仮面ライダーW&ディケイド(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

特撮・ヒーロー
仮面ライダー×仮面ライダー  W&ディケイドMOVIE大戦2010(予告編)

仮面ライダーW&ディケイド(映画)の動画フルを安全に見る方法

『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVIE大戦2010』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVIE大戦2010』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

仮面ライダーW&ディケイド(映画)の内容

映画『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVIE大戦2010』は、2009年12月に公開されました。

『仮面ライダーディケイド』と『仮面ライダーW』の劇場用オリジナル映画作品であると同時に、平成ライダー10周年プロジェクトを締めくくる「平成仮面ライダー10th 冬の陣」でもあります。

テレビリシーズを務めた田﨑竜太監督。脚本は米村正二さん・三条陸さんと、仮面ライダーを知り尽くした方々が担当しています。

ディケイドの主人公・士を井上正大さん。Wの主人公である翔太郎を桐山漣さん・もう1人の主人公フィリップを菅田将暉さん。そして、映画作品では毎年ゲスト出演あり本作では、広瀬アリスさん・吉川晃司さん・石橋蓮司さんなど多くの方が豪華俳優陣の方々が出演しております。

仮面ライダーWが好きすぎて、Wの誕生秘話って言うだけで胸アツ!見た感想は、仮面ライダースカルがめちゃくちゃカッコイイ!仮面ライダーの元になったスカルマンを彷彿とさせていて最高でした!

テレビ最終回でディケイドの続きが気になって見ました。大分モヤモヤしてたけど最後を見れてスッキリできました。

子供の時から戦隊ものが大好きで、大人になった今でも子供はいませんが必ず見てます。今作も非常に面白かったでした!
それよりも、菅田さんもそうですが、この子いいなと思った子が有名になると、なんだか嬉しですね。これが親の気持ちなのかな(笑)

内容も良かったですが、なによりエンディングテーマが最高ですね。余韻が残ります。

あらすじ

仮面ライダーディケイド 完結編

門矢士(井上正大)が変身する仮面ライダーディケイドは『世界の破壊者』である事を受け入れ『ライダー大戦』を勃発させました。夏海(森カンナ)の願いは届かず、変身したディケイドは多くの仮面ライダー達を次々と倒していきます。

女戦士・電波人間タックル(広瀬アリス)は、そんなディケイドを愛していました。そして、全てのライダーを倒した士の前に姿を現したのは、彼を止める決意を固め、仮面ライダーキバーラとなった夏海でした。

一方で、敵対するスーパー死神博士(石橋蓮司)は、ゾル大佐(奥田達士)、蜂女(及川奈央)と共に、大ショッカーを越える悪の軍団・スーパーショッカーを結成し、新怪人・ネオ生命体を生み出して世界征服を画策していました。

仮面ライダーW ビギンズナイト

ある日、鳴海探偵事務所に“風都”の人気歌手・安紗美(渋谷飛鳥)から、亡き姉・恵理香(沢井美優)を探してほしいという調査依頼を受けます。

翔太郎(桐山漣)とフィリップ(菅田将暉)が捜査を進めると、風都で密かに発生している怪奇現象『死人還り』 が原因と知ります。そんな時、2人の前に死んだはずの師匠・鳴海荘吉(吉川晃司)が現われます。同時に、荘吉が仮面ライダースカルとなって襲撃してきて、Wはスカルに惨敗してしまいます。

2人は死人還りの謎を解くため、仮面ライダーWになった夜のことを思い出します。

MOVIE大戦2010

ディケイドとWがそれぞれ自らの運命に向き合ったとき、戦いは新たな局面を迎えます。

ライダー世界の垣根は破られ“究極生命体”との最終決戦が始まります。

見どころ

菅田将暉の初主演作品

数々の作品に出演・賞を獲得し、俳優業だけでなくファッションリーダー、さらにはアーティストとしても大活躍

、知らない人はいないと言っても過言ではない菅田将暉さん。

何と、本作が映画初主演作品となっております!初々しさがたまらず、少しあどけなさが残る彼の出演作品となっておりますが、やはりこの頃から演技が上手ですね!

テレビシリーズを見ていなくても、オリジナルストーリーとして見れる様に仕上がっておりますので、菅田将暉ファンの方は是非!

本当の始まり。本当の終わり。

本作では、仮面ライダーWの誕生秘話を含めた「本当の始まり」となるエピソード『仮面ライダーW ビギンズナイト』、仮面ライダーディケイドの「本当の終わり」となる、テレビシリーズ最終回の後日談となるエピソード『完結編』、そして共闘する最終エピソード『MOVIE大戦2010』の3部構成となっております。

それぞれの始まりと、終わりを劇場版とし、テレビシリーズをさらに楽しくさせてくれる内容となっております!

スタッフ

原作:石ノ森 章太郎
監督:田﨑 竜太
脚本:米村 正二 / 三条 陸

キャスト

仮面ライダーディケイド

門矢士 / 仮面ライダーディケイド(声):井上正大
記憶喪失の青年が変身する次元戦士。各ライダーの姿や能力を再現して戦うことが出来る。

海東大樹 / 仮面ライダーディエンド(声):戸谷公人
仮面ライダーディケイドとは、互いを滅ぼしあう存在と言われている。

小野寺ユウスケ / 仮面ライダークウガ(声):村井良大
ディケイドを倒すという目的を抱いていた鳴滝から変身ベルト・アークルを託された青年。

仮面ライダーW

左翔太郎 / 仮面ライダーW・ジョーカー(声):桐山漣
鳴海探偵事務所の私立探偵。運営していた鳴海荘吉が不在の今、その意思と看板を受け継ぐ。

フィリップ / 仮面ライダーW(声):菅田将暉
翔太郎と共に「2人で1人」の私立探偵と仮面ライダーを務める。「地球(ほし)の本棚」に検索をかけることで、あらゆる知識・技術・体術などの取得・実践を可能とする特殊能力の持ち主。

鳴海亜樹子:山本ひかる
鳴海探偵事務所の権利者。大阪で長く暮らしていたが、父である荘吉の所在を追って風都に来た。

照井竜 / 仮面ライダーアクセル(声):木ノ本嶺浩
刑事。非常に優秀で若くして警視に就任し、格闘技やバイクの操縦技術にも精通している。

園咲琉兵衛:寺田農
ミュージアムの創設者にして首領。園咲家が風都の頂点に立つことを当然と認識する冷酷な人物。

園咲冴子:生井亜実
園咲家の長女。ミュージアム傘下でガイアメモリの製造販売会社「ディガル・コーポレーション」の女社長。

園咲若菜:飛鳥凛
園咲家の次女。ラジオ局の人気番組を担当するパーソナリティー。刃野やフィリップも彼女のファン。

園咲霧彦:君沢ユウキ
「闇のセールスマン」だったは優秀な成績を出し、園咲家の婿養子として街の名士に成り上がり、組織の幹部入りを果たす。

刃野幹:なだぎ武(ザ・プラン9)
刑事。翔太郎とは彼が幼少期の頃からの知り合いで、良き理解者。

真倉俊:中川真吾
刑事。部外者である翔太郎が事件に関わることを快く思っておらず、しばしば衝突する。

クイーン:板野友美(AKB48)
エリザベス:河西智美 (AKB48)
2人組の女子高生。風都の学生事情に詳しい。

田端:竹岡常吉
財団Xのメンバーの1人で加頭の部下。

ウォッチャマン:なすび
街中の美女を撮影し、画像をブログに掲載する趣味を持つ男性。

サンタちゃん:腹筋善之介
街の子供たちに玩具をプレゼントしながら徘徊する男性。

本作オリジナルキャラ

岬ユリコ / 電波人間タックル:広瀬アリス
士と行動を共にする、天真爛漫な女性戦士。

光夏海 / 仮面ライダーキバーラ(声):森カンナ
基本カラーは白と紫の本作オリジナル仮面ライダー。

ネオ生命体:小宮明日翔
スーパー死神博士が作り出した、スーパーショッカーの切り札。

光栄次郎 / スーパー死神博士:石橋蓮司
鳴滝 / ゾル大佐:奥田達士
蜂女:及川奈央
かつて歴代の仮面ライダーを苦しめた“精鋭怪人”。

睦月安紗美:渋谷飛鳥
今回の鳴海探偵事務所の依頼人。

睦月恵理香:沢井美優
安紗美の妹。海難事故で死亡認定されるも遺体は発見されていない。

ロベルト志島 / デス・ドーパント / ダミー・ドーパント(声):手塚とおる
恵里香の墓のある教会の神父で「闇と静寂の会」会長。

鳴海荘吉 / 仮面ライダースカル:吉川晃司
士が翔太郎に託したライダーカードの力で登場する別世界の鳴海荘吉。

友情出演

アスム / 仮面ライダー響鬼(声):小清水一揮

ワタル / 仮面ライダーキバ(声):深澤嵐

剣立カズマ / 仮面ライダーブレイド(声):鈴木拡樹

辰巳シンジ / 仮面ライダー龍騎(声):水谷百輔

ソウジ / 仮面ライダーカブト(声):川岡大次郎

芦河ショウイチ / 仮面ライダーアギト(声):山中聡

紅渡:瀬戸康史『仮面ライダーキバ』

『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVIE大戦2010』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

仮面ライダーW&ディケイド(映画)の感想

20代男性
20代男性

本作はMOVIE大戦シリーズの記念すべき第一作であり、それぞれディケイドはTVシリーズではライダー大戦が始まってしまい、物語が混沌を極める中『劇場版に続く』でしっかりとは完結しなかった真の最終回が描かれ、Wは0話であり真の始まりでありながらTVシリーズではそれまで断片的にしか描かれなかった『ビギンズナイト』が描かれ、それぞれ『終わりと始まり』が描かれる事になります。それぞれの物語に焦点を合わせますとディケイドは『激情態』と呼ばれる、歪んでしまった姿になって容赦なく仮面ライダー達を打倒していく姿と、ユウスケと夏美の覚悟。ディケイドの物語の意味と覚醒が描かれ彼の旅は決して無駄な物では無かったと言う事が証明されます。そしてW編では奇妙な事件『死人還り』事件を捜査していた翔太郎達が既に故人である筈の鳴海壮吉つまり仮面ライダースカルと遭遇してしまい対立、そこからビギンズナイトについて明かされ。尊敬する『おやっさん』である壮吉と戦えるのか?と言う翔太郎とフィリップの苦悩と二人の選択、そして生きているとばかりに思っていた実の父である壮吉の死を告げられる亜樹子からも目が離せません。そして、終盤にはやや強引ながらもダイナミックな演出で合流したWとディケイドの黒幕との戦闘。そしてディケイドの新たなFFRが描かれ、全体的に言えばMOVIE大戦一作目に相応しいダイナミックさが際立つ映画です。

20代男性
20代男性

仮面ライダーディケイドの完結編と、仮面ライダーWの誕生の物語ビギンズナイトの秘密が明かされる「終わりと始まり」の映画となっています。前半のディケイドでは、冒頭でディケイド激情態とライダー達が戦うシーンから始まります。無限にライダーを追跡するディメンションキックや、ライダーの体を破壊しながらカード化していくシーンはかなり衝撃的です。また、ディケイド激情態は他のライダーにフォームチェンジをせずともライダーの力を使用することができ、クロックアップやサイドバッシャーを使いこなす姿はまさに破壊者そのものです。またキバーラとディケイドの戦闘シーンも衝撃の展開となっており、いい意味で予想を裏切られ続けます。後半のWでは仮面ライダースカルが登場し、ビギンズナイトで何が起こったのかその秘密が明かされます。また、Dのメモリを巡る探偵としてのWの物語も楽しめるところです。そして、ラストでは2つの物語が重なり合い、ディケイドとWが共闘します。最初で最後のWのファイナルフォームライドが登場し、そこから放たれるトリプルエクストリームはディケイド、W両方のファンを魅了することでしょう。ディケイド自体がお祭り番組なので、あまり深くストーリーを考えるよりも、勢いと雰囲気を楽しんでもらえたらいいのかなと思います。

50代男性
50代男性

仮面ライダーWのドラマでの第1話で描かれた、左翔太郎とフィリップが何故、二人で一人の仮面ライダーへと変身する事になったか、そしてフィリップという名前の由来等、を詳しく知る事が出来て個人的に満足した感想を持ちました。亡くなった妹の恵里香を目撃したと、姉の睦月安沙美が妹を探して欲しいという不可思議な依頼から、翔太郎自身がまさかあの人物との再会を果たす事になった展開に、翔太郎の隠された後悔の思いや、所長の鳴海亜樹子の真実を知った複雑な心情等も丁寧に描かれていて楽しく見られました。デス・ドーパントとばかり思っていたのが、実は別の意味を持つドーパントだったと分かる内容も、なかなかひねりが効いていて面白いなと思いました。ディケイド編に突入し、本当の意味での仮面ライダーディケイドの最終回が見られたのは個人的に胸アツな内容でした。門矢士が昭和ライダーや平成ライダー達と、其々の世界の存続をかけてのライダーバトルは、ドラマ本編同様に大いに楽しめて最後まで楽しく見られました。途中、仮面ライダーストロンガーに登場した、あの女性ライダーが現れ、蜂女との因縁や決着をつけるシーンも懐かしさも感じながら見られた印象深いシーンでした。更にはヒロインの光夏海がキバーラの力を借りて華麗に変身するシーンと、士が変身しな夏海とあんな風な決着をつけたのも驚きの展開でした。ネオ生命体との最終バトルでWのイメージに合わせた二画面分割からの合流シーンも気が利く演出でワクワクしました。その後の平成ライダー揃い踏みでの迫力あるバトルシーンも大興奮で見られましたし、風都にあの新ライダーが登場したラストシーンも、続きを本編で見たくなるにくい演出に感じられて最後まで楽しく見られた映画でした。

30代男性
30代男性

これまでの仮面ライダーディケイドは、で始まるディケイドTV版最終話の続きから幕を開ける2大ライダー共演作品の2010年版。ディケイド編、W編、共闘編の3幕構成にして最終と始まりの2つを交えた本作品。全ては世界の破壊者ディケイドが、その目的に遂に目覚めた所からの熱いライダーバトルで幕を開け、まずその壮絶さに惹き込まれていきます。全てのライダーを1人ずつカードに替えるディケイドこと士、彼を止めようとする夏海とユウスケ、大樹。そして士と行動を共にする電波人間タックルことユリコがすれ違いながらも決着の時は近づいていきます。それぞれの決着に込められたものと想いが、士の紡いだ旅と物語を鮮やかに形にする終盤に感動を覚える程でした。派手なアクションも多く、子供の心をより強く掴む事でしょう。一方W編は始まりの物語。一つの事件から死んだ筈の鳴海荘吉との遭遇から、大きな葛藤に苛まれます。過去に触れ、そして心と向き合い強くある。探偵作品としても上手く纏めつつ、誰しもが持つ後悔や恐れと向き合う点は大人に伝わる物もしっかり残しながらも飽きさせない構成となっています。そして大戦といえばの共闘編。それぞれの台詞を上手く交互に絡めたホットスタートからの、全力で戦うアクションやCGの作り込みが光りお祭り作品さながらの派手な戦いが幕を開けます!ディケイドのお祭り感とWの特性、全てを一気に固めてよい所を全力でぶつけました!という全力を見せつけてくれます。緩急付けた後の全力全開という感覚の先には、それぞれのこれからを感じる事が出来るでしょう。格好良さのみならず終わりと始まり、そして物語と決着に込められたメッセージを受け取る事が出来る、見た人の心に熱いものが残ると感じた作品でした!

 

まとめ

『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVIE大戦2010』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました