どちらを(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
【映画 予告編】 佐藤雅彦研究室 カンヌ短編プロジェクト

どちらを(映画)の動画フルを安全に見る方法

『どちらを』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『どちらを』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

どちらを(映画)の内容

映画『どちらを』は、2018年にカンヌ国際映画祭短編コンペティション部門で正式招待を受けた作品です。

本作は、東京藝術大学大学院映像研究科佐藤雅彦研究室から生まれた新しい映画表現の開拓を目指す映画制作活動”c-project”の活動として制作されました。

監督は、佐藤雅彦さんと研究室”c-project”の卒業生である関友太郎さん・豊田真之さん・平瀬謙太朗さんと、多くの人気映画を手掛けてきたプロデューサーの川村元気さんが共同で手掛けました。

実の父を知らずに育った息子と、その父に会うかどうかを選ぶ旅に誘った母の物語。実験的な手法で描かれる人生の決定的瞬間が、胸を激しく揺さぶります。

キャストは黒木華さんと柳楽優弥さん。さらに、2016年の映画「海よりもまだ深く」で、阿部寛さんの息子役を演じた吉沢太陽さんが共演しています。

 

道中では様々な選択肢を決めるシーンがあるけど、最後までどちらを選んだかはわからないままだった。黒木華の表情だけで評価できる。

どっちを選ぶかって、あんまり重要じゃないこともあるんだなと思った。柳楽優弥はやっぱりいい。

短編作品なのに、すぐに世界観を作り出してしまう黒木華と柳楽優弥の演技力がさすがだった。過去やその後、余白もたっぷり広げてくれる。選択肢はあるけど、選択はわからない。そういう余白こそ心に引っかかる。

どちらの選択肢が選ばれたか分からなくても、物語は問題なく進むし、どっちの選択肢でもおかしくないような表情をする役者。自分の「知っているのに知らなかった感覚」に気付かせてくれた。

あらすじ

ある時、強姦にあった女子大生。彼女は、しばらくして妊娠している事に気がつきます。12年後。少女は母親になり、息子とふたりで暮らしていました。

息子には、父親は死んだと教えていました。母親は息子の父親が、どこで何をしているかを知っていましたが、会う事はありませんでした。しかし、息子が14歳を迎えてしばらくしたある日、母は息子に真相を伝えることを決めます。

やがてふたりは生き別れていた父が働く漁港にたどり着きますが…。

見どころ

親子関係

実の父を知らずに育った息子を、その父に会うかどうかを選ばせようと旅に誘った母。その道中、さながら人生のように、2人の前には些細なものから重要なものまで、様々な選択肢が現れます。

しかし、劇中で提示されるのは選択肢だけで、決して親子が選んだ結果は示されません。どちらを選択しても、解釈し得る表現で、物語は先へ先へと進み、常に選択の数だけ“可能性”を抱えたまま進行していきます。

そんな従来にはない物語構造によって、選択を経て新しい段階に入る親子関係を描き出します。

テーマはDuality(双対性)

本作が追求するのは、表現手法。数学的観念のDuality(双対性)を実写映画にしました。まず、佐藤雅彦さん率いる”c-project”が2014年の「八芳園」がカンヌ短編部門でノミネートされ、映画のプロの川村元気さんを招き制作しました。

そして、Dualityというテーマをどのような形で物語にしていくかメンバーで議論しながら脚本を書き上げて行きました。選択をしていくという論理ゲームのようになりかねない脚本をドラマ化させるため、黒木華さんや柳楽優弥さんに出演して貰ったそうです。

また、黒木華さんは、2014年に山田洋次監督の「小さいおうち」で、ベルリン国際映画祭の女優賞を受賞し、柳楽優弥さんは、2004年、是枝裕和監督の「誰も知らない」で、カンヌ映画祭で最優秀男優賞を受賞しているので世界的な評価のある2人が、本作のような実験性の高い映画に出ているというのが重要なポイントとなりました。

そんな本作は、選択肢が出てきて”どちらを選んだのかはわからないが、どちらかを選んだことははっきりしている”。役者の演技を見ていれば答えがわかるはず。はっきりとは答えが出てこないからこそ、観客は想像力を掻き立てられます。

スタッフ

監督・脚本:佐藤雅彦、川村元気、関友太郎、豊田真之、平瀬謙太朗

キャスト

母親:黒木華
女子大生の頃、強姦され妊娠し子供を産む。
中学生の息子:吉沢太陽
実の父を知らずに育った。
沼澤誠司:柳楽優弥

『どちらを』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

どちらを(映画)の感想

20代男性
20代男性

劇中に登場人物へ二つの二者択一の選択肢が迫られるがあえてその答えを暗転のシーンで覆い隠すというのはとても新鮮で興味深った。物語が進んでいく中でそういった視聴者に疑問を残させておきながらもその答えを少しずづ自分らの心の底に芽の形として植え付け、観覧後にはそれについてついだれかとディスカッションしたくなるテーマでした。個人的には賛否両論な映画ではあると思いましたがたったの14分の短編作品ですので見る価値はあるかなとは思います、ですがすぐに答えという物を視聴者に与えないので自分で咀嚼する事が苦手な方にはあまりおすすめはしません。しかし、この映画は雰囲気も良く作られており、私好みの作品です。「どちらを選んだのかはわからないがどちらかを選んだことははっきりしている」正に作中に出てくるこの言葉のままです。そして誰かから聞いた’’予感と予測と予想と妄想と余韻’’とはこの映画の事であろう。すべては観客の手にゆだねられ、しかしそれでも確実に監督の意図は作中にある。それを見いだせるか見いだせないかという遊び心も感じられどこかの居酒屋に友達と酒を片手に論じたいと思えました。短編ながら、すぐに世界観を作り出してしまうさすがの黒木華と柳楽優弥。

 

50代男性
50代男性

『どちらを』を観ての感想です。短編映画だからか、答えを示さず、観客に考えさせる斬新な手法な映画と思います。『どちらを選んだかは解らないが どちらかを選んでいる』との表示がされます。見方によればテレビゲーム的なものなのかという感想ですが、分かりやすくて良いのではないかと思います。最初のスーパーでの明太子を選ぶシーンは生活が苦しいだろうと見受けられます。明太子を息子(演・吉沢太陽)だけに食べさせるのは、母親(演・黒木華)が子を思う気持ちがよく愛情深い母であることがわかります。そして、とある理由で、息子は、父親(演・柳楽優弥)を知らずに育ったが、選択できる年齢になったと、母親が思い、実の父に会わせるために旅に誘います。旅の途中では様々な選択を選ぶシーンがありますが、最後までどちらを選んだかはわからないままです。しかし、最後のシーンの晴れやかな表情からして、息子の選択はどうしたのか明らかだと思います。そして冒頭のどっちの明太子を選んだのか、多分、あっちではないですか。答えは表示されませんが、みんなで考えるのがおもしろいと思います。この映画は、私にとってもオーバーラップされて、様々ことを思い出させられます。人間の選択、永遠に続くのかなと思います。

 

まとめ

『どちらを』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました