GOEMON(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

歴史時代劇
映画「GOEMON」予告編

GOEMON(映画)の動画フルを安全に見る方法

GOEMON
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

GOEMON
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

GOEMON(映画)の内容

映画『GOEMON』は、2009年5月に公開されました。

監督・脚本は、写真家や俳優としても活躍する紀里谷和明さん。紀里谷和明さんは、2004年に公開された伊勢谷友介さん主演の映画「CASSHERN」や、ハリウッド発進出作品となった2015年公開の映画「ラスト・ナイツ」などを手掛けています。

映画「GOEMON」は、明智光秀を討ち、豊臣秀吉の天下となった戦国時代が舞台。天下の大泥棒・石川五右衛門が盗んだ箱には秀吉の秘密があり、それを追う様々な人物の思惑を描いた作品です。構想から5年がかりで完成に至ったそうです。デジタル技術を極限まで駆使した映像美に注目です。

CGを多用したスピード感あふれる展開。

細かく考えずとも「すごい!」と思わず声が出てしまう驚きがたくさんある映画です。

紀里谷監督の世界観は、日本映画のステレオタイプを打破してると感じます。江口洋介と大沢たかおのセリフの発し方や表情も完ぺきで惚れ惚れしました。

キャストがとても豪華で、主演の江口洋介さん以外にも、名俳優陣が脇を固めています。悪い演技をするはずがない俳優さんばかりが出演されているので、安心してみることができます。

何度見ても素晴らしい作品です!映像・音楽・配役・脚本…すべてにおいて監督やスタッフの創造力や技術力が垣間見えます。何度見ても飽きないし、驚きが散りばめられた作品です!

実力派な俳優陣のアクションや演技を高く評価する声が多くありました。さらに、紀里谷監督の独特な世界観に魅了された!との声も。何度みても楽しめる作品になっています。

あらすじ

舞台は戦国時代。天下の大泥棒である石川五右衛門(江口洋介)は、紀伊国屋文左衛門(六平直政)の店から、青い小箱を盗みました。五右衛門はその箱を捨てますが、小平太(深澤嵐)がそれを拾いました。同じ頃、三成(要潤)の部下もその青い箱を探していました。

次の日、三成の部下たちもその箱を探していることを知った五右衛門らも、箱を探しに貧民街へやってきます。箱を見つけた五右衛門は、箱の中から「信長暗殺を謀る明智光秀と羽柴秀吉の連判状」を発見します。

信長を討った黒幕が秀吉(奥田瑛二)だったと知った五右衛門。実は信長(中村橋之助)は、父母を殺された五右衛門を助けたのでした。そして、五右衛門は秀吉を殺害しようとして…。

見どころ

ロマンあふれるストーリー

歴史的にも有名な、信長の死、秀吉の天下統一、家康の関ヶ原の戦いでの勝利などが、オリジナルストーリーで展開されていきます。戦国時代という特殊な時代背景において、渦巻く正義感・友情・葛藤などを描いた本作。こんな世界戦もあったのかも?!と思わされる、ロマンあふれる展開です。

映像クリエイター・紀里谷和明さんが作り上げた映像美!

本作の監督は、写真家や俳優、映像クリエイターとしても活躍する紀里谷和明さんです。紀里谷さんが監督を務めているだけあって、風景やひとつひとつの描写がダイナミックに描かれています。スケールが大きくて爽快感があり、何回見ても飽きません!ぜひ一度鑑賞してみてください。

スタッフ

監督:紀里谷 和明
脚本:紀里谷 和明、瀧田 哲郎
音楽:松本 晃彦

キャスト

石川 五右衛門:江口 洋介(少年時代:広田 亮平、青年時代:田辺 季正)
強者から金品を奪い、貧しいものや弱いものに分け与える民衆のヒーロー。ある日盗んだ箱により、過去の重大な出来事の真相を知ってしまう。

霧隠 才蔵:大沢 たかお(青年時代:佐藤 健)
石田三成に仕える忍で、石川五右衛門のライバル。

浅井 茶々:広末 涼子 (少女時代:福田 麻由子)
信長の姪。信長や秀吉を慕っている。

猿飛 佐助:ゴリ(ガレッジセール)
五右衛門についてまわるお調子者。

織田 信長:中村 橋之助
五右衛門と才蔵に武術を教えた。戦国時代の天下人。

服部 半蔵:寺島 進
もともとは信長に仕えたが、信長の死後には家康に仕えた忍び。

千 利休:平幹 二朗
秀吉に仕える茶人。

徳川 家康:伊武 雅刀

豊臣 秀吉:奥田 瑛二
信長の死後、天下を取る。光秀に信長暗殺を指示した。

石田 三成:要 潤
天下を狙っている。秀吉が死んだあと、すぐに徳川と対立する。

又八:玉山 鉄二
役人でありながら、実は職権乱用している悪人。

我王:チェ・ホンマン
秀吉の側近。

小平太:深澤 嵐
又八の金品を盗もうとしたところを捕らえられ、目の前で母親を殺されてしまう。そこから助け出してくれた五右衛門に付いていく。

吉野太夫:佐藤 江梨子

夕霧太夫:戸田 恵梨香

小平太の母:鶴田 真由

五右衛門の母:りょう

お吉:藤沢 恵麻

三成の妻:佐田 真由美

蕎麦屋の店主:蛭子 能収

紀伊国屋文左衛門:六平 直政

遊郭の番頭:小日向 文世

 

GOEMON
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

GOEMON(映画)の感想

40代男性
40代男性

紀里谷和明監督作品ということで、どんな時代劇となるのだろうと期待してみました。冒頭のシーンから、花火に照らされる要塞のようなお城が映し出され、紀里谷監督が描くとこのように時代劇もスタイリッシュな映像になるのだなと感心しました。その他にもこの映画で驚かされたことがあります。まず、戦国時代にもかかわらず、みなマゲを結っていないし、金髪のウド鈴木が髪型そのままで出演しています。これまでの時代劇のイメージを180度変えてしまうような設定でした。また、それと同様に驚かされたのはストーリー設定です。織田信長が殺された本能寺の変は明智光秀の謀反とされていましたが、実は黒幕がいたという設定で、その黒幕があの◯◯ということで、これはぜひ映画で確認してほしいです。五右衛門は幼少期に信長に拾われたという設定はこの映画のキモになるもので、最後まで信長への忠義を尽くす五右衛門がカッコ良かったです。五右衛門を演じた江口洋介さんも、五右衛門の豪快さと信長や茶々さまへの忠誠心を、うまく演じていたと思います。その他の俳優陣も豪華で、やはり演技がしっかりしていると映画全体が引き締まるので配役はすべて良かったと思います。紀里谷監督が描く驚きの時代劇をぜひみてもらいたいです。

40代女性
40代女性

石川五右衛門と言えば稀代の大泥棒、釜茹でになったことしか知りませんでしたがそんな彼が主人公の物語ということで面白かったです。何しろ織田信長はすでに本能寺で撃たれているものの、豊臣秀吉や石田三成など歴史の有名人が多数出てきます。服部半蔵に雲隠才蔵・猿飛佐助などは実在する人物なのでしょうか。史実とファンタジーの融合といった感じで、また違った歴史ものが楽しめました。映像も現実と架空が入り乱れて、CGが駆使されていて迫力がありました。なぜか髪型や服装がちょっと現代風だったりお城の天守閣には変な角も付いているし、本当の歴史好きにはツッコミどころ満載かもしれません。でも歴史初心者にはこれで十分、楽しんでみることが出来たのはいいです。羽柴秀吉と明智光秀が共に組んで信長を殺したという説も出てきており、だからこそ秀吉は彼が亡くなったとたんにあっという間に戻ってきています。でもそのための連盟書がなぜ流れ流れて行っているのかとかは不明、本当にそういったものが見つかれば歴史の大前提を覆す大きな発見となりそうです。違った生き方をしながらも認め合っていた才蔵と五右衛門、彼らの死の場面はちょっとあっけなさ過ぎましたが全体的に興味深く観れました。

30代女性
30代女性

何度も観返している大好きな作品です!さすがの紀里谷監督作品で、色合いが絶妙にキレイ。どのシーンも抜群にキレイです。演出も現実ではありえないアングルだったりするのですが、ゲームの中に入ったような感覚でとても違和感なく自然に見えるのが不思議です。衣装デザインもとてもユニークで見ごたえがあります。何といってもキャストが大変豪華です。公開当時でも信じられないほど大物キャストが揃っていましたが、いま改めてみると「あ!この人が出ていたの?!」とびっくりするほど豪華な面々が揃っています。出ている人がみんな今でも活躍されている映画です。ストーリーは賛否両論ですが、私はとても面白い解釈だなっと思いました。作品全体にスピード感があるので、観ていて疲れたな。とかちょっと中だるみかな?と思うことがないのもとても大好きなポイントです。散々なコメントを書いているのもよく見かける作品ですが、改めて今見てみるととてもあり得るというか理解が得られる作品だと思います。紀里谷監督は実は続編まで想像してこの映画を作っていたというのをどこかで見たことがあります。それを踏まえると納得にエンディングかなと思いました。ぜひ改めて続編を出していただきたいです。ネガティブなレビューをどこかで見て食わず嫌いしているかたがいらっしゃるのなら、とてももったいないので一度挑戦してみてください。

40代女性
40代女性

石川五右衛門の話だけではなく、歴史的にも大きな出来事であった、本能寺の変の黒幕にまで迫っているのが面白いと思いました。しかも石川五右衛門は織田信長直属の忍びの者だった、という今までにない設定が面白かったです。この作品では本能寺の変の黒幕が豊臣秀吉になっていて、妙に説得力がある話だなと思いました、実際に本能寺の変の黒幕は分かっていませんが、それでもリアルな感じはしました。秀吉の側室である、淀殿は信長の姪ということもあるので、きっと秀吉のことを恨んでいるんだろうな、と思っていましたが、この作品の中でもかなり恨んでいるのが伝わってきました。歴史上の人物が登場する作品ですが、設定が今までとはちょっと違っていてそれもまた興味深かったです。CGもふんだんに取り入れていたので、そこもまた面白いなと感じる点でした。五右衛門が盗み出した箱には歴史を動かす秘密があって、それが世間に出ないようにしていたという展開も面白かったと思います。この作品では秀吉が完全に悪役ですが、世の中にはいい顔をしているということがあったので、今でもこういう政治家はいるよな、と現代にも通じる点もあったので色々考えるきっかけになった作品でした。

 

30代女性
30代女性

登場人物は石川五右衛門、霧隠才蔵、織田信長と日本史ではお馴染みともいえるメンバーです。しかし世界設定は完全にオリジナルです。日本の戦国時代のイメージとはかけ離れた宮殿や甲冑が登場し、まさに和風ファンタジーといえます。邦画のCG黎明期に作られた作品だけあり、画面作りにはこだわりが見られます。色鮮やかな街並み、アクロバティックな戦闘、そして荘厳すぎる建築物と、風景1つ1つに目新しさがあります。「まるでゲーム画面」と言われるほど、独自の世界観が形成されています。そしてキャスティングが驚くほど豪華です。主演の江口洋介、要潤、玉山鉄二、端役で佐藤健まで出演しています。そして女性は広末涼子、戸田恵梨香……全員が主演級といえます。ちなみにガレッジセールのゴリやチェ・ホンマンは、公開当時バラエティで引っ張りだこで、若者支持のキャスティングです。とはいえ、特にゴリは持ち前の器用さと人気絶頂期の威光で、他のキャスト陣に埋もれることなく存在感を放っていました。猿飛佐助は難しいキャラクターだったと思われますが、最後まで演じ切り驚きでした。そんな中、大沢たかおが光っていました。主人公石川五右衛門の親友、霧隠才蔵を演じています。五右衛門はひょうきんなところがあり、表情や感情も豊かです。一方で才蔵は、刃物のように鋭く、生真面目な性格です。その結末はかっこいいのと同時に、「こう史実と絡めてきたか」と意外性がありました。

30代男性
30代男性

見どころ①「グラフィック」1500年代後半のお話ですがグラフィックが近未来をイメージされつくられています。紀里谷監督の得意演出で1番の見どころでした。建物や花火(光の使い方)、水の流れなど映像を見れば実感されると思います。
見どころ②「アクションシーン」
グラフィックが後押ししているいますが、アクションシーンもかなり見ごたえがあります。
見どころ③「キャスティング」
主役の石川五右衛門を江口洋介さんが演じます。個人的にはそれだけで大満足でしたが、それを上回ったのが、茶々様を演じる広末涼子が可愛すぎます。
広末涼子だけでも可愛いのに更に、周りの風景や着ている着物などがとてもきれいで更に際立てます。
見どころ④「悪役キャスト」
一番の悪役、豊臣秀吉を演じる奥田瑛二!映画では極悪で最悪ですが、見終わったら最高でした。役者のすごさが実感できます。他にもガレッジセールのゴリが演じる佐助もいい味がでています。この映画のキーマンとなる存在です。
見どころ⑤ストーリー
五右衛門と共に辛い修行乗り越えた大沢たかお演じる才蔵が家族を殺されたり処刑されるときに実の子どもも一緒に熱湯の窯風呂に投げ入れらえるシーンが辛く見ていられないくらいかわいそうです。

30代女性
30代女性

映像美が独特で、これが紀里谷監督作品なのかと、冒頭から驚きます。大泥棒と言われる石川五右衛門が盗みに入り、追われながらも逃走し、屋根の上から小判をばら撒きます。その金色がとてもキラキラしていてまぶしいくらいです。本能寺の変のすぐ後の日本で、夜なのに街はとても明るいです。丸くて赤い提灯が街を照らしています。町の様子や風俗、建物や衣装も、独特の世界観があります。西洋風であったり、女性はドレスを着ていたりします。監督が、子どもの頃に格好良いと憧れた世界を、大人になって技術をつけて、好きなものだけ詰め込んだのかもしれない、という印象を受けました。石川五右衛門は謎の多い人物なので、歴史上の人物への関わり方は、フィクションで大きく膨らませることができます。霧隠才蔵との関わりも描かれています。2人が戦うシーンもスピード感があって、見応えがありました。豊臣秀吉、明智光秀、石田三成、徳川家康のそれぞれの思惑も、かなり監督の斬新な解釈で物語は進んでゆきます。江口洋介の石川五右衛門は、ひょうひょうとしていながらも、友だち思いで、過去に辛い経験をしたからこそ、強くあるように生きた人だと思いました。格好よかったです。

30代女性
30代女性

2009年の邦画。石川五右衛門をモデルにした作品。秀吉や茶々などの歴史上の登場人物たちがたくさんでてくる。なかなか残酷なシーンも見受けられるが、そのシーン以外は非常に幻想的で儚い、美しい作品である。歴史上の人物については大河ドラマに出てくるような、武将ではないと思ってみた方がいい。この映画の武将たちの雰囲気と大河ドラマの武将たちの雰囲気と全く違うもので、あまり歴史を意識しないで見た方が楽しめると思う。街並みや登場人物たちのファッションや髪形も独特な世界観で、武将なのだが髷をしていない。あまり時代背景を意識していないで作られている作品と私は感じた。だがストーリー展開もよく、眠くなることもなく集中して見ることができたし、私的には主人公の江口洋介演じる石川五右衛門よりも、大沢たかおが演じる霧隠才蔵が一番かっこよかったと記憶している。イケメンたちも多いし、美女たちもたくさん出てくる。茶々役の広末涼子も綺麗だった。ビジュアル面もとても素晴らしいし俳優女優たちの演技力もとてもよかった。アクションシーンも忍らしく戦っておりアクション好きな人や忍者が好きな人は、面白く見ることができる作品なのではないだろうか。

 

30代男性
30代男性

ワンシーンワンシーンが美しく、演出に対する色調にこだわりを感じます。1582年の戦場が舞台なので汚れている表現などが多いにも関わらず、その鮮やかな色彩が特に記憶に残っています。時代劇であり、実在した偉人から着想を得た映画でありながら現実的ではないファンタジー的な演出が多く、アクションシーンにもCGを駆使した派手な演出が多くあります。盗んでしまったが故に五右衛門が狙われる原因となった箱も「パンドラの箱」と呼ばれているなど、日本を舞台とした時代劇という枠に捉われない設定も印象的。アクションシーンやワンシーンごとの美しさが特徴的ですが、その内容は人間模様もしっかりと描かれていて、愛、復讐、人情といった複雑な感情や人間関係を丁寧に描写しています。それ故に複雑に感じられる点や、一部にはどうしてこのキャラクターがこのような行動をしたのか、がすぐに理解できない点もあるため戸惑う場合もあるかもしれないが、それぞれが置かれた状況やバックボーンを考えればしっかりと練られた作品である事が分かる。何も考えずに見ると映像の美しいアクション映画、しっかりと考えて見ると複雑な人間模様が描かれた人情劇。どちらか、あるいは両方が好きであれば楽しめる映画作品です。

 

まとめ

GOEMON
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました