グッドバイ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

コメディ
2.14(金)公開『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』本予告

グッドバイ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

グッドバイ(映画)の内容

映画『グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~』は、2020年2月に公開されました。

没後70年を経てもなお人気の衰えない昭和の文豪・太宰治さん未完の遺作『グッドバイ』。それをケラリーノ・サンドロヴィッチさんが独自の視点で解釈した制作した同名の舞台劇を原作に、映画『八日目の蟬』などを手掛けた成島出さんが監督を務めて映画化されました。

本作の物語は、女性をほっておけないダメ男と、金にがめついパワフル女が偽夫婦を演じ、愛人に別れを切り出していく姿が描かれており、W主演を大泉 洋さんと小池栄子さん。ほかに、水川あさみ、橋本 愛さん、緒川たまきさん、木村多江さん、皆川猿時さん、田中要次さん、池谷のぶえさん、犬山イヌコさん、水澤紳吾さん、戸田恵子さん、濱田 岳さん、松重 豊さんと豪華面々が顔を揃え話題を集めました。

一風変わった人情劇だったが、さすがの大泉洋。面白さは期待通りでした。また、小池栄子が良い味を出していた。魔法使いのおばあさんのようなドスの効いたダミ声が、今でも耳に残っている…。恐いくらい役に徹した演技が素晴らしかった。

作品的に文学的要素がまったくなく唯一、太宰治らしいと思えたのは、どうしようもなく女性にだらしないダメ男を描いた点かと思います。そんな男の人生の浮き沈みの沈み部分をコメディにした作品という印象で、とても面白かったです。

クライマックスのどんでん返しが多少強引だった気がしますが…。それでも、明るくハッピーな作品にしようとする演出だと思って納得しました。

大泉洋さんと小池栄子さんのコンビが最高に良かったです!大泉洋さんの役的に、嫌な男に感じるのが大半だと思いますが、そう感じさせず、むしろしょうがないな~と感じれるのは、彼の持ち味だと思います。遠回りしても運命の相手に出会えて良かった!

あらすじ

戦後間もないころ、混乱から復興へと向かう昭和の日本。文芸雑誌「小説浪漫」の編集長・田島周二(大泉洋)は、女性にモテる性質で気が付けば何人もの愛人を抱えておりましたが、疎開中の妻・静江(木村多江)と娘・幸子のために愛人たちと別れる決心を固めます。

ですが、優柔不断な性格の田島は、彼女たちに別れを切り出すことが出来ず、良案も思いつきません。作家の漆山連行(松重豊)に相談すると「綺麗な女性に妻のフリをしてもらい、愛人たちに紹介して別れを告げれば良い」というアドバイスを受けます。

すると、田島は見知った顔である永井キヌ子(小池栄子)を見つけ、彼女の泥だらけの顔を洗うと誰もが振り返るほどの美人だったのでした。田島はキヌ子に事情を説明して“偽夫婦計画”を懇願すると、金にがめついキヌ子はそれを引き受け、二人は偽夫婦を演じることに。

男は、女と別れるため、女は、金のためー。こうして、二人の“嘘夫婦”の企みが始まりました。

見どころ

実力派のキャスティング

本作の主人公とヒロインを演じるのは、日本映画界・演劇界を担う実力派の大泉洋さんと小池栄子さん。

大泉洋さんは、周囲の女性たちがなぜか好きになってしまう典型的なダメ男・田島を演じました。大泉さんは、脚本を読んでいる途中でマネージャーに「面白い!ドキドキする!こういう作品に出たかったんだ!」と、思わずメールをするほど、本作の魅力に憑りつかれていたようです。

小池栄子さんは、そんな大泉さん演じる田嶋が複数の浮気相手と別れるために、偽の妻を演じた永井キヌ子役を務めております。なんと、舞台版でも同役を演じており、読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞しているのです。

他にも田島を取り巻く女性たちを、水川あさみさん、橋本愛さん、緒川たまきさん、木村多江さん。彼女たちのイキイキとした演技も見どころの1つです。さらに、田島を尊敬する編集部員を濱田岳さん、偽夫婦計画を提案した作家を松重豊さんと豪華な面々が共演しております。

このように、個性豊かなキャストが勢ぞろいしている本作は一切中だるみすることなく、最後まで楽しく見られる一作となっております。

スタッフ

原作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ(太宰治『グッド・バイ』より)
監督:成島出
脚本:奥寺佐渡子
音楽:安川午朗
製作総指揮:木下直哉

キャスト

田島周二:大泉洋
文芸雑誌「小説浪漫」の編集長。ケチで優柔不断だがなぜか女性にモテる性質で、気付けば十数人の愛人を抱えている。

永井キヌ子:小池栄子
金にがめつく大食いの担ぎ屋。金のために、田島の偽の妻を演じる。

大櫛加代:水川あさみ
田島の愛人でクールな医者。

青木保子:緒川たまき
田島の愛人で未亡人。花屋で働いている。

水原ケイ子:橋本愛
田島の愛人で文芸雑誌の挿絵画家。

水原健一:皆川猿時
ケイ子の屈強な兄。

田島静江:木村多江
疎開中の田島周二の妻。

易者:戸田恵子
田島と清川の運命を大きく変えた、謎の預言者。

清川伸彦:濱田岳
文芸雑誌「小説浪漫」の編集部員。

漆山連行:松重豊
作家。本作の物語の肝を田島にアドバイスした男性。

佳乃:犬山イヌコ

採石場の親方:田中要次

デザイナー:池谷のぶえ

闇市のブローカー:水澤紳吾

『グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

グッドバイ(映画)の感想

30代女性
30代女性

文芸誌の編集長の田島周二(大泉洋さん)は妻子がありながら、愛人が何人もいる。幼い娘からの手紙を受け取った田島は愛人たちとは別れ、妻子の元へ戻ろうと決心する。しかし、はっきりと別れを告げられない田島は、永井キヌ子(小池栄子さん)に偽の妻役を演じて貰う。舞台でもキヌ子役を演じた小池栄子さんは、読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞している。抜群の実力を持つ小池栄子さんと大泉洋さんの二人のやり取りは、見ものだ。寂しいと言えば、ずっと傍にいてくれる優しさを持つ田島をコミカルに演じられるのは、大泉洋さんしかいないだろう。田島を取り巻く女性たちも、それぞれ違う魅力を持ったベテラン揃いだ。戦後、復興へと向かう時代の街や、殆どが手作りという昭和モダンでこだわりの衣装が目を引く。レトロな感じの真っ赤なワンピースに斜めに被った帽子は、小池栄子さんの美しさを際立たせている。生成りのスーツ・白い靴に白のパナマ帽が、とてもお似合いの大泉洋さん。この時代、外出時にはエチケットとして被るおしゃれな帽子が、大泉洋さんを一段と男前に見せている。それぞれの様々な想いが詰まったグッバイを、一人一人の心境に想いを馳せながら観て欲しい。切なさもありながら、クスっと笑えるコメディードラマ。

30代男性
30代男性

太宰治の未完の遺作である「グッド・バイ」をケラリーノ・サンドロヴィッチ」が原作の作品だということが気になり見た作品です。原作に監督独自の視点を加えたコメディー要素の強い映画でした。時代は戦後の復興期にあたり、文芸雑誌の編集長である田島周二を中心とした物語で何人もの愛人を抱える彼でしたが、流石にこのままではだめだと彼女たちと別れる決意をしますがしかし優柔不断な田島はなかなか分かれを言い出す事が出来ず、ガサツで薄汚いキヌ子に偽の女房役をお願いします。しかしいつも汚いキヌ子の顔を洗い流してみると何とも美しい美女に!そこからまた話がややこしくなっていくのですがそこがまた見どころです。主役の田島を演じるのは大泉洋で優柔不断なキャラが何ともピッタリでかなりしっくりくる配役です。そして偽の女房であるキヌ子役に小池栄子を起用しておりまた小池さんの演技が上手くどんな役でも見事に演じています。その他にも水川あさみ・木村多江など豪華な女優陣が愛人約と出演しており田島さんが羨ましい限りです。そんな豪華俳優陣をまとめるのが「八日目の蝉」「ソロモンの偽証」でも有名な成島出監督となっており始まってから終わるまで目が離せない作品です。

20代女性
20代女性

いい意味で「壮大な茶番」という喜劇です。喜劇らしい喜劇というか本当に面白かったです。浮気男が愛人に別れを告げるために動くドタバタコメディですが、見ていると浮気男な主人公に「バチ当たった方がいい!」と感情移入して思っていると、ちゃんと物語の次の展開でバチが当たります。そして、「流石にちょっと可哀想かも…」と思うと、救済のような主人公にとっていい展開が訪れたり、観ている方の気持ちを上手に弄ぶ作品です。愛人たちと別れ話をしに行ったら、爽快に振られたり、本当に現実にいたら「おい!」と言いたくなるけど、でもなんか女性がハマってしまうことがわかるようなへたれな主人公がどこか可愛くて、映画を見終わった後「可愛かったよね?」と思わず言ってしまいました。ストーリー展開ももちろんですが、何よりキャストの方の演技が素敵で表現されている世界観が絶妙に面白かったです。大泉洋さんの腹が立つけど可愛い主人公と小池栄子さんが作るどこか小悪魔でチャーミングな役がレトロでどこかおしゃれだけど笑ってしまう世界観を作っていて、全く笑うシーンじゃないのにどこかずっとニヤニヤしてしまう、映像が流れてそれを見ているという時間・空間自体すら楽しめる作品でした。

 

まとめ

『グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました