フレフレ少女(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ

 

フレフレ少女(予告)

フレフレ少女の動画フルを安全に見る方法

『フレフレ少女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『フレフレ少女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

フレフレ少女の内容

映画『フレフレ少女』は、2008年10月に公開されました。

主演は、ドラマ「コード・ブルー」シリーズや、映画「恋空」など、老若男女問わず大人気の女優、新垣結衣さんです。他にも、永山絢斗さん、柄本時生さん、染谷将太さんなど、人気俳優の方々が出演されています。

映画「フレフレ少女」は、恋愛目的で応援部に入部した女子高生が、応援団を立て直すとともに自分も成長していく、青春物語です。

ガッキーがとにかく可愛い。学ランのガッキー、セーラー服のガッキー、どちらもキマってます!

「応援」とはなにか、考えたことがありませんでしたが、この映画が答えを教えてくれました。他人に頑張れというには、自分はもっと頑張っていなければいけません。人を応援するということは自分が成長するということでもあるのですね。

コメディ要素もふんだんにあって、面白かったです。ストーリーは王道中の王道でわかりやすく、安心して観られました!

ガッキーが可愛いのはもちろんのことですが、周りの応援部員もキャラが立っていてよかったです。観ると元気が出る映画です!

大人になった現在も可愛らしさ満点の新垣結衣さんですが、この作品では新垣結衣さんの若かりしころの演技が観られるとあって、「ガッキーの可愛さ目当てに鑑賞した」という声もたくさん見られました。

あらすじ

ある日、桃子(新垣結衣)の頭に野球ボールが直撃し、その手当をしてくれた野球部のエース大嶋(本多拓人)に、桃子は一目惚れしてしまいます。大嶋に近づくため、野球部と関わりのある応援団に入部することを決意。応援部の山本(永山絢斗)に入部を許可してもらいます。しかし、野球部を応援するには最低でも5人のメンバーを集めなければいけませんでした。桃子はチラシを配り続け、遠藤(柄本時生)、田村(染谷将太)、大坪(斎藤嘉樹)が新たに入部。桃子を応援団長として活動していくことになりました。

不知火学園との試合当日。桃子たちの応援は声も小さくバラバラの状態でした。大平が校旗を倒して試合を邪魔してしまいます。結局櫻木高校は試合に負けてしまい、これをきっかけに大坪は不知火学園に転校してしまいました。

応援団の様子を心配したOBの柳原(内藤剛志)は、強化合宿を計画します。柳原の指導の元、体力づくりと練習に励む部員たち。初めは弱音を吐いていた部員たちですが、「応援する人間は、応援される人間よりも強くなければいけない」ことに気づき、一層練習に励むのでした。

櫻木高校野球部の決勝戦当日。対戦相手は不知火学園です。吹奏楽部やチアリーディング部、全校生徒一丸となって応援します。しかし、不知火学園の応援のパワーも強く、7回裏の時点で2-0で櫻木高校が負けていました。全校生徒たちは落ち込んでしまいますが、応援部員たちが生徒達を鼓舞し、全校生徒で櫻木高校の校歌を歌います。そしていよいよ9回裏。櫻木高校は逆転して優勝することができるのか!?

見どころ

新垣結衣さんの”格好いい”学ラン・ハチマキ姿

可愛らしいイメージが定着している新垣結衣さんですが、この映画では、硬派な学ラン・ハチマキ姿が見られます。出演者の方々は実際に応援団のキレのある動きや独特の声の出し方を特訓したそうです。新垣結衣さんの可愛らしいイメージと、格好いい長ラン姿とのギャップに惚れ直してしまうこと間違いなしです!

青春っていいなと思える王道ストーリー

一人しか部員がいなかった応援部ですが、主人公の桃子が入部し、メンバーをかき集めます。初めは頼りなかった部員たちですが、ストーリーが進むにつれて見た目や立ち振舞が見違えるように立派になり、導くほどの成長っぷりを見せます。元気をもらいたい人、若さを取り戻したい人は必見です。

スタッフ

監督:渡辺 謙作
脚本:橋本 裕志
音楽:上田 禎

キャスト

百山 桃子:新垣 結衣
櫻木高校2年生で、第50代応援団団長。野球部の大嶋に一目惚れし、大嶋に近づくために応援団に入部する。

山本 龍太郎:永山 絢斗
櫻木高校2年生で、第50代応援団副団長。真面目で熱い性格。桃子に次第に惹かれていくが、奥手で行動にうつせない。

遠藤 譲二:柄本 時生
櫻木高校1年生で、第50代応援団鼓手長。周りと仲良くすることができず、浮いた存在だった。

大坪 泰平:斎藤 嘉樹
櫻木高校1年生で、第50代応援団旗手長。女子にモテるために応援団に入部する。

田村晃:染谷将太
櫻木高校1年生で、第50代応援団団員。

柳原 源蔵:内藤 剛志
櫻木高校、第23代応援団団長。会社が倒産して就職活動を余儀なくされている。応援部の後輩達のために合宿を企画する。

大嶋 秀樹:本多 拓人
櫻木高校1年生で、野球部のエース。とにかくモテる。応援団のせいで試合に負けたショックから、不知火学園に転校する。

 

『フレフレ少女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

フレフレ少女の感想

 

40代女性
40代女性

たった一人のあこがれの人を応援するために応援団に、なかなかベタなストーリーですし不純すぎる動機はダメでしょう。でもガッキーだから、そして入った後はそんなこと関係なく懸命にやっている姿が応援できるのです。青春ものはまぶしすぎて自分自身の若い頃を思い出してしまいます。あんなに熱くなれるのは若さゆえ、それにお芝居とはいえものにするために役者たちも本気で頑張っていたはずです。涙なしには見ることが出来ません。それにしてもみんな若い、染谷将太さんや加藤諒さんなど今も尚大活躍の方々が初々しくも気合の入った演技を見せてくれます。応援団なんてただ大きな声を出して応援していればよいだけと思っていたのに、見直しました。彼らもまた青春しているということ、特に最後の試合のシーンは感動モノです。染谷将太さんとか本格的でかっこいい。ただ、あのへんな静止画や間はしらけてしまいます。そういった演出なのか、ストーリーに関係ないのでカットした方がよかった気がします。まだまだ演技もすごくうまいとは言い切れず、若かりし頃のあの役者さんが見たい・ガッキーの学ラン姿が見たいという方のためのといった作品かも、とにかく可愛くて元気が溢れています。

50代女性
50代女性

「フレフレ少女」とは、女優新垣結衣が演じる女子高生百山桃子の青春映画です。桃子は小説好きなメガネっ子でしたが、ある日野球部のピッチャーである大嶋に球をぶつけられたのがきっかけで彼に恋してしまいます。彼に何とか振り向いてほしい一心ですが、彼は学校中の女子生徒の憧れの人。何とか近寄る方法はないものかと考えているところ目についたのが応援団、これで憧れの大嶋君を応援しようと入部しますが、実はここの応援団は廃部寸前、そこから桃子の苦労が始まるのです。普通の女子高生がある日突然イケてる男子に恋をして、そこから物語が動き出すかなり定番なお話ですが、憧れの彼を応援するために入部したのがチアリーディング部ではなく、応援団っていうのがみそです。好きな人にはかっこいい自分を見てほしいものなのに、むさくるしいイメージの応援団での応援とは、想像するだけで笑えます。しかし応援団の応援とはかなり暑いもので、チアリーディングには無い力強さがあり、見ているこちら側にも必死さが伝わり応援に熱がこもるのです。桃子もやっていくうちに応援団の厳しさやすばらしさを知っていき、最後にはこれが青春だといわんばかりのラストが待っています。しかも桃子を演じるのが、新垣結衣です。あの可愛らしい彼女がセーラー服姿になったり学ラン姿にもなる、それだけでも見る値打ちがあるというもの。新垣結衣ファンにはもちろん必見の作品です。

30代女性
30代女性

應援團をテーマにした青春映画です。まず、最初から最後まで、主演の新垣結衣ちゃんがとにかく可愛いです!真っ直ぐで、前向きで、一途で…思わず『がんばれ!』と応援したくなってしまいます。少しネタバレになるのですが…途中で部員5人で強化合宿?に行きます。練習の辛さに耐えかねて、一度はバラバラになりかけてしまう5人が、心をひとつにしていく様子に胸を打たれます。こんな風に『何かに一生懸命になること』を忘れてしまっていたな、と、自分も頑張らなくては、と、背中を押してもらった気がしました。私は中学運動部、高校文化部でしたがどちらも3年間続けることなく退部してしまいました。自分の中での目標も特になく、何かを達成する、やり遂げることなく辞めてしまったので、部員たちがひたむきに努力を続ける姿はとても眩しく、羨ましく感じました。忘れていた青春を取り戻していくような…そんな感覚だったのかもしれません。前向きな気持ちになりたい方、青春の輝きを取り戻したい方にはオススメしたい映画です!そして何より、合宿中にOBの先輩方が部員に向けて届けるたくさんの熱いメッセージ。大人の私にも強く響きました!いま、こんな世の中で気持ちが沈んでいる方も多いのではないかと思います。がんばること、人に勇気を届けること、その姿を見てほわっと心が温かくなる、そんな優しい作品です。私の個人的なオススメは、ガッキーの応援です!映画の後半になるにつれて心と熱がどんどんこもっていく姿は必見です!応援するってすごいことなんだな、そのために自分もがんばろう!そう思える素敵な作品です!

50代男性
50代男性

新垣結衣さんが主演を演じているため、興味を持って見ることができました。そのストーリーは、新垣結衣さんが演じる女子高生の桃子が、もともと小説世界に無調になっていたのですが、ある日、野球部員のボールが頭に直撃し、桃子は気を失ってしまいます。目が覚めた時に目の前にいたのは、野球部のエースの大嶋という男子生徒でした。実は、この大嶋という生徒は女学生の憧れの的で、たくさんのラブレターをもらい、桃子は尻込みしてラブレターを書いても渡せずにいるのです。そんな時、桃子は彼を応援するために廃部寸前の応援部に入部するのです。入部後は部員の頭数をそろえることから始まりました。桃子の熱心な活動にて最低必要人数の5人が集まりましたが、そのメンバーはとても個性が強かったのです。その中で、桃子は応援団長になります。そして、野球部応援のために応援を練習します。この時の、桃子が学ランを着ている様子は、とても新鮮な気持ちで見ていられました。そして、桃子の応援に心打たれた野球部員も野球に対してやる気を見せるようになるのです。この映画では、野球部の試合が決勝で負けてしまった時に、応援団のしきたりを守り相手チームの応援団とエールを交わすところが感動しました。また、ラストシーンでは桃子は久しぶりのセーラー服姿を見せ、龍太郎の胸に飛び込むシーンは印象的でした。

 

30代女性
30代女性

応援団って実はすごいと思います。応援旗ってめちゃでかいし、あのサイズの旗を振り続けるなんて、ほんと体力がないとできません。応援する相手より強くなくちゃいけないと桃子は気がつくけど、ほんとその通りだと思いました。そこに気がついた応援団は強いと思いました。どれだけがんばっても、影の存在である応援団なのに、それでもそこに全てをかけていて、かっこいいと思いました。お話はよくある話で、特に新しいところはなかったけど、青春映画として感動したし、面白かったと思います。新垣結衣ちゃんは、めっちゃかわいかったです。あんな可愛い子が応援団にいたら、ほんとなら注目があつまるだろうにと思いました。でも、ガッキーの応援の声は小さくて、あんまり説得力はないなと思いました。もっと声を荒げて欲しかったと思いました。あと、やる気のなかった団員たちがやる気を取り戻す過程があんまりよくわからなかったです。気がついたら、みんな訓練していた感じです。もう少し、一人ひとりに焦点をあてて、応援に命をかけるようになった過程を描いて欲しかったなと思います。団員役の役者さんもいい役者さんばかりだったので、もっと目立って欲しかったと思いました。

20代女性
20代女性

もともと単行本は読んでいて、新垣結衣ちゃんが主演だったので映画も観ました。最初、背は高いけどガッキーみたいなかわいい女の子が応援団なんて合うのだろうか?!という疑問がありました。多分本人も思っていたはず(笑)。声が張るタイプではないから、映画のためにたくさん練習したんだろうなと背景を考えたら、健気だなと泣けてきます。しかも笑顔はかわいいし、さわやかで一生懸命で、あんな子に応援されたらみんな頑張っちゃうでしょ!と思いました。応援団に入ったきっかけが恋愛がらみというのも、高校生らしくて青春っぽいですよね。自分が通っていた高校は野球部が強くて、応援団にも力を入れていたので、映画を見た後に無償に後悔の念にかられました。応援団やっておけばよかったー!と。当時野球部に好きな人もいたので、まさにガッキーと同じ境遇です(笑)。ガッキーの学ラン姿はレアですし、落ちこぼれたちが一致団結して”応援団”になっていく成長もとても面白かったですよ。きっとこの映画を見て応援団に入りたいって思った人はたくさんいたはずです。10年以上前の映画ですが、今思うと応援団にいた俳優たちは今でも活躍している人たちです。ガッキーを含めた俳優陣の懐かしい時代が見られるのも注目ポイントです。

50代男性
50代男性

高校生役のガッキーが見たくて鑑賞しました。眼鏡姿の新垣結衣さんは背の高さのせいなのか整いすぎる顔立ちのせいか、とにかく校内を歩いていても違和感が半端ないです。何と言いましょうか、こんなところにいてはいけないという感じが強烈です。そして、歩いているところに野球のボールが飛んできて頭に当たり(硬球が直撃したのでものすごく心配になります)、倒れてしまい気が付けば保健室というよくある展開になります。そこで介抱してくれていたのが、ボールをぶつけた張本人である野球部のエースなのですが、この人が別段イケメンでもなく、むしろ「変な顔」なので、見ている側は「おい、これに片想いしてストーリーが進むって、かなりやばいな」と思ってしまいます。そんな心配をよそに、我らがガッキーは彼を応援するために「応援団」に入部します。これがチアリーディングなら良かったのにと思ったのは私だけではないはずです。物語はよくある展開で、だんだんと部員が集まり弱小だったのがまとまっていくという感じです。学ラン姿でもガッキーは信じられないくらい可愛くて、それを味わえたといいうだけでも、この映画の価値があります。ラスト、卒業して「女の子」に戻ったガッキーの可愛さは反則級です。

20代女性
20代女性

ガッキー主演なら見てみようかな、という軽い気持ちで見た映画でしたが、予想を裏切る「青春スポ根映画」で、思わず感動して泣いてしまいました。特に何か期待して見たわけではなく軽い気持ちで見始めたので、純粋にストーリーを楽しめて、逆に良かったのかもしれません。仲間と困難を乗り越えていく高校生たちの姿に、胸を打たれました。昨今は「気合い」や「根性」といった言葉は暑苦しくて敬遠されてしまうかもしれませんが、「気合い」と「根性」で諦めずに応援する応援団のメンバーたちの姿はキラキラしていて、かっこよかったです。映画だからこそ、ベタな王道青春スポ根ストーリーを楽しむことができると思います。さらに、10年以上前の映画だからこそ、今も活躍している俳優さんたちの演技も合わせて楽しむことができると思います。新垣結衣さんは今と変わらず可愛くてびっくりしました。団服を着て応援する姿は可愛さとかっこよさを兼ね備えていて、とても爽やかでした。他の団員たちも、永山絢斗さん、柄本時生さん、染谷将太さんなど、今をときめく俳優さんたちがズラリと集結していて、見ごたえがあります。個人的には、加藤諒さんのチアガールがツボでした。そして、最後の最後、エンドロールまで楽しませてもらえる、素敵な映画でした。

50代女性
50代女性

新垣結衣さんが、とにかく可愛かったです。どんどん応援することの大切さに気付いていって、迫力ある応援ができるようになっていったのが良かったと思いました。青春時代をとっくに過ぎた大人にこそ見てもらいたい映画だと思いました。学生時代の頃は自分のことで精一杯なので、大人になって見てみると、新しい発見があったり少し違った気持ちで見ることができると思います。好きになった人が野球部だから廃部寸前の応援団に入ったのに、好きな人は転校してしまい失恋して、そこを乗り越えていく姿が一生懸命で思わず応援したくなりました。自分自身にエールを送りたくなる作品だと思いました。ほんとに応援の力は大きくて、スポーツしている選手にとってはとても力になって、今まで以上の力を出せるものなのだということが、改めてわかりました。応援団の内部のことがよくわかって、知らなかったことがとても多いことに驚きました。、すごく大変だけれどカッコいいと思いました。染谷将太さんの応援が本当にカッコ良くて、素敵だと思いました。加藤諒さんが、独特の雰囲気でいい味を出していて、良かったと思いました。見終わった後に、純粋に感動して最後にとても幸せな気持ちになりました。

40代男性
40代男性

ガッキーが本当に可愛かったです。チアガールになるならイメージもつきやすいのですが、まさか応援団長になってしまうとはという感じでした。ギャップが感じられる映画で、とても良かったです。ガッキーの笑顔が本当に自然で、ドキュメンタリーなのではないかと思ってしまうほどでした。キラキラと輝くような青春は、羨ましい限りです。何かに一生懸命になれるということは、本当に大事だなと考えさせられました。自分はこんな青春を送れていたのかなとも思い、もう一度やり直したいと考えてしまいました。それくらい、見ているだけでも羨ましかったです。その時しかない貴重な時間をどう過ごすのかというのは、大人になるにあたって大切だと思いました。青春映画は数多く存在していますが、可愛い女の子が応援団長になるという設定は珍しいです。高校生の男女が恋愛をしたり、部活に没頭したりというベタな青春モノも悪くはないのですが、ストリー展開が読めないこの作品は、とても見応えがありました。ガッキーの良さを思う存分感じることができる作品だとも思います。青春映画を別の切り口から見たい方には、かなりおすすめです。観終わった後は、清々しい気持ちになることができました。

 

まとめ

『フレフレ少女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

新垣結衣のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 逃げるは恥だが役に立つ

永山絢斗のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

柄本時生のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

【アニメ】

  • ムタフカズ
  • 宮本から君へ

内藤剛志のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 美姉妹・犯す
  • 極道戦争 武闘派
  • ヒポクラテスたち
  • 美加マドカ 指を濡らす女
  • 闇打つ心臓
  • 海すずめ
  • ポプラの秋
  • ロマンス
  • フレフレ少女

【ドラマ】

  • 大河ドラマ 翔ぶが如く
  • 遺留捜査スペシャル(2014年10月19日放送)
  • 科捜研の女 season19
  • 科捜研の女 season17
  • 警視庁捜査一課長 2020
  • 警視庁・捜査一課長 シーズン3
  • 今野敏サスペンス 「回帰 警視庁強行犯係・樋口顕」
  • 警視庁・捜査一課長 スペシャル(2019年10月13日放送)
  • 警視庁・捜査一課長 シーズン2
  • 科捜研の女 season18
  • 警視庁・捜査一課長 スペシャル
  • 警視庁・捜査一課長
  • 警視庁・捜査一課長 スペシャル(2019年12月15日放送)
  • 警視庁・捜査一課長 正月スペシャル(2020年1月3日放送)
  • 今野敏サスペンス 「聖域 警視庁強行犯係・樋口顕」
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました