銀魂(実写映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アクション・アドベンチャー
銀魂(予告編)

銀魂(実写映画)の動画フルを安全に見る方法

『銀魂(実写映画)』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『銀魂(実写映画)』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

銀魂の内容

映画『銀魂』は、2004年から2018年まで週間少年ジャンプ(集英社)で連載された、SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画を実写映画化した作品です。原作は空知 英秋(そらち ひであき)さんで彼の漫画としての初作品でもあります。
映画の舞台は第83~84話のカブト狩り編と、第89~97話の紅桜篇がベースとなっております。

漫画やアニメの実写化には、原作ファンが原作ならではの世界観を損なうことを嫌う傾向が強く、特に「銀魂」は最も実写化が難しい作品の1つと言われてきました。なぜなら、下ネタが多くモザイクがかかるシーンも珍しくないことや、他作品のパロディネタが多用されていることなどが理由です。

監督・脚本を担当すると自ら名乗りを上げたのは、『勇者ヨシヒコ』でお馴染み「コメディの奇才」と称された福田 雄一さんです。福田さんなら。と作者である空知さんも快諾し、映像化されました。

キャストは小栗 旬さん、菅田 将暉さん、橋本 環奈さんをメインに、長澤 まさみさん、岡田 将生さん、柳楽 優弥さん、中村 勘九郎さん、堂本 剛さんら豪華キャストが勢ぞろいしております。そんな豪華メンバーを福田監督が上手にまとめており、原作の良さを残しながらも福田ワールド全開の作品に仕上がっております。

笑って泣ける最高のエンターテインメント作品の第一弾となっております。

原作ファンの僕は実写化は全然好きでないし嫌悪感すら抱いていたのですが、いい意味で裏切られました。
バカっぽさやシュールなギャグ、やばすぎるだろって思うほどのパロディは原作を忠実に再現されていました。完成度が非常に高くて大満足の作品です。

どうしようもなく、くだらない事を役者さん全員が全力で演じているので、世界観は原作そのままでした。原作と違うのは、福田監督のベストパートナーである佐藤 二朗さんの小芝居ですかね。私は大好きなので、面白すぎて笑ってしまいますし、丁度良い長さなのでくどくもないと思います!

正直、ついていくのが少し大変なほどのテンポの良さ(速さ)です。なので、サクサク見れて良かったです。

原作は1ミリも知らないし、アニメもほとんど知らないです。そんな私の感想は「面白かった。とっても笑えた。」です。内容もしっかりしていて、私は高杉のファンになりました。なので今、原作を読んでいます(笑)

原作ファンにとっては納得の大成功作品。原作を知らない方は原作を読み始めてしまうくらいのファンになってしまったという方が多かったですね。

また、他作品では見れないぶっ飛んだパロディネタの印象も強いですが、それよりも豪華豪華キャストが腹をくくって全力で取り組み、裏方さん全員がしっかりフォローをする。全員が一丸となったからこそ、想像以上に素晴らしい作品になったのだと思います!

あらすじ

侍の国…この国がそう呼ばれたのも今は昔の話。物語の舞台は江戸時代末期。宇宙からやってきた、天人(あまんと)と呼ばれる異星人に侵攻され、幕府は開国を余儀なくされ、侍たちは衰退していきました。

かつて攘夷志士(じょういいし)として天人と最後まで戦い『白夜叉』と恐れられたいた坂田 銀時(小栗 旬)も、今や腰の刀を木刀に持ち替え、かぶき町の便利屋『万事屋(よろずや)銀ちゃん』を、廃れた剣術道場の息子・志村 新八(菅田 将暉)、戦闘種族である夜兎(やと)族の少女・神楽(橋本 環奈)との3人で共に営む日々を過ごしておりました。

そんな江戸では、謎の妖刀を使った辻斬りが横行し、銀さんの旧友である桂 小太郎(岡田 将生)がその凶刀に倒れ行方不明になってしまいます。事件の調査に乗り出した万事屋メンバーたちは、その陰で動いていたのが、同じく銀さんの旧友である高杉 晋助(堂本 剛)であり、彼は挙兵し幕府の転覆を企んでいることを知ります。

新たな相棒である新八と神楽の身に危険が迫ったとき、銀さんは再び剣をとる。進む道、戦う意味を違えたかつての同志と対峙し、己の魂と大切な仲間を護るために!

見どころ

新たなジャンルの作品

SFと時代劇がミックスされたぶっ飛んだ世界観の中、抱腹絶倒の原作ギャグで表現されていたパロディに役者さんたちのアドリブネタが上乗せされ、ギャグとアクションと人情が変幻自在に駆け巡る本作は、まさに『銀魂』という名の新たなジャンルの作品です。

エリザベスの縫い目もCG処理で消すほどのこだわりがあるそうです!

本作の最大の貢献者

キャスト全員、それぞれの良さを活かしていますが、敢えて1人に絞るといえば『橋本 環奈』さん一択ではないだろうか。彼女の振り切った演技は、神楽そのものでもあり、新たな神楽の一面も見れた気がします。

実際に白目で鼻をほじったり、これでもかと大食いをして豪快に吐いたり、激しいワイヤーアクションをこなしたりと、出演者の中で一番体を張っていた印象でした。ちなみにオレンジヘアも地毛だそうです。

ちなみにインタビューで、鼻をほじるシーンは、福田監督から『奥まで、深くえぐれ』と言われました(笑)。小指でえぐりました。とのコメントをしているので、それを踏まえて見てほしいです!

スタッフ

原作:空知 英秋
脚本/監督:福田 雄一

キャスト

坂田銀時:小栗 旬 / 田中 悠太(少年時代)
本作の主人公。かぶき町でなんでも屋『万事屋銀ちゃん』を営む侍であり、かつては『白夜叉』の二つ名で恐れられた攘夷志士でした。

志村新八:菅田将暉
本作の準主人公。剣術道場の跡取りで、侍魂を学ぼうと銀時の下で働く少年。

神楽:橋本環奈
本作のヒロイン。宇宙最強の戦闘種族とも言われる夜兎族の少女で、超人的な怪力と戦闘力を持つ。

近藤勲:中村勘九郎
江戸の治安を守る特殊警察「真選組」の局長。

土方十四郎:柳楽優弥
真選組の副長。「真選組の頭脳」「鬼の副長」と呼ばれる切れ者。

沖田総悟:吉沢亮
真選組の一番隊隊長。言動がドSで副長の座を狙っている。

志村妙:長澤まさみ
新八の姉。和服姿の美女。

桂小太郎:岡田将生 / 萩原壮志(少年時代)
銀時と共闘した攘夷志士。攘夷戦争の後も攘夷党(桂一派)のリーダーとして討幕活動を継続している。

高杉晋助:堂本剛 / 大西統眞(少年時代)
過激派攘夷集団・鬼兵隊の総督を務める、左目に眼帯を巻き派手な衣装を纏い煙管を咥えた男性。

岡田似蔵:新井浩文
盲目でありながら居合い斬りの達人でもある。謎の妖刀を使った辻斬り。

 

『銀魂(実写映画)』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

銀魂(実写映画)の感想

20代女性
20代女性

少年漫画が原作ですし、表現も再現できないようなぶっとんだものが多いのですが、キャストも豪華だったことや製作陣のレベルも高かったことから「まるで少年漫画」な実写映画でした。着ぐるみのキャラクターであるエリザベスに関してもイメージそのままで出てきますし、なんと山田孝之さんが演じていて「このほぼ見えない役にこんなに豪華な俳優さん?」と驚かされるキャストも多かったです。まず主演が小栗旬さんというところもレベルが高い配置だなと思いました。その他にも、有名な芸能人や大物がたくさんでてくるのですが、普段他の番組で見るときとでは想像もつかないような、原作キャラクターそのままを演じてくれるので驚かされました。「この人にこんな一面もあったのか」と見て、それから見る目が良い意味で変わったキャストも多かったです。漫画が原作の映画って、実写化してみたらイメージと違ってショックだったという人も多いですが、銀魂に関してはそれはありません。原作のファンという人でも納得して見ることができる作品だと思います。演じている人たちと作っている人たちどちらも楽しく作ったんだろうなというのが感じられる作品なので、原作を知っている人も知らない人も是非みてほしいですね。

20代女性
20代女性

漫画やアニメは一度も見たことがなく、小栗旬さんが好きという理由で初めて銀魂のストーリーを知りました。内容を知らない人も楽しめる映画になっています。キャストがとにかく豪華で小栗旬さん演じる坂田銀時、菅田将暉さん演じる志村新八、橋本環奈さん演じる神楽のやり取りが爆笑ものです。特にリアクションをする際は変顔に力を入れていて、こんなにイケメンと美人なキャストが多いのにみんな全力でやっているので何度見ても笑える面白い作品になっています。ツッコみを入れるシーンでも容赦なく頭をどついたりするので最高です。でもこの映画はギャグ線が高いだけでなく、仲間の大切さや、戦う真の意味とはと見ていて熱い気持ちにもなれます。アクションシーンにも力を入れていて、刀を使うシーンや銃での戦闘シーンは見物です。銀時の戦うシーンは1番好きでとてもかっこいいです。この映画を見て、信念をもって何かを遂げる姿は本当に素敵だなと思います。面白い映画を見たい、でも人生の糧になる何かを得られるストーリーを探してる人にはおすすめの映画です。見た後に仲間っていいなと心が温かくなり、守るものがあるっていいなと思えます。守るものは人それぞれ違います。改めて自分の守りたいものとはと考えるのもいいなと思わせてくれる映画です。

20代女性
20代女性

銀魂はアニメが大好きでよく見ていたので、実写になることでキャラクターのイメージが崩れてしまったら悲しいなと思いながら見たのですが、どのキャラクターもアニメの時のイメージとぴったりで違和感なく実写映画も楽しめたのが嬉しかったです。特に橋本環奈ちゃんの思い切った演技に、そこまでやっちゃって良いの?ととても驚きました。小栗旬さんの声が銀さんのセリフにピッタリでとてもカッコ良かったです。キャストが発表された時に1番イメージと違うかもと感じていた菅田将暉さんも実際に映画を見てみたら、本当に違和感なくちょっとかっこ悪い感じが出ていてすごいなと思いました。また、主題歌も映画の世界観にぴったりで見終わった後に曲だけ何度もリピートしてしまうくらい気に入りました。もともとUVERworldの曲は好きでよく聴いていたけど、この映画のおかげで更に好きになりました。新撰組のメンバーのキャラクターもとても再現されていて驚きました。この映画を見たことで、しばらく見ていなかったアニメもまた見直してみようかなと思いました。アニメではまだまだ沢山のエピソードがあるので、他のエピソードも実写で見れたら楽しそうだなと思いました。

 

40代女性
40代女性

この作品の醍醐味は、なんと言っても原作の再現度の高さだと思います。主人公の銀時を演じた小栗旬さんが地毛を銀色に染めたり、高杉晋助を演じた堂本剛さんが役作りのためにすね毛を全部剃ったりと、作品にかける意気込みが素晴らしいです。さらに、志村新八を演じた菅田将暉さんは、普段のイケメンオーラを完全に封印していて、途中まで誰かわからなかったくらいです。こんな風に、人間のキャラはもちろんですが、巨大犬の定春や、謎の宇宙人・エリザベスなど、どうやって実写に組み込むのか想像がつかないファンタジー色の強いキャラまで見事に再現していて、漫画の実写化作品としてはダントツの名作だと思います。さらに特筆すべきは、妖刀・紅桜が徐々に自我に目覚めていく過程です。登場した時点で不気味な感じはありましたが、生き物のように豹変していく様が圧巻でした。ストーリー的にはかなりコメディ色が強い感じですが、銀時のアクションシーンはギャップがありすぎるほどカッコいいし、シリアスとギャグのメリハリがきいていると思います。銀時のゆるさにほっこりしたり、不穏な空気にハラハラしたりと、先が読めない展開の連続で、とにかく最後まで気が抜けません。独特な世界観ですが、いつの間にか沼落ちしてしまう魅力があると思います。

20代女性
20代女性

笑いが止まらない!!そんな作品でした。銀魂のファンや詳しい方にはとても申し訳ないのですが、銀魂について何も知らない状態でこの作品を見ました。アニメや漫画を一度も見たことなく、キャラクターも少し見たことあるかな程度でした。そんな中、友達に連れられて見たところとても面白くて驚いてしまいました。銀魂ってこんなに面白いの?と友達に聞いてしまったほどです。それ以来銀魂の虜になってしまったほどです。俳優が豪華で有名な方々ばかりで、この作品に入りやすかったのもあります。私が1番好きになったキャラクターは、新撰組の役を演じていた皆さんです。新撰組は歴史的に堅苦しいイメージがありました。しかし、銀魂は昔の歴史を面白くしているので、とても面白かったです。皆さんキラキラ輝いていて、かっこいいと面白いの渋滞でした。普段見れない姿を見れたように感じられて特別感もありました。福田雄一監督の良さが満ち溢れていて、CGの世界観の中にも面白さが追加されていましたし、アニメを実写したから出来る特徴的なセリフや行動もとても魅力的で目が離せませんでした。銀魂を見たことない方や、アニメに詳しくない方、ただ俳優さん達を見たい方などにも楽しめる作品なので色々な人に見てほしいと感じました。

30代女性
30代女性

2017年7月に公開された『銀魂』は、少年ギャグ漫画『銀魂』(空知英秋)の実写映画です。主演の坂田銀時は小栗旬が演じました。本作品は『勇者ヨシヒコシリーズ』でおなじみの福田雄一が監督をしており、出演者にもムロツヨシ、佐藤二朗、山田孝之(声のみ出演)といったおなじみの顔ぶれが見られました。出演者がこのメンバーであると映画内容はギャグがメインとなっているのだろうと思えるとこですが、ストーリー自体は原作漫画のカブト狩りと紅桜篇がベースとなっています。とくに、原作ファンの気持ちであれば紅桜篇をベースにもってきたことが、当作品への期待度と不安度とがとても高くなったことでしょう。なぜなら、紅桜篇はシリアスな内容でありつつギャグも両立したバランスの難しい内容となっているからです。そんな複雑な気持ちで見た当作品でしたが、とても最高な映画作品となっていました。出演者の原作再現度がとても高く、かつ、原作以上に演者の持ち味もうまく引き出されていたので、すべての出演者がとても生き生きとしたキャラクターになっていました。原作での名場面が現実世界に出てきたかのようで鳥肌が立つほど気持ちが盛り上がり、また、感動のシーンでは涙ぐむほどでした。特に嬉しかったのは、エリザベスという白いアヒルのようなキャラクターがCGの違和感もなく当作品に登場できていたことです。彼の動きやコミカルさをぜひ実写映画でしか味わえないリアルさで見ていただきたいですね。

30代男性
30代男性

まず、どの登場人物をとって見ても主役級、または現代の日本映画界において、スターと言って良い俳優がズラリとしている。それだけでも、映画ファンは心くすぐられる。銀魂、という作品を知っていれば、各キャラクターがもつ個性を、俳優がどう演じるのか?そこを見ても楽しめると思う。逆に、作品を知らない人が観ると、ストーリーは置いておいて、ギャグ満載のハイテンションな演技についていけるのか?とも思う。しかし、時折みせる、銀さん(小栗旬)の哀愁であったり、人を惹き付ける一言が、この作品をコメディ映画、と括れない魅力的な作品に仕上げていると思う。また、神楽を演じた橋本環奈が、確かな演技力であることを、まざまざと見せつけていると思った。アイドル上がりの美少女、という先入観は抜きにして、、実際に見て確認してもらいたい!ストーリーは分りやすく、娯楽映画の王道的な内容であるが、やはり、豪華な俳優陣が次々と登場して、観るものを飽きさせない、と、同時に銀魂の世界観に没入する頃、映画は佳境を迎えている頃だと思う。まさか、あの人がこんな役?という見方もあれば、単純にストーリーを楽しむ、という見方もでき、色んな楽しみのつまった、邦画のおもちゃ箱、の様な作品であると思う。

20代女性
20代女性

とにかく面白かった。ただ、原作のキャラと似ているかといったら、はまっていたのは菅田将暉と吉沢亮くらいしか思い浮かばないが、個性があふれていて面白かった。話はほとんど原作に忠実だったが、オリジナルの部分は役者の個性がでててそれはそれえで良かったかと思う。菅田将暉の新八のめがねが本当に似合っていた。吉沢亮はすごくかっこいい。個人的には原作やアニメの沖田を実写が越えてきたとおもっている。銀魂1も2も本編に入る前の、小栗旬、橋本環奈、菅田将暉のトークが面白く。つかみが素晴らしかった。キャラクタ一人一人にしっかりと見せ場があってよかった。1・2共にムロツヨシの印象も強く残っている。彼がでてくることで結構窮地の場面でも、フワッとする。一番劇場で笑いが起こっていたのはムロツヨシの場面だった。平賀源外の格好をしていてもTHEムロツヨシであった。物語各所に笑いがふんだんにちりばめられているのはもちろんのことエンディングの主題歌のところまでこだわっていてすごいなっと思った。しかも、突拍子もなくの行動ではなく、始まりとつながっていた点面白かった。最後にまた新八の突っ込みが聞けたこともうれしかった。本当の主題歌が一番かっこいい。

30代女性
30代女性

ここまで登場人物の雰囲気に合致した俳優さん、女優さんを集結させたと思いました。漫画が原作の作品は小説と違い絵でどのような人物か描かれているため、実写化するときに少しでも登場人物の雰囲気と違うと「イメージと違う」だと酷評されることになってしまいます。私の中でそのような風に思うことはありませんでした。特に橋本環奈さんの演技が似合っていました。元アイドルというイメージから綺麗な演技しかしないと思っていました。橋本さんの役は今までの役とは違い、女の子らしくないヒロインの神楽役でした。初めに実写化するにあたって発表されたキャスト表を見た瞬間に神楽の性格が改変されるだろうと思っていました。しかし、変わることなく、予告編であるように鼻くそをほじくったり、ゲロを吐いたりと原作通りの神楽になっていました。小栗旬さんや菅田将暉さんは登場人物に合わせて演技できる俳優さんだとわかっていましたが、橋本さんも同じようにできる女優さんだったのだと思いました。銀魂の世界観も予告編だけではシリアスな場面しかないと思っていましたが、原作にある楽屋ネタもしっかり盛り込まれていました。個人的に『DEATH NOTE』以来の大ヒット実写映画だと思いました。

20代女性
20代女性

「銀魂」は週間少年ジャンプ連載の頃から漫画の存在は認知しておりましたが、イラストの雰囲気などからあまり興味はなく、漫画は読みませんでした。但し、実写版の映画が上映されたときには豪華キャストが勢揃いしてることに興味を抱き、周囲の人達からの評判も非常に良かったことから軽い興味本位でDVDをレンタルしました。実際に実写版の「銀魂」を観てみると、豪華キャストの配役の再現度の高さが素晴らしく、またコメディーの笑いのツボが合い、終始ケラケラと笑いながら楽しめました。実写版の映画を見終えたと同時に「銀魂」の大ファンになり、その後は漫画、アニメを一通り目を通しました。漫画、アニメから「銀魂」を愛読してるひとたちからの感想は分かりませんが、実写版の映画は可能な限り原作に近づけられていたのではないでしょうか?アクションシーンも迫力があり瞬きすることを忘れるというよりは瞬きする時間が勿体ないと思えるほど格好良く素晴らしいシーンばかりでした。「銀魂」はコメディー要素と真面目な対決や感動シーンの使い方が上手く、「銀魂」の登場人物の感情に合わせて鑑賞してる側も喜怒哀楽してしまうという一体感も好ましいです。わたしのように少年漫画に興味がない、イラストの雰囲気が好みではないと思う女性は多いと思います。ですが、裏切られたと思って、実写版の映画「銀魂」を鑑賞してみてください。後悔はしません。

 

まとめ

『銀魂(実写映画)』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

小栗旬のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係
  • BORDER 贖罪
  • CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
  • 二つの祖国
  • お家さん
  • ライフ オン ザ ロングボード

【アニメ】(声の出演)

  • ワンピース ハート オブ ゴールド

 

菅田将暉のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

橋本環奈のU-NEXT配信作品

【映画】

【ライブ映像・MV】

  • Rev.from DVL ラストライブ”NEVER SAY GOODBYE -arigatou-”@赤坂BLITZ
  • Rev. from DVL ライブツアー「LIVE AND PEACE vol.4」
  • NEVER SAY GOODBYE
  • セーラー服と機関銃

 

柳楽優弥のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • アオイホノオ
  • お母さん、娘をやめていいですか?
  • 母、帰る~AIの遺言~

 

 

岡田将生のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • なつぞら
  • 名刺ゲーム
  • 昭和元禄落語心中
  • 聖なる怪物たち
  • 離婚なふたり

 

長澤まさみのU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 都市伝説の女
  • 都市伝説の女 Part2
  • 東野圭吾「分身」

 

山田孝之のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 勇者ヨシヒコと魔王の城
  • 勇者ヨシヒコと悪霊の鍵
  • 勇者ヨシヒコと導かれし七人
  • アオイホノオ
  • dele(ディーリー)
  • REPLAY&DESTROY
  • 連続テレビ小説 ちゅらさん
  • 闇金ウシジマくん
  • 闇金ウシジマくん Season2
  • 闇金ウシジマくん Season3

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました