御法度(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

歴史時代劇
御法度(予告)

御法度(映画)の動画フルを安全に見る方法

『御法度』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『御法度』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

御法度(映画)の内容

映画『御法度』は、1999年12月に公開されました。

原作は、小説「竜馬がゆく」や小説「坂の上の雲」などを代表作とする、司馬遼太郎さんの短編小説集「新選組血風録」収録の「前髪の惚三郎」と「三条磧乱刃」です。

監督・脚本は、映画「戦場のメリークリスマス」などのヒット作を生み出した巨匠・大島渚さんです。本作は、大島さんにとって映画「戦場のメリークリスマス」以来となる、監督・脚本を手掛けた作品となりました。

映画「御法度」は、衆道(男色)の世界に魅せられた美男子剣士である加納惚三郎の姿を描いた作品です。そのイケメン剣士を演じたのは、映画「舟を編む」やドラマ「ハゲタカ」で圧倒的な存在感を放つ松田龍平さんです。ほかにも、ビートたけしさんや、武田真治さん、浅野忠信さんなど豪華俳優陣が脇を固めています。

とにかく松田龍平が美少年でした。新選組にも衆道というものが存在したのでしょうか…歴史に詳しい方はより楽しめる作品だと思います。

戦場のメリークリスマスに続き、坂本龍一の音楽が素晴らしいです。松田龍平さんも、デビュー作とは思えない堂々っぷりでした。それでいて初々しさもあり、とにかく美しいです。

男同士の嫉妬や裏切りを描いた作品はこれまであまり見たことがなかったので、新鮮な気持ちで鑑賞することができました。幻想的なシーンも多く、飽きずに鑑賞できました。

坂本龍一さんの音楽が入るタイミングがなんともいえず秀逸でした。心が動かされる場面で静かに後押ししてくれるような、そんな音楽でした。それにしても大島監督の作品は独特ですね。大衆ウケではないけれど、人間の美しくない部分もストレートに描いていて人間味を最大限に表現されるところが大好きです。

主演の松田龍平さんのデビュー作であり、美少年剣士という役柄から注目度も高かったようです。その期待に応えるように、松田龍平の美しさに魅了された!という声が多くありました。

坂本龍一さんの音楽や、大島渚さんがつくる独特の世界観も高評価でした。さすがです!

あらすじ

舞台は1865年の京都。新選組が募集した新人剣士の中に、美少年・加納惚三郎(松田龍平)という男がいました。同期の田代(浅野忠信)と加納の入隊は、新選組内部の空気を大きく変えていきました。加納の美貌に、男衆へ引き込もうとする者が現れ、隊内の秩序が崩れ始めました。

ある日、戦いの末、負傷してしまった加納。負傷した加納は、隊士・湯沢(田口トモロヲ)と密会をします。そこで、加納は田代と付き合っていながらも、湯沢とも関係を持ちます。湯沢は「田代と別れろ」と迫りますが、加納は断ります。頭に来た湯沢は加納を絞め殺そうとしますが、結局殺すことはできませんでした。

こうした隊内の男衆問題を懸念していた近藤(崔洋一)は、加納に女を覚えさせるよう命じます。しかし、加納はまったく女を相手にしません。それを聞き、田代との恋愛関係が原因だと判断した近藤は「加納に田代を始末させろ」と命じます。すでに枕を交わし、恋愛関係の田代と加納。二人の運命やいかに…!?

見どころ

大島渚監督の世界観

実は大島渚監督の代表作「戦場のメリークリスマス」との共通点があります。いずれも、倒錯した愛情と規律、制度やしきたりとのギャップを描いています。特に本作は人間味が色濃く描かれており、その分哀しみや切なさも深い作品に仕上がっていますので、ぜひ鑑賞してみてください。

初々しい松田龍平

今や、映画やドラマに引っ張りだこの松田龍平さん。松田さんにとっては本作がデビュー作であり、美少年ぶりを世間に知らしめた作品となりました。デビュー作でありながら、男衆という独特な世界観の中で圧倒的な存在感を放っています。松田龍平さんを知る方なら一度は見ていただきたい作品です。

スタッフ

原作:司馬遼太郎 短編小説集「新選組血風録」収録、「前髪の惚三郎」「三条磧乱刃」
監督・脚本:大島渚
音楽:坂本龍一

キャスト

加納惣三郎:松田龍平
美男で、剣術に長けた新人剣士。その美貌から、あらゆる隊士に言い寄られる。

土方歳三:ビートたけし
新選組副隊長。近藤からは「トシ」と呼ばれている。

沖田総司:武田真治
新選組一番隊組長及び撃剣師範。穏やかな性格。人脈が広く信頼されている。

田代彪蔵:浅野忠信
加納と一緒に入隊した。加納に男衆を教えた張本人。

近藤勇:崔洋一
新選組局長。新選組内の秩序の乱れを案じている。

山崎烝:トミーズ雅
諸士調役兼監察。気弱で真面目だが、女好き。性格とは裏腹に、大きな体で、男らしい顔立ちをしている。

菅野平兵衛:的場浩司
肥後訛りの男。新選組を馬鹿にしている。

伊藤甲子太郎:伊藤雅刀
新選組参謀及び文学師範。誰よりも国のことを案じている。

湯沢藤次郎:田口トモロヲ
加納に気がある隊士。

錦木太夫:神田うの
輪違屋で一番の売れっ子。

輸違屋:桂ざこば

おまつ:吉行和子

谷三十郎:飯島大介

吉村貫一郎:伊藤洋三郎

密偵の小者:寺島進

武藤誠十郎:田中要次

 

『御法度』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

御法度(映画)の感想

40代男性
40代男性

この映画は新撰組のある妖艶な隊士にまつわる時代劇ですが、巨匠大島渚監督の演出が独特で、映像もすごく綺麗な作品です。ストーリーの中心となる妖艶な隊士の役を若き日の松田龍平さんが演じており、この映画の演技で彼も有名になったのですが、男性を狂わしてしまうくらいの美しい雰囲気を見事に演じています。ビートたけしさんや浅野忠信さんといった豪華で個性的な俳優陣の中でも色褪せない個性があり、周りの新撰組隊士たちが彼の魅力に惹かれていく気持ちが分かる感覚になります。ストーリーも独特で、新撰組をテーマにした時代劇作品はこれまでたくさんあったと思いますが、男性が男性に惹かれていくといったようなテーマを描いた新撰組の作品は珍しく、他にないと思います。ミステリー的な要素もあり、独特のテンポで進むストーリー展開に最後まで見入ってしまいます。よくある新撰組のストーリーやエピソードとは全く違うのですが、逆にこの話であれば時代劇を見ない人でも興味深く見れると思います。土方歳三役のビートたけしさんは他の作品同様に存在感が抜群で、この映画のミステリアスな雰囲気の中で、重要な役割を果たしています。時代劇の枠を超えたストーリーと大島監督の素晴らしい演出が見れる傑作としておすすめです。

50代女性
50代女性

大島渚という監督の偉才ぶりは、今になってより鮮やかに感じられる。ボーイズラブという言葉が一般的となり書店の大きな棚を埋めつくし、またLGBTなど多様性を認めようとする動きが活発になるとは、この映画公開時には誰も信じられなかったのではないか。衆道に対してもまた、ひそかに語られてはいたものの、司馬遼太郎、新選組といった王道的な世界と結びつけてスクリーンに映し出そうと考え、見事に作り上げてしまうのはさすがと言うほかない。松田龍平のまとう独特の空気感は、作品の方向性を決定づけているように思う。武田真治、浅野忠信といったいわゆる美形の俳優たち、ビートたけし、崔洋一ら個性的な面々、それら男たちの風貌それぞれがくっきりと印象深い。一方、女性出演者で目をひくのは太夫姿の神田うのくらいしかいなく、徹底して「女」を排除した世界を確立している。大島監督作品ということで難しく構えてしまうかもしれないが、時代劇として、また新選組のスピンオフとして肩の力を抜いて見るとまた楽しめると思う。衣裳はワダ・エミがデザインしということで、時代物ではあるけれど独特なエッジの効いたフォルムと抑えたトーンがさすがで、目を楽しませてくれる。

30代女性
30代女性

松田龍平さんのデビュー作である御法度はとても大好きな作品で、DVDも購入し何度も見ています。この映画の特筆すべき点は、何といっても新撰組隊士である惣三郎を演じる松浦龍平さんの存在感と美しさでしょう。男を狂わせる男としての説得力がとてもある存在感で、これは彼にしか出せない魅力だと思います。演技はまだまだ荒削りですが、彼の魅力の根本的な部分がつまった映画だと思っています。撮影当時15歳だった彼に、男性相手の濡れ場まで演じさせたのはちょっと可哀想ではありますが。また、現在は筋肉俳優として話題の武田真治さんが沖田総司役として出演。この作品でブルーリボン賞の助演男優賞も受賞されました。賞を取っただけあり、沖田総司役はハマり役で、この映画を見ると、武田さんはお笑いやサックスだけでなく、演者としても一流であることが分かります。沖田総司が菊花の契りについて話すシーンの長台詞は見物です。ラストシーンは、ぜひ自分の目で見て確かめ、惣三郎に何があり、何を言ったのかを考えてみてください。いわゆるボーイズラブに近い話ではありますが、司馬遼太郎さんの短編小説が原作なだけあって、ボーイズラブだけではない奥深さを感じます。ぜひ何度も見て、御法度の世界を感じてみてほしいです。

 

30代女性
30代女性

タイトル『御法度』は、英訳タイトルどおり、Taboo、タブーのことです。1999年に公開されたなかなか妖しい日本映画で、司馬遼太郎原作、かつ大島渚監督の遺作という、話題作でした。男色という視点から新撰組に切り込んだ作品で、危険な香りもするけれどとてもピュアで無骨、そしてやはり美しい仕上がりです。松田龍平のデビュー作でもあります。この松田龍平はすごい当たり役ではないでしょうか。目線、身のこなし、セリフまわしなど、声の感じなど、妖艶で雰囲気ぴったり。しかもこの若さで!そして、最初、えっ?神田うのが出るの?妙なキャスティングだなと感じたのですが、彼女のスタイル、ひとを見下げたような表情は、なかなかによかったのではないでしょうか。インパクトのある高級花魁でした。印象的なのは、やはり土方が最後に斬った「桜」が何だったのか?というところです。桜は、土方自身が、少なからずも松田龍平に惑わされてしまったという、「弱さ」の象徴かもしれません。そしてさらには、新撰組が常に対峙している「死」そのものかもしれません。危険で、恐ろしいものだからこそ、甘い憧れを抱き、惑わされてしまう。松田龍平にはそんな死のようなにおいがしたのかもしれません。

30代男性
30代男性

大島渚監督作品はもれなく見るようにしているので、こちらも当然鑑賞しました。監督の作品というだけではなく、新撰組というテーマも個人的にはとても興味があるところです。大島監督が新撰組を描くとどうなるのか、非常に楽しみに拝見しました。今考えてもまずキャストがすごいですね。ビートたけしさん筆頭に、松田龍平さん、浅野忠信さん、武田真治さんといった、一癖も二癖もある名優、表現者揃いです。昨今流行りのアイドル俳優ではなく、心の底から感情に訴える演技ができる素晴らしいキャスト選抜だと思います。そして音楽も素晴らしかった。坂本龍一さんがご担当されていると知って、ああと納得した次第です。ストーリーですが、そのまま言えば閉鎖的な男社会の中の男色、衆道です。ストイックに一つの道を究めんとする男たちの心の中でもぞもぞと湧き上がる感情。時代背景がなければなかなか映画にはしづらいテーマではありますが、こういった感情が沸き起こるのも人間のひとつの心理であるとわたしは思います。ラディカルな思想を常にお持ちだった大島監督がこのテーマやラストの描写で描きたかったことはなんだったのだろうかと、いまでも頭のなかをぐるぐると回って、答えが出ないです。

 

30代男性
30代男性

松田龍平さんのデビュー作、大島渚監督の復帰等、様々な記念を迎えた作品と踏まえつつリアルタイムで観た時を覚えています。当時16歳だった松田龍平さんが、とにかく妖艶で美しいです。作品の時代背景を考えると、彼の様な「美人」は中々いなかったと考えられ、新撰組一同が戸惑うのも無理は無いのかなと思いました。周囲には、彼を弟の様に慕う者もいれば、やや嫉妬心の様な思いを抱く沖田総司(武田真治)の姿もあり、各々が抱く心理描写や本音が細かく描かれていたと感じられました。そしてある夜、浅野忠信さん演じる田代彪蔵に迫られ (松田龍平さん)、彼の顔に小刀を突き付ける場面もゾクッとさせ、男同士の妙な関係がにじみ出ました。同じく大島渚監督「戦場のメリークリスマス」の、坂本龍一さんとデビッドボウイの関係の様でした。その坂本龍一さんが音楽を手掛け、戦場の~」にも出演されたビートたけしさんが土方歳三を演じるといった久々の組み合わせがワクワクさせました。これまで時代劇で描かれてきた「新撰組」といえば、「正義を重んじて、最後まで戦い抜く」という硬派なイメージがありましたが、この作品では「それぞれの欲望を見え隠れさせている」人間臭さが印象的でした。

 

まとめ

『御法度』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました