不能犯(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
映画『不能犯』本予告

不能犯(映画)の動画フルを安全に見る方法

『不能犯』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『不能犯』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

不能犯(映画)の内容

映画『不能犯』は、2018年2月に公開されました。

原作は、集英社のグランドジャンプに連載中の、原案・宮月 新さん、画・神崎 裕也さんによる同名漫画作品です。

監督は、『貞子VS伽椰子』などを手掛けた白石 晃士さん。本作を新感覚スリラー・エンターテイメント作品に仕上げております。

映画『不能犯』は、絶対に立証不可能な方法で、依頼のあったターゲットを殺していく物語となっており、主人公の宇相吹正(うそぶきただし)を演じるのは人気実力派俳優・松坂桃李さん。さらに、沢尻エリカさん、新田真剣佑さん、間宮祥太朗さん、真野恵里菜さん、芦名星さん、矢田亜希子さん、安田顕さんら豪華キャストが出演しております。

爽やかなイメージばかりの松坂桃李さんでしたが、見事なはまり役でいい演技でしたね。新たな魅力発見です。

人間の醜い部分が露呈されていますね。嫌いな相手でも、しっかり相手のことを見て、話し合っていこうと思えました。

原作既読してますが、オリジナルストーリーもあって内容も良かったでした。
また、エンディング曲『GLIM SPANKY』の『愚か者たち』も作品にピッタリだと思います。

想像以上に面白くて引き込まれ、怖さを感じました。観たのが寝る前でうなされてしまうくらいに…笑

やはり松坂桃李さんの演技を評価する声が多いですね。イメージがガラッとわかるキャラですが、見事に演じきっております。

物語もオリジナル部分も盛り込んでおり、評価が高かったです。

あらすじ

「・・・愚かだね、人間は。」

都会のど真ん中で、次々と変死事件が起きます。その現場で決まって目撃される黒スーツの男・宇相吹 正(松坂桃李)、公衆電話ボックスに殺して欲しい人物と理由、連絡先を残すと願いを叶えてくれる男でした。ただし、殺しの理由が純粋でなければ、依頼者側も恐ろしい事態を招きます。

ここで依頼を受け狙われた人は、確実に死んでしまうのですが、その死因は自殺・病死や事故など。そう、宇相吹の犯行は、誰もがその犯行を立証できない【不能犯】なのです。果たしてその手口とは?

見どころ

原作との比較・改良点

原作は1話完結型となっており、映画版は原作のエピソードをいくつか抜粋した構成となっておりました。ここで宇相吹という男が、どんな人なのかを紹介するものと、人間とは大半が愚かな生き物だということを証明しております。

作品中盤で、多田刑事と宇相吹が対峙する場面があり、原作と異なっております。この改変により“正義のためには大きな犠牲を伴う”ということが示されており、多田刑事の仲間・若松刑事の一言が、ラストシーンにも大きく響き繋がっております!

また、特に原作と大きく違っているのは『宇相吹』というキャラ設定です。
原作では、人間味のある一面も見せておりますが、映画では一切見せず、あえてダークでミステリアスなキャラとなっております。

松坂桃李の完璧な憑依型怪演

宇相吹を演じた松坂桃李さんですが、監督・プロデューサー、原作ファンの間からもハマりすぎと評価を得て、太鼓判を押されております。

ダークでミステリアスな一面は、マンガ原作の宇相吹をそのまま抜き出したような佇まいと表情になっており、「ニタリ」と不適で不気味な笑みを浮かべるシーンはピッタリとハマっておりました。

注目のわき役陣

松坂桃李さんの怪演は、どこでも絶賛されておりますが、注目して欲しい2名をピックアップしました。

■小林稔侍さん
羽根田健・桃香夫婦の隣に住んでいる鳥森広志役を演じていましたが、彼の怪しい演技が最高でした。サイコパスすれすれの気持ち悪さをしっかり表現してくれたベテランの名演技です。見ている誰もが「え?うわ…」と感情移入して見入ってしまうことでしょう。

■真野恵里菜さん
闇落ちした娼婦の木村優役で嫉妬に狂った女性を演じておりましたが、表情豊かな彼女の安定した演技力はさすがの一言です。

他にもベテラン俳優陣が脇を固めている本作は、見どころ沢山の良作となっております!

スタッフ

原作:原案・宮月 新 / 画・神崎 裕也「不能犯」
監督:白石 晃士
脚本:白石 晃士 / 山岡 潤平

キャスト

宇相吹正:松坂桃李
さまざまな悪事や人間の心を失くしてしまった者たちを死に追いやっていく、正体不明の黒スーツの男。

多田友子:沢尻エリカ
正義感が強い杉並北警察署の美人刑事。立証不可能な犯罪に立ち向かっていく。

百々瀬麻雄:新田真剣佑
新人刑事。宇相吹の捜査をしていく多田の部下。事件の解決に向けて尽力する。

川端タケル:間宮祥太朗
多田の助けによって更生した、元不良少年。今では立派な板前となっている。

木村優:真野恵里菜
ある切ない理由で宇相吹に人を殺してほしいと依頼する女性。

夢原理沙:芦名星
木村優の姉で、有名ジュエリーデザイナー。医者の婚約者がいるが浮気癖が強く、頭を悩ませている。

夜目美冬:矢田亜希子
誤認逮捕をして自殺に追い込んでしまったという過去を持つ、多田の先輩刑事。

河津村宏:安田顕
ベテラン鑑識官。ある事件がきっかけで息子を亡くしている。

前川夏海:岡崎紗絵
河津村の下につく後輩鑑識官。

赤井芳樹:テット・ワダ
本作オリジナルキャラ。多田刑事を支える先輩刑事。

木島功:水上剣星
金融会社社長。

鳥森広志:小林稔侍
勝手に羽根田宅の部屋を覗いたり、ゴミ袋の中を確認するなど、異常行為が目立つ町内会会長。

羽根田健:忍成修吾
鳥森の行動に苛立ちが隠せない会社員。

羽根田桃香:水上京香
鳥森に乱暴されてしまった羽根田健の嫁。

若松亮平:菅谷哲也
刑事。

櫻井俊雄:今野浩喜
川端タケルが働いている店の先輩料理人。

榊克明:久保田秀敏

西冴子:堀田茜

加島夏美:永尾まりや

矢崎太一:鈴之助

風間雅之:森岡豊

荒川晋平:松本享恭

上野琢巳:松澤匠

箕輪修:タイチ

看護師 - 松元絵里花

『不能犯』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

不能犯(映画)の感想

 

20代女性
20代女性

ずっと無料マンガアプリでマンガを読んでいたときに映画化が決まり、すぐに映画館に行って観ました。今まで松坂桃李さんは爽やかなイメージだったので起用されると聞いた時はどうなるのか想像がつきませんでしたがポスターを見て納得しました。不能犯は特殊な能力ではありますが、人間誰でも頭の中で闇を抱えてると思います。その闇を上手く利用している所がリアルです。リアルにはそんな能力はないと分かっていても怖くなる、そしてもし自分がそんな主人公に出会ってしまったら依頼してしまうのかを考えてしまうような物語です。マンガとは違い、正義を貫く刑事が沢尻エリカさんと女性でしたがある意味、それでよかったのかなと思いました。そこには正義と悪という対立が存在し、それを引き立たせるように女と男という対立が存在していたように思います。マインドコントロールは実際にも存在します。私たちもそれなりに身近になってきました。だからこそ、この作品は刺さると思います。誰しもが抱えた闇を行動に移せる人が現れた時、人はこの人をチャンスだと思うのか、はたまた怖いと思い逃げるのか。もし自分ならどうするだろうと考えながら観るのはとても面白かったです。

 

40代女性
40代女性

ホラー大好きで見ましたが、これは怖い!見終わった後でも「宇相吹正」(嘯く、からの命名でしょうか?)がひたひたと怖いです。実在の人格なのか、都市伝説の妖怪なのかわからない。ラストシーン見てから、「夜の公衆電話ボックス」が怖いものに見えて困ってます。何より、春風のようなイメージだった松坂桃李さんが、これ誰?レベルで怖い。あの妖精(妖怪?)ぽい登場、室内で振り返ったらそこにぼーっと立って居た、は客観的に怖いだろ…追いかける刑事の側も実際手の打ちようがないでしょうし。文字通り「不能犯」立証不可能な行為。ですが学生の時心理学の講義で、人間は思い込みで死ぬことがある、という内容がありました。何十年も昔のアメリカの死刑囚に対して行われた実験で(現在はもちろん違法行為ですが)、目隠しをして体を拘束し、腕の血管のあたりにナイフを触れさせます。ただし切ることはしません。その後その位置に上から水滴を落とし続けるのです。するとどうなったか?その死刑囚は出血性ショックに似た反応を示す心不全でショック死しました。とても良い出来のホラーサスペンスなので、返す返すも、もったいないのは沢尻エリカ。ほぼヒロイン役なので差し替えも効かないでしょうし。当面地上波での放送は無理でしょうから広く見て欲しい作品なのでそこだけが残念です。

20代女性
20代女性

原作を見て改めて感じたのは、松坂桃李演じる宇相吹正の見事な再現です。ビジュアルはもちろんのこと、ダークな演技、仕草、雰囲気の凄みまでが表現されていました。決め台詞に当たる「愚かだねぇ、人間は」が、こんなにも違和感なくハマっているのは、松坂桃李の演技力の高さゆえだと思います。主人公によって暗示をかけられた人々が見る幻覚の描写も、リアルに再現されていました。原作を知るまでは、原作があることに驚いたくらいでした。CGの表現と、役者さんの演技が見事に重なっていました。エンドロールも個人的に見所です。本編が後味の悪い話の連続だったので、美しく工夫されたエンドロールが心を禊いでくれました。エンディング曲の「愚か者たち」のサビ、「なあ、愚か者たちよ」の部分は、本編で殺されてしまった、死んでしまった者たちへの鎮魂歌のようで、かっこいいと同時に浄化していく効果がありました。このエンディング曲と効果のおかげで、映画を見終わった後も、後味の悪さ以上の不思議な心地よさがありました。映画の内容を「愚か者たち」を客観的に見た、一つの寓話である、と教えてくれているようで、ほどよく映画の内容と観客の距離を取らせてくれたのかもしれません。もし続編があれば、是非見てみたい作品です。今回カットされてしまった、原作の主人公と猫の描写も是非加えて欲しいです。

30代男性
30代男性

「不能犯」では連続して人が殺される事件が発生し、その犯人自身が視聴者にも明かされるというスタイルをとっているのが斬新だと思います。だから、犯人を推理するような部分は特にありません。しかし、警察は犯人が誰か?をほぼ特定できているのに、捕まえることができません。それは犯人は分かっているものの、殺したという事実が掴めないからで、そういった状況においていかにして警察がこの犯人を追い詰めていくのか?がみどころだと思いました。ただ、この犯人が実際に使っている人を殺す手口というのは、現実ではなかなか厳しいというか、本当に人を死に至らしめることはできないのではないか?というものです。普通に考えたらこんなことで人が死ぬのか?と思えるような手段を使っているわけですけど、それが100%ありえないとまでは断言できないと思ったのです。そして、実際にこの犯人と同じ手口で人を殺す人間が実在したらということを考えると、ちょっとした恐怖心も出てきました。斬新なストーリーと絶妙な恐怖心を煽る内容になっている部分が特に印象的であり、最後まで飽きずに見られる内容だったと思います。この映画に関しては結末が非常に気になると思いますけど、個人的にはちょっと意外な感じでした。

40代女性
40代女性

実際には水が無くとも催眠術で水の中でおぼれているという状況に追いやると、人は自身の身体の中で勝手に死を発動してしまうという話は実際に聞いたことがあります。プラセボ効果など正にその逆です。どこまでを犯罪として立証できるのか、今の日本の法律に不能犯を裁くものは無いでしょう。なかなか面白い設定です。死へと誘うマインドコントロールで見せる幻想・幻覚のバリエーションも様々で、死に誘う状況というのはいろいろあるのだなと思えました。内容的にデスノートをほうふつとさせます。ただこんな危険な相手をどうやって捕まえて解決に至らせるのかと思いきや、そのような展開はなく終わり残念でした。何しろ生半可な気持ちで依頼したら自分自身の命が危険にさらされるだけ、つまり本気で殺したいと思っている相手なのですから彼のような存在が無くともいつかは犯行は行われることでしょう。なので逮捕しても意味はなさそう、同じペースで死体は増えていくだけです。爽やかイケメンの松坂桃李さんですが、この作品ではほんとうにやばい奴でした。対する警察側には沢尻エリカさんが、こんな婦警さん現実にいてほしいです。華奢で彼女自身を守ってあげたいと男なら思ってしまいそうです。

20代女性
20代女性

私は、 映画『不能犯』を観て、「不思議な魅力を持つ犯罪者の姿」と「犯罪者を止めようとする刑事の奮闘」が特に魅力的だと思いました。まず、不思議な魅力を持つ犯罪者の姿についてです。この映画では、目を合わせた相手を殺すことができる能力を持った犯罪者の姿が描かれます。犯罪者は自分の能力によって次々と人を殺していく恐ろしい存在です。しかし、同時に人を惹きつける独特な色気のような不思議な魅力を持ち合わせており、次々と犯罪を起こしながらも飄々としている様子に恐怖を覚えつつも、その姿に魅了されながら観ていました。次に、犯罪者を止めようとする刑事の奮闘についてです。犯罪者は次々と事件を起こしますが、その暴走を止めようと警察も持っている力を総動員して事件解決のために動いていきます。その中でも、犯罪者に目を見られても殺されない犯罪者に最も近くで立ち向かうことができる女性刑事が、犯罪の連鎖を止めようと必死に犯罪者に立ち向かっていきます。犯罪者によって次々と起こる事件に翻弄され、思うように事件を解決できない厳しい状況の中でも、犯罪者に立ち向かい事件を解決しようとする姿がかっこよく、なんとか犯罪者に勝ってほしいと応援しながら観ていました。

 

20代女性
20代女性

何もせずにマインドコントロールで人を殺すことが出来る能力をもつ男とそれを追う刑事の物語。マインドコントロールなので、証拠もなくて逮捕することは出来ないけれど犯人はわかっているという状況は警察にとってはすごく腹立たしいことだと思いました。物語はいろんな事件が起こっていく感じで、映画というよりはドラマで実写化したほうがいいのではないかな?という印象を持ちました。一話完結ドラマで見やすいと思います。心理学の実験で、どこかをナイフでなぞって切られたと思って、その後水滴の音を聞かせると自分の血がなくなったと思って死ぬという実験があります。この映画の不能犯はそういう心理状態を研ぎ澄まして使って、人を殺していくのがすごく面白いと思いました。「気をつけてください」その一言で本当に死ぬかなと疑問に思うことはありましたが、それぞれにやましいことや恨まれている覚えがあると簡単に信じてしまうのだろうと思います。そのマインドコントロールにかからないためには、強い心が必要だと思いました。殺人はいけないけれど、私がもしすごく殺したい人がいたら手を下さずに人を殺せる宇相吹に頼んでしまうかもしれないと思いまいした。だけど、やっぱり人殺しはいけないからそれぞれに代償があるところもおもしろかったです。

20代女性
20代女性

この映画は人気コミックを松坂桃李主演で実写化した映画です。タイトルにもなっている不能犯とはどういう意味なのかなと思いながら見始めました。不能犯とは大まかにいうと思い込みやマインドコントロールで人を殺す人のことなんですが、それが実に奇妙で実際にこんなことできるのか不思議で仕方ありませんでした。全体的に精神的な部分や心理戦になったりするので映像や音楽も暗く不気味な雰囲気がよく出ています。私がみた映画館では主人公がターゲットの心に問いかけたりしているシーンのセリフなどが席の後ろのスピーカーから突然聞こえてきたりして、まるで自分が言われているかのような錯覚に陥りました。全体的にホラー映画ではありませんがどこかちょっと見ていて気持ち悪いような白黒はっきりつかないあいまいな感じの話が好きな人にはおすすめだと思います。あと主演の松坂さんの演技が素晴らしくてこの役は松坂さんしかできないなと思いました。終始不敵な笑みを見せていたり、一切の感情を見せずに淡々と話をしていたり、その時の表情がなんとも言えない不気味さを醸し出していたりします。今まで見てきた松坂さんとは全く違った姿が見れるのでファンの方は絶対見るべきだと思います。

 

30代男性
30代男性

沢尻エリカさんは、女優として稀有な存在だと思います。たんに美人で演技が上手いだけでなく、ある時は妖艶な雰囲気を醸し出したり、また別の時には清楚な少女に変身してしまったりと、見る者を魅了する役者として天性の素質を持ち合わせています。しかしながら、この映画においてはそんな沢尻エリカさんが演じる女性刑事を圧倒したのが、松坂桃李さんではないでしょうか。映画のタイトルにもなっている実行不能な犯罪――実際には巧妙なマインドコントロールで人を自殺に追い込む犯人宇相吹正を演じているのですが、ミステリアスでかつ怖い男を迫力満点に演じてくれていました。「愚かだね…人間は」の決め台詞もよく似合っていましたよ。映画全体も演出が、ミステリー映画と言うよりはホラー映画みたいで、鑑賞する者の恐怖心を煽る造りになっているように思えましたね。また宇相吹正に殺人を依頼した者は、ターゲットの死によって望みは叶えられつつも、決まってろくでもない目に遭ってしまうのですが、この部分は『笑ゥせぇるすまん』にも似ていて、とても寓話的でした。映画は宇相吹正と多田友子の対決色が強かったのですが、宇相吹正メインのオムニバス形式のストーリーにしても面白い作品になったかも知れませんね。

 

20代女性
20代女性

原作を読んだことがあったので、映画を見てみることにしました。主演の松坂桃李は、「原作よりな作品に仕上げた。」と言っていましたが、本当に濃いキャラクターを演じた彼は、見事に役を演じきっていたなという印象です。彼はこのような不気味な感じの役が本当に似合うなと思いました。特に、あの絶妙な笑い方には大注目です。他にも、新田真剣佑、沢尻エリカ、間宮祥太郎など豪華キャストが勢揃いしています。ストーリーは、よく構成されていてとても面白かったです。人間の闇や欲深い部分がよく見られました。「罪に問われない罪」ということには、少し悲しく腹立たしかったです。しかし、複雑な内容ではなかったので、とても理解しやすく、見やすかったです。主題歌のグリムスパンキーは、かっこいいサウンドで、この作品によくマッチしていました。映画鑑賞後も少し頭から離れませんでした。最後の終わり方から、続編がありそうな感じだったので、続編をすごく期待しています。小さい子どもには少し理解がしにくいかなと思うので、10代後半からお年寄りまでの男女にオススメしたい作品です。作品は2時間もない映画なので、見始めて終わるまで一気見できる映画になっていると思います。

 

まとめ

『不能犯』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

忍成修吾のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 名探偵・明智小五郎
  • 増山超能力師事務所
  • 楽園
  • アンフェアSP ダブル・ミーニング Yes or No
  • ハル ~総合商社の女~
  • マチ工場のオンナ
  • 一路
  • BS時代劇 薄桜記
  • 土曜ドラマ 刑事の現場

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました