風が強く吹いている(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
『風が強く吹いている』特報

風が強く吹いている(映画)の動画フルを安全に見る方法

『風が強く吹いている』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『風が強く吹いている』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

風が強く吹いている(映画)の内容

映画『風が強く吹いている』は、2009年10月に公開されました。

直木賞作家・三浦しをんさんの傑作同名小説を原作に、コメディから時代劇まで幅広いジャンルをこなす大森寿美男さんが映画監督デビューしました。本作で、ヨコハマ映画祭および日本映画批評家大賞において新人監督賞を受賞しております。

本作の物語は、国民的一大イベント『箱根駅伝』を舞台に限りなくゼロに近い可能性に挑んだ、寄せ集めの10人がキセキを起こす姿が描かれており、W主演を小出恵介さんと林遣都さん。ほかに中村優一さん、川村陽介さん、橋本 淳さん、森 廉さん、内野謙太さん、ダンテ・カーヴァーさん、斉藤慶太さん、斉藤祥太さんなど個性溢れる俳優たちが出演をしております。

毎年、箱根駅伝には対して、特に興味を持てていませんでしたが、もし今年開催されるのであれば、また違った視点で見られそうです。

林遣都さんの走りが本当に気持ちよく走っているのがよく分かります。また、駅伝の魅力は伝わる分かりやすさがあり、納得も感動もできるラストでした。

ストーリーが爽やかでわかりやすく感動的でした。陸上の事は全くわからないのですが、林遣都さんの走りに魅了され、走るのだけでもずっとみたいられそうに思いました。

正直、有り得ない話ではありますが、画面に溢れる疾走感だったり爽快感が全て吹き飛ばしてくれていると思います。登場人物の中ではハイジのイメージにピッタリだった小出さんの演技が良かったです。復帰も決まって、これからが楽しみです!

あらすじ

高校時代に陸上で名を知らしめたカケル(林遣都)は寛政大学に入学しました。彼の走りに魅了された4年生のハイジ(小出恵介)は陸上部の部員たちが住む寮・竹青荘にカケルを無理やり連れていきます。寮は陸上部の巣窟となっており、新入生から4年生まで個性的な九人の寮生がいました。

ハイジは、カケルの歓迎会で箱根マラソンへの出場を目標に掲げ、カケルは無謀な挑戦だと反発しますが、ハイジは努力すれば夢は叶うと自信満々です。

箱根マラソンへ出場するため、部員たちは猛練習を重ね、練習の甲斐があり実力をつけていきますが、中には練習に本気で向き合っていないメンバーもいました。カケルはそんなメンバーに憤りを感じております。

そんな中、メンバーたちを取りまとめているハイジが過労で倒れてしまいます。今まで頼りにしていたハイジが倒れたことにより絆は深まり、カケルは自身の“走ること”への姿勢を再考し、本気で向き合っていなかったメンバーたちも改心し努力を始めます。

見どころ

林遣都

まず、本作を見て抱いた感想は『林遣都さんが物凄く絞れている』ということです。本作の前に水泳の飛込み競技を題材とした実写映画『DIVE!!』での肉体美よりさらに磨きがかかっておりました。

役になりきるための最大限の努力を感じました。もはや選手と思えるほどです。見惚れてしまう仕上がった身体に注目してみてください。

駒澤大学のメッカ

夏合宿で、主人公・カケルが高校時代のチームメイトであり、別の大学へと行った男・榊(五十嵐隼士)と合宿地で再会を果たします。そこで、主人公たちの練習をバカにするシーンがあります。

この撮影場所は、駒澤大学の地獄の夏合宿場所で知られる合宿地のメッカである野尻湖でした。

こういった細かなロケ地の選定などが、マラソン好きにはたまらないですね。

本物の映像と本物の人の活用

本作では、本物の箱根駅伝の予選会や本戦のシーンが盛り込まれております。また、箱根駅伝の重鎮である関東学生連盟の青葉さんが出演しております。
1区スタートのピストルを鳴らす青葉さんを演出で使うことにより、よりリアルさが増しており、本作の本気度がうかがえました。

箱根駅伝のファンの一人として、これからも駅伝シーズンが無事訪れ、学生選手が襷とドラマを紡いでくれることを願っております。

スタッフ

原作:三浦しをん「風が強く吹いている」
脚本・監督:大森寿美男
企画:鈴木光
音楽:千住明
撮影:佐光朗
編集:田中愼二
プロデューサー:坂本忠久

キャスト

清瀬灰二:小出恵介
ハイジ。寛政大学4年生で、陸上部の巣窟となっている竹青荘のリーダー。

蔵原走:林遣都
カケル。寛政大学1年生の天才的ランナー。高校時代の闇を抱えている。

柏崎 茜:中村優一
王子。寛政大学2年生で、竹青荘のオタク。

平田彰宏:川村陽介
ニコチャン。寛政大学留年生で、竹青荘の最年長。

ムサ・カマラ:ダンテ・カーヴァー
ムサ。寛政大学2年生で、竹青荘の留学生。

杉山高志:橋本 淳
神童。寛政大学3年生で、竹青荘の良心。

岩倉雪彦:森 廉
ユキ。寛政大学4年生で、竹青荘の知性。

坂口洋平:内野謙太
キング。寛政大学4年生で、竹青荘の雑学王。

城 太郎:斉藤慶太
ジョータ。寛政大学1年生で、竹青荘の双子の兄。

城 次郎:斉藤祥太
ジョージ。寛政大学1年生で、竹青荘の双子の弟。

勝田葉菜子:水沢エレナ
寛政大学1年生で、竹青荘のマドンナ。

榊 浩介:五十嵐隼士
東京体育大学の1年生で陸上部員。カケルの高校時代を知っている。

藤岡一真:渡辺 大
六道大学の4年生で陸上部主将。

寛政大学の事務局員:高橋ひとみ

東京体育大学陸上部のコーチ:近藤芳正

カケルの高校時代の陸上部監督:寺脇康文

神童の母:和久井映見

ハイジのかかりつけの医者:鈴木京香

田崎源一郎:津川雅彦
寛政大学陸上部の監督で、竹青荘の大家。

『風が強く吹いている』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

風が強く吹いている(映画)の感想

 

60代女性
60代女性

実は自分、映画好きではありますがスポーツはやるのも見るのも興味がない人でした。なので実際にテレビ中継される箱根駅伝も見たことはありませんでした。ところが映画は役者で見るタイプなので、この作品は小出恵介くんを目当てに鑑賞したのです。しかし見終わった後は、どの人もそうかもしれませんが、箱根駅伝ってすごいなあ。みんなと協力するのって気持ちいいことだなあ。とかなりすがすがしい気持ちになりました。注目の小出くんはどちらかというと可愛らしい人なのでリーダータイプには見えませんが、ここでのハイジ役はみんなをその気にさせる頼もしいリーダーがぴったりという感じでした。走る練習の厳しいところも良いのですが、やはり一番の見せ場は箱根駅伝の本番です。故障をしても苦しくても、次の選手にタスキを渡すぞという気持ちが迫ってきて思わずうるうるしてしまいました。「きっと完走できるだろうな」と思っていてもハラハラして、家でDVDをひとりで見ていたので声に出して応援してしまいました。自分が還暦にもなるのでこうした青春映画は本当にいいなあと感じます。そして本作で一番感動した部分と聞かれたなら、選手それぞれが個性的なのにチームワークががっしりしているところだと断言するでしょう。

20代男性
20代男性

風が強く吹いているは、スポーツやマラソンや駅伝が好きな方にとてもオススメします。主人公の元々天才ランナーだったカケルを筆頭に箱根駅伝を目指していく物語です。このメンバーで箱根駅伝を走ると宣言し10人のメンバーを揃えて寛政大学のメンバーが箱根駅伝を目指して行く物語なのですがそんな中ある大会に出場した。そこでエリートランナーである大学陸上長距離界トップの藤岡一真の走りを見せつけられた。箱根駅伝への道のりの険しさを突きつけられ焦りメンバーと衝突してしまう。そんな中で箱根駅伝までたどり着く事ができるのか。と言った物語です。自分も陸上をやっていた時にこの映画を見たので走っているところがカッコ良くてモチベーションが上がりました!箱根駅伝は長距離ランナーならみんな憧れる舞台なのでなおの事です。この映画の選手のユニフォームは、上武大学のユニフォームとそっくりでまたそれが忘れられないです。選手が走る時の音が鮮明でフォームがキレイなのでそれが今でも忘れられないです。出演者も相当練習したのかなと思いました。また寮で生活している姿を映画でもやったいたのですが良く表現しているなと思いました。熱い青春が描かれている部分がたまりませんでした。

 

20代女性
20代女性

原作が好きで、あまり期待はせずに映画を観たはずの私は映画までもどハマりしてしまいました。だっておかしいでしょう、何度見てもなぜか心を奪われてしまうそんな作品なのだから。さてこの話の舞台は箱根駅伝。強豪という強豪しか走ることを許されない、陸上をしているものなら誰もが一度は夢を見る憧れの舞台『箱根駅伝』。そこに挑戦するほぼ無名揃いの彼らが、日々切磋琢磨し成長するそんな物語です。ですが、まさにその姿に胸を打たれます。私個人的な見所は、走るために生まれてきたかのような主人公のカケルがいますが、その走りは原作で想像していた通りの綺麗なフォームで、素晴らしいとしか言えない走りを見せてくれます。カケルの走りに是非注目していただきたいです。竹青荘の住民10人全員の個性豊かなところも見どころであり、ちょくちょく挟まれる笑いのネタもとても面白く大好きです。走るのならば、速いに越したことはないのに、作品名は「風が強く吹いている」となっています。速く走るのではなく、強く走るということがどういうことなのか。そこを是非考えながら見ていただけると、よりこの作品が楽しくなるのではないかと思います。駅伝は陸上競技の中で個人種目のようで団体競技と言う面白い競技です。自分がゴールしても、ゴールではない。そんな熱い闘いや厚い信頼がある素敵な競技を堪能していただけたらいいなと思います。

30代男性
30代男性

箱根駅伝をテーマにした青春映画。正直、私自身は箱根駅伝を見たことはなく、興味も全くなかったのですが、三浦しおん原作ということもありなんとなく見に行った作品でした。期待も全然していなかったので、正直ハードルが下がっていた部分はあると思いますが、ここまで心を揺さぶられるとは・・・。見るまでは、駅伝って走っているだけなので、ニュースでもあんまり絵がわりがしなくて、見ていて退屈なんじゃないかと思いましたが、けっこう持つもんですね。タスキをつなぐメンバーのキャラクターがそれぞれ立っていて、そこがとても魅力的なんですが、私は特に、ハイジにグッときました。競技は違うものの、学生時代に自分も怪我で、とっても中途半端なところで挫折した経験があり、彼の不完全燃焼感というか、やり切れなさはすごく理解できて、響きました。でも、長年うじうじしながら折り合いの付けどころを見つけられなかった私と大きく違うのは、彼はそれでもその競技を愛していて、諦めずに、次の可能性を見つけようとしていたこと。それに、たとえ仲間であっても、自分よりも大きい才能に出会った時に嫉妬を覚えることもなく、カケルを支え続けられたこと。自分もこの2つのことができていたら、その競技とも綺麗な折り合いをつけて、人生に自信を持てたのかもなと感じてしまって、スクリーンの中のハイジがすごく羨ましくなりました。二度と戻ってこない青春時代であり、自分の中では正直言って忘れてしまいたい過去だったのですが、この映画を見て、この年齢になって、ようやく正しい距離感で向き合っていけるような気がしました。ハイジのように輝かしいものではなかったけれど、あの頃の失敗も後悔も含めて、いい青春時代を過ごせたんだと今は思います。

40代男性
40代男性

直木賞作家の三浦しをんが練りに練った物語を原作にしています。ボロボロな寮に寄せ集められた、陸上はほとんど素人同然の10人。例外的に蔵原走(オリンピックを狙える逸材だ)と清瀬灰二の二人が陸上経験者。そのメンバーで、箱根駅伝出場を目指す。僕は、ハーフマラソンに出場するのを趣味にしているが、その経験からすると、この設定は荒唐無稽のように思える。が、じっくりと綿密に話は進み、蜃気楼だった目標は、現実味を帯びてくる。見ているこっちも、このメンバーで、この展開なら箱根を目指せる、とだんだん確信を持つようになる。それぞれが、強い絆で結ばれてゆき、襷で想いをつなぐ。みんな、見ている景色が違えども、ゴールを目指し、一人づづ走り抜く。駅伝ってすごいなあと思うのは、本来個人競技である長距離が、一人だけの活躍でなく、全員の力が、結果につながる。バレーや野球と同じく、チーム競技なのだ。チームワークが大きくカギを握る。箱根を目指すために、集められた10人が、お互いを信頼し、信頼されるようになっていく。なぜそんなに、他人を信じることができるのか。きっとキャプテンである灰二の、ひたむきにただそれだけに打ち込むという、その姿勢と気持ちが皆に伝染するからだろう。そして、それだけでなく、メンバーたちは、熱く燃えたいという気持ちとエネルギーを奥底に秘めていたのだろう。それを灰二は掘り起こした。灰二にほだされて参加した者もいるように見えるが、灰二は皆にチャンスを与えたのだと思う。この映画、いいなあ、見終わった後、すっきりしたな。

30代女性
30代女性

原作が好きで、主演も林遣都さんということで鑑賞。箱根駅伝出場を目指す選手たちの青春もの。才能があるものの、それゆえ傲慢で問題を抱えがちな若者を演じ差せたら、林遣都の右に出る人はなかなかいないです。バッテリーでも、こんな役だったな、というイメージ。W主人公の相方である、小出恵介さんに泥がついてしまったのが残念。才能がありながらも、故障により以前のようには走れなくなり、しかしそれゆえに青竹寮の全員の心をきめ細やかに見守っているハイジの役を好演していました。小出さんも、こういう役が多いんでしょうか?ルーキーズでも、こんな感じに部員たちを纏めるキャラクターでしたよね?(笑)ぶつかり合ったり、引き寄せあったりしながら、箱根駅伝出場を目指す青竹寮の面々。10人のうち、あなたはどのキャラに共感できるかを考えながら見るのも楽しいと思います。カケル(林遣都・演)やハイジ(小出恵介・演)はまだ普通のあだ名なのですが、他のキャラクターに振られたあだ名がわりとひどかったりするのが大学生らしくてかわいかったです。私は『神童』こと杉山高志(橋本淳・演)がお気に入り。地元で一番でも、東京に出れば普通の人…という経験は、地方出身者は感じやすい悩みではないでしょうか?瑞々しい青春映画でした。

 

まとめ

『風が強く吹いている』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました