素敵なダイナマイトスキャンダル(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
『素敵なダイナマイトスキャンダル』本予告映像

素敵なダイナマイトスキャンダル(映画)の動画フルを安全に見る方法

『素敵なダイナマイトスキャンダル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『素敵なダイナマイトスキャンダル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

素敵なダイナマイトスキャンダル(映画)の内容

映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』は、2018年3月に公開されました。

原作は、70~80年代に数々のヒット雑誌を手掛けてきた伝説の雑誌編集者・末井昭さんの自伝となっております。また、尾野真千子さんとデュエットし、主題歌「山の音」も披露しております。

監督・脚本は、臼田あさ美さん主演『南瓜とマヨネーズ』の冨永昌敬さんが務め、7年越しの想いが叶い映画化となりました。

伝説の名物編集者・末井昭さんの生き様が描かれた本作において、末井昭さんを演じるのは柄本佑さん、佇まいや仕草が本人によく似ていると驚きの声も上がるほどの好演です。他にも前田敦子さん、三浦透子さん、峯田和伸さん、松重 豊さん、村上 淳さん、尾野真千子さんなどの豪華キャストが揃いました。

いい時代のいいモチーフの題材で、柄本佑さんも尾野真千子さんもいい役者でした。中でも、奥さん役のあっちゃんが素晴らしい嫁を演じ、いい味を出していました。

正直、サラッと見たら何の引っ掛かりもない映画だと思います。ですが、映画が好きな方は、掘って掘って見ましょう。私はとても面白かったです。

コンプラだったり炎上だったりと、過激な言動を慎まなければならない空気が蔓延している昨今。いかがわしいものに対して、急速に厳しくなっている現代に一石を投じた作品だと思います。見終わった後、この世界にもう少し浸っていたいと思う気持ちが込み上げてきました。

原作者の波乱に満ちた人生のおかしなところが連なっていて面白かったです。また、主演の柄本佑さんは、原作者本人も「他人と思えない」という通りの存在感あるパフォーマンスで、脇を固めるキャスト陣もハマり役ばかりで大変良かったです。

あらすじ

少年・末井昭(柄本佑)の母は肺結核を患い医者にも見放されておりました。自暴自棄になった母は隣家の若い男と不倫関係を持ちます。しかも、その男と抱き合ったままダイナマイトに火をつけて心中する。末井は7歳で誰もが驚く経験をしました。

その後、末井は高校を卒業し工場に就職するもすぐに退職して、グラフィックデザイナーを志します。そこから様々な職を転々とし、ひょんなことからエロ雑誌業界の世界に入り込むことになりました。

やがて、“アラーキー”こと写真家の荒木(菊地成孔)とタッグを組み、80年代を席巻した伝説のエロ雑誌「ウィークエンド・スーパー」「写真時代」などの名編集長となり、雑誌のザブカルチャーの一翼を担うほどの存在となります。

ですが、ふと頭をよぎるのは母親の姿…。数奇な運命を背負った末井昭のたどり着いた先とは…。

見どころ

末井の雑誌

エロ雑誌を手掛けた原作者・末井さんの自伝を映像化した本作。母役の尾野真千子さん、妻役の前田敦子さん、愛人役の三浦透子の三人ともに官能的なシーンがあり、非常に強い印象を残しております。そして、末井さんの周りにいる菊地成孔さんや峯田和伸さんは、出番は多くはないが異様な存在感を放っている。

これは、末井さんが主な編集を手掛けた『写真時代』『NEW SELF』『ウィークエンドスーパー』などと同様、エロ雑誌でありながら小説や美術家の原稿を同時に掲載する構造と同じになっております。

こういったところから、本作は内容・構造ともに、末井昭さんがつくった雑誌のような映画になっております。

緻密な表現

2018年に公開されましたが時代背景は1970~1980年代。この時代の昭和レトロ感が緻密に表現されております。

特に、妻役の前田敦子さんのファッションに注目して頂きたいです。少し長めの聖子ちゃんカットに大きめレンズのメガネと、おばちゃん風のチュニック姿には強烈な80年代感が漂わせ、他にも仕事着姿や清潔感溢れる白シャツにワイン色のカーディガンなど、昭和を感じさせながらも彼女の色っぽさが伝わるスタイリングになっております。

本作はエロ要素がある作品にも関わらず、裸体の映し方にいやらしさがなく、美術も計算された乱雑さで美しく、見ていて苦痛にならない作品に仕上がっております。

スタッフ

原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」
監督・脚本:冨永 昌敬
主題歌:尾野真千子と末井昭「山の音」

キャスト

主要人物

末井昭:柄本佑 / 斉藤汰鷹(幼少期)
幼少期、母親がダイナマイト心中をした衝撃が忘れられず、時折思い出しながら生きている。

牧子:前田敦子
末井の下宿先のお隣さんで、のちに妻となる。しっかり者で末井をサポートする温かい女性。

故郷・岡山の人々

重吉:村上淳
末井の厳格な父。頭に血がのぼると手が出てしまい、家では呑んだくれで堕落している。

富子:尾野真千子
末井の母。末期の結核を患い、不倫関係になった隣の家の息子とダイナマイトで心中する。

満:ペ・ジョンミョン / 山下陽より(幼少期)
末井の弟。

礼司:若葉竜也
母の心中相手。

編集部の人々

笛子:三浦透子
末井は雑誌編集長を務める編集部に入社した若い女性社員。

モリタ:毎熊克哉
シノキン:大友律
オカベ:吉本菜穂子
編集部員

デザイン会社の人々

近松さん:峯田和伸
初めて芸術を語り合える相手。

上司:杉山ひこひこ

風俗店の人々

ピンサロの店長・長野:政岡泰志
ピンサロ嬢・ユーコ:木場のりこ
キャバレーの宣伝課長:山本剛史

小さなエロ雑誌編集部の人々

編集長:金子清文
ライター:亀岡考洋

警察の人々

警視庁係長・諸橋:松重豊
ガサに来る刑事:信太昌之

喫茶「マジソン」の人々

中崎:中島歩
青島:落合モトキ
同業の編集者。

モデル斡旋業・真鍋のおっちゃん:島本慶
モデル・かすみ:瑞乃サリー

その他の人々

写真家・荒木:菊地成孔
集団就職した工場の先輩:宇野祥平
ハーモニカの男:松浦祐也
クマさん:戌井昭人
ダッチワイフ職人・佐々岡:嶋田久作
TVレポーター:スマイリー井原
パチンコ屋にもいるかずみ:後藤ユウミ
通行人:末井昭

素敵なダイナマイトスキャンダル(映画)の感想

 

40代男性
40代男性

激しいタイトルに誘われてこの映画を見ましたが、女性3人の刺激あるシーンがとても印象的でした。アダルトな刺激もありますが、存在感というか生き方の痛烈さを感じた事が強く印象に残りました。また、他の脇役的な出演者も出演頻度が少なくても十分にキャラクター性が強く存在感が残ります。また、刺激性だけで物語が進まずにコミカルなシーンが多く登場し、女性の刺激あるシーンとうまく混ざり合っていきます。猥褻文書販売容疑に当たる箇所が36もあり、取り締まるシーンは思わず吹き出して笑ってしまいました。喫茶店での編集者たちと刑事で繰り広げる言葉のやり取りが1番コミカルなシーンだったと思います。後、気になった点としては本作品がアート部分に力を入れている。まず、顔に不可解な傷を持つ人が多いです。こういった人物は心の傷を背負っているのでは?内面の傷が外面に出ていると思わせる描写も観ていて共感できた。また、描写やセリフの中に昔の作家や芸術家の名セリフを思わせるニュアンスを織り込んでいる辺りは只のエロ的な映画では無く、玄人も楽しめる展開であると思えました。全体を通して物語のテンポも良く、いつの物語に数多い分野の話題があり飽きの来ない作品に仕上がっていました。

 

まとめ

『素敵なダイナマイトスキャンダル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました