ドラゴンヘッド(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

SF
ドラゴンヘッド(プレビュー)

ドラゴンヘッド(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ドラゴンヘッド』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ドラゴンヘッド』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ドラゴンヘッド(映画)の内容

映画『ドラゴンヘッド』は、2003年8月に公開されました。

原作は、望月峯太郎さんによる伝説的カルトコミック。監督は、1994年の映画「NIGHT HEAD 劇場版」を手掛けた飯田譲治さん。全編ウズベキスタンの広大な砂漠の下で撮影され、迫力あふれるVFXなどで話題となったパニックホラー作品です。

出演は、妻夫木聡さん、神田沙也加さん(当時はSAYAKAの名義で出演)、山田孝之さん、藤木直人さん、根津甚八さんなど。本作は、神田沙也加さんと山田孝之さんの映画初出演作となっています。

 

山田孝之のボディペインティングはトラウマのように頭に残り、確実に爪痕を残したと思う。全編通しての灰色感は災害物として嫌いではない。

妻夫木がやっぱり良かった。藤木直人もイケメン。何よりキャストみんなが若すぎる。カッコイイ!

妻夫木が転び過ぎなのが印象的だった。なんでそんなに転ぶんだよ!って。あと山田孝之が印象的だった。映画初出演とは思えない!ストーリー展開は好きだけどラストに力を入れてほしかったかな。

原作が良かっただけに期待値高く実写化はイマイチ。そもそもこのスケールのデカい作品はハードルが高すぎるかな。山田孝之演じた信夫の実写化のみが唯一アガる。

 

あらすじ

修学旅行帰りの高校生・青木テル(妻夫木聡)を乗せた新幹線は原因不明の事故に遭遇し、静岡のトンネル内に閉じ込められてしまいます。車体は無残に壊れ乗客のクラスメイトが全員即死。しかし、テルと同級生の瀬戸アコ(神田沙也加)高橋ノブオ(山田孝之)だけが奇跡的に生き残ります。

3人は救助を待ちますが、ノブオだけは暗闇の恐怖に飲み込まれ、狂気に走っていきます。一方、テルとアコは襲いかかる闇の恐怖から逃れ、トンネルから脱出。しかし、地上で2人を待っていたのは白い灰が降る荒廃しきった大地でした。

一体何が起こったのか?天変地異なのか?核爆弾なのか?タイムスリップなのか?絶望と希望が交差しながら、2人は東京を目指します。そして、地上で生き残っていた狂気溢れる脱走自衛官・仁村(藤木直人)や暴徒と化した人々、龍頭と呼ばれる謎の存在が2人の前に現れます。

見どころ

本作は、絶望の先にある希望を描いていて、絶望の状況である壊滅した日本をシルクロードの都市・ウズベキスタンに作りました。なぜわざわざ海外で撮影したのかというと、例えば車をひっくり返して撮影すると、日本では大騒ぎになり、大がかりな道具も必要で、ロケ地も探さなければならなくなりますが、ウズベキスタンで撮影することで、そんな問題をクリアできたからだそうです。

そんなウズベキスタンでの撮影はなんと、約2ヵ月間。本格的な映画初出演となった神田沙也加さんは相当きつかったと思われますが、立ち向かう強さを持って乗り切りヒロインを演じています。

ほかにも、いまや、個性派俳優で大活躍する山田孝之さんも本作が映画初主演作です。当時19歳の山田孝之さんは、主人公テルと同級生の男子という役柄。しかし、出入り口が塞がれたトンネル内で次第に発狂し始め、自分の体に模様を描き始めてしまいます。この時の山田孝之さんの姿は、映画初出演とは思えないほど。

このような、俳優たちの演技や、新幹線や廃墟となった渋谷の街並みを再現したスケールの大きさや当時のVFX技術などが、本作の見どころとなっています。

スタッフ

原作:望月峯太郎
監督:飯田譲治
脚本:NAKA雅MURA、斉藤ひろし、飯田譲治
音楽:池頼広
主題歌:「心ひとつ」MISIA

キャスト

青木テル:妻夫木聡
トンネル事故で生き残った修学旅行帰りの高校生。

瀬戸アコ:SAYAKA(現・神田沙也加)
テルと同じく生き残った高校生。

高橋ノブオ:山田孝之
テルの同級生のいじめられっ子。闇の恐怖に飲まれ狂気に走る。

仁村:藤木直人
生き残っていた自衛官。

岩田:近藤芳正
仁村と同じく生き残っていた自衛官。少々混乱気味。

松尾:根津甚八
テルとアコを救う。

安藤:寺田農
荒廃した街に生き残っていた暴徒のリーダー。

福島:谷津勲
テルとアコが荒廃した街で出会う謎の老人。

シュン:大川翔太、ジュン:吉岡祥仁
恐怖を取り除くための脳手術を施されたらしい双子。

佐伯:松重豊
ヘリコプターを操縦する。

ミニラ:嶋田久作

エイコ:角田幸恵

シュンとジュンの母:藤井かほり

 

『ドラゴンヘッド』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ドラゴンヘッド(映画)の感想

20代男性
20代男性

私が小学生のころにやっていたかなり前の映画で、WOWOWとかで見た記憶があります。妻夫木聡、神田沙也加、山田孝之、藤木直人などとても豪華なキャストで構成されており、まるで原作からキャラが飛び出してきたのかというくらいの高い再現度があります。もともと原作も好き好んで読んでいたのですが、ここらへんがマジで完ぺきだったなと思います。肝心の演出なんかも原作そのもので、あの絶望感やどうしようもなさが克明に描かれています。ストーリーも変な改変はなく、壮大な原作の世界観を見事にパッケージングしています。なんなら映画でもドラゴンヘッドの魅力は大体わかるようになってます。当時、設定も斬新だったのでかなりの人気作品だった記憶があります。絶対に旅行とかの前には見たくないくらいインパクトがありました。話がなかなか面白く、臨場感にあふれているので、最後までノンストップで見ることが可能です。次の展開が読めないような独特の空気感がほかの作品にはない最大の魅力ですね。もう10年位前の作品になっておりますが、それを感じさせないほどの完成度と、新鮮さがあるので今見ても楽しめる作品に仕上がっていることは間違いないかと思われます。

20代女性
20代女性

突如、平和な日常が壊され、絶望的な世界に落とされた人々のサバイバルを鮮烈に、生々しく、怪奇的に描いた物凄まじい作品。実際の日本で未曾有の大地震、富士山大噴火という事態が起きたとき、果たして我々は生きていけるのか、本質的な敵はなんなのか、思わず考えてしまう。また、それを感じされるに当時の映像技術からするとかなりの出来だったことが想定できる。希望を捨てず、ひたすら歩く、歩く果てしない物語である。また、今や大物俳優となった妻夫木聡、神田沙也加の初々しい演技も見もの。お互いを支え合い、慰め合う姿がなんとも言えない。それになんと言ってもこの作品のキーパーソンを演じた山田孝之の演技はトラウマレベルに気持ちが悪い。だか、見てるうちにそのビジュアルに笑えてきたりもするが、見事な怪演ぶりに圧倒される。出番は少ないもののしっかりとした爪痕を残していることが印象的だった。ストーリーには漫画原作な故、再現度合いや話の展開にチグハグな部分が少なからずあるが、映画としてまとめるにはしょうがないのかな~と思われる部分もあるので、当時の実写化はそんなもんか、という長い目で見ていただきたい。ラストは余白の残る形で終わらせてることがさらに面白いポイントである。

 

30代女性
30代女性

友達に誘われてこの作品を見に行きましたが、とても怖かったという印象がありました。世界が滅亡し、自分だけが生き残ったらといった似たような作品もありますが、こちらは修学旅行に行く途中の電車の中でトラブルが起こり、クラスメイトである男女だけが辛うじて生き残ったという設定でした。自分も電車通学をしていたので、本当にこんなことがあったらどうしようと想像すると、衝撃的でした。妻夫木さん演じる男子高校生と神田沙也加さん演じる女子高生を見て、最初はあまり接点のない二人だったけれど、共に行動していくうちに、恋愛感情などが芽生えたりするのかなと思っていました。実際は恋愛どころではなく、生きていくことにとにかく必死だという感じだったので、私が同じ立場であっても、そうだっただろうなと思いました。たとえ恋愛関係にならなくても、頼れる人がこの人しかいないから、親しくない相手であっても、片方が欠けてしまったら寂しくなると思いました。山田孝之さん演じる男子学生が謎めいた少年として登場していて、当時「ウォーターボーイズ」として活躍していた印象の方が濃かったので、ギャップに驚きました。この学生のせいで世界がおかしくなったのか、おかしくなった世界に同調して彼が悪魔見たな道に進んでいったのか、展開が良く読めないところがとても恐ろしかったです。

40代男性
40代男性

原作漫画が大好きだったので、楽しく観れました。映画は、原作の前半部分で終わってしまいますが、原作の一番面白いところでもあったので、よい判断だったかと思います。新幹線でのシーンは、映画ならではの「怖さ」があり、とても楽しめました。映画化が決まった時から、一体どうやって映像化するのか、ということが話題になりました、大きな違和感も持たずに見ることができました。主人公の妻夫木聡も、パートナー役のSAYAKAも、漫画とは雰囲気の違うものでしたが、そこまで気になることはありませんでした。公開は2003年ですが、今見返すことがあれば、2000年以前の雰囲気がいっぱいだろうと思います。ウズベギスタンでの撮影も話題になっており、確かに日本ぽくない風景もありますが、それも映画的な表現と考えれば、そこまで違和感はありません。映画ならでは、と思えば、とても楽しめる作品ですし、もちろん、原作との違いを探すのも楽しいと思います。違いはたくさんあります。世紀末に雰囲気として世界のあちこちにあった、どこか破滅を望むような、嫌な雰囲気がきちんと描かれており、とても好感が持てましたし、そこがこの映画の魅力にもあっているかと思います。

 

まとめ

『ドラゴンヘッド』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました