クローズアップ現代+7/8コロナ感染予報マップの見逃し無料動画配信と再放送情報|Youtube/Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuよりオススメ

NHK

『クローズアップ現代+』の見逃し動画フルを安全に見る方法

『クローズアップ現代+』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『クローズアップ現代+』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『クローズアップ現代+』の番組内容

深めきる 30分1本勝負-。
1993年4月に番組が始まって以来、社会は大きく変わりました。しかし、この番組が目指すものは変わりません。「社会のいまに正面から向き合い、世の中の関心に応える」。皆さんが知りたいこと、皆さんに知ってほしいこと…ジャンルを問わずテーマを深めきり、混とんとする社会の羅針盤になることを目指します。

引用元:NHK

『クローズアップ現代+』7/8の番組内容

「行楽シーズン目前!“感染予報マップ”で備えよ」
緊急事態宣言の解除に続き県外移動の制限も緩和され夏の行楽シーズンを迎えようとしている。しかし未だ終息していない新型コロナウイルス。私たちはどう行動すればよいのか。そうしたなか「ビッグデータ」でリスクの高い地域をあらかじめ予測、人々に安全な行動を促すシステムの構築が急ピッチで進んでいる。慶応大学・宮田裕章教授が主導するLINEと行政機関をつなぐプロジェクトだ。新たなデータ活用の可能性を探る。
引用元:NHK

『クローズアップ現代+』7/8の出演者

【キャスター】武田真一

【ゲスト】慶應義塾大学教授…宮田裕章,ホテル経営者…龍崎翔子

【リポーター】栗原望

【語り】浅野真澄

『クローズアップ現代+』7/8の放送日時と再放送情報

【放送日時】

NHK総合 2020年7月8日(水) 午後10:00~午後10:30(30分)

【再放送日時】

再放送予定はございません。

NHKプラスにて見逃し配信 2020年7月15日(水)午後10:30まで

 

『クローズアップ現代+』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『クローズアップ現代+』7/8の感想

 

40代女性
40代女性

ビックデータが専門の慶応大学の宮田浩章教授は、最近はよく新型コロナウイルスのデータを使って、新しい試みに取り組んでいて、政府や神奈川県とも、そのデータは共有されているようですが、どの程度、信頼できるデータを収集し、それが、どのように感染の予防に役立っているのか、いまいちわからないなと思いました。今まで、国や政府が出してきたデータを、そのまま信用できることが少なかったせいだと思いませが、多くの人が信用して協力しなければ、データの収集ができないので 、当然、正しい分析もできないと思うので、実用化できるようになるでには、かなりの期間がかかってしまうのではないかと思います。また、データ収集に協力できて、その結果を自分の行動に役立てることができる人は、若い世代から、せいぜい60代までの人ではないかと思うので、新型コロナウイルスに感染すると、重症化しやすい高齢者には、そのデータや分析結果を知ることができないのではないかと思います。それに、宮田浩章教授は「信頼」という言葉を多用していましたが、今の政府に対して、信頼を寄せている人の方が少ないことを考えると、国の取り組みに対して、協力的になる人は限られてくるので、そうなると正しいデータを収集できるかどうかも、疑問だなと思いました。

 

40代女性
40代女性

動物園や水族館に行く人やテーマパークなどが再開されて外出する人が多くなってきましたが本当に外出しても大丈夫なのか、不安は無いのか一般の方の声を聞けるのは参考になります。1人ひとりの健康データから感染予報マップを作るという試みは危険回避に大きく役立つと思うし、一般に普及すれば外出の目安や予防対策のレベルも判断できて助かると思います。データ集めにラインを使っているのは今時っぽいですが若い人がメインになるんじゃないかな。神奈川県が利用を開始したのは行動が早くて素晴らしいと思います、アンケートに答えた人の結果なのでリアルタイムじゃないそうですが無いより全然良いと思います。感染者が多い所が感染リスクが高い、感染対策をしっかりしてるかどうかの目安にもなるというのは外出先の判断基準になるので良いと思いました。ネット上で信頼できるものを探すのは難しいですよね、やっぱり行政がやってくれるのが年齢問わず活用できると思いますね。お店の混雑状況マップを浜松市の市民の有志が作ったのは凄いな、市役所がお店を一軒ずつ回って協力をお願いって大変ですね。一個人がアプリやシステムを開発して発信している事が多いそうで、今は自分から欲しいものを取りに行く時代なんだと思うと同時に知識や技術を勉強しないといけないなって思いました。情報を上手く活用して新型コロナウイルスに負けずに生活を守っていこうとやる気が出ましたね。

60代男性
60代男性

緊急事態宣言が終わって感染の再拡大を心配する声もあり、宮田氏のビッグデータを使ったコロナ感染予報マップが期待できそうです。天気予報の様に感染予報ができるのは心強いです。一方、人口の6,7割以上のデータ提供が集まるのが有効に機能する前提だとの指摘があるようです。それでも宮田氏が5月から開始し、もう数百万人のLINEのデータが集まって、予防行動、健康情報など11項目の解析で感染割合が判るようです。個人情報をマスキングした上での情報のギブアンドテイクがポイントだと思います。何と言っても前提として個人情報の匿名化が必要だと思います。神奈川県では感染が若い人に中心に広がっていて、湘南などの行楽地に県外から宣言中に集まったので、知事が来ないでとアナウンスしたのは、インパクトがありました。しかしあまりにマクロな規制がかかってしまい、経済的影響は大きかったと思います。そこで神奈川県庁が、感染予報マップで感染状況を知りながら日常生活を送ることが出来るようにと、マップを活用したのは新しい試みだと思います。ただ、どうやって、どこまで通知するかが難しいです。広すぎても身近に感じないし、狭すぎても正確性も欠いたりピンポイントで危ないと思わせてしまうので、難しいという担当者の悩みも判る気がします。リスク表示が委縮や風評被害にならないように1週間分を週1回公開すると決めたようです。自民党本部での会議でも最新鋭の体制で国が対策を取ったとは思えないとの声がありましたが、確かにこの半年、情報が錯綜して混乱していました。宮田氏が客観的データが国民の安心した生活に必要だとの思いが判ります。現在のマップは市区群別の大きな地域で色分けされていますので、まだリアルタイムではなく、大まかな印象はあります。例えばリスク対策をしている店舗ではシールを掲示しているので、マップを見て個々人が踏み込んだ対策をする切っ掛けにする事だと思います。ホテルプロヂューサーが客足が遠のくのを恐れていましたが、湯河原では8割の業者がリスク対策を取り入れて正しく対策をしていると言います。あと、居住地の郵便番号で処理しているので、どこで働いているのかが課題で、これから信頼を作っていく過程だと宮田氏が言っていたのも、その通りだと思います。LINEデータの管理は神奈川県だそうですので、くどいようですが、個人情報管理が大切だと思います。その中で、今回、番組が上手く拾い上げた浜松市の事例は特筆に値すると思いました。それは行政に頼らない、浜松市で市民が開発した施設のリアルタイムでの混雑状況マップがあるのは驚きでした。店自身がデータを入れているそうで混雑を回避する感染リスク低減に有効だと思います。市民のリーダーの中村氏がなじみの店が経営で苦しんでいたのを知り、思いついたようで、鋭い着眼で、仲間が無償で援助したとはすばらしいです。市役所も支援し飲食店を回って協力をお願いしていました。情報分野での官民協力のあるべき姿だと思います。さらに市がオープンデータとして医療機関などのデータが公開されています。それを元に市民が新たな感染対策を生み出しているのも凄いです。外国人対応で外国語でも公開されていますが、元々、浜松市は外人労働者向けの生活支援などを市民と行政がタッグを組んだ先進的な日本の未来予測型の地域でしたので、このような発想ができるのかと思います。このようなシビックテックが世界で広まり、台湾でのマスクの在庫管理状況がわかるアプリも市民が開発したとは知りませんでした。今後、人口密集度や働く現場の状態等、もっと地域密着型のデータが市民と行政の双方向の情報公開が行われることが重要だと思いました。宮田氏は今までは平均値を決めて、皆があわせましょうという世界だったのが、ビッグデータ、AIで一人一人に寄り沿って少数者を含めて誰も取り残さないように出来ると言い、給付金を一律に配るのでなく個人の困窮度に合わせて必要なサポートや額を届けることが出来るようになると述べていました。壮大なテーマですが、夢が広がりそうです。

 

30代男性
30代男性

去年の今頃はこんな事態になるとは想像すらできなかった新型コロナウイルス感染症COVID-19による世界的なパンデミック。今まで経験したことのないような非常事態に、私たちは健康を脅かされるだけでなく、経済的にも、社会的にも大きな苦難に直面しています。とりわけ大きな打撃を受けているのが、外出自粛の影響が直撃した観光・行楽関係の業界ですね。幸い私は、個人的には経済的なダメージを受けることがありませんでしたし、旅行が趣味の1つであったので、感染の恐れがなければ、積極的に旅をして回りたいと思っています。少しでもお金を使って、苦境にある観光関係者の助けになればという想いもありますしね。しかしながら、万一感染すると、家族や職場の仲間への迷惑になるという心配も強い訳で、安心して出かけられる根拠となる情報が欲しいと考えています。この番組では、ビッグデータを活用した「感染予報マップ」が取り上げられました。いわば新型コロナウイルスの「天気予報」みたいなもので、旅行を検討するに当たってはとても参考になる情報ですね。個人情報を活用することへの懸念もあるようですが、是非普及させて、私たちが安心して旅行できる環境を整えて欲しいものだと思いました。

40代女性
40代女性

新型コロナウィルス対策として、感染のリスクを避ける方法としてビッグデータの活用はとても良い取り組みだと思います。このビッグデータは感染予報マップとしてITを活用する事からも有効であると思いますが、個人情報やプライバシーの問題等負の部分も一緒に考えていかなければならない事もあり現実は簡単に実行に移せないが、何事も良い部分と悪い部分があるのだから良い部分が悪い部分を上回るようなシステムにする事や時間をかけて丁寧にしっかり説明する事で納得や理解をしてもらう努力も必要であると思いました。またこの感染マップの活用に関しては誰が見ても一目で解るようでなければ、いくら考えて行動をするようにと促しても最大限の実力を発揮をする事は難しく、意味のないものになってしまうのではないだろうかと思います。また静岡県浜松市の有志による店の混雑状況を知らせるアプリを開発した事はとても素晴らしいと思い、日本人らしさを感じさせてくれました。いくら感染予報マップビッグデータが活用させても、基本中の基本であるマスクの着用、手洗いうがいを怠る事なく、自分一人位や少し位等とたかをくくった自分本位の行動をせず、日々緊張感を持ってコロナと向き合う気持ちが一番重要であると改めて思いました。

 

40代男性
40代男性

慶応大学の宮田教授が考案した感染予報マップには驚きました。こんな物があったらコロナの感染拡大を防ぐひとつの手段にもなるしリスクの低下にも繋がる。コロナ禍で人々が自宅にいる頃には宮田教授はこういったものを考えていたんですね。また現時点ではほぼほぼ目に見える形で完成化されてきておりすでに神奈川県と手を組んで実用化に向け動いているとか。もちろん人の命に関わる事でもあるので1日でも早く実用化できるようお願いしたい。あとはこの予報マップがいかに正しく利用する人に理解してもらえるか。番組でも言っていたけどいかに正しく恐れるか。これって大事だなと思いました。地域によって色分けされた地図で感染状況を見た時感染者が多いから危険エリアとは断言できないと。その辺りの理解が正しく広まってくれたら素晴らしいものだと思います。そしてついついこう言った事って行政機関に委ねがちだけど静岡県浜松市のように民間でできる事は民間からって事で市内の飲食店の混雑状況が分かるアプリを作ったと言うのも凄い話だと思いましたね。やってもらうのを待つのではなく出来る事を自ら参加してやると言うのはなかなかできるもんじゃないなと。それで浜松市の感染が少しでも防げたならそれはそれで素敵な事だと思います。

 

まとめ

『クローズアップ現代+』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました