二つの祖国(ドラマ)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

国内ドラマ
ドラマスペシャル 「二つの祖国」特報②【テレビ東京開局55周年特別企画】

二つの祖国(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『二つの祖国』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『二つの祖国』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

二つの祖国(ドラマ)の内容

『二つの祖国』は、2019年3月に「テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル」として放送されました。

原作は、『花のれん』で直木賞を受賞し、その後も『白い巨塔』、『華麗なる一族』、『沈まぬ太陽』など数々の名作、人気作を生み出した、社会派作家の金字塔、山崎豊子さんの同名小説となっております。

『二つの祖国』は、太平洋戦争から始まった日米間の戦争に翻弄された日系二世の生涯を描いた物語となっており、小栗旬さん、仲里依紗さん、多部未華子さん、池田エライザさん、高良健吾さん、新田真剣佑さん、原菜乃華さん、ムロツヨシさんら豪華俳優陣が出演しております。

物語終盤の極東国際軍事裁判シーンでの舞台は、実際の裁判でも使用された防衛省市ヶ谷記念館の大講堂で撮影が行われたそうで、同施設でドラマを撮影したのは本作が初めてと注目を集めました。

山崎豊子さん原作の中で、本作が一番好きなので、期待して見ましたが、期待以上に素晴らしい内容に仕上がっていると思います。
あえて内容の詳細は書きませんが、原作も一度読んで欲しいと思います。

戦争そのものが苦しみや悲しみでありますが、それを乗り越えて今の日本が世界から認められ、日本人としての誇りを回復した世の中であることに感謝しかないですね。

小栗さん演じる賢治夫婦と、ムロツヨシさん演じる田宮夫婦の演技が凄いですね。とても印象深く、見終わった後でも心の中で思い返してしまうほどです。

今が旬の俳優さんを使っており、個々の芝居が上手なのはもちろんですが、原作がしっかりしているので、違和感を全く感じず、感情移入できました。
当時の日系人の歴史を調べたくなる傑作になっています。

あらすじ

アメリカで生まれた日系二世、天羽家の長男・賢治(小栗旬)は日本で教育を受けた後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で学び、卒業後はロサンゼルスの日本語新聞社「加州新報」の記者として働いていました。

賢治は社説で「良き日本人であっても努力しなければ、立派なアメリカ市民にはなれない」と説き、自身のモットーしてして生きています。職場の同僚・梛子(多部未華子)は賢治の大学時代の同級生・チャーリー田宮(ムロツヨシ)と付き合っており、賢治は二人の交際に複雑な思いを抱いておりました。それでも、梛子の友人で二世のエミー(仲里依紗)と結婚をしました。

ある日、平穏な日常は一転してしまいます。太平洋戦争が始まり、賢治の両親ら日系人は収容所に送られ、不自由な生活を余儀なくされます。やがて、日系人の中からアメリカ軍への徴兵を募ることになり、日系二世はアメリカか日本か、どちらの国に忠誠を誓うかの選択を迫られることになってしまいます。

見どころ

賢治にはモデルがいた

本作に登場する人物たちは、何人かの二世たちの経験談を元に書かれておりますが、主人公である天羽賢治には中心となる二人のモデルがいました。

■デイヴィッド・アキラ・イタミさん
日本名を伊丹明さんといいます。賢治と同じく、鹿児島県加治木町の出身で、日本語新聞の「加州毎日」の記者をしておりました。

加治木町には【「二つの祖国」伊丹明の出身地】という立て札と、彼の横顔のブロンズ板もあります。

■ハリー・K・フクハラさん
日本名は福原克治といいます。賢治と同じく、4男1女の兄弟たちと育っていきました。彼は、歴史上で類を見ない悲劇を体験しております。

もし「二つの祖国」であるアメリカ・日本が戦火を交えることさえなければ、悲しみが生まれることもなかったでしょう。

本作で、モデルとなった二人・天羽賢治の生き様に刮目していただきたい。

スタッフ

原作:山崎 豊子「二つの祖国」
監督:タカハタ 秀太
脚本:長谷川 康夫

キャスト

天羽賢治 / 天羽アーサー:小栗旬
天羽家の長男で日系二世。日本語新聞社「加州新報」で記者をしている。

天羽エミー:仲里依紗
賢治の妻。賢治と同じ日系二世。

井本梛子:多部未華子
日系二世で賢治の同僚であり、エミーとは学生時代からの友人。

井本広子:池田エライザ
梛子の妹。

天羽忠:高良健吾
天羽家の次男で日系二世。

天羽勇:新田真剣佑
天羽家の三男で日系二世。

天羽春子:原菜乃華
天羽家の長女で日系二世。

チャーリー田宮:ムロツヨシ
賢治の友人で、アメリカ社会での成功を目指す野心家

小田万里子:橋本マナミ
チャーリー田宮の妹。

松井竹虎:仲村トオル
加州新報社長。

オーソン相川:田中哲司
日本語学校の主任教官。

池島努:柄本佑
プロアメリカンと敵対するプロジャパンのリーダー。

倉石隆信:甲本雅裕
広島日赤病院の医師。

横山喜三郎:中村雅俊
国際法学者。

広田弘毅:リリー・フランキー
元総理大臣で政治家。

畑中万作:泉谷しげる
天羽エミーの実父。

天羽鷹:余貴美子
賢治の父・天羽乙七の姉。

天羽乙七:松重豊
天羽賢治の父。

天羽テル:麻生祐未
天羽賢治の母。

東條英機:ビートたけし
大川周明:笑福亭鶴瓶
小田千代:根岸季衣
井本せき:山下容莉枝
広田静子:とよた真帆
大野なみ:柴田理恵
ジョー北川:渡辺邦斗
ポール横田:山本直寛
久保作造:山中崇
鬼塚誠:今野浩喜
伊佐新吉:長田成哉
山崎総一郎:髙橋洋
山田英世:関健介
杉田新平:大藏基誠
ケネス阿川:福山翔大
ジョン小寺:浜田学
ホセ森:中島歩
小松原彌之助:福田雄一
小松原実花:蜷川実花
小松原玲子:吉倉あおい
ウェッブ:モーリー・ロバートソン
ムーラー:セイン・カミュ
ホプキンズ:厚切りジェイソン
マイケル坂田:ハリー杉山
クラーク:チャック・ウィルソン
パーカー:ケント・ギルバート
ピーターソン:ダニエル・カール
カミング:デーヴ・フロム
ケヴィン:ジョージ・ウィリアムズ
ブレイクニー:ジェフリー・ロウ
ロニー:パオロ・ディ・ピエトロ
アメリカ人技術者:村雨辰剛
愛新覚羅溥儀:織田信成
ナレーター:阿川佐和子
ジェームス林:水間ロン
新聞記者:石塚康介
マンザナール収容所の日系人:鈴木貴之
役名不明:田本清嵐 / 阿部丈二 / 塩屋准 / 大川ヒロキ / 城築創 / 立花恵理 / 宮下かな子

『二つの祖国』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

二つの祖国(ドラマ)の感想

40代女性
40代女性

アメリカで生まれた日系二世の天羽。記者として仕事をしていて結婚もしたのに太平洋戦争の勃発で運命が激変するのが気の毒でした。当たり前のことが何よりしあわせなんだなぁと思わされました。それにしてもどちらの国を忠誠を誓うかを決めなくてはならなかったり、どちらに行ってもどちらかを裏切ったことになるようでつらいだろうなぁと思いました。普段はコミカルな役が多いムロツヨシさんが、クールでクレバーなチャーリー田宮という天羽のライバルを演じていたので新鮮でした。またビートたけしさんが東條英機の役をしていたのも印象に残っています。最初はどうしてもコントに見えてしまいましたが、やはり元総理大臣で軍人のトップだったので迫力があるなぁと感じました。また笑福亭鶴瓶さんが大川周明役でたけしさんと共演していたのも贅沢だなぁと思いました。戦争によるそれぞれの人生を見せてくれる作品でしたが、天羽が最初に想いを寄せていた梛子がチャーリー田宮と結婚するも野望の塊となった田宮に付いて行けず離婚し、日本で暮らしていたりと薄幸なのが気の毒でした。しかも暮らしていたのが日本の広島・・・原爆が投下されたので被ばくしてそれが原因で亡くなるのですが、最後に天羽と再会しお互いの想いを伝え合えたのが救いだったと思います。悲しいことの連続でしたが、家族の愛が3世代に渡って描かれていて人間愛を感じて見応えがありました。色んな分岐点があり、トータルとしての64年間でしたが、戦争がなければ家族が引き裂かれたりしなかったのにと思いました。

 

50代女性
50代女性

戦前に日系人として外国で生活していた日本人はかなり多くいます。ですが、戦争になり、敵国となってしまった時、日系人の立場は非常に危ういものになってしまいます。日本で生まれて、途中で海外移住したならば、仕方がないのかもしれません。ですが、その子供や孫たちにとっては、何の罪もなく、やはり生まれ育った国を母国と思うでしょう。ですが、周りの人からすれば、日系人には変わりがなく、特に戦争になってしまうと、その刃を向けられてしまうことになります。私はこのドラマを観る少し前に、地元でハワイに移住した日系人の話を聴きに行く機会がありました。その時もやはり太平洋戦争が大きく影響していました。彼らもまたハワイを母国だと思い、アメリカ側に付いたと言う話をしていました。その実体験を思い出しながら、このドラマを観ていました。いつの時代も戦争はしたくないものですし、全く関係のない人たちが被害に遭ってしまいます。今年も夏になり、終戦記念日が近づいて来ていますが、この事実を後世に伝えていくためにも、定期的にこうした内容のドラマを放送していくのは大変意義があることだと感じています。社会的にも難しい問題ですが、目を背けることなく、二度とこういうことが起こらない世界を作っていくことが必要だと思います。

30代男性
30代男性

戦争の記憶が遠くなりつつある昨今。今の世界情勢などを照らし合わせて、過去を学ぶ機会を与えてくれるドラマだったと、二つの祖国は感慨深いドラマでした。第二次世界大戦において、日本人の血を引いているとしてアメリカ人として認めてもらえなかった天羽賢治ことケーンは、自分がアメリカ人であると信じ証明する為に、軍隊へと入隊し、戦乱の中を生き抜いていくのですが、その人生は波乱に満ち、また日本人とアメリカ人の血を持つ人間としての苦悩を戦争を通して生きていく姿は、混迷していく今の時代に置いて、考えさせられてしまう内容がありました。人種が違うと、それだけで排斥されてしまうコミュニティの中で、自分のアイデンティティを求めて左右の陣営の中に動いていくケーンの姿は、視聴者に胸を打つ想いをいだかせてくれます。人種とはと、また自分は何人なのかと、問いを抱いても答える事の出来ない容易ではない人種問題。戦争の混乱の中で、主人公は自分が敵側の人間であり、また味方側の人間でもあると、二つの血筋を持つが故に、その存在を蝙蝠として揶揄されるも、彼自身は自分が何者であるのかを模索し、大切な愛すべき人や家族を失いながらも、戦争の中で生きていく強さは、是非に見て欲しい姿でもあります。戦争とはと、また人種はと、遠くなりつつある戦争の記憶の中にある混迷のなかで生き抜いていく事はと、そんな力強さをあたえてくれるドラマでした。

40代女性
40代女性

これは時代ものが好きな人にぜひ見て欲しいドラマです。はじめは何となく見ていたのにグイグイ惹き込まれます。日本から移住した1世なら自分の決心の元にアメリカで頑張ることもできますが、2世となると心はアメリカ人でも差別に苦しみアイデンティティが崩壊されてしまうのです。でも、2世は悪くないので時代に翻弄される賢治(小栗旬)達を見るのが辛いです。戦争では、アメリカ軍につくか日本軍につくか、その考え方は家族でも違いますし、生き延びたどころで後味が悪いのでどちらを選択しても苦しいのです。戦争に関しては仕方ないと思いますが、賢治の失敗は結婚相手だと思います。賢治は最初から椰子(多部未華子)を好きだったように見えます。椰子がチャーリー(ムロツヨシ)と付き合っていたからあきらめたのかもしれませんが、エミー(仲里依紗)とはあまり相性が良くなかったと思うのでその辺の判断も甘かったように感じます。結局悪いのは賢治なんですけど、精神が安定しないエミーを仲里依紗さんがとても上手に演じ過ぎていて、エミーにかなりイライラします。椰子もせっかく故郷に帰って落ち着いたのに、なんで故郷の場所がそこなのって思いました。それが引き金になり、賢治のラストは衝撃的です。賢治のメンタルは強いように感じていましたが、椰子の存在に支えられていたんだと思いました。

30代女性
30代女性

主人公はアメリカで生まれた日系二世の怒涛の人生の物語です。主演は小栗旬さんがされています。戦争に巻き込まれ、自分が、アメリカ人なのか、日本人なのか、二世に生まれての葛藤が見る視聴者をひきつけます。想いを寄せる人とは戦争が原因でうまくいかず、ただ、幸せに暮らしたかっただけなのに、戦争がすべてを壊してしまいます。戦争映画やドラマをたくさん見てきましたが、二世が主人公の作品はあまり見たことがなく、私は父親も母親も日本人なので、主人公の方のような悩みはありませんが、家族が幸せに過ごして欲しいという願いは、どこの国の人間も同じことを思っているはす。それが、日本人でも、アメリカ人であっても。日本では、この時、広島の原子爆弾投下によって、すごい数の犠牲者が出て、アメリカ人を憎みましたが、二世の人の心情は複雑だと思います。日本人の気持ちもわかるし、アメリカ人としての血も流れているので、どちらも肩を持つこともできません。戦争の時代に生まれてしまったがゆえの苦しみや、悲しみがたっぷり凝縮されたドラマだと思います。見終わってからはしばらく立ち尽くしてしまいました。二度とこんな悲しみを繰り返さないように、たくさんの人に見てもらいたい作品です。

50代女性
50代女性

このドラマはNHKの大河ドラマとテレビ東京系列でやったドラマスペシャルと両方見ましたが、まず、天羽家の長男の賢治と弟の忠が第一次世界大戦で敵と味方に分かれて戦うというのがかわいそうだと思いました。それに戦場で会ってしまうのは架空の話なのか、疑われました。この話は史実に基づいて描かれているそうで本当に合った話しではないかと思うくらい、リアル感がありました。それから、妹の恵美子がアメリカ人にレイプされてしまうのはまだ若かった私が最初に大河ドラマを見たときは衝撃的でした。大河ドラマは8時台のドラマなのに本当にあったのかわかりませんが、リアルに再現したので、びっくりしました。そのエミーの役を最初の多岐川裕美さんも次の仲里依紗さんも上手く演じていました。大河ドラマの方は南京大虐殺も描かれていて、その場面も悲惨でその時の役を歌手のアグネスチャンさんが本名役で出ていました。香港生まれのアグネスチャンさんが自分で希望して出たのではないかと思いました。それから、賢治の友達の梛子の役を最初は島田陽子さんで次が多部未華子さんを起用していたので、賢そうな人を起用したのかなと思いました。多部さんは実際に東京女子大を出ていて、梛子の役にぴったりだと思いました。

 

まとめ

『二つの祖国』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました