プラダを着た悪魔(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
プラダを着た悪魔 予告編

プラダを着た悪魔(映画)の動画フルを安全に見る方法

『プラダを着た悪魔』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『プラダを着た悪魔』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

プラダを着た悪魔(映画)の内容

映画『プラダを着た悪魔』は、2006年6月30日にアメリカで、日本では2006年11月18日に公開されました。この映画は2003年4月に刊行されたローレン・ワイズバーガーが、実体験をもとに書いたベストセラー小説を原作としています。この小説はジャーナリスト志望の主人公が悪魔のような最悪の上司の下で前向きに頑張る姿を描いた物語です。主人公の姿が同世代の女性から支持を受け、ベストセラーとなりました。

著者のワイズバーガー自身も主人公と同様、「ヴォーグ」で編集長アシスタントをしていた経歴を持っており。この作品は彼女の実体験が基となっているとされ、同誌のカリスマ編集長アナ・ウィンターが作中に登場する編集長のモデルであるという噂がありました。

全米で封切後は興行収入1億2000万ドルを越えたヒット作となっています。

 

しっかりした土台の上に、軽快にテンポよく展開するストーリー。素敵な音楽と、アン・ハサウェイさんの次から次へと変化する衣装と、全く飽きることなく最後まで楽しませていただけた作品でした。

女の子ならだれもが憧れる仕事があって
理想の恋愛があって、好きなファッションだってある。
そんな私の中の想像を映画にしてくれたような作品。

仕事を頑張りたい人にも恋愛を頑張りたい人にも
理想を追い求めてる人にもファッションが好きな人にも
いろんな人に観てほしい。

なんといってもメリル・ストリープが堂に入りすぎている。惜しむらくは憎むべき悪魔などでは全然なく、優しい人間性が潜んでいることが最初から分かってしまっていた点くらいか。

夢に突き進むとは何か、自分を持つということはどういう事か、、、、
全ては自分が決めた元で出来ている人生
“仕方なかった”や言い訳は通用しないなと
この映画を通して感じました。

映画版の大ヒットを受け、20世紀FOXのテレビスタジオが原作のテレビシリーズ化権を獲得し、30分のテレビシリーズとして製作され、もし実現すれば2007年より放送される予定でした。(実現はしませんでしたが)

あらすじ

ジャーナリスト志望のアンドレアが飛び込んだのは、「ランウェイ」というファッション誌の編集部でした。しかしハイブランドの服に身を包んだ女性たちは、野暮ったいアンドレアの姿を見て「信じられない」といった顔をします。ファッションなど関係なく、純粋に自分の力を認めて欲しいと思っていたアンドレアですが、そんな彼女を待っていたのは、鬼編集長として知られるミランダでした。アンドレアはそんな彼女のアシスタントの1人として働き始めることになります。

鬼編集長ミランダは周りから恐れられるバリバリのキャリアウーマン。雑誌の編集長である以上に、ファッションの世界に絶大な影響を与えている存在でもあったのです。なんと、彼女が「ダメ」と思ったならば、デザイナーがコレクションを改めるほどなのでした。

なんとかミランダを見返したいアンドレアは、スタイリストのナイジェルの助けを借りて、野暮ったい女の子から一転し、様々なハイブランドの服を着て洗練されたスタイルを手にいれます。

しかし、ミランダの無理難題は激しさを増すばかりで、中には「出版前のハリー・ポッターの新作を手に入れてきなさい」などと言ったものも!なんとか仕事をこなしていくものの、プライベートの時間でも容赦無くかかってくるミランダからの電話に対応しなければならず、アンドレアには友人や恋人と過ごす時間も減っていってしまうようになります。

「ミランダの元でしばらく働いて経験を積めば、自分の夢への足がかりになる」と信じ、完璧に仕事をこなしていくようになるアンドレア。そんな彼女をミランダも少しずつ認めていきます。そしてとうとう、パリで行われるコレクションへ同行するアシスタントとして、ミランダはアンドレアを指名するほどになったのです。
しかし、仕事に明け暮れていたアンドレアは恋人とうまくいかなくなってしまい、ついに一旦距離を置くことになってしまいます。

見どころ

映画『プラダを着た悪魔』の見どころは、2つあります。

1つ目は主人公であるアンドレアの生き方が全ての女性の見本や憧れになることでしょう。人生においてどこに重きを置き、何を大切にするか、自分の信念に基づいて行動しています。

アンディの夢は最初から最後まで変わらず、ジャーナリストになることでした。
それを目指してランウェイを退社する姿に、目的と手段を区別しながら前へ進む強さを感じました。

2つ目は、何と言ってもプラダはもちろん、シャネル、ヴェルサーチ、ケイトスペードと、名だたるブランドが「これでもか!」というほど登場する華やかなファッションでしょう。名だたる女優が有名ブランドに身を包みスクリーンを闊歩します。

スタッフ

監督:デヴィッド・フランケル
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ
音楽:セオドア・シャピロ

キャスト

ミランダ・プリーストリー:メリル・ストリープ
世界的なファッション誌「ランウェイ」の編集長。

アンドレア・サックス:アン・ハサウェイ
カリスマ的編集長のもとで奮闘し、成長していく女性、通称:アンディ

エミリー・チャールトン:エミリー・ブラント
編集長のアシスタント。アンディの先輩でありライバルとなる。

ナイジェル:スタンリー・トゥッチ
ランウェイ編集部でミランダが最も頼りにしている部下。

ネイト:エイドリアン・グレニアー
アンディの恋人で同棲相手。一流のコックを目指して修行中。

クリスチャン・トンプソン:サイモン・ベイカー
有名な作家でいわゆるセレブ。あちこちのパーティに顔を出すプレイボーイでアンディにも目をつける。

リリー:トレイシー・トムズ
アンディの小学校からの大親友。

ダグ:リッチ・ソマー
投資アナリスト。アンディの友達

『プラダを着た悪魔』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

プラダを着た悪魔(映画)の感想

30代女性
30代女性

アン・ハサウェイが素敵すぎて感動しました。最初は芋っ子みたいなアン・ハサウェイですが最後には自分の意思がきちんと示せる大人のキャリアウーマンにたどり着けたようで安心しました。ボス役の「悪魔」っぷりもものすごく、ホントにこんな上司がいたら心が折れてしまうだろうなと思いつつ、主人公役のアン・ハサウェイはしっかりくらいつき、その中でも同僚をいたわる優しい心は忘れずに、観ていていろいろ共感することがありました。ファッション雑誌の業界のことは全く無知ですがやはりいろいろ大変なんだなぁと感じさせられる反面、勉強にもなる点もすごくあったと感じました。それはファッション雑誌業界に限らず、自分の意思を持って働く社会人として、ともいえます。もちろんやりすぎだと思うシーンもいくつかありますが、それはそれでこの映画を更に盛り上げてくれる大事な要素になっていると思うし、恋愛と仕事を両立するのが大変だという事もよく共感できました。個人的には憎ったらしい秘書役の同僚がファッションセンスも含めてとても気に入りましたので彼女が昇進してくれると嬉しいなと思いつつ観ていました。努力すれば報われる、そんなことを伝えてくれる映画です。

30代女性
30代女性

まずそのタイトルからわかる通り、ファッション面で非常にお洒落な映画で、見ているだけで楽しくなる作品でした。しかし、そんなビジュアル一辺倒の作品ではないのがこの映画の魅力です。暴虐武人な女上司の元で振り回される主人公が徐々に変化し、最初は身勝手だ!ひどい人だ!と反感を覚えていた上司の、信念をもって生きていく姿もきちんと描写されていることが良いですね。何よりメリル・ストリープの演技が素晴らしい。タイトルに「悪魔」とある上司の彼女ですが、話す内容こそ辛辣ではあるものの、非常に品のある所作や話し方で、不快な気分になり過ぎることなく、「プラダを着た悪魔」を魅せてくれています。そして主演のアン・ハサウェイですが、彼女が美人なのはわかりきっていますが……最初はファッションにあまり興味のない彼女が徐々におオシャレになっていく姿はやはり可愛らしく非常に魅力的ですね。個人的に好きなタイプの女優さんではないのですが、それでもこの映画において彼女の魅力は不可欠であったなと感じます。いうなればアン・ハサウェイ演じる主人公が自分探しをするような側面が大きい映画なのですが、やや単純な物語も、彼女の華でよりハイセンスな映画という雰囲気が出来上がっていると思います。

20代女性
20代女性

この作品は、ファッション誌の会社で働き始める主人公の成長をテーマにした作品ですが、ストーリー以外にも魅力的なところがたくさんあります。ファッション業界を舞台にした作品ですので、ファッションはもちろん。メイクやセット、華やかなパーティーのシーンなど、映像に映るものすべてがキラキラとしたものばかりです。その反面、華やかさと対照的に映し出されるのが、厳しい上司や過酷な仕事の現場の殺伐としたシーンです。慣れない環境に疲れ果てた主人公を観ていると、自分自身と重ね合わせてしまい、少し心苦しい気分にもなります。上司や同僚との人間関係や、様々なことに悩んで涙を流すシーンも働く女性の多くが共感してしまうと思います。しかし、主人公の一貫した前向きな姿と、いろいろな経験を積み精神的に強くなっていく過程を観ていくうちに、清々しさを感じることができます。主人公を演じるアン・ハサウェイと厳しい上司を演じるメリル・ストリープは、どちらも強い印象があり美しい女優です。そんな二人が演じる登場人物の、性格の違いやお互いがぶつかり合うことで見えてくる心の弱さなどを感じ取ることができて、どちらの女性にも魅力を感じ、共感することができました。日々の生活で心が弱ったとき、前向きになりたいときに観たくなる作品です。

 

20代女性
20代女性

私の1番好きな映画です。仕事で嫌なことがあったり、気分が良くない日はこの映画を観て元気をもらいます。オープニングの出勤までの身支度シーンが大好きで、中学生の頃はあんな大人になれることが夢でした。流行のあるファッションなのに、今観てもおしゃれで真似したくなるコーディネートばかりでいつもワクワクさせられます。VOGUEで働く人達は、自分の仕事に誇りを持って、ファッションが大好きで、いつも前向きで目標があって、私の働く目標となる姿です。憧れの職業や好きなことを仕事にする人は少ないけど、好きなことを仕事にしてエネルギッシュに頑張る人を見ると勇気をもらえます。でもその分、友達や恋人、家族との時間を疎かにしてしまったり、仕事もプライベートもどちらも努力しているのにうまくいかなかったり、いつ見ても共感できる部分がたくさんあります。自分はただ目の前の仕事を頑張っているだけなのにどうして理解してもらえないんだろうと悩み、自分が間違えているのか自信がなくなる時もあります。このまま自分の目的のまま動いた時、最後に何が残るのか。目的の先、自分の上司のようになりたいのか。私自身が大切にしていることは何か。自分がなりたい姿は何か。いつも考えさせられます。自分自身と向き合い、恋人と向き合い、最後に元上司からのエールをもらえた主人公はきっとどこに行っても輝いて仕事ができるんだろうなと思います。何年経っても色褪せない素敵な映画です。

 

30代女性
30代女性

キレイでオシャレで、華やかな世界で働きたいなという方や、憧れを持っている方に是非見てもらいたい作品です。出版社で働く、主人公のアン・ハサウェイの最先端モードファッションを、パリコレばりに惜しげもなくジャンジャン見せてくれるあたりは、本当に見ているだけでも楽しくなってきます。しかしそれだけではなく、アメリカVOGUE誌の鬼編集長アナ・ウィンターをモデルにした、見るからに鬼の敏腕編集長なんだろうなと言うのは見た目からも十分わかるメリル・ストリープがいるんですが、彼女との仕事中のやり取りは、映画の中なのにこちらも冷や汗ものです。怖い!同僚や仕事の前任者の気持ちが十分わかります。憧れや好きだけでは仕事が務まらないと気付いた方や、今の仕事が自分の能力を越えていると感じる方、仕事とプライベートの両立に悩んでいる方、そもそも好きな仕事じゃないという方ならきっと深くうなずける部分があると思います。そんな悩みを持った自分を主人公に重ね合わせ、どのように解決するか…。そんな作品だからこそ、特に女性に受け入れられやすいのではないでしょうか。観終わった後は、いつもの繰り返しの日常勤務であっても、ちょっと自分に自信が持てて、世界がカラフルに見えるんじゃないかなと思います。

30代女性
30代女性

この作品は、冗談ではなく100回以上見ていると思います。
全体を通して映像が綺麗でおしゃれで、登場人物の服や、オフィスの装飾、シンデレラストーリー等、女性の心をくすぐる要素が満載で、あまり複雑なことは考えず、ゆっくりと現実逃避したいとき、なんとなくテンションを上げたいときなど、リピートでずっと再生していました。また、寝る前に再生を始めて、睡眠導入BGMがわりにもとても良かったです。見どころとしては、アン・ハサウェイがとにかく綺麗なのはもちろんですが、ダサい冴えない見た目の女性から、新規一転して変身し、馬鹿にしていた人達をあっと驚かせるところで、スカッとしたい方にもよいと思います。ストーリーとしても、鬼上司との闘い、変身してお金を稼ぐと忙しくなり恋愛が上手くいかなくなる(彼氏は前のほうが良かったと言う)、他に素敵な人が現れる、自分は一体どうなりたいのか等、誰もが悩むような、仕事をとるか恋愛をとるかといった選択やアイデンティティの問題、仕事をとれば誰かを蹴落とさなければならないという友情と仕事の問題など、最後の最後まで飽きさせない要素がいっぱいです。ラストは主要人物全員がハッピーになるような展開で、嫌な気持ちが残らない作品となっているため、気分転換したい方におすすめの作品です。

30代女性
30代女性

女性のあこがれが全て詰まったストーリー。
NYの街並み、オフィスビルでの仕事、スタバ片手に出勤、バリバリのキャリアウーマン、愛してくれる彼、言い寄ってくれるエリート。
そして何よりも、 そんな環境に甘んじることなく仕事を頑張る女性像。この映画を見ると、いつも全てのことを全力で過ごしたくなります。恋、仕事、おしゃれ・・・そんな頑張る女性をアンハサウェイが演じています。なんといってもアンハサウェイが美しい、可愛い!キャリアウーマンスタイルも、ドレスアップした姿も、カジュアルスタイルも全部似合う!同じ人物から、全ての可能性を感じることができ自分も何かに挑戦したり頑張ってみたくなります。アンハサウェイの周りの女性も非常に素敵です。皆プライドが高くつんつんしていますが憎めない。この嫉妬にも女性らしさを感じ、不快感を感じることなく見続けられます。途中途中にジョークを挟みつつ、日本とのオフィスの違いを感じながら楽しめます。この映画のタイトルも、非常におもしろく途中で思い出さずにはいられません。働くって何だろう、人生って何だろう、恋って必要なのかな。人生に必死にもがきつづけ、働く女性に向けたメッセージと見た後にさわやかになれるエールのこもった映画です。

30代女性
30代女性

この映画の魅力は私にとって3つあります。まずはストーリーです。ちょっと気持ちが疲れた時に見たい映画はいくつかありますが、この映画はそんなときにぴったりです。アン・ハサウェイ扮する主人公が自分の夢を実現するために奮闘する姿はとても心を打つものがあります。見終わった後は自分が今やっていること、今までやりたいと思っていたこと、これからやりたいことを自然と考え、明日からまた頑張るかってという気持ちになることができます。2つ目はキャラクター。主人公はもちろんのこと、主人公の恋人、友人、そして仕事に関わる人たちすべて魅力的です。少ししか登場しないようなキャラクターの背景も想像することができ、セリフに説得力があります。周りのキャラクターに影響されながら変わっていく主人公にとても共感できますが、それは主人公を変えてくれるだけの影響力のある魅力的な人々だからだと思います。「登場人物全部好き」な映画特融の見終わった後の爽快感、ほっこり感は保証できます。3つ目はファッションですね。私はあまり服を買わないし、ブランドものなんで財布くらいしか持っていませんが、それでもわくわくする自分がいます。この映画を観る弊害がひとつあるとするのであれば、お金がない時でも服が欲しくてしょうがなくなることですね。

 

40代女性
40代女性

私自身が長時間の残業をしたり上司に振り回されたりしながら何でも屋のように仕事をしている時期に見た映画なので、アンドレアのイライラを自分自身の気持ちと重ねていました。コツコツ達の中に紛れこんでいる自分に自信が持てず焦ったり、こんなに頑張っているのに感謝してくれない上司とか、私はこんなに頑張っているのに彼は飄々としていてお気楽に見えてしょうがないだとか、私にも思い当たる節が多すぎてアンドレアを応援せずにはいられませんでした。でもなぜか、映画を見てから何年も経った今でもフルネームを覚えているのは鬼上司と思っていたミランダ・プリーストリーのほうだし、アンドレアの日常よりも、最後に最高の推薦文を送ってくれたミランダが一人微笑むシーンのほうが、最も印象に残るものになっています。アンドレアが奮闘した日々は、当時はミランダに「鍛えてもらった」と前向きに認めるだけでは気持ちのおさまらないものだったと思いますが、最後に納得する形で認めてさえもらえればそれでOKだと思える達成感があったのだと思いますし、同じようなものを私も求めていたのかもしれません。大変だったけれどそれだけではなく、同時に得られたものも多くあったと気づけたとき、気持ちよく次のステップへ進めるのだろうと感じました。

20代女性
20代女性

この映画を見ると仕事をがんばろうという気になります。最初は上司に名前すらまともに呼んでもらえなかったのに、成果をあげるごとに認められ、先輩をも抜いてしまいます。上司の要求が理不尽でも、出勤時にデスクにカバンとコートを投げられてムカついても、まずは自分のできることをがんばる主人公には見習うべき部分が多いです。ただ反面教師の部分もあって、仕事を頑張れば頑張るほど仕事では評価されるけど、仕事を優先しすぎてしまうと、周りの大切な人たちへの配慮が足りなくなり、関係がこじれてしまう。主人公の環境だと仕事とプライベートをうまく両立させるのは難しいような気もしますが、メリハリをつけて何が自分にとって大事なのかを考えることは大事だと感じさせられます。またファッション誌で働く女性が主人公なので、いろいろなブランドが出てくる点も見どころです。主人公は高学歴だけど元々ファッションに興味がなく、採用後もダサいと馬鹿にされていましたが、同僚の手助けもあり、どんどんおしゃれに気を使い、綺麗になっていきます。何にお金と時間を使い、何に興味をもつかで全然人生は変わるので、これは興味がないものだから、意味がないからと最初から壁を作らずに、視野をひろげるためにもまずは挑戦しようと思わせてくれる映画です。

まとめ

『プラダを着た悪魔』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました