デメキン(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
『デメキン』映画オリジナル予告編

デメキン(映画)の動画フルを安全に見る方法

『デメキン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『デメキン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

デメキン(映画)の内容

映画『デメキン』は、2017年12月に公開されました。

かつて、福岡県最大の暴走族400人のトップに立っていた、人気お笑い芸人・バッドボーイズ佐田正樹さんの自伝小説・コミックスを原作に映画化されました。

監督は、土屋太鳳さん主演『アルカナ』などの気鋭・山口 義高さん。脚本は、安藤サクラさん主演『百円の恋』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した足立紳さんが担当しております。

主人公の不良・正樹を健太郎さん。そして、正樹の親友である厚成を山田裕貴さん。イマ最も注目を集める、旬のイケメン2人が友情の熱さを痛々しいほど鮮烈に演じております。

タイマン、抗争、死、別れ、そして友との友情…。心に響くアウトロー・エンターテインメントです!

「アシガール」で健太郎さんを知りましたが、本作でさらに、幅の広い演技を見せつけられた素晴らしい作品でした。特に目の演技とラストシーンは涙が出ます。
不良作品といえば、ドラマの今日から俺はも出てましたね。この映画も期待してます!

出演者全員が男前だし、かっこいい。男の友情ってこういうものなんだ。ヤンキーもいろいろ考えて生きてるんだって初めて思えました。

原作既読の上で観ましたが、見事に正樹と厚成を演じた2人を絶賛したい!

バカだなと思うけど、どこかうらやましい。そんな、青春のひとつを作品になってます。

家で見ましたが、これは映画館で見るべきだったと後悔するほど、迫力が凄かったです。とても楽しめました!

不良映画ではありますが、それよりも男の子の青春映画という感じが良かったとの声が多かったですね。また、友情だけでなく、笑いあり涙ありの王道に仕上げているので、最後まで楽しく観れる作品となっております。

あらすじ

福岡に生まれ育った佐田正樹(伊藤健太郎)は幼少期に、ギョロっとした二重まぶただったことから『デメキン』と呼ばれて、いじめられていました。

ある日、強くならなきゃ。と覚悟を決め、拳を握った正樹はいつしか自分をいじめていた連中を返り討ちにするほど強くなりました。ケンカに明け暮れる毎日を過ごし、誰にも負けない存在までになっていた正樹は中学時代からの親友である合屋厚成(山田裕貴)と暴れ回る日々を送っていました。

中学卒業後は、正樹は高校に進学し、厚成は、恋人のアキ(今田美桜)を支えるためにラーメン屋で働き始めます。そのラ-メン屋は、いつしか正樹ら不良の溜まり場となりました。

相変わらず、不良に目をつけられてはひたすら喧嘩ざんまいの日々を過ごしていましたが、憧れだった暴走族の総長・真木(栁俊太郎)がバイク事故で死んでしまいました。そこで、厚成は正樹に「福岡一のチームを作ろう」と持ちかけます。

2人はチーム「亜鳳(あほう)」を結成しましたが、次々と血気盛んな敵が待ち受けているのでした…。

見どころ

今後が期待の若手俳優陣たち

本作で初めて見るメンツが多いかと思いますが、全員がギラギラしていました。ヤンキーでいう頂点を目指すという役柄と、俳優でのし上がってやるという気持ちがリンクしていたのかもしれません。
一番時代にマッチしていたのは今田美桜さんですかね。ヤンキー娘っぷりが可愛いので、これだけでも見る価値ありです!

また、乱闘シーンのアクションは迫力があり切迫するシーンもありますが、笑いの要素もありと非常にバランスが取れた作品となっております。

原作愛に満ちた環境

本作に関わる全ての方が『デメキン』を愛しており「そのリスペクトをベースにブレない作品を目指していた」と、プロデューサーの佐藤さんがコメントしておりましたが、間違いなく全員が原作に穴があくほど、読みつくしていたであろう作品に仕上がっておりました!

その中でも、正樹と厚成の2人の絆の物語に主軸をおいており、1対1の関係がしっかりと軸になっております。正樹演じる健太郎さんと、厚成演じる山田さんという、最強コンビの躍動から目が離せません!

スタッフ

原作:佐田 正樹「デメキン」
監督:山口 義高
脚本:足立 紳

キャスト

幻影(旧名:亜鳳)

佐田正樹:伊藤健太郎
お笑いコンビ『バッドボーイズ』の佐田正樹。最大勢力を誇る暴走族の総長に駆け上がっていく。

合屋厚成:山田裕貴
佐田の中学時代からの親友。2人で暴れまわる毎日を送っていた。

マーカツ:高橋里恩

ヨージ:田中偉登

将:三村和敬

鮫島:福山翔大

汝風

しょうじ:両角周

てつや:本田聡

ヒカル:中崎敏

大沼部清人:藤木修
佐田の後の相方。

死流會

ミツグ:岩永ジョーイ
総長。

三浦:神永圭佑

鬼突會

松本:松井薫平

糸島連合

庄野崎源太:成田瑛基
総長。

福岡連合

大八誠:黒石高大
福岡統一の野望を抱き、上記チーム(幻影・汝風・鬼突會・鬼突會・糸島連合)を纏める福岡連合の初代総長。

蝉魔丸

蘭忠次:笠松将
9代目総長。福岡統一の野望を抱いている最大のライバル。

ノッポ:NOZOMU

デブ:水沼天考

その他

真木:柳俊太郎
故人。地元・笹熊の暴走族『悪死魔』の10代目総長。

アキ:今田美桜
中学時代から付き合っている厚成の彼女。

役名無し:くっきー(野性爆弾)
ラーメン店の客役。

役名無し:坂田聡
店長。

役名無し:ケン(水玉れっぷう隊)

 

『デメキン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

デメキン(映画)の感想

40代男性
40代男性

映画『デメキン』を見た感想としては、昔のビーバップハイスクールのような感じの映画だなと見ていて思いました。ヤンキー系のアニメや映画、ドラマが好きな人には楽しめる映画だと思います。原作が、お笑いコンビのバットボーイズの佐田さんの自叙伝だということを映画を見終わってから知ったのですが、あんなにカッコよくないでしょと突っ込みたくなりました。田舎の少年が負けん気だけで暴走族の総長にまで上り詰めたということですが、暴力だけでなく人望もなければそこまでいかないと思いました。佐田さんに何か人を惹きつける魅力のようなものがあるのだと思います。個人的には映画に出て来たラーメン屋が非常に気になりました。本当にラーメン屋があったのであれば、そのお店に行ってラーメンを食べてみたくなりました。映画の中では、本当に田舎のラーメン屋という感じだったので、田舎で潰れずにやっていけているということを考えると味は美味しかったのではないかなと思っています。佐田さんが芸人になってから、その当時の仲間との付き合いがあるのかどうか、お笑い番組などでもよいから話しを聞いてみたいと思いました。総長時代の佐田さんの様子などもしれれば、映画の見方も少し変わるかなと思っています。

50代女性
50代女性

伊藤健太郎さんが、ヤンキーなんだけど爽やかさもあって、高校生男子のかわいい一面も見えたりして、とても良かったと思いました。イキイキした演技が素晴らしかったと思いました。色気もあって、これからいろいろな作品に出演してもっともっとたくさんの役柄を演じて、魅力的な俳優さんになって欲しいと思います。アクションシーンが迫力があって、とても良かったと思いました。山田裕貴さんが、とてもいい演技をしていて良かったと思いました。紅一点の今田美桜さんが、とても可愛くてカッコ良くて素敵で、とても良かったと思いました。しっかりした演技力で熱演していて素晴らしかったと思いました。けんかしてばっかりで、男ってほんとにバカだなぁと思ってしまうのですが、熱い気持ちが伝わってきて、なんだかうらやましくなってしまいました。小物や背景などがノスタルジックで、日常が垣間見えるところが良かったです。男同士の熱い思いがすごかったと思いました。泣けて、笑えて、若い人たちだけではなく、「ビーバップハイスクール」世代の40代ぐらいの人たちにもおすすめの映画だと思いました。いろいろな年代の人たちに見てもらいたい面白い作品だと思いました。

 

20代女性
20代女性

この映画はお笑い芸人のバッドボーイズの佐田さんの半生をつづった小説を実写映画化したものです。さすがお笑い芸人さんの半生を見ているだけあって普通にストーリーが面白かったです。佐田さんが地元福岡で一番強い暴走族の総長になっていく様子が描かれています。よく話に聞く昔の田舎の暴走族って本当にこんな感じだったんだなというのがわかりましたし本当に実在したんだなと思うと面白かったです。高校生の話なので、仲間との青春や友情を感じれる場面もおすすめです。不良にもちゃんと人間のあたたかな部分があって仲間を人一倍大事にするところは感動しました。そしてこの映画には今をときめく俳優さん女優さんが多く出演しています。主演の伊藤健太郎さん、山田裕貴さん、今田美桜さんなどが出演されています。この映画は2017年に公開されたのですがこの時私は皆さんのことをあまり知りませんでした。ですが演技もとてもうまいと思いましたし、でもどこかあか抜けないかんじも残っていてそれがまた魅力に見えました。個人的には大ブレイクする前のフレッシュな演技を見れると思ったのでそこもおすすめです。あとは主題歌もとても素晴らしかったです。この映画のために書き下ろされた楽曲ですが歌詞がとても心に響きます。映画を見終わった後にエンドロールで主題歌を聞くまでがこの映画の楽しみ方だと思いました。

 

まとめ

『デメキン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました