エイトデイズアウィーク(ビートルズ映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ドキュメンタリー
「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」本予告

エイトデイズアウィーク(ビートルズ映画)の動画フルを安全に見る方法

『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

エイトデイズアウィーク(ビートルズ映画)の内容

ビートルズ映画「エイトデイズアウィーク」は、2016年にビートルズのメンバーであるポール・マッカートニーやリンゴ・スターと、ジョン・レノンの妻であるオノ・ヨーコ、ジョージ・ハリスンの妻のオリビア・ハリスンら関係者によって製作された、ザ・ビートルズ公式のドキュメンタリー映画です。

ビートルズは、1961年2月からイギリス・リヴァプールにあるナイトクラブ”キャヴァーン・クラブ”にレギュラー出演するようになり、1962年10月に「ラヴ・ミー・ドゥ」でデビューし、1963年1月に発売した2ndシングル「プリーズ・プリーズ・ミー」が大ヒット。この頃も”キャヴァーン・クラブ”に出演していましたが、熱狂的なファンが金切り声を上げて騒ぎになる状況だったため、同年8月を持ってビートルズの出演は終了しました。

その後、初のアメリカツアーなど世界進出へと飛び出します。1965年8月には、世界で初めてスタジアムでのコンサートを開催し5万人を超える観客を集めます。その後もスタジアムでのコンサートが続きますが、ステージと観客との距離感やキャーキャーとほとんど音楽を聴いていない観客、自分の音さえ聞こえない中での演奏など不満を抱き始めます。

1966年6月末には初来日し、日本武道館で日本公演を開催。しかし、日本武道館でロックコンサートをするのが初めてだったため批判する人もいて、コンサート会場内に警察官が3000人も配置するという厳戒態勢となります。

次に向かったフィリピンでは、ビートルズの歓迎パーティーの出欠に伴い批判され、国民も警官や兵士までがメンバーに敵意を向けるという事態に発展。飛行機の離陸許可が出ないという事件にもなりました。

そして、1966年8月のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パークでビートルズのコンサートが終了。これまでのツアーがあまりのハードスケジュールだったことや、モニターなど音響状況の悪さ、さらに観客が音楽を聴いていないと言うことで不満となり、このコンサート終了後は、スタジオでの創作活動に専念することとなります。

この映画の最後には、1969年に行われた「原点に返ろう(Get back)」というコンセプトで行ったレコーディング・セッションで、屋上でのライヴパフォーマンスルーフトップ・コンサートの映像が流れます。

この翌年の1970年4月10日にビートルズは事実上解散となりました。

 

ビートルズのナンバーが聞けて最高でした!
どの曲も聞き覚えのある曲ばかりで、本当に大ヒットだったんだなと、改めて思いました。

この時期を生きてみたかった。
4人の関係性をほんとに尊敬する。
背景を知ったうえでもう一度聴きなおそう。

エンドロールに彼ら4人の声が流れているのが素敵。

当時の空気感が伝わってくる。ビートルズの曲に興味を持った人が、ビートルズを知るにはぴったりの内容。

ビートルズのメンバー

ジョン・レノン(John Lennon)
1940年10月9日~1980年12月8日(40歳没)
基本パート:ボーカル、リズムギター

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)
1942年6月18日(77歳)
基本パート:ボーカル、ベース

ジョージ・ハリスン(George Harrison)
1943年2月25日~2001年11月29日(58歳没)
基本パート:リードギター、ボーカル

リンゴ・スター(Ringo Starr)
1940年7月7日(79歳)
基本パート:ドラムス、ボーカル

見どころ

『エイトデイズアウィーク』は、2016年9月に劇場公開となった映画です。内容は、1963年から始まった15か国90都市166回のワールドツアーのライブ映像や、そのコンサートで熱狂するファンの姿を通して捉えたドキュメンタリー映像で、メンバーでもあるポールやリンゴなど関係者や著名人の証言を織り交ぜながら、世界現象となったビートルズの全盛期を映し出しています。ライブ映像では、ビートルズが歌う楽曲がフルコーラス流れ、見応えのあるものとなっています。

スタッフ

監督:ロン・ハワード
脚本:マーク・モンロー

キャスト

ザ・ビートルズ
ポール・マッカートニー
リンゴ・スター
ジョン・レノン
ジョージ・ハリスン
ウーピー・ゴールドバーグ
エルヴィス・コステロ
エディ・イザード
シガニー・ウィーバー
ニール・アスピノール

 

『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

エイトデイズアウィーク(ビートルズ映画)の感想

50代女性
50代女性

ビートルズのドキュメンタリー映画だけに見ていて、この映画を見ているとビートルズの凄さを感じます。当時のライブ映像がこの映画で見る事が出来て、今の音楽にビートルズがどれほどの大きな影響を与えたのか改めて感じることが出来ました。女性たちがどれほど彼らに熱狂していたのかを、映像を通して知ることが出来てやっぱりビートルズは凄いと思いました。ビートルズの歌は好きでしたが映像としてあまり見たことがなかったのでこの映画を見てビートルズの音楽の凄さを思い知りました。ビートルズを知らない世代の人も、この映画を見る事で彼らがどれだけすごい存在だったのかを知ることが出来るだろうと感じました。今までよりビートルズが好きになりました。

 

50代女性
50代女性

当時のライブ映像が見られるのは、すごく貴重だと思いました。ビートルズが音楽史にどれほどの影響を与えたのか、良くわかりました。ファンの女性たちの熱狂ぶりがすごくて、今のアイドルの比ではないほどすごかったのがとてもよくわかりました。ツアー中でも、4人がスタジオにこもりっきりで曲を作りあげるシーンは、感動しました。やはりビートルズはカッコ良くて偉大な存在なのだと改めて感じました。彼らの音楽は、永遠に残り続けていくのだなと思いました。映像からは、とにかく楽しくてヤンチャで、音楽を楽しむ4人の姿を見ることができてとても幸せな気持ちになりました。苦しんで悩みながらも、生み出した最高の素晴らしい音楽をこれからも大切に聴いていきたいと思いました。

20代男性
20代男性

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEKの映画の感想といたしましては、ビートルズの過去のライブ映像がたくさん使われていて、すごく感動しました。ライブ映像は1963年に行われたライブ映像などを中心としてたくさんのライブ映像が使われていたのですが、ビートルズのライブの良さがたくさん詰まっていました。また、自分はその時期には生まれてなかったのですが、ニュースやまとめサイトでどんなライブであったかが伝説として伝わっていたので、そんなライブ映像を見れたのはすごく感動でした。また、日本の方でライブ映像を撮影したカメラマンさんのインタビュー映像もあって、同時のビートルズがどんなものであったかを知れたのも感動しました。

30代男性
30代男性

ビートルズのツアーが中心で構成されていておそらく60年代だと思うのですがカラー映像で観られるのがファンとしてはとても嬉しい限りでしたが、ライブ関係の映像とドキュメント的なインタビューなどを織り混ぜた内容になっているので昔の音楽が好きな人やビートルズが大好きな人にとっては有意義な時間を過ごせる一品なんじゃないかなと感じられました。現代によくある激しいエレキギターを駆使したロックなんかも個人的にはたまに聴きますがやはりビートルズのゆったりとしたメロディにジョンの爽やかでしっとりした歌声を聴きながらコーヒーでも飲みながら過ごすととても落ち着ける、現代にはない音楽性が感じられる気持ちよくなれるシーンがたくさんありました。ファンとしても見逃せない場面があったりと貴重な価値のある作品に思えました。

30代女性
30代女性

リバプールのやんちゃボーイズ、労働者階級の苦労とガラスのハートを抱えた音楽少年たちが、いかに登り詰めていったか?貴重なライブ音源と映像(表題のEight days a weekはもちろん「I Wanna Hold Your Hand」は震えます!)には心が躍らされるばかり。誰もが愛し口ずさむ詩と反骨精神あふれたロックなグルーヴ、実験性と探究心を決して止めない意志とアティチュード…それぞれの個性がぶつかり合い、最期には弾けても、自分たちの信じた道を進んでいく生き様…は、まばゆいばかりです。ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの1人1人の愛くるしさ、悩ましさが何とも胸に迫ります。正解なんてない、求め続け走り抜いたビートルズを見せてくれます。そして忘れてならないのが、5人目のビートルことブライアン”エピー”エプスタイン!不良風モッズだった4人に、スーツを着せ礼儀とお辞儀と志しを与えたもう男。エピーの敏腕マネージャーぶりと、憂いと知性を兼ね備えた佇まいに、惚れ惚れしてしまったのは私だけではないはず!5人だった、ビートルズの旅を是非ともご覧頂きたいです。

 

20代女性
20代女性

父親がビートルズの大ファンなので、一緒に見ました。ツアーとライブに焦点を当てた映画ではありますが、ドキュメンタリーの要素も多いので、ビートルズについて初めて知る事が多くて面白かったです。ロックバンドのイメージが強かったので、スーツを着て演奏する姿がとても意外で印象的でした。生で見る事は出来ませんでしたが、同じ時代に生きていたらライブを見たかったですね。大画面と高音質で見たら、もっと迫力があるんだろうなと思いました。この作品を見てから、よくビートルズを流すようになりました。とてもハイセンスでおしゃれな音楽ですね。今の時代で言うと、これほど歴史的なミュージシャンになる人は居るのかなって考えさせられますね。

30代男性
30代男性

映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK」は主に1963年から66年のツアー時期をベースとしてストーリーが作られていて、実話を基に話が進められていくため、当時のビートルズがどういった感じで活動していたのかとか、楽曲を作りあげていくための苦労や苦悩をはじめ、メンバーたちとのやり取り及びプライベートな一面とかもみることができつつ、突出していて補完しあう個性もみることができるので貴重な映画であることは確かであります。
また、本編ではリバプールのキャバーン・クラブ時代から最後に観客の前で演奏した1966年のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演までの道のりも描かれているのでほんとにレアな映画であることは事実であり、実話を基にドキュメンタリー映画としても機能しているため、ファン必見であります。

50代男性
50代男性

「アポロ13」や「バックドラフト」の名作を手がけたロン・ハワードがビートルズのドキュメンタリーを編集する、と聞いて公開当日に観に行きました。まず、ドキュメンタリー部分については60年代のフィルムがとてもきれいになっていて、映画館のスクリーンでの鑑賞に堪えるレベルになっていることに驚かされました。ただ、前もって宣伝されていた”未公開映像満載!”という点について、コアなビートルズファンでこれまで様々な映像を観てきた者にとっては少し物足りない映画になりました。それでも、2016年公開当時のポールとリンゴのインタビューは今聞くことの出来るリアルなビートルズの証言として、納得できることもたくさんありました。この映画はコアな年配のファンよりもビートルズをあまり知らない若い世代の人に、本当の彼らの姿を知ってもらうのにうってつけだと思います。

 

50代男性
50代男性

ビートルズ初期のキャバーン時代からサンフランシスコ公演までの映像に、ポールとリンゴの当時を振り返る映像が加わっているドキュメンタリー映画です。もう半世紀前になる映像をここまできれいにできるデジタルリマスター技術にも驚くしかありません。ニューヨークでのシェイスタジアムライブはライブバンドとしても、ビートルズが優秀だったことを改めて証明してくれると同時に、あの歓声ではファンといえども自分たちの音楽をちゃんと聴いているのかという疑問を抱くのもわかる気がします。それが痛感させられるライブシーンは圧巻です。すでにメンバーで生きているのは半分だし、フィル・スペクターも薬物治療施設にいる今となっては、ビートルズのすべてが失われる前に形に残してくれたのは、ファンとしてはありがたい話だなと思います。

 

30代男性
30代男性

映画「ザ・ビートルズEIGHTDAYSAWEEK」を観た感想としては、「初期のビートルズのツアーが中心的で、観ていて歴史の授業を受けているみたいで、とても面白かったです」。ビートルズのスゴさを改めて思い知らされました。現在では、ビートルズのコードや歌をカバーしているアーティストはいっぱいいるけど、ビートルズの音楽をできるのはやっぱりあの4人しかいないなと感じさせられました。あれだけ狂騒の中、ミュージシャンシップを失わなかったことのは、ビートルズのスゴさだと思いましたし、リンゴスターの最後の言葉に「音楽はライブだ。サーカスじゃない」とコメントには心を射たれました。今でもビートルズは音楽界の神様だと思っています。

まとめ

『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました