硝子の葦(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ

硝子の葦(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『硝子の葦』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『硝子の葦』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

硝子の葦(ドラマ)の内容

『硝子の葦』は、2015年2月から3月までWOWOWの「ドラマW土曜オリジナルドラマ」枠にて全4話で放送されました。

直木賞作家・桜木紫乃さんによる同名小説を原作に、三島有紀子さんが監督、永田優子さんの脚本によって制作されました。

「母親の愛人と結婚。不倫、殺人、そして焼身自殺? 彼女はなぜ、その道を歩んだのか」というキャッチコピーの中で展開していく物語を、相武紗季さんをはじめ、小澤征悦さん、中村ゆりさん、森川葵さん、渡邉このみさん、小林且弥さん、千葉哲也さん、木野花さん、多岐川裕美さん、奥田瑛二さんが出演しました。

何気なくで見ましたが、見終わったあとは切なすぎて涙が止まりませんでした。人の弱さが人を傷つけている。なぜ人は人を思いやれないのだろうか…。見ていて胸が痛くなりますが、見て良かったと思える内容でした。

相武紗季さんの演技は素晴らしかったです。今まで演じてきた役とはまた違ったテイストの女性像であり、凄く魅力的に演じていました。

虐待やDVなど重いテーマの中にも、生命力や優しさを感じ、人間の本能にふれる良い作品で、多くの方に観ていただきたいと思えた作品です。

男と女、親と子、ストレートな形ではない愛の形があり、一言では言えない色々なことを考えさせられるストーリーで、最初から最後まで引き込まれました。

あらすじ

湿原を臨むラブホテル『ホテルローヤル』の経営者・幸田喜一郎(奥田瑛二)は、親子ほど年齢が離れた節子(相武紗季)と結婚をしました。そんな節子はホテルの顧問税理士である澤木昌弘(小澤征悦)と不倫関係を持っていました。

ある日の午後、澤木と情事を交わしていた節子のもとに、喜一郎が運転する車が事故に遭ったとの知らせが届きます。病院へ到着し医師の話を聞くと、脳の損傷がひどく回復の見込みがないとのこと。

そこへ、節子の母・藤島律子(多岐川裕美)がやってきました。奔放な律子は喜一郎の元愛人だったのです。節子は小さい頃に虐待を受けており、母に対して激しく憎悪を抱いております。

そこへ、母が喜一郎の秘密を打ち明けたとき、節子の中で抑え込まれてきた闇が溢れ出してしまい…。

見どころ

官能派ミステリー作品だけありラブシーンが多めで、主演を飾った相武紗季さんのイメージと違う作品への挑戦となっておりますが、官能的なシーンも雰囲気をしっかりと出しながら、素晴らしいスタイル披露しておりました。

本作は、最後の最後まで丁寧に描かれており、一人の女性をしっかりと描きこむだけでなく、サスペンスとしての見せ方も秀逸であり、映像の美しさや音楽にキャスト陣と、全てが見事な作品に仕上がっております。

全4話と非常に観やすい長さとなっており、ダラダラとした感じは一切なくストーリーが展開していきますので、非常に観やすい作品。オススメの一作となっております!

スタッフ

原作:桜木紫乃
監督:三島有紀子
脚本:永田優子
音楽:めいなCo.

キャスト

幸田節子:相武紗季
喜一郎の妻で、澤木とは愛人関係。旦那の事故をきっかけに人生が大きく変わっていく。

澤木昌弘:小澤征悦
ラブホテル「ホテルローヤル」の顧問税理士。節子と愛人関係をもっている。

幸田喜一郎:奥田瑛二
節子の旦那で、ラブホテル「ホテルローヤル」のオーナー。

幸田梢:森川葵
喜一郎の前妻の娘。節子の義理の娘。

佐野まゆみ:渡邉このみ
渉と倫子の娘。虐待を受けている。

佐野渉:小林且弥
外面は裕福な実業家だが、借金に悩み家族へのDVを繰り返している。

佐野倫子:中村ゆり
渉の妻。節子の属する短歌会のメンバー。

都築刑事:千葉哲也
節子のことを怪しんでいる刑事。

宇津木とし子:木野花

藤島律子:多岐川裕美

本田聡子:吉本菜穂子

ベーカリーの節子:かでなれおん

『硝子の葦』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

硝子の葦(ドラマ)の感想

30代女性
30代女性

屈折した感情としなやかな強さを表現したかったという、体を綺麗に折り畳んだ相武紗季さんの姿がとても美しくて、驚かされた。ドロドロした妖艶さは感じないけれど、何故か惹き付けられる魅力がある。表情を変えない幸田節子役の相武紗季さんの演技に、深い闇が漂う。北海道のひんやりとした風景が、ヒロインの心の空虚感を表しているようだ。母親(多岐川裕美さん)の元愛人と結婚したということだけでも何故と疑問に思ってしまうのに、次から次へと明らかになっていく生い立ち。オンパレードした衝撃的な展開に、ヒロインの心に重くのしかかっている数々の出来事を思うと切なくなる。ヒロインが幼い頃に受けられなかった愛を旦那様(奥田瑛二さん)と不倫相手(小澤征悦さん)の二人に、精一杯、求めているように感じる。絡み合う手と手、脚と脚の仕草一つ一つにヒロインの寂しさが滲み出ている。節子の思いをしたためた短歌は、ヒロインの叫び声に聞こえる。誘拐事件を起こした上、焼身自殺を図る難しい役どころを演じている相武紗季さんから目が離せない。新境地を開いた相武紗季さんの底知れぬ魅力を十分、堪能して欲しい。人一人の不幸の数は決まっていて、今度は幸せになる番だと伝えてあげたい。

30代男性
30代男性

直木賞作家である桜木紫乃が原作と言うことで気になり実際に見に行く事にした映画なのですが、桜木作品としては今回初の映像化ということでどういった作風に仕上がるのかとても楽しみにしていました。エロに対する独自の視点がとても興味深く今回の作品でも女性特有の嫉妬心や妬み、愛情など一言では表現できないような心情が匠に描かれており見れば見る程に引き込まれていくのが分かりました。監督を務めたのは『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』などで高い評価をえている三島有紀子さんで女性の美しさや醜さなどが独自の視点で描かれており人間らしさがにじみ出た作品となっています。主演となっている相武紗季さん、これまでは正統派で清純なイメージが強い女優さんでしたが、この映画の役ではイメージとは真逆の難しい役どころですが見事に演じています。その役どころは夫は実母の元愛人で、元雇用主とも不倫関係にあり殺人事件を起こし焼身自殺を起こすというとても難しい役にも関わらずこれまでのイメージを覆すようなエロさと独特の色気を醸し出しています。ホラー的な要素もありながら人間だからこそ怖い部分が見事に描かれておりこれまでの人生観に大きく影響をあたえる作品となっています。

30代女性
30代女性

初めの節子が短歌を詠むところから始まる場面がとても印象的で、その後どんな展開になっていくのか、ハラハラしました。節子が母親から受けた壮絶な虐待のせいで表情のない無表情の子どもになってしまったのだと推測出来ました。それでも、どうして母親の愛人と結婚したのか謎が残りました。母親から愛する人を奪いたかっただけなのか、それ以上に何かあるのか謎は深まるばかりでした。話が進むにつれて節子の周りを取り囲む、短歌会の佐野倫子の娘で節子と同じく虐待されているまゆみを気遣う節子が印象的で、節子の優しさを感じました。人間味のない節子のイメージでしたが、お鍋の準備や、喜一郎の娘と3人で見た花火の時は、家族らしい優しさを持つ節子のようにも感じました。その中で、人と交わる温かみを得ているのだと思いました。節子がまゆみに言った「あんたは何も悪くない」というセリフが力強くて、自分はどうすることもできなかったが、まゆみには幸せに生きて欲しいと、まゆみの本当の母親のように思えました。幸田は節子にありきたりな家族の幸せをあげたくて、節子と結婚したのかもしれません。ただいま、お帰りの場所があってもいいかもしれないという幸田の言葉に嘘はなかったと思います。としたら、どうして節子の母親と結婚してまで関係を続けていたのかが私には分かりません。節子は不器用ながらも本当に幸田のことを愛していたのかもしれません。節子に笑顔を引き出させたのも幸田でした。幸田もまた、節子を愛し、裏切られる悲しみから、自分自身を開放したのかもしれません。硝子の葦は節子の人生そのものでした。とても悲しく、しかし、人に愛される喜びもあり、その思い出と共に一度きちんと葬った方がいいんだと思いました。

 

まとめ

『硝子の葦』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました