クローズアップ現代+の見逃し無料動画配信と再放送情報6/30コロナ生と死|Youtube/Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuよりオススメ

NHK

『クローズアップ現代+』の見逃し動画フルを安全に見る方法

『クローズアップ現代+』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『クローズアップ現代+』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『クローズアップ現代+』の番組内容

深めきる 30分1本勝負-。
1993年4月に番組が始まって以来、社会は大きく変わりました。しかし、この番組が目指すものは変わりません。「社会のいまに正面から向き合い、世の中の関心に応える」。皆さんが知りたいこと、皆さんに知ってほしいこと…ジャンルを問わずテーマを深めきり、混とんとする社会の羅針盤になることを目指します。

引用元:NHK

『クローズアップ現代+』6/30の番組内容

「密着・生と死の現場家族はそのとき…葛藤…重い決断の先に」
いくつかの病院で、患者に人工心肺「ECMO(エクモ)」をつけたくてもつけられない事態が発生。最善の治療をしてほしい家族の切実な思いと、重い決断を告げざるをえない医師の葛藤の記録▽「第2波に備えて第1波をしっかり振り返る必要がある」と医師は語る▽医療崩壊が起きた海外では「80歳を超える人には人工呼吸器をつけない」といった事態も▽万が一の場合、どんな最期を?家族で日頃から話し合う重要性を説く医師も
引用元:NHK

『クローズアップ現代+』6/30の出演者

【キャスター】武田真一

【ゲスト】済生会宇都宮病院栃木県救命救急センター長…小倉崇以,米病院医師…宮下智

【語り】古谷徹

『クローズアップ現代+』6/30の放送日時と再放送情報

【放送日時】

NHK総合 2020年6月30日(火) 午後10:00~午後10:30(30分)

【再放送日時】

再放送予定はございません。

NHKプラスにて見逃し配信 2020年7月7日(火)午後10:30まで

 

『クローズアップ現代+』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『クローズアップ現代+』6/30の感想

60代男性
60代男性

いきなりショックな出だしでした。4月頃にコロナ感染者が増えた時期に、望んだ治療が出来なかった例が判っただけで20件あり、医師から公開すると不安を与えるので待って欲しいと言われていた映像を公開した決断に拍手を送りたいです。栃木県の高齢女性が入院5日後、悪化し肺の陰影が酷くなり人工呼吸器で間に合わずECMOを使うことになったのに、1台しかなく他の病院を探しても県内で4台しかなく、群馬県にも1台しか使えないと断わられます。救命センター長が苦しい決断をし家族にECMOが使えないと伝えると、長女がレムデシビルや使える薬を試して欲しいと言いながらも、苦しいだけの延命措置は希望しませんでした。全国でECMOが1400台中、4月時点で120台しか使えない状態でした。75才の都内の男性はアビガンも無効でECMOを使える病院を探しても見つからず、しかも高齢者はECMOの後遺症のリスクもあるようです。
家族は高齢でECMOが受けられず諦めが付かないと言う気持も理解できます。ECMOの救命率が7割だと言われても限度があるようです。それでも当該患者が5月、レムデシビルで症状が回復したのは奇跡的でした。ECMO以外でどうやって救ったらいいのかわからなかったと言う主治医の苦悩が伝わってきました。厚生連高岡病院という富山県でも有数の基幹病院でも10年で3回しか肺機能の低下した患者に使ったことがないのが病院の実態のようです。それでなくてもECMOは血栓ができるリスクがあり24時間医療関係者が監視をしていないと脳梗塞や心筋梗塞などを起こすリスクがあります。しかもコロナウイルス自体に血管内皮細胞を障害させて血栓を起こしやすいと指摘されているだけに医療従事者の負担は想像を絶するものがあります。高齢者には適さないと言う話もある一方、医師としてはチャレンジしたいという気持もわかります。第二派に備えて医療のキャパを広げたいとの意欲は頭が下がります。しかしレムデシビルも承認されたとはいえ、投与できる例数は限られ、ワクチンの普及は今年の冬には間に合わず、アビガンの治験も症例不足で承認が遅れているのも不安です。又、日本よりも、海外はもっと、深刻だったのも驚きです。ニューヨーク勤務の医師が人工呼吸器の打ち切りを家族に伝え70歳代の男性が人工呼吸器をつけたくないとの希望があり、人工呼吸器をつけても助かる可能性が低く薬での治療を望み2週間後に亡くなったそうです。コロナ感染が症状の悪化が早いので価値観、人生観を事前に打ち合わせていないと患者本人の意思も確認できないまま究極の選択を迫られるかも知れないという恐怖の実態でした。スペインでは高齢者は治療しないとまで医師が言ったのはショックですが、高齢者を病院へ搬送すら断られ政府から80才以上は治療しない、回復する可能性のある患者を治療するとの見解でした。遺族は訴訟も考えているようです。医療崩壊が起きてしまえば、そのような命の選択に迫られるのもやむを得ないのかも知れませんが、釈然としません。日本は、たまたま第一派では、感染者の抑え込みにより医療崩壊寸前で持ちこたえただけだと思います。しかし一昨日は全国で100人を超える患者が報告され東京都が連日50人越えの患者が発表され不安です。ところが、新たな東京のモニタリング指標では今までの数値を追わず、感染経路不明者の数と増加数、発熱相談件数、救急搬送の状況を見るそうで、週1回、会議で総合的に判断し前回のような経済活動等の自粛を求めない方向性のようです。しかし、昭和大の二木客員教授は感染経路不明者の割合を見るのではなく人数を見ることに変えたことに、又、感染経路不明者の割合が50%を超えている現状は既に不安との指摘があります。その中で、東京都が6月27日からキャシュレス決済企業5社に感染情報通知サービスを開始して、店でクラスター発生したら消費者に知らせるシステムは心強いですが、それ以前に国民の自覚が第二派への備えになると思います。日本のGDPの半数以上を占める一都3県で、全国の自治体で一番、財政が豊かと言われる東京都でも、いわゆる貯金ともいえる財政調整基金が2019年末ま9345億円あったのが、様々な経済活動自粛による補償などで、今年度は493億円に激減しそうで、再び、経済活動の自粛を求めるにも都債発行などの借金をしないと補償も難しいようです。そうなれば、益々、国民一人一人の日頃の行動変容でしか第二派は防げないのかと、事態の深刻さが判ります。

 

40代女性
40代女性

オープニングから、武田真一キャスターが、「4月に撮影を始めた時は、医師から『適切な時期が来るまで放送は待ってほしい」と言われた」というエピソードを明かしたので、そんなに衝撃的な内容なのかと、緊張感が高まりました。新型コロナウイルスが重症化すると、“エクモ”という装置を使って治療を行なうことは知っていましたが、同時に、この“エクモ”は装置そのものも数が限られているし、操作ができる人も限られていて、医療崩壊寸前の医療機関では相当、困難な状態だったことがわかりました。でも、家族にとって、今の日本の技術があるのに、まさか治療が受けられないために、命を落とすかもしれない、という事態になるとは、新型コロナウイルスが出現するまでは想像もしなかっただろうと思いました。また、スペインやイタリアなど、実際に医療崩壊が起きた国では、高齢者よりも若い人の治療が優先されたという話も聞いたことがありましたが、日本でも同じようなことが起きていて、そのために実際に命を落とした人がいたとは、亡くなった本人や家族は悔やんでも悔やみきれないと思います。大規模災害などが起きて、トリアージと呼ばれる治療の優先順位を決めることはあ流ようですが、新型コロナウイルスの治療においても、命の選別がなされていたことを知ると、やはり感染しないように、改めて気を引き締めるべきだと思いました。

 

40代女性
40代女性

新型コロナ第一波で 命を救う機器EECMOがあっても使用できる人材がいない等の理由で命を救う事ができなかったケースは絵に描いた餅の状態は、ECMOがないから救えないケースよりも残酷で、患者の家族はもちろん医療従事者の心残りは計り知れないものを痛感しました。この新型コロナウィルスは突然現れた未知のもので、対応策等がないまま試行錯誤してしまった事は仕方のない事ではあると思いますが、結局そのシワよせが医療現場に回ってきた結果でもあると思いました。それでもなんとか命を救おうと、このような葛藤と戦いながら日々従事している事には、感謝しますと一言ではいい表せない気持ちになりました。ECMO導入の問題は病院経営の問題も絡んでくる事やECMOを使用できる人材が少ないという現実があり、この問題を解消するためにはやはり国が一番いろいろな角度から検証し現場の声を聞き支援をしていかなけれならないと思いました。ECMOの問題だけでなく医療現場は様々な問題を抱えている事からも、このまま何かしらの手を打たなければ、この後にやってくるだろうと思われる第2波以降のどこかで本当の医療崩壊が起き、この国の存続が危ない事態になると思いました。

40代女性
40代女性

新型コロナウイルスに慣れてきて危機感が緩んでる今だからこそ見たい番組でしたね、熱中症予防の為にマスクを付けなくても良いと発表されてからマスクを持ち歩くことすらしない人も増えてきて危機感を持つことの難しさを感じます。病院では人工心肺エクモが足りないとニュースでやっているのを聞いた事がありますが、目の当たりにするとショックですね。家族の話を聞くと涙が出てきますね、高齢でも普段丈夫な人だとコロナに感染したのが信じられないと思う気持ちは共感できます。そして高齢者の方が助からない確率が高いとは分かっていても自分の親だったらと考えると機材が足りない事に憤りを感じますよね。栃木県内だけで4台しか無いのがビックリしました、もう少しあるかと思いましたね。医師が空き台数を調べたり、転院の調整をしたり、個人的な思いと病院としての役割との間で葛藤するのは可哀想だと思いました。実験でも良いからあらゆる薬を試して欲しいとお願いした家族に号泣です、死を覚悟したってそうなるよね。普段は元気な人が感染しているケースが多いのかなって思いました、でも高齢者なので病気に絶えられないのかなって思いました。医療関係者の方も辛かったとの声を直接聞くと見てる方も辛くなりますね、あとエクモを使う人の不足も生じているとは大変な問題ですよね。イタリアでは高齢者は治療しないという決断は衝撃的でした、政府が回復の見込みが高い人を優先させていると納得できるような気もしますが説明が足りなかったように思います。第2波に備えてエクモを使える人材を増やそうと活動してるのは偉いですね、扱う方もトレーニングしてるのは感謝しかないですね。ニューヨークの病院では家族同士で治療についての話し合いをしていたのは驚きました、自分も家族と話をしておかないといけないなと思いました。

50代女性
50代女性

「もし家族がコロナウイルスにかかったらどうしよう?」と真剣に考えさせらました。私にも高齢の親がおり、命の選択を迫られたらどう判断するか悩み苦しむと思います。日頃から万一の時の話をしておかないといけないと強く思いました。やはり、最悪の時のことは誰も考えたくありません。元気ならば尚更です。しかし、元気なうちに死生観などを共に話し合わなければいけないと実感しました。それは、引いては医師を始めとする医療従事者の精神的負担を軽くすることに繋がると感じました。必死で命を助けようと日々奮闘する医療従事者の苦悩も伝えていました。志村けんさんの死去で一躍注目されたエクモの数の少なさ、例え、他県で余っていても越県して使用することは難しいことも浮き彫りにしていました。イタリアでは明確に命の選別が行われていました。特に高齢者に対し、行われていたようです。命の大切さは皆、平等といいながら優先順位が付けられる現実を目の当たりにしました。日本でそうならないためには医療崩壊を何としても防がなければなりません。そのためにも、今、私たちが出来ることは、全て忠実に行わなければならないと強く強く思いました。「第2波、第3波は必ず来る」と気を引き締めたいです。

50代女性
50代女性

まず、新型コロナウィルス肺炎が重症化してから人工呼吸器やエクモを付けるのかどうかを考えていては遅いのかなと思いました。最近、癌などで入院するときは延命処置を望むのかどうかを必ず聞かれるようになりました。新型コロナウィルス肺炎の時もそういうふうにすべきなのかなと思いました。例えば、自動車の運転免許証に臓器提供するのかどうかの意思を書く欄がありますが、運転免許証や健康保険証に延命処置をするのかどうかも書けると良いと思いました。日本では死にそうなときのことを考えると縁起が悪いと言われるのですが、そういうことを考えても良い時代になってきたと思います。それから、新型コロナウィルスの第2波の備えはやはり医療体制を整えるのが大事だと思いました。エクモも県境を気にしないで共有できると良いと思いました。私たちは地震があったときの備えをしていますが、新型コロナウィルスに感染したときの備えも必要だと思いました。まず、2週間入院または施設に行くための荷物がいるのと、もし重症化したときにどうして欲しいのかを家族または身近な人に言っておいたり、書面でのこしたりすることが必要なのかなと思いました。出来れば、先にコロナウィルスにかかった人がどういう物が必要なのか教えてくれると良いと思いました。

 

まとめ

『クローズアップ現代+』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました