双葉荘の友人(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー

双葉荘の友人の動画フルを無料で安全に見る方法

『双葉荘の友人』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『双葉荘の友人』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

双葉荘の友人の内容

第8回WOWOWシナリオ大賞受賞作、川崎クニハルの「双葉荘」が映画化され、反響を呼びました。

応募総数482編の中から大賞に輝いた「双葉荘」は、川崎さんが若いころに体験した実話を基に描かれた、ロマンティックミステリーです。そして、映画「双葉荘の友人」の監督を務めたのは、山田洋次監督作品の助監督を長年務めていた脚本家の平松恵美子さん。テラスハウス「双葉荘」を舞台に、時空を超えて友情を育む不思議な空間を演出するとともに、夫婦愛も描かれ、独特の世界観に観る人は引き込まれていきます。

主演は川村正治役の市原隼人。そして、現代に生きる川村と26年前に〝同じ景色を眺めていた〟倉田誠司役を、今最も勢いのある演技派俳優・中村倫也が演じています。

 

その他の共演者も、臼田あさ美、陽月華、中嶋朋子、中原丈雄、吉行和子と、個性あふれる豪華な顔ぶれがキャスティングされていて、目に見えないはずのものが見える不思議な空間を見事に表現し、感動を呼ぶロマンティックな作品です。

 

大家夫婦、幻影の夫婦、若い夫婦 それらの描き方が
素晴らしく世界に引きこまれていきました。
シナリオ大賞というのも納得させられる内容でした。
最後まで充実した素晴らしい作品です。

ありえない事なのに何故か現実味のある不思議なお話でした。
大賞にふさわしい作品だと思います。
引き込まれて観てしまいました!

見終わったあと しばらく世界観に浸って あたたかな気持ちになります。
ストーリーと脚本が秀逸と感じました。

こういう系苦手かなと思ったけど全然!やわらかく温かな空気感。倉田誠司が素敵なのはもちろん時空を超えた二人の交流や友情、夫婦の愛、そして声なき演技が何よりも素晴らしくて引き込まれた…久しぶりにおいおい泣いたな。

 

あらすじ

2000年3月。舞台監督をしている川村正治(市原隼人)と雑誌編集者の妻・美江(臼田あさ美)は、横浜港を望む高台のテラスハウス「双葉荘」に移り住むことを決めたのですが、不動産会社の担当者から大家の承諾が必要だと言われ、大家である寺田幸吉(中原丈雄)と妻の直子(吉行和子)に会うことにしました。

寺田夫妻の高飛車な態度に腹が立ったものの、後日「入居して下さい」と連絡があり、「双葉荘」へ引っ越しすることになりました。

隣に住むのは、夫が単身赴任中の主婦・八井沙季(陽月華)。感じの良い沙季に安心した川村夫妻はしだいに新生活になじんでいきました。

そんな中、正治は舞台監督の仕事に疑問を感じ、退職することになりました。ちょうどその頃、美江の尊敬する先輩・熊谷節子(中嶋朋子)が子作りを理由に退職し、仕事を引き継ぐことになった美江は、正治に自宅でのライター業を勧めました。

ある朝、美江を送り出した正治は、誰もいないはずの家の中に不穏な気配を感じます。不思議なことに驚きはしたものの恐怖は感じず、どこか懐かしささえ感じていたその人影は、26年前に双葉荘の同じ部屋に住んでいた倉田誠司(中村倫也)という画家の幻影だったのです。

似たような境遇の二人はほどなく交友を結ぶようになるのですが、ある日正治は幻影の中で信じがたい光景を見てしまいます。それは幻か?それとも過去に実際に起きたことなのか?驚くべき真相が明らかになっていきます。

見どころ

斬新なストーリー展開はもちろんのこと、これまで熱血俳優のイメージが強かった市原隼人さんが、この物語の中では、あえて「静」の部分を見せています。さらに、30代を目前にますます脂ののった芝居が目覚ましい中村倫也さんは、また新たな個性的な役どころに挑戦しています。
大人の俳優として自らを深めていこうとしている二人が、「双葉荘の友人」でどのような演技を見せるのかは見どころです。

スタッフ

脚本:川崎クニハル
監督:平松恵美子
音楽:寺嶋民哉

キャスト

川村正治:市原隼人
32歳。妻とは学生時代からのつきあい。仕事は舞台監督を辞め、妻の計らいで自宅でライター業を行うようになる。マイペースで楽天的。「双葉荘」で幻影と出会う。

川村美江:臼田あさ美
正治の妻で、雑誌編集者をしている。仕事は真面目だが怒りっぽい性格。引っ越したころから仕事が忙しくなり、正治とのすれ違いから不満は募るばかり。幻影は見ておらず、正治の話を信じていない。

倉田誠司:中村倫也
名古屋出身の32歳。チラシ広告のイラストカットを手掛ける画家。妻のことを深く愛している。1974年の「双葉荘」に暮らしていて、2000年の「双葉荘」で暮らす正治と交友を深める。

八井沙季:陽月華
川村夫妻の隣人。夫は単身赴任で、「双葉荘」に1人で暮らしている。おっとりとした優しい性格で、川村夫妻の世話をやいている。

寺田幸吉:中原丈雄
「双葉荘」の大家。高飛車な態度で人に接する。

熊谷節子:中嶋朋子
美江の職場の先輩で、よき理解者。子供を作ると決め、退職する。

寺田直子:吉行和子
「双葉荘」の大家・寺田幸吉の妻。

『双葉荘の友人』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

双葉荘の友人の感想

30代女性
30代女性

なんとなく見始めたのですが、展開が面白くて最後までしっかり見てしまいました。仲の良い夫婦が住まいを探す穏やかなシーンから始まりますが、途中で衝撃的な事実が明らかになります。そして、やるせない気持ちとともに最後には温かく優しい気持ちになり涙がこぼれてきました。管理人の不穏な雰囲気や、親切な隣人との交流、以前の住人が幻で現れるなど不思議な出来事が起こったり、ゆったりした時間を描きながらもストーリーは進んでいきます。一般公開の映画ではなくWOWOWの作品なのであまり知られていないように思いますが、俳優陣(市原隼人、臼田あさ美、中村倫也)の演技もストーリーも素晴らしく、見て損はないと思います。特に、中村倫也は倉田という男性の幻影という役なので、言葉を発することなく表情と動きだけでの演技なのですが、ひきこまれてしまい自分もその場にいるかのように感じてしまいました。市原隼人演じる川村と倉田が段々と心を通わせていくシーンは微笑ましく、お気に入りのシーンです。はじめにあらすじを読んだときは、非日常すぎて感情移入できないのではないかと思いましたが、実際はその設定こそがこの作品を面白くする要素なんだと思えるほど良かったです。

 

50代女性
50代女性

サスペンスなのかなと思って鑑賞してみると思った以上にファンタジーでちょっぴり切なくて心があったかくなるようなストーリーでした。絵を描きに、会いに来てくれた友人に感動することが出来ました。不思議な繋がりで知り合ってしまった別時代の人と毎日筆談で交流するという設定はすごく味のある設定ですごく引き込まれました。見ていると不思議な感覚になることが出来ました。なんか起こりそうでおこらない不思議な感じで話が進んで行き、いつの間にか引き込まれて行きます。伏線が多くあり最後にはその伏線を綺麗にして拾って終わりとても素敵な終わり方で感動することが出来ました。時空を超えた出会いに感動出来ただけではなく、市原隼人さんと中村倫也さんのやりとりも見ているだけで可愛く気持ちが癒やされる気がしました、あまり話題にならなかった映画ですが、なぜこの映画がそんなに話題にならなかったのか不思議になるぐらい面白い作品だったと思います、出演している俳優さんたちの演技も素敵で感動的な作品になっていました。すごく意外な出来事が起こるわけでもないのに不思議な感覚に慣れる素敵な映画でした。引っ越した先で30年前の住人が見えるようなるという設定が良かったです。

30代女性
30代女性

WOWOWのシナリオ大賞をとっただけあって、なかなか面白い話だと思いました。幽霊は出てくるけど、ホラーとかじゃなくて、幽霊と友情を深める話です。触れはしないし、会話も紙伝いだけど、二人の間には同居人のような、友人のような関係性ができてきておもしろかったです。幽霊かもしれない人影を見て、挨拶を交わすなんて変わり者だなと思いましたが、私も幽霊にあったことはないので、もしかしたらそういうものなのかもしれません。なんかいるけど、怖くない、そんな表現もあるんだなと思いました。いや、妻のこと見てやれよとも思うけど、やっぱり結婚生活ってほんと嫌なことも多い(仕事のこととか家計のこととか)、なんか関係ない友達がいるといいのよねと思います。それでも、幽霊だか幻覚だかに気を取られている夫を持つ妻はかわいそうでした。事件部分については、解決しても時効も過ぎててどうしようもなくて、歯痒かったです。ラストは、実は二人は知り合いだったことがわかる展開で面白かったです。まあ、どっかで繋がってるのかなとかは思いましたが、思いの外、感動的でした。役者陣はちょっと大袈裟演技だったかなと思います。市原隼人さんってあんまり好きじゃない役者さんですけど、それでもまあまあ面白かったです。

50代女性
50代女性

市原隼人さんの抑えた演技がとても良くて、素晴らしかったと思いました。いつも熱くて生命力に満ち溢れた役柄が多いですが、違う顔を見せてくれていたと思いました。幸薄い人妻を演じた臼田あさ美さんが、いい味を出していてとても良かったです。作品全体に優しい雰囲気が漂っていて、引き込まれてしまいました。中村倫也さんが、一言もしゃべらない穏やかな佇まいは、見ている人を穏やかな気持ちにさせる素晴らしい演技力でさすがだと思いました。自然体過ぎて、昭和の人そのものという感じがしました。倉田と正治の2人が筆談のみで交流するという設定が、とても面白い味のある設定だと思いました。最初は夫婦の何気ない日常が描かれていて、次には隣家の1人暮らしの主婦との交流で、そこから中村倫也さん演じる倉田が現れてそれは市原隼人さん演じる正治にしか見えず、奥さんと喧嘩になってしまい奥さんが出て行ってしまい1人残されて、終盤にはサスペンスホラー的な感じになっていって、結末は実は昔の縁でつながっていたという、飽きさせない展開で、最後まで飽きることなく見ることが出来ました。見終わったあと、切ないけれどあたたかい気持ちになれる映画だと思いました。

50代女性
50代女性

気になっていた中村倫也さんが出ているので、動画配信サイトで見つけまて観ました。不思議な話です。市原隼人さんと臼田あさ美さんの夫婦は、とてもリアルに感じられます。臼田あさ美さんのなんとなく不安な感じていら立っていくところ、市原隼人さんの人が良くて楽観的なところ、よく表れていたと思います。美しい隣の主婦は、宝塚出身の陽月華さんという方なんですね。とてもきれいな方で、役の雰囲気にぴったりでした。中村倫也さんのちょっと昔の感じ、ぴったりで、すごく素敵でした。言葉はなくても気持ちが通じ合っていく、中村倫也さんと市原隼人さんに、これから何がおこるのか、わくわくするような感情になりました。中原丈雄さんと吉行和子さんの大家さん夫婦も、何かありそうな空気感を出していて味があります。だんだんと謎が解けていきます。ちょっと悲しい結末ではありますが、心が温かくなる話でもあります。まるで、おとぎ話のようです。作者の方が実体験をもとにして書かれたとか。ちょっと驚きですが、こんな体験をしたら、誰かに伝えたくなる気持ち、わかります。最後に、市原隼人さんと中村倫也さんの友情が見える気がして、タイトルの意味が分かりました。

50代男性
50代男性

引っ越しの多い人生を送ってしまった私のような人間は、オープニングで市原隼人さんと臼田あさ美さん夫妻が不動産屋さんと一緒に「双葉荘」を内見するシーンを少し意地悪く見てしまいます。築27年だけれどもそれなりに内装はきれいではある。日当たりも良く、眺望も申し分ない。「でも、今住んでいるところにプラス3万」という臼田あさ美さんの発言に「絶対やめた方がいい」と見ながら声が出てしまいました。坂を上ったところにあるのも、眺望は良いけど毎日坂道を上るのはきついはずだとか、近くに大家さんが住んでいて、しかも何だか面倒臭い感じがプンプンした場合、これも後々絶対に気が休まらないというのが経験上分かります。とどめは隣に住んでいる人。旦那さんがいない、少し影のあるそれなりに若い女性ですが、引っ越し当日の夜に「差し入れです」と手作りのおにぎりを持ってくるような「親切押し付け人間」。ここまで悪条件な物件に住もうと考えるこの夫婦の神経が理解出来ませんでした。なので臼田あさ美さんの稚拙なお芝居も含め、少し乗り切れないまま鑑賞した作品です。しいて言うならば中村倫也さんの、いろんな意味での不思議な存在感が良かったので救われました。

20代女性
20代女性

中村倫也が出演しているというだけで見たのですが、期待を遥かに上回る良い映画でした。見始めて最初の方は、いまいち話が掴めず、見続けるか悩みもしましたが、話が進むにつれ目が離せなくなりました。現在と過去が交差するという不思議なテーマですが、伏線が回収されていくにつれて高揚感でいっぱいになり、見終わってからもしばらく頭から離れませんでした。一番印象に残っているシーンはやはり現在と過去が交差する場面で、実際に言葉では会話ができず、何が起ころうとも言葉を交わすためには筆談をしなければならないという点にもどかしさを感じながらも、不思議な出来事に魅入ってしまいました。不思議な出来事と言えど、SF小説のように現実離れしているというほどではなく、現実の世界を見ているように自然と受け入れることができてしまうような出来事だからこそ、楽しみながら見ることができたのかなと思います。事実は小説より奇なりというように、現実の世界でもこのような不思議な出来事が実際に起きていたりするのかなと想像が膨らみます。主人公に感情移入こそしませんでしたが、見てよかったと心から思える作品です。勿論中村倫也の演技も素晴らしく、大満足でした。

 

まとめ

『双葉荘の友人』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

市原隼人のU-NEXT配信作品

【映画】

  • リリイ・シュシュのすべて
  • ROOKIES-卒業-
  • ブルーハーツが聴こえる
  • 空母いぶき
  • 陰陽師II
  • あいあい傘
  • 偶然にも最悪な少年
  • ボックス!
  • 極道大戦争
  • 3人の信長
  • ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ
  • 猿ロック THE MOVIE
  • 双葉荘の友人
  • T.R.Y.トライ
  • 喝 風太郎!!

【ドラマ】

  • ROOKIES
  • 沈黙法廷
  • 猿ロック
  • 明日の君がもっと好き
  • 捨て猫に拾われた男

臼田あさ美のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

中嶋朋子のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • アットホーム・ダッド
  • アットホーム・ダッド スペシャル
  • 7人の女弁護士(2008)

【アニメ】

  • ジャングル大帝 劇場版

吉行和子のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました