エヴァンゲリオン序(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アニメ映画
これまでの『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』

エヴァンゲリオン序(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

エヴァンゲリオン序(映画)の内容

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』は、2007年9月に公開されました。

原作は、原案・庵野秀明さん、作画・貞本義行さんによる漫画『新世紀エヴァンゲリオン』になり、総監督も庵野秀明さんが務めております。

テレビアニメに、新たな設定とストーリーで再構築した4部作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの記念すべき1作目が本作となっております。声優はアニメ時代からほとんど変わらず起用されており、旧作を見た方でも違和感なく観られる作りになっております。また、アニメ版でも人気が高かった次回予告ですが、次回作の予告編が上映されファンを喜ばせました。

使途との激闘において、作戦行動が最大の魅力だと思っております。序では『ヤシマ作戦』になりますが、ミッション遂行時の臨場感は素晴らしいです。映像のクオリティが桁違いでロマンに溢れた作品だと思います。

14歳の少年がロボットに乗る葛藤がリアルに描かれており、この少年・シンジ君の性格こそがロボットアニメ界の金字塔まで昇華させた要因だと思ってます。

初見で何の知識もなくても、物語のテンポが凄まじくて、中だるみすることなく最後まで楽しく見ることができました。次回予告で出た『破』も含めて最後まですべて見ようと思いました!

原作の漫画を読み、テレビシリーズのファンになった私ですが、格段に映像や演出がよくなっていて、凄く良かったです。
綾波もあいかわず素敵で、あの笑顔は女性の私でもキュンとしてしまいます!

あらすじ

地球規模の大災害・セカンドインパクトによって、総人口の半分が失われてしまった世界から15年後。父・ゲンドウに呼ばれ、特別非常事態宣言発令中の第3新東京市へ一人でやってきた中学生・碇シンジ。その途中で、巨大な謎の生命体『使途』とそれを迎撃する国連軍との戦闘に巻き込まれてしまいました。間一髪で迎えにきた葛城ミサトによって救われたシンジは、父が最高司令官を務めるNERV本部へと向かいます。

3年ぶりに会った父から、NERVが開発した汎用ヒト型決戦兵器・人造人間「ヱヴァンゲリヲン」の初号機に乗って、使途と戦えと命じられますが、恐怖心からそんなこと出来るわけないと拒みます。ゲンドウはそんなシンジに「乗らないなら帰れ」と言い放ち、重傷を追っている「ヱヴァンゲリヲン」の零号機パイロットの綾波レイを連れてこさせようとします。

そんな傷だらけの彼女を目の前にし、心が痛んだシンジは自ら乗る事を決意し「ヱヴァンゲリヲン」初号機のパイロットとして、初陣に出ます。

見どころ

これがヱヴァ

本作は1995年にテレビ放送作品を基に、「REBUILD(リビルド)」、いわゆる再構築という新映像技法を採用して制作されました。10年以上も保存されていた原画・動画・レイアウト・背景を全てスタジオに集め、しっかりと検分してどうしていくかを協議したそうです。

柔軟な修正が可能になったこともあり、EVAシリーズこだわりのディティールが書き加えられ、武器を中心に新設定で書き起こされ、省略されていたあらすじも劇場版用に復元。また、3D技術を導入して描かれた街並みや兵器などは、未体験の映像として画面に迫力を与えております。さらに、印象の強いキャラたちの先行登場などの改変を行っております。

製作サイドもリメイクとは言わず、リビルドであると解説しており、妥協をまったく許さない最高の作品へと仕上がっております。

スタッフ

原作:原案・庵野 秀明 / 作画・貞本 義行「新世紀エヴァンゲリオン」
総監督・脚本:庵野 秀明
監督:摩砂雪 / 鶴巻 和哉
音楽:鷺巣 詩郎
主題歌:宇多田 ヒカル「Beautiful World」

キャスト

EVE(ヱヴァ)パイロット

碇シンジ:緒方恵美
ヱヴァンゲリヲンのパイロットに適格する3人目・第3の少年。EVA初号機のパイロット。

綾波レイ:林原めぐみ
ヱヴァンゲリヲンのパイロットに適格する1人目・第1の少女。EVA零号機のパイロット。

特務機関NERV(ネルフ)

葛城ミサト:三石琴乃
EVAの戦闘指揮官。シンジの上司と保護者を兼任している。

赤木リツコ:山口由里子
開発部に所属するEVAの開発総責任者。

碇ゲンドウ:立木文彦
最高司令官でシンジの父親。目的のためなら手段を選ばない非情な男。

冬月コウゾウ:清川元夢
副司令官。ゲンドウのサポートをし、彼の数少ない理解者。

日向マコト:優希比呂
伊吹マヤ:長沢美樹
青葉シゲル:子安武人
本部のオペレーター。

シンジのクラスメイト

鈴原トウジ:関智一
相田ケンスケ:岩永哲哉
洞木ヒカリ:岩男潤子

その他

渚カヲル:石田彰
詳細が明かされない謎の美男子。

キール・ローレンツ:麦人
NERVに指令を下す秘密結社・ゼーレの中心的人物。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

エヴァンゲリオン序(映画)の感想

 

40代男性
40代男性

テレビアニメと劇場版を経て、一応完結したシリーズを再構成した作品4部作の、第1作目になります。再構成といっても新たな解釈や視点、また新たな展開などを加えての作品構成になるとのことなので新たな作品の4部作第1作目になります。
とはいえ本作は旧作品の序盤から少しの変更を加えて同じ展開を辿りました。そのあたりは旧作を一通り見ている立場からすると、「あれ?大して変わってないじゃん!」といった感想を抱きました。話の展開は主人公である碇シンジが、NERVという組織の総司令であり父親である碇ゲンドウに呼び出されるところから始まり、このあとの主要メンバーである綾波レイなどと共に、次々に現れる使徒と呼ばれる敵と、巨大人型兵器であるエヴァンゲリオンを駆使して戦うというもの。本作ではクリスタルのような外見をしているラミエル戦までが展開されます。旧作でも熱い展開だったラミエル戦は本作でも熱い展開を見せてくれます。また旧作にはなかったラミエルの形態が変化するなどの描写もあり、旧作との比較を楽しみながらみていた私は「おぉー!」と描写の変化を楽しめました。そして苦戦・ピンチの中の逆転劇。展開がわかっているにもかかわらずワクワクドキドキしてしまいました。旧作との変更点が少ないので物足りない方も多いとは思いますが、新規で見始める人にはとても良い入口だと思いました。次作の「破」は本作からの完全な続きになるので、シリーズを見るためには絶対に外せない作品だと思います。

 

50代男性
50代男性

新劇場版シリーズはTVシリーズを観ていた世代からするとその映像の繊細さに感動しますそれぞれ武器の細かなパーツや壁面に描かれている小さな文字、街のビル一つ一つまで鮮明に描かれています。新劇場版序には3DCGというCG技術が導入され始めた伝統的な手描きのアニメと新しく導入されたCGの映像を組み合わせて作られていたらしくその辺をTVシリーズと違った新しい楽しみ方として全体のCGの映像とエヴァやキャラクターのアナログ的に描かれているアニメの融合を楽しんでもらいたいです。特に初号機に初めて動くシーンや最終版のヤシマ作戦戦での映像はTVシリーズのそれとは全く別物で迫力が違います。ラミエルの攻撃、防御の動きなどは特徴的でおもしろい動きです。ストーリー的にはほぼTVシリーズをコンパクトに縮めてあり初めてエヴァをみる人にも分かりやすく作ってあります。エヴァシリーズの楽しみ方のひとつは個性的なキャラですが、弱弱しいシンジ君、謎の多い少女綾波レイ、ネルフの司令官で冷酷な碇ゲンドウ、作戦現場責任者で明るい性格のミサトなど面白ペットのペンギンペンペンなどそれぞれのキャラの行動や絡みもおもしろいです。今後の新劇場版を見ていく上での基本的なエヴァの世界を知れる作品だと思います。

20代男性
20代男性

社会現象にもなったエヴァンゲリオンのリメイク作品となっていて、制作もガイナックスからカラーという会社になり、いろいろと刷新された感じがします。リメイクされたことにより、1990年代の作画よりもきれいになり、演出も更にド派手になったことからファンを大きくうならせるものとなっています。今回の序はそこまで大きく原作から逸脱しておらず、ヤシマ作戦までをかなりそのままリメイクした印象を受けます。ただ、まるっきりそのままリメイクしたわけではなく、いたるところに次回作や今後につながるアレンジも入っており、ファンにとって話題となりました。こういった絶妙なアレンジセンスが、リメイク版の特徴たるものになっているのかと思います。色んな説が出るほどに序から伏線が仕込まれています。声優たちの演技も90年当時と何ら遜色なく、キャラクターに命を吹き込むことに成功しています。ここには流石プロと思わせる実力の高さを感じました。次回作以降はリメイク版独特の展開が繰り広げられていくので、まさに新しいエヴァンゲリオンの入り口に、序はまさしく位置付けられているのかなと再確認させられます。主題歌の宇多田ヒカルの楽曲もとても印象的で、作品を巧みに盛り上げてくれるので最高の要素しかありません。

 

50代男性
50代男性

まずは、テレビシリーズと同様にいきなりクライマックス感がハンパではない勢いで迫ってくる出だしに圧倒されます。何も知らされずに呼び寄せられたシンジ、襲い来る使徒、迎撃する戦略自衛隊との戦闘、どれもこれもが、アニメーションとは思えない迫力で圧倒されました。シンジと父親であるゲンドウとの葛藤も、テレビシリーズでの下知識ががい状態の人であっても十分に理解できるレベルでハッキリと描かれています。そして、シンジとヱヴァ初号機との戦いは何体もの使徒との戦闘で、その悲惨さを見せた上で、クライマックスのヤシマ作戦に突入します。使徒迎撃のためのエネルギーである電力を日本中から集約する過程は、かつての東宝特撮映画の名作「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」を思わせるような緊迫感溢れる描写で、誰もが引き込まれることでしょう。その緊迫感の頂点から放たれる一撃、その一撃を放つために身を挺して初号機を護る零号機の綺波。焼け爛れた零号機のエントリープラグから綺波を救助するシンジの姿は、かつて零号機の暴走から綺波を助けたゲンドウの姿を彷彿とさせます。以後のエピソードに大きな影響を与える、シンジと綺波がはじめて心を通わせた場面であり、シンジとゲンドウが親子であることの意味の大きさを知らされる結末でした。

 

30代男性
30代男性

今から約20年前に大ブレイクをしたアニメエヴァンゲリオンの初期を映画化して、一本にまとめた作品になります。映画ではアニメよりも画質が鮮明になっており、迫力のある音楽と映像を楽しむことが出来ます。そもそもエヴァンゲリオンとはなんなのか?っと思っている人は、是非この「序」をみると、一連の内容を把握することが出来ますし、エヴァンゲリオンの世界観を感じることが出来ると思います。エヴァンゲリオンの内容はとても複雑で、見る人の視点によって見解がさまざまです。そのくらい深みのある作品となっているのですが、この作品に、はまるまでには、第一インパクトが大切だと思います。エヴァンゲリオンの魅力は音楽と、独創性のあるキャラクター、そして、使徒とよばれる人類の敵に立ち向かう人造人間エヴァンゲリオンです。何も知らない人が見ても、音楽がカッコいい、キャラクターを好きになる。戦闘シーンが生々しくて、現実にありそうなリアル感があること感じることが出来ると思います。主人公は、何も知らない状況で、いきなり父親に呼びつけられ、何もわからないまま人造人間エヴァンゲリオンに搭乗することとなります。いきなりの出来事で、見てる側も「えっ?」となります。その中で起こる、親子関係、学校での友人関係、使徒よばれる謎の生命体から人類を守る立場での主人公の成長や人間模様を感じることが出来ます。最後まで見ると、この作品がなぜ今になっても注目されているのかを感じることが出来ると思います。

 

30代女性
30代女性

社会現象とまで呼ばれた「新世紀エヴェンゲリヲン」シリーズのTVアニメで放送された第壱話から六話までをダイジェストにまとめた作品のように思われる本作ですが、中身は全くといっていいほど新しく、作画や音楽なども全て作り直され再構築された今まで見たことのない全く新しいエヴァンゲリヲンでした。セカンドインパクトという大規模災害の起こった後の世界を舞台に謎の巨大生命体「使徒」が人類を襲うストーリー。まだ少年の碇シンジはそんな使徒と戦わなければならず、彼の苦悩や葛藤を描いた本作は、その深くて先の読めないストーリーで衝撃的な印象を与えます。本作はTVアニメシリーズのダイジェストのような内容ですが、作画や音楽、背景に至るまで全てを描き直し、一から作り上げたという徹底した作品とだけあってアニメシリーズを見ていた人にも全く新しい作品に見えました。戦闘シーンの作画や迫力はもちろんですが、主人公の碇シンジの戦いへの恐怖や父親への複雑な思いなども丁寧に描いていて素晴らしかったです。主題歌を担当した宇多田ヒカルさんの「Beautiful World」も素晴らしく、その切ない歌声と歌詞の深さはエヴァンゲリヲンの世界観にぴったりと合っていて最後のエンドロールで流れてきた時は思わず心が揺さぶられます。

20代男性
20代男性

巨大ロボット作品の醍醐味でもある戦闘シーンの迫力は必見。エヴァが人間に近いフォルムをしているため、かなりリアリティのある戦闘シーンになっており、かなり引き付けられた。使用する兵器も現実離れしているものではないこともまた、リアリティを上げていると思う。そういうところに「人間が作った」感が出ており、人間対未知の生物の戦いであることが感じられる。また、第三新東京市の姿もメカニカルで、それだけでもかなり見ごたえがあると思う。変形シーンなどは圧巻だ。ただ、描写がかなりリアル分グロ描写なども結構でてくるため、そういうものが苦手な人にとっては少し厳しいかもしれない。この作品の面白いところは、そこだけではない。主人公シンジの葛藤を描いたストーリーにも注目だ。ロボットものの主人公は特有の「弱さ」を兼ね備えた人間であることも多いが、シンジは特に心が成熟しておらず、全編を通して煮え切らなさが目立つ。そこでイライラしてしまうこともあるかもしれないが、その成長に寄り添う形で映画を見届けるのも、この作品の楽しみ方の一つだと思った。つまり、この作品は「シンジの成長の物語」でもあるわけだ。きっと、その心理描写には共感する部分もあると思う。そんななかで、最後には成長した姿も見せてくれているので、何かを感じる部分はきっとあるだろう。

 

30代男性
30代男性

アニメ版と比べると一度にまとめた分、細かい部分が足りない気がしましたが、初見の方でも分かりやすく綺麗にまとまっていました。最初にタイトルを見た時にアニメ版の「エヴァンゲリオン」と少し違い「ヱヴァンゲリヲン」となっていたので、話がかなり改変されているかと思いきや、細かい設定はさておきしっかりと原作の通りに描かれていたので安心しました。原作を見たのはまだ学生の頃でしたが、年を重ねて見てみると今作で気づかされる部分が沢山ありました。当時は年が近いせいか碇シンジの肩を持ち、葛城ミサトや碇ゲンドウや冬月コウゾウが大嫌いでした。しかしこの年になって見てみると、いかに彼らが苦労していたか思い知らされてしまいます。ゲンドウや冬月が如何に大きなものを背負って戦っていたか。そして葛城ミサトという人物がどれだけ優秀な人物だったのかよくわかりました。今作で出てくる「ヤシマ作戦」の瞬間的な閃きと概要は、並の人間にはまず思いつかない見事なものでした。彼女がなぜ作戦課長と呼ばれていたのか思い知らされました。彼らの立場から見れば、シンジのような思春期の子に、パイロットを任せるしかないのがどんなに歯がゆく扱いづらいか。「序」を見ただけで少し「NERV」の事が好きになってしまいました。もし自分ならここまで瞬時に的確な英断はできなかったと思います。もしこれから初めて見ようとしている方がいるなら、碇シンジもNERVも責めないであげてほしいです。この話は一応フィクションですが、内容は違えどいずれ人間が対面するであろう脅威と戦う姿をイメージして描かれています。むしろリアルと比べると、優秀で人間らしいと思います。「人の時代との戦い」というテーマが裏付けられているとしたら、この作品は未来永劫語り継がれてもおかしくない作品だと思いました。

40代女性
40代女性

何が起こっているのか理解の薄い状況で戦いに誘導されてゆくようで、シンジをみていると少しモヤモヤしますね。その中で自分の気持ちをみつけてゆくのですが、自分よりも父親に近い存在が同年代の少女なのは衝撃があるでしょう。いつもは無表情にすら感じる綾波レイが、シンジの父親の碇ゲンドウと嬉しそうに会話するのは驚きますよね。ゲンドウも優しい表情を浮かべているし、父親とまともに交流できていないシンジが複雑な気持ちになるのは無理もないですよ。これからどう変わっていくのかな。ヤシマ作戦の時の、停電していく様子にはこれからだなって気分になりますね。水面に映る使徒の姿や、陽電子砲のケーブルとか細かい部分が凝ってみえますよ。ミリタリー色が強くて迫力があります。しかしネガティブ思考のシンジが決意するには、ミサトの覚悟に後押しされる流れが必要だったんだろうな。あなただけじゃないと伝える彼女の気持ちが熱いですよ。大きな月を背景にしたレイのシルエットも印象的ですね。あの時の彼女のセリフから救出時のシンジのセリフへつながるのが、少し時間のかかった言葉のキャッチボールで不器用なふたりらしさが漂います。助け出された時のレイの笑顔が、表情の優しさよりも肩の動きで笑っていると感じるんですよ。もちろん繊細な表情も素敵ですが、仕草で感情を伝えてるように思えます。最後の人物にインパクトを持っていかれますが、続きを楽しみにする仕様ですよね。

50代女性
50代女性

映画版の「序」は、テレビ版のエヴァンゲリオンのヤシマ作戦までの内容に近いストーリーですが、登場人物の心理がより丁寧に描写されていたり、使徒の形態や動きがアレンジされていたりして面白いと思いました。例えば、最後に登場する第六の使徒は、テレビ版では正八面体の形状ですが、映画版ではさまざまな形状に変化し、動きが激しくなっていたので面白かったです。ヱヴァンゲリヲンの基本設定として、消極的な主人公であるシンジが人類を使徒から守るためヱヴァンゲリヲンに乗るという設定があり、テレビ版の放映があった当時は目新しい設定だと思いました。それまでのヒーローもの、ロボットアニメなどの主人公と異なるタイプであるからです。しかし、大人の視点で見てみると、シンジの父親をはじめとして、周りの大人の対応がひどすぎて、シンジが逃げたくなるのも無理はないと思ってしまいました。使徒と戦うという大変な仕事を急に無理やりさせるなど、現実社会でいえばブラック企業も顔負けです。人類が生き残るために必要であるとはいっても、だったら余計に前もって根回しをして、丁重にサポートして、心のケアを図るなどの手段を取るべきではと考えてしまいました。特にシンジが父親のことを「あんな父親(なんて信用できない)」といってレイにビンタされていますが、それまでの父親の対応(ほぼ育児放棄のネグレクト)を考えれば当然のセリフではないかと思いました。

 

まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の『エヴァンゲリオン』作品

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました