2つ目の窓(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『2つ目の窓』予告編

2つ目の窓(映画)の動画フルを安全に見る方法

『2つ目の窓』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『2つ目の窓』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

2つ目の窓(映画)の内容

映画『2つ目の窓』は、2014年7月に公開されました。

監督・脚本は“カンヌ国際映画祭常連”の河瀬 直美さんで、自ら最高傑作と語るほどの自信作となっております。本作もカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に日本から唯一ノミネートされましたが、受賞には至りませんでした。

主演は歌手のUAさんと俳優の村上 淳さんの長男・村上 虹郎さんと、注目の新人女優である吉永 淳さんというフレッシュな若手を主演に据えた作品となっております。また、虹郎さんと淳さんは、本作で親子役として共演も果たしております。

 

俳優陣が皆さん素晴らしい演技をされていて、リアルな感じを引き出しているなと思いました。

奄美大島は観光名所なだけありますね。青い海、自然、音、人の営み、すべてが美しいと感じました。全て含めて奄美は最高の印象で、一度は行ってみたいなと思いました。

山羊が殺されるシーンは正直エグいです。ですが、そういった死を糧にして私たちは生きていることを考えさせられ、私達を生かすために失われた命を無駄なくいただかなければならないと考えさせられました。

ラストで人魚のように海を踊る若き男女の裸体が美しかったです。河瀬監督の作品は結構見ていますが、毎度のことながら、見事な役者を見つけてくるものだと感心してしまいます。

注目の新人俳優である、村上 虹郎さんと吉永 淳さんが素晴らしいという声が多かったです。演技というより表現が素晴らしい役者さんなので、今後が期待です。

また、本作のようなモチーフは、これまでにも多くの方が表現してきたので、目新しさはなかったです。が、このモチーフを実際に素晴らしい映像として映しこんだのは『2つ目の窓』だと思います。河瀬監督が最高傑作と言ったのが、うなずける作品となっております。

あらすじ

色とりどりのサンゴ礁が島の周りを縁取る奄美大島。その島に暮らす16歳の界人(村上 虹郎)は、古代から伝わる八月踊りの夜、海に浮かぶ男性の遺体を発見しました。動揺する界人の様子を同級生の杏子(吉永 淳)は見ていました。

そんな、杏子の母親・イサ(松田 美由紀)は“ユタ神様”として、島の住民から身の上相談を受け慕われておりました。そんな母が病気を患い、余命宣告を受けてしまいます。

『神様も死ぬんだね』と、杏子は行き場のない想いを界人にぶつけます。

一方、思春期の界人は恋人の影を感じさせる母親・岬(渡辺 真紀子)のことを汚らわしく思っていました。界人はモヤモヤした気持ちを胸に、幼いころに離婚して東京に暮らす父・篤(村上 淳)に会いに行きます。

そして、界人が島に戻ると岬は失踪していました…。

見どころ

監督の熱い気持ち

クランクインして、最初のショットを撮った瞬間に『これは私の最高傑作になるな』と河瀬監督は思ったそうです。「まだ無垢で感受性の強い世代の人たちにこそ、世界に対して希望を持って欲しい。この世界は素晴らしいと思って、夢や希望を持って歩いて行って欲しい。それを表現したい」と、監督は作品への思いを語っておりました。

監督の熱い気持ちに応えた村上 虹郎さんと吉永 淳さんの表現は素晴らしいの一言。パッケージ画像にもなっている、ラストの海の中で踊るシーンは圧巻です!

音楽

映画音楽を担当しているのは、元ちとせさんや、我那覇美奈さんへの楽曲提供も行っている、ハシケンさんです。映画の舞台となっている奄美大島在住の方で、河瀬監督とは2度目のタッグとなります。

奄美のかけがえのない大自然を知っている、彼だからこそのメロディライン、また独特の世界観に深みが加わっており、本作にピッタリな“音”となっております。

スタッフ

監督・脚本:河瀬 直美
プロデューサー:青木 竹彦 / 津田 正道 / 河瀬 直美
音楽:ハシケン

キャスト

二宮 拓人:佐藤 健
界人:村上 虹郎
奄美大島に暮らす16歳の少年。杏子の同級生。

杏子:吉永 淳(現・阿部 純子)
16歳の少女。母の余命を受け入れられないでいる。

イサ:松田 美由紀
杏子の母。“ユタ神様”として人々から慕われている。

岬:渡辺 真起子
界人の母。シングルマザーで育てている。

篤:村上 淳
界人の父。界人が幼いころに離婚し、東京で暮らしている。

 

『2つ目の窓』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

2つ目の窓(映画)の感想

 

40代女性
40代女性

まずは山羊を殺すシーンから始まります。ぐろい系が苦手な人は要注意、死があるからこそそれを食らって我々は生きているのだというメッセージでしょうか。美しい景色の中で、生と死・親子・自然・性など伝えたいことがこれでもかとあるのでしょう。ではあるけれども、多くを語ることはありません。若者たちの生きざまを見ながら想像するしかないのです。母親が死んでしまいそうだという悲しみや、幾人もの男たちと交わる親への嫌悪で押しつぶされそうな彼らを映像の中に住んでいるがゆえにただ見守るしかないのです。励ますことも抱きしめてやることだって出来ず、でも彼らは自分たちなりに答えを見つけ出し成長します。身体を重ねあうことが出来た、それはきっと裸の自分自身をゆだねることができたからです。でも彼女の母親は死んでしまって生き返ることは無いのですし、彼の母親ももう恋に走ることが無いとは言い切れません。でももう大丈夫、苦しみもがいたとしてもちゃんと立ち直れるはずです。これは自分なりの解釈であり正解かどうかは分かりません。他の意見も聞いてみたいところ、解説付きで観てみたいと思えました。ごく普通の恋愛ものでは無し、ちょっと深い話です。

30代男性
30代男性

奄美大島を舞台に、男子高校生の主人公である界人が、同級生の少女との恋や、家庭環境を見つめ直すような映画です。この映画の特徴となっているのが、奄美大島独自の文化で、土着信仰やそれに基づいた死生観が、ストーリーに組み込まれています。生と死、人の生き方、人間と自然の対立など、様々なメッセージが込められているように思いますが、全体的に難解な表現が多く、的確に意味を読み取るのは容易ではないようにも感じました。それだけに一度だけでなく、二度三座と見返して分析したいタイプの映画ですね。主人公とヒロインを演じた村上虹郎さんと吉永淳さんは、若手ながら良く演技できていると思いますし、河瀨直美の下で演じられたのは、2人の役者人生にとって大きな財産になったのではないかと思います。またこの映画で特筆したいのは、舞台でありロケ地ともなっている奄美大島の自然風景ですね。青い海に広がるサンゴ礁や、河口に広がるマングローブ林など、本土にはない風景が次から次へと映し出されています。また主人公たちが気軽に海で泳ぐシーンなど、大自然と身近に接している奄美大島の人々の暮らしぶりを窺うことができました。ある意味、奄美大島の魅力が詰まった映画とも言えるかも知れませんね。

 

20代男性
20代男性

6年前の映画で、元はインターネットの広告でしったながきっかけです。ストーリーのプロットに心を惹かれたのが大きいかなと思います。私は自然を美しく描き出している映画だったのでおそらくタイプだったんだと思います。奄美大島を舞台としていて、そのもとの自然美と演出や動画の綺麗さも相まって非常に美しい自然を描き出しています。海の色や、空の色の青々とした感じは生命の根源というか、人間であれば誰しもが美しいと思ってしまうのではないでしょうか。その中で主人公らの青春をどストレートに描写しており、自然との美しさと上手くマッチしていたと思います。キャスト陣の演技も自然体でいいです。単なる青春映画ではなく、性とはなにか、愛とはなにか、生と死とはなにかという壮大なテーマを扱っており、それも個人的に作品の中で輝いているポイントの一つだと思いました。シリアスなテーマを扱ってはいますが、作品のテンポが良いので重たくなりすぎない感じになっているのも監督のセンスの高さを感じます。単に辛気臭い映画とは無縁なものを感じます。もう公開から6年も経ちましたが、そんな年月を感じさせないようなクオリティと美しさを誇った名作だと私は今も思っています。

50代女性
50代女性

ヒロインの女の子が、とても純粋できちんとした感じがして好感が持てました。存在感があったと思いました。松田美由紀さんが、とてもいい演技力で上手かったと思いました。杉本哲太さんが、さすがのベテラン俳優としての演技力でとても良かったと思いました。吉永淳さんが、目力がすごくてとても良かったと思いました。景色がとにかくきれいで、海辺のカフェでパスタを作るシーンや、大自然の中で寝っ転がるシーンなどがとても良くて、このようなところで生活できたらきっと心穏やかに毎日を過ごしていけるのだろうと思いました。ラストで、2人が全裸で泳ぐシーンはとても清々しかったと思いました。奄美大島の自然がとにかく美しくて、引き込まれてしまいました。おじいちゃんが「人はねいつかは死ぬんだよ」という言葉と、「神様も死ぬんだよ」という言葉が重みがあって、心に響きました。この映画は観るというよりは、感じる作品ではないかと思いました。生きることと死ぬことは、いつでも隣あわせなのだということに気づかされました。淡々と進むストーリーの中で、全てのものは果てしない命のリレーによって受け継がれている存在なのだということに、改めて気づかされました。

 

まとめ

『2つ目の窓』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の河瀨直美監督作品

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました