い旅を終えてやっとたどり着けた女子高生たちに思わずうるっとなりました。そして、この映画のためにクリープハイプは曲を書きおろしており、歌詞とメロディのテンポ感がとても映画にマッチしていて、作品に華を添えてくれるところも注目ポイントです。

20代女性
20代女性

クリープハイプ×松居大悟×池松壮亮。大好きな組み合わせなので観た作品です。クリープハイプが大好きな4人の女子高生が送る青春ロードムービー。今やよく知られているyoutuberの大関れいかちゃんも出演しておりますね。自転車で好きなバンドに会いに北九州から東京に向かうというなんとも無謀な旅。もう青春すぎて…それだけで素敵!!一ノ瀬を演じる井上苑子ちゃんをこの映画で知りましたが、アコギを背負って自転車を漕いでる彼女が夜の公園で弾き語りをした「左耳」が凄くきれいで印象に残っています。この子良い声だなぁと思ったらシンガーソングライターでした!池松壮亮さんの出演シーンは短く、それでも色気のある演技をしていてさすがだな、好きだな、と改めて思ったが、一ノ瀬の歌う「左耳」が私の一番好きなシーンになりました。4人でクリープハイプがどのくらい好きか語り合うシーンだったり好きなバンド本人のツイッターにリプ送っちゃうあたり"リアルな女子高生"という感じがして良かったと同時に若いの羨ましいーーー!という感情にさせられた作品だった。しかしヒッチハイクで池松壮亮が拾ってくれてチューなんてされちゃったらどこまでもついて行っちゃうな…

30代女性
30代女性

よくある青春映画ではありますが、自分の高校生時代を思い出し懐かしく思える映画です。最初は少し退屈みたいにも思えますが、少し我慢して最後まで見てほしいです。最初のほうは撮影している様子のシーンがあるばかりなのでちょっとつまらなかったです。こういうのはホラー映画だといいのかなと思いました。自分たちでカメラをまわし、現代でもスマホなどで撮影が簡単ですが、やはりつまらなかったです。でも青春の1ページだと思いながら見てほしいと思いました。くだらなく友達と毎日はしゃいだり、話したり、ふざけたりする動画は今のこってないですけど、そういうのも残しておけばよかったかなとおもいました。友達と過ごした日々を思い起こさせてくれます。今からでも友達と楽しみたい、お酒をくみかわしたい、最近会ってない友達と会いたい、連絡したいと思いました。出演している女子高生たちは素人のように(プロかもしれませんが)、演技が自然でした。見ている自分もその子たちの友達の一人になったような感じになりました。時間が限られる中で、この時代では恋愛内容が多いですが、これは全くの青春映画です。女子だけで自転車で行くというのも大胆です。男子ならよくあるかと思いますが、見ると楽しめます。

20代男性
20代男性

なんと大好きなバンドのライブを見る為に北九州から1000Km以上離れた東京へ自転車で向かうことにした4人の女子高生を描いた青春ストーリーとなっており初めはいくら田舎に住んでいてもそれはないだろと思いながら見ていくうちにどんどんとこの世界観にはまっていく自分がいました。福岡北九州市の田舎町に暮らす4人の女子高生、以前福岡の行われたロックバンド「クリープハイプ」のライブに行った際、バンドメンバーに是非東京ライブにも来てくださいと言われた事を真に受けた彼女たちは東京のライブへ行くことを決意します。普通は社交辞令だろと考えるんですが、やはりそこは女子高生で思い立ったらすぐ行動に出てしまいます。3人は高校最後の夏休みを利用して自転車で日本を横断する1000kmの旅を計画するのでした。やっぱり若いっていいですよね~普通だったらお金をためて新幹線もしくは高速バスで行くだろと冷静な人はツッコミを入れたくなるところですが、移動中もすでに彼女達のライブは始まっているようなもので色々ありながらも最後はライブに到着することが出来たのか?ロックバンドの「クリープハイプ」は本人役で登場しておりライブシーンなどは本格的なライブを楽しむことが出来ます。

まとめ

『私たちのハァハァ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました