道頓堀川(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
道頓堀川(予告)

道頓堀川(映画)の動画フルを安全に見る方法

『道頓堀川』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『道頓堀川』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

道頓堀川(映画)の内容

映画『道頓堀川』は、1982年に公開されました。

原作は、数々の作品が映画化されている宮本輝さんの小説。1981年「泥の河」に続く映画化2作目の作品です。監督は、新仁義なき戦いシリーズや、後にバトル・ロワイアルシリーズを手掛けた深作欣二監督。脚本は、1983年「南極物語」の野上龍雄さんが担当。

19歳の若者と年上の女性との恋愛や、元ハスラーの父とハスラーを目指す息子との親子関係に焦点を当て、大阪・道頓堀で暮らす人たちの人間模様を描いた作品です。

主人公の小料理屋の女将役に松坂慶子さん、その恋愛相手の19歳の若者役に真田広之さんが扮し、そのほか、山崎努さん、佐藤浩市さん、加賀まりこさん、渡瀬恒彦さんなど豪華キャストが集結しています。

 

19歳の絵描きの真田広之がアラサーの小悪魔っぽい女性・松坂慶子との恋愛が羨ましすぎて失神する話。いちいちオーバーリアクションの松坂慶子がかわいくて綺麗で魅力的。

今のようなビルも密集してない、のんびりした80年代初頭の道頓堀の映像が良い。タイムスリップできる。

めちゃ面白かった。原作は、ほぼ無視である深作欣二監督作品。ラスト含めてもろもろ賛否を生むだろうが、面白かった。

真田&松坂の恋愛話と、もう一つの筋の山崎さん・佐藤浩市さん演じる親子を巡る物語が、半端なく派手で緊迫感があるから、印象がそっちにもってかれてしまう。

あらすじ

母の納骨の日の早朝、邦彦(真田広之)は、まち子(松坂慶子)と出会います。邦彦は、大黒橋の上で道頓堀の絵を書いていると、まち子が足の悪い犬を追ってきました。邦彦は、道頓堀川に面した喫茶店”リバー”の2階に住み込み、昼は美術学校に通い、夕方からは店で働いていました。

”リバー”のマスター武内(山崎努)の一人息子・政夫(佐藤浩市)は、邦彦の高校時代の同級生で、日本一の玉突きの名人になるといい武内と衝突し、家を出ていました。武内は、納骨を済ませたその日、邦彦を行きつけの小料理屋”梅の木”に連れていきます。邦彦は、そこでまち子と再会します。店のママをしているまち子は、元芸者で、不動産業を営む田村がパトロンがいました。

再会を果たした日から邦彦は、まち子と足の悪い犬の絵を書くようになりましたが、しばらくすると、犬がいなくなってしまいます。邦彦とまち子は道頓堀川筋を探しましたが見つかりません。まち子は探してくれたお礼にと、邦彦を夕食に誘い、その夜、2人は結ばれます。

一方、ビリヤードで次々と勝っていた政夫は、試合に必要な金を作るため、邦彦が学資を払うために高利の金を借り、返済に困っているとまち子を騙します。政夫の裏切りを知った邦彦は”リバー””に置き手紙を残して店を出ます。

息子の不始末を知った武内は政夫を探し、ビリヤード場”紅白”のママ・ユキ(加賀まりこ)から政夫が東京まで勝負に出かけたこと、そして、ユキがかつてビリヤードしていた武内にどうしても勝てなかった玉田という老人の孫娘であることを知らされます。

見どころ

若かりし名俳優たち

本作は、1982年(昭和57年)の作品です。主演の松坂慶子さんは、当時29歳でした。現代の女優とは比べものにならない神々しいほど美しい松坂慶子さんは必見です。

松坂さんは、この頃、深作欣二が監督する映画・テレビドラマに多く出演していて、本作の後には、名作「蒲田行進曲」の主演も務めています。

相手役を務めた真田広之さんは、当時22歳。1980年の映画「忍者武芸帖 百地三太夫」で映画初主演を果たし、危険なアクションもスタント無しで挑み、アイドルとしても売り出されていたため歌手として歌番組にも出演し、さらに本作での松坂慶子さんとのベッドシーンでも話題となりました。

佐藤浩市さんは、1980年にテレビドラマで俳優デビューしていて、本作は映画出演4作目で当時22歳。そのほか、ゲイボーイ役のカルーセル麻紀さんの恋人役で、当時33歳だった柄本明さんも出演しています。

スタッフ

原作:宮本輝「道頓堀川」
監督:深作欣二
脚本:野上龍雄、深作欣二
音楽:若草恵

キャスト

まち子:松坂慶子
小料理屋”梅の木”のママ。右の前足に障害のある“コタロー”と名付けた犬を飼っている。

やすおか邦彦:真田広之
19歳。あだ名はくにちゃん。父を亡くし、先日母も病死した。

武内てつお:山崎努
喫茶店”リバー”のマスター。邦彦の父親代わり。日本一になるほどのハスラーの実力を持つ。

武内政夫:佐藤浩市、(幼少時代)坂内真基
武内の息子。邦彦の友達。あだ名はまーちゃん。

鈴子:岡本麗
武内の妻。政夫の母。故人。

ユキ:加賀まりこ、(10代の頃)紗貴めぐみ
ビリヤード場”紅白”のママ。ハスラー界で名の知れた玉田の孫。

玉田:大滝秀治
ビリヤードの名人。故人。

渡辺:渡瀬恒彦
ハスラー。覚せい剤を常用。

さとみ:古館ゆき
渡辺の妻。邦彦の高校のクラスメイト。現在は、キャバレーの踊り子。

野口:片桐竜次
ヤクザ。裏では渡辺に覚せい剤を売っている。

木村:成瀬正
ハスラー。ユキのビリヤード場の客。

風間:加島潤
木村の知人。

勝さん:名古屋章
”梅の木”の雇われの板前。

田村:安部徹
まち子のパトロン。70代の男。

かおる:カルーセル麻紀
ゲイボーイ。”リバー”の常連客で邦彦とも顔見知り。

石塚:柄本明
かおるの恋人。仕事は流し。

リカ:横山リエ
”リバー”の常連客。ホステスらしき女性。

ゲイボーイ:アミー、花井優、美露
かおるの仕事仲間で”リバー”の常連客。

ドヤの中年男:浜村純
ドヤ街にある簡易宿所に寝泊まりする同性愛者らしきおじさん。

 

『道頓堀川』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

道頓堀川(映画)の感想

30代男性
30代男性

中之島界隈と並んで水都大阪を象徴する道頓堀川沿いの街を舞台にした、1人の女性と、それに関わる3人の男たちの人間模様を描いた映画です。大阪に住んでいる人間としては、現在の道頓堀沿い、特に宗右衛門町付近の歓楽街の街の雰囲気と比較してしまいます。もう40年近く前の作品ですが、共通している部分、変わってしまった部分、どちらもありますね。この映画は、松坂慶子さん演じる小料理屋まち子と真田広之さん演じる画家志望の青年邦彦との恋、そして山崎努さん演じる喫茶店マスターの武内てつおと佐藤浩市さん演じるその息子政夫との、ビリヤードのハスラーを巡る親子関係の2つが大きな軸として並立しています。私はストーリーとしては武内親子の物語に惹かれましたが、キャラクターとしてはヒロインであるまち子に惹かれました。今や大女優である松坂慶子さんは天性の明るいキャラクターのイメージがあるのですが、この映画では若き日の松坂慶子さんが今と変わらない明るいキャラクターとして登場するので、昔から変わっていないのだととても微笑ましい気持ちになりました。また、主要な4人の人物以外にも、加賀まりこさん、大滝秀治さん、 渡瀬恒彦さん、名古屋章さん、柄本明さん、カルーセル麻紀さんと、今から見ると驚くほど豪華なキャストが揃っていますね。名優たちの若き日の演技を見るのにもお勧めの映画だと思いました。

30代女性
30代女性

1984年公開の映画です。時代を感じる演出もありますが、逆に新鮮で、とても見応えがありました。主要な登場人物を演じる俳優さん達は、今も活躍されている方々ばかりです。30年以上前の姿を見ることが出来るというだけでも、とてもいいものを見れたという得した気分になります。それ以上に、とてもいい映画に出会えたという気持ちになります。宮本輝さん原作とあって、骨太な物語でした。主に青年2人について描かれています。女性や、家族との関わり方から、2人を通じて80年代の大阪という世間を知っていくような感覚になります。そしてミナミという街で生きる女性や、まだゲイという言葉も一般的ではない頃ですが、そういった人も描かれています。まず、真田広之と佐藤浩市の若さにびっくりします。20歳そこそこでしょうか。佐藤浩市の父は山崎努で、これまたお若いですが、渋く貫禄があります。真田は両親を亡くし、山崎の営む喫茶店で住み込みで働く美大生です。真田と出会う女性が松坂慶子です。今はどちらかというと可愛らしいという印象もありますが、この映画はとにかく美しかったです。コタローという、前足が不自由な犬を散歩させているときに2人は出会います。佐藤浩市は、ハスラーとして生きていこうとする青年です。父親である山崎努も昔はハスラーとして活躍していました。その頃の山崎努を知るのが、加賀まりこです。この人は今よりもさらに可愛らしいです。先述のゲイはカルーセル麻紀が演じています。ラストの余韻が切なく残る映画でした。

 

まとめ

『道頓堀川』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました