アイネクライネナハトムジーク(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
三浦春馬主演『アイネクライネナハトムジーク』本予告

アイネクライネナハトムジーク(映画)の動画フルを安全に見る方法

『アイネクライネナハトムジーク』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『アイネクライネナハトムジーク』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

アイネクライネナハトムジーク(映画)の内容

2019年9月に公開された映画『アイネクライネナハトムジーク』は、伊坂幸太郎の“初”にして“唯一”の恋愛小説集を原作としたラブストーリー。恋愛群像劇の名手として今最も注目を集め、「映像化するなら彼しかいない」と 伊坂がラブコールを送った監督・今泉力哉によって映画化されました。

主人公の「出会いを待つ男」を三浦春馬、そんな主人公の前に偶然現れるヒロイン役を多部未華子が演じ、共演には原田泰造、貫地谷しほりなどの演技派から若手注目株まで豪華でフレッシュなキャストが出演しています。ロケは全て仙台で行われていて、仙台出身のお笑い芸人コンビ・サンドウィッチマンの二人も登場します。

映画館で2回鑑賞しました。もともと伊坂幸太郎作品のファンです。今作は、なにか大きな波があるわけではありませんが、人との繋がりを感じられる穏やかで優しい気持ちになれる良い作品です。キャスティングも絶妙だと思います。

何気ない日常を描いていて、その中で出逢った人たちのことを飾らないで作った作品だと思います。それでも、一生懸命に闘っているシーンは、何度みても涙がでてきます。言葉より大切なことをこのシーンで教えてくれています。

原作の良さを失くさず、また原作を読みかえしたくなる様な良い作品だと思います。
何度も見たくなる映画です。

本当に良い映画だった!
ありきたりな表現ですが、とにかく未鑑賞の方にはぜひ観てもらいたい。

様々な男女のストーリーが展開され、でもそれが全て一つの線で繋がるよう、とても綺麗にまとめられて観やすかった。
そして何より、恋愛という括り以外にも、自分が見失っていたものを思い出させてくれる映画だったな。

普通のどこにでもあるような物語なのに〝また見たくなる〟という感想がいくつも寄せられています。普通だからこそ、共感する部分が多く、親近感が湧くのかもしれません。

さすが、原作が54万部を 突破する話題作となるだけありますね。

あらすじ

マーケティングリサーチ会社で働く佐藤(三浦春馬)は、劇的な出会いをひたすら待っているだけの男。ある日、仙台駅前でギターの弾き語りが響く中、街頭アンケートを取っていた佐藤ですが、多くの人は目もくれず、立ち止まってくれません。ところが、歌に聴き入る紗季(多部未華子)と目が合い声をかけると、快くアンケートに応えてくれたのです。佐藤は、親友の「出会いなんてどうだっていい、後で自分の幸運に感謝できるのが一番だ」という言葉を思い出しつつ、それから二人は付き合うようになります。

そして10年後、佐藤は意を決して紗季にプロポーズするのですが……。

見どころ

主題歌

本作の音楽や主題歌は、シンガーソングライターの斉藤和義さんが担当しています。

映画『アイネクライネナハトムジーク』は、大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎と ミュージシャンとして絶大な支持を誇る斉藤和義の絆によって誕生した奇跡のラブストーリーだと話題になっていました。というのも、伊坂さんは、かねてより斉藤和義ファンを公言する程だったそうで、 そんな伊坂さんに斉藤和義さんが作詞のオファーをしたことがきっかけで生まれた恋愛短編集が原作だからなんです。

そんないきさつで誕生した奇跡の恋愛小説の劇場版主題歌「小さな夜」は斉藤さんが書き下ろし、映像と音楽が緊密に連携した心地よい余韻が広がる魅力的な世界観に仕上がっています。

スタッフ

原作:伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』(幻冬舎文庫)
監督:今泉力哉
脚本:鈴木謙一
音楽:斉藤和義
主題歌:斉藤和義「小さな夜」(スピードスターレコーズ)

キャスト

佐藤:三浦春馬
マーケットリサーチの会社勤務の27歳のサラリーマン。一真、由美とは大学時代の同級生。

本間紗季:多部未華子
フリーター。佐藤と偶然出会い、付き合うようになる。

織田一真:矢本悠馬
佐藤の大学の同級生で、由美の夫。居酒屋で働いている。

織田由美:森絵梨佳
一真の妻。学生時代はモテモテのマドンナ。

美奈子:貫地谷しほり
織田由美の同級生で美容師。

藤間:原田泰造
佐藤の会社の上司。

織田美緒:恒松祐里
一真と由美の娘。美人だけど生意気。

久留米和人:萩原利久
美緒のクラスメイト。美緒が気になっている。

ウィンストン小野:成田瑛基
日本人初のヘビー級ボクシング世界チャンピオン。

亜美子:八木優希
美緒のクラスメイト。

斉藤:こだまたいち
仙台駅前で弾き語りをしているストリートミュージシャン。

板橋香澄:MEGUMI
美奈子の美容室の常連。

久留米邦彦:柳憂怜
和人の父。

久留米マリ子:濱田マリ
和人の母。

青年:藤原季節
ウィンストン小野の試合観戦客。

少年:中川翼
ウィンストン小野に憧れる中学生。

女子高生:祷キララ
少年の姉。

セコンド:伊達みきお(サンドウィッチマン)
セコンド:富澤たけし(サンドウィッチマン)

『アイネクライネナハトムジーク』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

アイネクライネナハトムジーク(映画)の感想

30代男性
30代男性

この映画は2019年に制作された日本映画です。作家の伊坂幸太郎原作です。また主題歌の「小さな夜」を斉藤和義が作詞作曲をしています。舞台は仙台。駅前でアンケート調査をしていた佐藤は、なかなか調査に協力してくれない人々にがっかりしていました。そこへあるフリーター女性の紗季が調査に応じてくれます。そこから二人の話が始まります。ですがここから伊坂幸太郎の世界観が広がっていきます。伊坂原作作品には、全く無関係な物事が次々と起こり最終的には全てがつながっていくものが多いように思えます。この作品も同じです。一見すると一人一人無関係なオムニバス・群像劇のように思えますが、実は全員が何らかの形でつながっているのです。それぞれには生活があり、不器用なりに必死に生きています。そこに共感できる映画でした。誰しもが街頭のテレビジョンのボクシングに夢中になっていて、その闘う姿を応援します。そのボクサーには、勝ったらある女性に告白するという決意があります。そのボクサーに勇気をもらっていじめを乗り越えようとする少年もいます。そうして佐藤の上司の家庭事情はボクサーとも関係してきます。日常の何気ない風景が、実は誰かの感情を動かしている。そこに伊坂原作の魅力があると思いました。また、この作品は斉藤和義というミュージシャンのファンには嬉しい内容となっています。この映画は2013年に発表されたシングル「ベリーベリーストロング~アイネクライネ~」という楽曲の詞の内容から、10年後の世界を描いています。なのでその曲を聴いてから映画を観ると、より分かりやすい内容となっています。

 

20代男性
20代男性

実写化作品が多い「伊坂幸太郎」さんの代表作品の一つであり、映画化もされている「アイネクライネナハトムジーク」映画の内容に関しても原作に負けない素晴らしいものでした。主演の三浦春馬さんや豪華な俳優陣が出演しており、演者一人一人が、演じている役の個性や雰囲気をしっかり勉強している様で、原作を読んでいる人が持っている「アイネクライネナハトムジーク」の世界観をしっかりと守っている映画だと思います。私自身、原作を読ませていただき、その後で映画を視聴したのですが、原作のイメージを崩されることなく、しかも内容を知っていても楽しめる素晴らしい映画だったと感じています。この作品の見どころは「時間軸の使い方」だと個人的には思っております。伊坂幸太郎作品の特徴の一つでもありますが、様々な時間軸で別々の物語が起こり、つなぎ合わせると一つの大きな物語になっているという事が多いです。複雑に組み合わせられた物語の数々、伏線を細かく散りばめ、登場人物たちが皆どこかで繋がっていおり、映画を見れば見るほど、緻密に描かれている伏線の答えなどを知ることが出来、謎解きで正解したような快感を得る事ができます。そして何よりこの映画の魅力は「明日も生きてみようかな?」と思わせてくれる、暖かく、優しい物語だと思います。心に余裕がない方、何かに悩んでいる方は是非こちらの作品ご覧ください!!必ず明日を生きる勇気を貰えると思います。

20代男性
20代男性

今はとても内容がギスギスしたような作品が多くある中、この作品はギスギスとは全く反対のとてもホッコリする内容の作品でした。ストーリーの素晴らしさもありますが何より素晴らしいのは主役を支える脇役の俳優さんたちの演技です。自分の人生をなんとなく生きてはいるけどでもどこかに不安があってという物凄く微妙な感情の揺れ動く様を見事に演じています。ストーリーの展開もSF作品のようにポンポン展開していくというよりはゆったりと進んでいくストーリーでしたが、この方たちの演技がとても良いテンポになっていると思いました。あと宮城県でロケを行ったそうですが宮城の街並みも作品にピッタリで視覚的にもとても良いロケーションだと思いました。この作品を監督した今泉力哉監督は今まではどちらかと言うとハードな内容の作品を多く撮ってきた方らしいですが、この作品は今までとは一線を画す内容の作品です。この作品は作中に恋愛やボクシング、いじめ等パッと見たときには作品を構成する要素が多いんじゃないかと思ってしまいましたが見進めていくうちにこの様々な要素がぴったりと一つにまとまっていくのが見ていて見事でしたしとても感動しました。今コロナウイルスの影響で少し疲れてしまった人にはピッタリな映画だと思いました。

20代女性
20代女性

この映画は”恋愛の話”ではなく、”絆の話”です。人と人との出会いは運命か偶然、または必然かと思うのは本人次第ですが、出会いによってつながった誰かを大切にできるかを考えさせられました。原作の伊坂幸太郎さんの作品はミステリー作品が多いですが、この作品はミステリーではありません。何気ない日常の話を描くのがとても上手な作家さんなので、この映画はそのよさを堪能できます。主演の多部未華子さんと三浦春馬さんがとにかくさわやかで他の俳優陣も豪華な顔ぶれです。何か事件が起きるわけではないのですが、鑑賞後にはほっこりとするような温かみのある映画で原作にも忠実です。ストーリーはテンポよく進むので飽きずに観ることができます。事件が起きるわけではないので、今のような自粛ムード中に見るにはぴったりな映画です。また主題歌である斉藤和義さんの”小さな夜”も心温まる歌声で素敵だと思います。また、鑑賞後に斉藤和義さんの”ベリーベリーストロング”を聞くと映画のストーリーがよみがえってきて二度おいしい映画となっていますので見る価値ありです。原作ファンだけでなく、どの世代の方も、特に社会に疲れてしまった世代には必ず一度は観て頂きたい作品です。

30代男性
30代男性

運命の出会いってあるのかな~と思わず信じて見たくなるような映画でした。物語としてはごく普通のサラリーマンの佐藤(三浦春馬)がヒロイン(多部未華子)と出会うことで人生が大きく変わっていく姿を描いたものなんですが、この主人公の佐藤がまさに今時の若者といった感じでかなり共感できるところが多かったです。出会いを求めているが待っているだけで自分からは動こうとはしないまさに草食系男子、そんな男の前に女神のような存在として登場する多部未華子がなんとも皇后しいです。またこの冴えない主人公を演じる三浦春馬、イケメンの役からこういった冴えないキャラまで演じ切る彼の演技力の高さには恐れ入ります。その他にも貫地谷しほりや原田泰造など幅広い俳優陣がより映画の内容に厚みを与えてくれます。特に劇中のセリフで「出会いなんてどうだっていい、後で自分の幸運に感謝できるのが一番だ」て言葉が自分の胸にかなり突き刺さりました。中盤で広げられた無数の伏線が終盤にかけて一機に繋がっていく感じは見ていて爽快でした。改めて出会いって一期一会でもしかしたら、今日の何気ない小さな出会いが自分の今後の人生を大きく変えるかもしれないって考えたら毎日が少し楽しく感じてきます。

50代女性
50代女性

劇的なエピソードはないのですが、心に残るお話でした。複数のストーリーが最後には一つにまとまっていく流れで話が進んでいくのも観ていておお繋がっていく!というわくわく感がありました。そして三浦春馬さんのヘタレっぷりも個人的には大好きです。普段の彼はイケメンのかっこいい役が多いですが、本作のヘタレ役も新たな魅力が出ていたと思います。ありふれた人の出会いがベースにありますが、映画の中だけではなく、現実世界にも様々な出会いがあふれていて、今仮につらいとかついてない状況にいるなと感じてる人も、そういった出会いを大切に見逃さずにいることで、次のステップにつながっていくのかもしれないなと感じさせるものがありました。こういう、未来への良い展開が予想できる作品は突拍子もない現実離れした作品とは違い、自分の環境と置き換えることができるので、自分に近い作品として好感が持てると思います。閉塞感に溢れる世の中と感じることが多い人もいるかと思いますが、こういった、心が温かくなる作品をたくさん見て、皆さん、元気になってもらいたいなと思います。映画の力ってすごいな、侮れないなとも思いました。エネルギーチャージができます。本当におすすめです。

30代女性
30代女性

この映画を旦那さんと2人で観た後、私の旦那さんはこの人で良かったんだなと思えました。とても優しい気持ちに包まれました。人と人が簡単に出会えるような時代になってきて、人と人の繋がりとはなにか?を考えさせられました。素敵な出会いを求める事よりも、あの日あのときに出会えた人たちに感謝する心がとても美しく思えました。人生で出会える人との繋がりは奇跡のように思えます。出会えてもその先に繋がらず離れてしまう人もいるし、縁があってずっとそばにいる事ができる人もいる。どの関係性もあの時出会える事ができてよかったと思える事が素敵だなと思いました。映画では、大々的な事件や大きな出来事が起きるわけではありませんが、普遍的な日常の中で幸せとはなにか、静かに問いかけてくるような感じを受けました。原作者の伊坂幸太郎さんの世界観がよく感じられる映画だと思います。主題歌の斉藤和義さんの歌と仙台の美しい町並みが作品をより盛り上げてくれています。主演の三浦春馬さんと多部未華子さんのふたりの空気感がとても心地よいです。美男美女なので観ているだけでも癒されました。個人的には、原田泰三さんの細かな表情や仕草がとても好きでした。刺激的な内容ではないですが、ほっこり優しい気持ちになれる映画でした。

 

まとめ

『アイネクライネナハトムジーク』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

三浦春馬のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました