影裏(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画「影裏」ロング予告 2月14日公開

影裏(映画)の動画フルを安全に見る方法

『影裏』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『影裏』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

影裏(映画)の内容

映画『影裏』は、2020年2月に公開されました。

原作は、沼田真佑さんによるデビュー小説作品で、第123回文學界新人賞受賞と第157回芥川賞も受賞した作品となっております。

監督は、映画作品の『るろうに剣心』や『3月のライオン』を手掛け、実写映画化に定評のある大友啓史さんが務めました。

本作は、東日本大震災後に行方不明になった釣り仲間の男を捜す「わたし」の彷徨を描かれており、「わたし」を綾野剛さん、行方不明の男を松田龍平さんが演じました。ほかに、筒井真理子さん、中村倫也さん、平埜生成さん、國村隼さん、永島暎子さん、安田顕さんと実力派の俳優が脇を固めております。

主人公である今野の複雑な心境に胸が締め付けられて苦しくなりましたが、大友啓史監督の凄さを見せつけらた一作です。

凄く不思議な感じがした作品。綾野さんと松田さんの演技はさることながら、支える周りの名優さんたちも見事でした。

自然の演出が素晴らしいですね。川釣りの光景が美しく、休日の朝に陽があたる姿が眩しい!どのような形でも観る人によって汲み取れる本作は個人的には大好きですね。

ボーイズラブ的な作品なのかな?って最初はドキッとしてしまいました。しかし、30歳を過ぎてからの男同士の友情を描いた作品は珍しいと思いました。また、印象に残るセリフの一言、一言に感銘。素晴らしい作品に出会えました。

あらすじ

医薬品を扱う会社で営業の仕事をしている今野(綾野剛)は、岩手県盛岡市へ出向してきたばかり。そんな彼に声を掛けてきたのは同じ会社の物流課で働く日浅(松田龍平)でした。今野と日浅は同い年で、よく会話をするようになります。

ある日突然、今野の住むアパートに日本酒の一升瓶を持って日浅が訪ねてきて、お酒が好きな二人は朝まで飲み明かしました。ほどなくして、二人は一緒に釣りに行くようになり、今野にとって日浅は慣れない地でただ一人心を許せる存在になっていました。

まるで遅れてやってきたような成熟した青春の日々に、今野は言いようのない心地よさを感じていた矢先、日浅は姿を消してしまいます。日浅を探し始めた今野は、日浅の父の元へ行って捜索願を出すことを頼むが、何故か断られてしまう…。

そして、見えてきたのは、これまで今野が見てきた彼とは全く違う別の顔。陽の光の下、ともに時を過ごしたあの男の“本当”とは?

見どころ

主演の二人

最大の見どころは主演である綾野剛さんと松田龍平さんの演技になります。この二人の俳優の特徴として、どちらもあまり演技らしい演技をしないというか、どの作品でもしゃべり方や空気感を変えずにそのままの人物で演じていると個人的には思います。まるで綾野剛さんを演じている綾野剛さん。同じく松田龍平さんを演じている松田龍平さんのような感覚ですね。

しかし、それぞれの作品での登場人物も、しっかりと別な人間性を表現できるという不思議な演技力を持っていらっしゃる方々です。舞台演劇とは違う、とても映画的な演技。

特に松田龍平さんは、純朴な青年・犯罪者・詐欺師。どの役割でも同じトーンの喋り方で演じきってしまうので、凄い『雰囲気力』だなといつも感心させられます。

本作ではそんな二人の色気が全開の作品となっております。

最も大きな影裏

本作のタイトル『影裏』というのは、日浅(松田龍平)が劇中で語っておりますが、全ての人間、また人間だけでなく物事全般に裏側というか、違う側面があるということです。

本作での、最も最も大きな『影裏』の部分は「自然」ではないかと思います。物語の前半から岩手県の自然風景が随所に差し込まれており、美しい演出で表現されており「自然」に魅了されます。しかし、東日本大震災で多くの命を奪ったのも、この「自然」による災害だからです。

このような表現を、説明することなく映像上で表現しております。実写映画『るろうに剣心』を手掛けた大友啓史監督は、失礼ながら商業映画ばかりのイメージでしたが。こういた作品も撮れるのだと驚きます。また、大友良英さんの音楽も素晴らしいので、注目してください。

スタッフ

原作:沼田真佑「影裏」
監督:大友啓史
脚本:澤井香織
音楽:大友良英

キャスト

今野秋一:綾野剛
医薬品を扱う会社の営業マン。盛岡に出向してきたばかり。

日浅典博:松田龍平
今野と同じ会社の物流課で働いている。

西山:筒井真理子
今野と日浅の同僚。

副島和哉:中村倫也
今野のかつての同僚で、元恋人。性別適合手術を受け、女性になっている。

清人:平埜生成
今野の友人。

日浅征吾:國村隼
日浅典博の父。

日浅馨:安田顕
日浅典博の兄。日浅の過去を知る男。

鈴村早苗:永島暎子
今野の近隣住人。

『影裏』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

影裏(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

「あなたは本当にご主人のことをご存じだったと思いますか。」運命のボタンという映画の中の台詞だ。ある夫婦の元に突然訪れたセールスマンが「この装置のボタンを押すと世界の何処かであなた方の知らない人が死んで、5万ドルが手に入る。」と話す。一度は断る夫婦だったが、大金の誘惑に、妻がボタンを押してしまうという話だ。家族でも分からないことがあるのに、まして一時しか一緒にいなかった今野秋一(綾野剛さん)と日浅典博(松田龍平さん)の二人。日浅の過去における別人のような話を聞いても、今野にとって共に過ごした日々、愛する日浅は確かに存在するのだ。素肌に白いシャツを羽織った綾野剛さんから、爽やかさと共に底知れぬ色気が漂う。更に、静かな佇まいからは、孤独感が滲み出ている。松田龍平さんの無機質にさえ感じる演技は、掴みどころのない独特な雰囲気を醸し出している。これまでの映画ではストーリーや会話を重視して観ていたけれど、ラストまでこの二人の顔から、目を離さずに観て欲しい。様々な想いがあちらこちらに散りばめられている、各シーンに映しだされる美しい自然にも大注目だ。多くは語らず、間を大切にした、しんみりと心に訴えかける作品だ。

 

50代女性
50代女性

豊かな自然に包まれた美しい街・盛岡。そんな場所を舞台にした沼田真佑さんの芥川賞受賞作「影裏(えいり)」に魅了された岩手県出身の大友啓史監督が自ら撮影した、クラフトムービーともいうべき作品です。その全てが岩手で撮影された異色作です。純文学というスタイルで表された人の心をえぐり込むような物語を、そのまま具現化したような美しい映画に仕上がりました。主人公の綾野剛さんが演じているのは、ごくごく普通の”市井の人”です。転勤で恋人と別れ、一人で盛岡にやってきた、という孤独な彼・今野。その心の隙間にするりと入り込んできたのが人懐こい謎めいた男・日浅でした。演じる松田龍平さんも、屈託のなさとその裏側にある闇を丹念に作り込み、中盤からラストに向けてぐいぐいと引っ張られるような不思議なお芝居を見せてくれていました。そんな二人を浮かび上がらせるかのような、川釣りをしている情景や、盛岡の祭りの中を歩くようなシーン。その切り取り方は、岩手を知り尽くしているからこその大友監督ならではと思わせてくれる素敵な絵になっていました。「かなしみも、あやまちも、大切な人のすべてを愛せますか?」そんな言葉がジワリと心に沁みる、そして小さな棘を残しつつも、希望の光を失わない、そんな作品に仕上がっています。

 

30代男性
30代男性

第157回芥川賞を受賞した沼田真佑の小説「影裏(えいり)」を映画化した注目の作品で、「るろうに剣心」「3月のライオン」の大友啓史監督がメガホンをとっていることからもこの映画への力の入れ方が伝わってきます。大友啓史監督の出身地でもある岩手県を舞台にしたヒューマンミステリー作品となっており、転勤で岩手に引っ越してきた主人公の今野、なれない土地で出会った同僚の日浅と仲良くなり心を通わせていきます。毎日のように酒を飲んだり釣りをしたりと距離を縮めていく2人でしたが、ある日突然、日浅仕事を辞めてしまいます。その後久しぶりに再会した2人でしたが一度距離の空いてしまった2人は気まずい空気が流れます。そしてある日、日浅が行方不明なった事を知った今野は彼を探しに行きますが、そこで彼の知らない裏の顔を知ってしまう今野、2人はまた再会するのかそれとももう会うことは出来ないのかストーリーが進むにつれて謎が深まり最後の結末は誰も予想できないような展開になってしまいます。主演の今野を演じるのは綾野剛、謎の男日浅を演じるのは松田龍平となっておりW主演と言っていいほどに豪華なキャスト、その他にも中村知也倫也に安田けいなど今注目の俳優が揃っています。

 

まとめ

『影裏』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました