デスノート2(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

SF
Death Note : The Last Name – movie trailer

デスノート2(映画)の動画フルを安全に見る方法

『DEATH NOTE デスノート the Last name』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『DEATH NOTE デスノート the Last name』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

デスノート2(映画)の内容

映画『DEATH NOTE デスノート the Last name』は、2006年11月に公開されました。

原作は、正体不明の覆面漫画家・大場つぐみさんと「ヒカルの碁」の作者・小畑健さんが手がけた「DEATH NOTE」。2006年から3年間週刊少年ジャンプで連載され、単行本の発売は12巻と少ないながらも、累計発行部数3000万部を超える人気コミックです。

この映画は前作『DEATH NOTE』の後編という位置づけで、興行収入は約52億円と大ヒットを記録しました。デスノートを使い、犯罪者や自分に否定的な人間を次々と抹殺する天才大学生・夜神月(ヤガミライト/キラ)と世界一の探偵・Lの壮絶な頭脳戦がついに決着します。

監督は前作同様、金子修介さんが努めました。キャストも引き続き、藤原竜也さんや松山ケンイチさん、戸田恵梨香さん、鹿賀丈史さんなどが登場します。

最後までどちらが勝つかわからない頭脳戦を楽しめました。原作とは少し違う結末でしたが、個人的には映画の終わり方の方が好きでした。

Lの実は何でもお見通し感がたまらなく好き。つかみどころのない感じだけど、自分を犠牲にしてまでも、キラを捕まえるという信念を感じましたね。

正義も悪も紙一重だなと。自分を偉いとか神とか思ってはいけない。SF映画でこんなこと感じるとは思わなかったけど、狂信的な正義は悪になると痛感した。

原作が素晴らしかっただけに、期待値が高かったけど実写版もかなり良かったです。戸田恵梨香さんはこの作品から、有名になっていった感じがありますね。めちゃめちゃかわいかったです(笑)。

あらすじ

人気アイドルの弥海砂(あまねみさ/戸田恵梨香)は、ストーカーのADに殺されそうになっていた。そのとき、ADは突然心臓発作で亡くなってしまう。

驚く海砂のもとに黒いノートが落ちてくる。それは、海砂を昔から見守っていた死神・ジェラスが落とした「名前を書かれた人間は死ぬ」デスノートだった。ジェラスはデスノートにADの名前を書いてADを殺し、海砂の寿命を伸ばしてしまう。しかし、掟を破り人間の寿命を延ばしたジュラスは、灰になって死んでしまうのだった。

デスノートを手にした海砂のもとに「海砂を見守る」ことをジェラスに頼まれていた死神・レムが現れ、海砂に憑く様になる。

一方、夜神月(キラ/藤原竜也)はキラ捜査本部に入り込んでいた。そこでL(竜崎/松山ケンイチ)と対面し、互いにけん制する。

さくらTVに第二のキラとなった海砂からメッセージが届く。「キラ、私はあなたの力になります。私は死神の目を持っています。死神を見せ合いましょう」。

海砂は、家族を殺した犯人が無罪となり悲しんでいたが、キラによって犯人が裁かれたことでキラ信者になっていた。海砂と手を結んだ月だったが、Lはそれを見破り海砂を捕まえる。

しかし月と海砂は、Lを始末するためにある計画をすでに実行していた。

見どころ

キラとLの直接対決

今作でついに月(キラ)とLの直接対決となります。前作で恋人を亡くし、その無念を晴らすため捜査に協力するという月ですが、本当の目的は捜査を混乱させることとLを始末すること。

海砂をうまく利用し、捜査をかき乱す月と月をキラだとにらむLの直接対決からは目が離せません。

ラスト20分のオリジナルストーリー

原作とは異なる展開に驚いた方は多いのではないでしょうか?

デスノートのルールにのっとりながらも、キラの予想しない方法でキラを追い詰めるLの作戦にはかなりの高評価がありました。Lの覚悟が詰まったラスト20分はこの映画最大の見どころです。

スタッフ

原作:大場つぐみ・小畑健「DEATH NOTE 」
脚本:大石哲也・金子修介
監督:金子修介
音楽:川井憲次
主題歌:レッド・ホット・チリペッパーズ「スノー」

キャスト

夜神月(キラ):藤原竜也
死神・リュークが落とした「名前を書かれた人間は死ぬ」デスノートを拾い、法律で裁けない犯罪者を抹殺していく天才大学生。「キラ」と崇められ、平和な世の中を実現するために暗躍する。

L(竜崎):松山ケンイチ
世界一の探偵と呼ばれ、数々の難事件を解決してきた天才。月をキラと疑っている。

弥海砂:戸田恵梨香
キラを崇拝する超人気アイドル。死神・レムが落としたデスノートを拾い、第二のキラとなる。

高田清美:片瀬那奈
さくらTVのニュースキャスター。死神・レムに第三のキラに任命される。

リューク(声):中村獅童
月が拾ったデスノートの持ち主の死神。何をするわけでもないが、月に憑き傍観している。

レム(声):池畑慎之介
弥にデスノートを与えた死神。仲間の死神・ジュラスから弥を見守るように伝えられた。

出目川裕志:マギー
さくらTVのディレクターで、視聴率のためなら手段を選ばない性格。

西山冴子:上原さくら
さくらTVのニュースキャスター。高田をライバル視し、出目川と関係を持つことでニュースキャスターの座を高田から奪う女性。

ワタリ:藤村俊二
Lの右腕ともいえる紳士の老人。Lのサポートに徹する。

夜神総一郎:鹿賀丈史
月の父親で、キラ捜査本部の責任者。Lの捜査方法に疑問を持つが、最後は信頼し協力する。

夜神幸子:五大路子
月の母親。息子想いの優しい女性。ミーハーな一面を持つ。

夜神粧裕:満島ひかり
月の高校生の妹。実の兄がキラだとは知らず、キラに対して否定的な態度をとる。

宇生田:中村育二
キラ捜査本部の刑事。

松田:青山草太
キラ捜査本部の刑事。

模木:清水伸
キラ捜査本部の刑事。

相沢:奥田達士
キラ捜査本部の刑事。

佐波:小松みゆき
キラ捜査本部の刑事。

吉野綾子:前田愛
さくらTVの社員。高田を慕い、西山を嫌う。

日々間数彦:板尾創路
太陽テレビのメインキャスター。キラに否定的な態度を取り、デスノートの犠牲者になる。

佐伯:津川雅彦
警視庁長官。キラ捜査本部を開き、総一郎を責任者に任命する。

歌手:田中真弓

 

『DEATH NOTE デスノート the Last name』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

デスノート2(映画)の感想

 

60代男性
60代男性

とても興味深く、楽しい映画でした。先入観として、アニメ作品の実写版は難しいと言われていますが、完璧な魅力的な作品に仕上がっていると思います。この作品は月とLの戦いです。藤原の甘いマスクと個性的な松山の戦いは実に起伏に富んでいて飽きません。あの松山の不思議な能力は神がかり的で観る人の想像を超えてます。この二人の戦いの中に、第二のキラが現れます。それがなんと現在大活躍中の戸田恵梨香さん。すごいはまり役と私は思います。
その彼女が、家族を全て殺された過去を持っています。にもかかわらず、その犯人は生き続けているという理不尽さは、彼女の復讐心をかりたてます。ところが、藤原がその犯人を裁きます。それによりまさに藤原を信奉して行くのは当然の成り行きだと納得します。このように考えるとだんだん藤原が正義ではないかという幻想に包まれてしまいます。さて、ディスノートの存在は藤原をいかに変えたかと言うことがこの作品の一つのテーマと思いますが、人間の力を超えたものを手にした時、人間は人間でいられるかという命題を突きつけられています。確かに危うい正義感は、人間尊厳の前には、ただの偽物正義であることは暴かれてしまうと思いました。人間は神にも死神にもなれないことをこの映画は示唆しているような気がします。

20代女性
20代女性

デスノートとは原作は大場つぐみ氏、作画は小畑健氏による少年漫画で2006年まで週間少年ジャンプにて連載されていた作品です。人気俳優の藤原竜也さんや松山ケンイチさんなど豪華キャストによって映画化もされました。この作品は名前を書かれた者を死に至らしめるというノートを使って新世界を作り上げようとする夜神ライトと天才探偵Lたちとの頭脳戦を描いたサスペンスもの映画となっています。公開作品としては邦画史上初となる全編後編の連続公開となりました。前編ではノートの存在は1つだけ夜神ライト役の藤原竜也さんが新世界の神(キラ)となり坦々と犯罪者に制裁を下していくシーンが印象的でした。後編となるDEATH NOTE デスノート the Last nameではさらにノートが増え2冊に。夜神ライトによって救われた弥海砂や死神の目など新たな要素の登場により展開はますます読めなくなっていきます!最後に名前を書かれるのは誰なのか?Lは真相を突き止め夜神ライトを殺人犯として捕まえることができるのかハラハラドキドキの心理戦が魅力の作品でした。私はこの作品の存在を知らなかったのですが映画化されたことをきっかけにこの作品を知り原作漫画を購入して読むほどすっかりデスノートのファンになりました!サスペンスものがお好きな方には絶対におすすめの作品です!

 

30代女性
30代女性

デスノートに名前を書かれた人は必ず死ぬ。このデスノートを手にした夜神月は犯罪者を次々と死に至らしめます。その出来事を事件と位置づける警察の捜査員のリーダーは夜神月の父です。その捜査チームにLという探偵が加わります。夜神月とLの頭脳戦が見どころの映画です。前作のラストで、夜神月は恋人を亡くします。これはデスノートのルールを確認するという意味合いもありましたが、捜査チームに加わる口実にも利用します。この辺りから少しずつ、夜神月の冷酷な、目的のためには手段を選ばない一面がエスカレートしてきているように思います。若さもありますが、人の生死に関わる力という、人がコントロール出来ない領域に足を踏み入れてしまうことで、道を外していく様子を見ることができます。自分は正しいと思う人は、なぜ自分が悪いのかが分からないという考え方で、それがいかに危ういことか、夜神月を通じて描かれています。Lが、犯罪者が次々と死に至る事件だけを見て、デスノートのルールを推理するという頭の良さがすごいです。夜神月は捜査チームに加わっているので、Lの推理を聞いていることもあります。この駆け引きの様子が見応えがありました。どう切り抜けるのか、どう裏をかくのか。ラストの夜神月は、さすが藤原竜也と思いました。そして、やり切れない思いもありますが、納得がいきました。

 

20代男性
20代男性

衝撃のラストを迎えた前作からの続編となり、当時とても期待度が世間的に高まっていたと感じます。豪華なキャストも続投し、新キャラも盛りだくさんで見どころが尽きません。主題歌のレッチリのスノーも寂しい感じながらも、メロディアスな面が光る名曲で、本作品にもとてもあっていたと思います。どの面においても高水準の実写版となっており、10年くらい前のものになりますが、たまに前後編合わせて見返してしまうほど好きです。今回の後編は原作においても、最も人気のある場面が多く、前作同様に原作同様の空気感と緊張感をもって描かれます。カーチェイスの部分なんかも迫力があり、実写ならではの旨味を見せつけてくれます。そして、今作の見どころは原作と異なる結末を迎えたことでしょう。このエンディングに関しては、原作ファンからも「原作を超えた」と言わしめるほどのクオリティで、今でも日本の実写映画の伝説となっています。それくらいにこのデスノートの実写化は、成功したのです。実際この後、後にも先にもこれを超える実写化映画はないのではないかと思うほどです。いつかこのくらいのクオリティの漫画実写化作品が目の前に現れる日を心待ちにしています。

 

50代女性
50代女性

夜神月とLの戦いが息がつまるもので、月がどうなってしまうのか想像がつかなかったので、ドキドキしながら見ることが出来ました。月の正義感が正義感ではなく、自己満足の殺人になっているのが悲しい気がしました。藤原さん演じる月が前編の時にはまだ理性がある気がしましたが後編になり狂気に満ちた世界に月がどんどん入っていっていますが、その狂気に満ちた月を藤原さんが見事に演じており彼の演技力の高さを感じることが出来ました。月とエルの頭脳戦が繰り広げられて行きますが、どちらも劣らぬ天才でこの勝負はいったいどちどちらが勝つのか想像が出来ませんでした。終盤にエルが月を追い詰めて行き月がそれまでとは違い、死ぬのを恐れているシーンがあり月のデスノートで悪人を殺していたのは正義ではなく、たんなる殺人だったんだと感じました。弥海砂が月のことを狂信的に愛しており自分の寿命の半分と引き換えに死神の目を手に入れた姿は月に利用されている気がして可哀そうな気がしました。そんな弥海砂を戸田恵梨香さんが抜群の演技で演じており彼女の演技力の高さをこの映画で証明したと思います。演技派の俳優さんどうしの映画なので最後までドキドキしながらみれました。

20代男性
20代男性

アニメ版のデスノートとはまた違った展開になっていました。ニアやメロは出てきません。しかし代わりに、エルだけでライトとけりをつけていました。それ以外はおおよそ原作と同じ後半の展開でした。そして前回の話では、世界の名探偵lと天才大学生でデスノートを有する、夜神月の心理戦が繰り広げられました。そして今回の後編ではエルの組織を壊滅させて、さらにエルの組織の内部に入り込み組織の一員になりました。敵であるキラをみすみす自分のもとえおく、エルこれは全てを計算できる人でしかできないかなり思い切った戦術だと思いました。そして今回第二のキラが現れました。第二のキラの死神はレムです。リュークと違いかなりキラに従順です。そして第二のキラは天音みさでアイドルです。死神の目を持っており、相手の名前と寿命を視認することができます。これにより、ノートの効力発揮が容易になり、第一のキラであるライトよりかなり強力となります。そしてこのミサはキラの心酔者で、ライトが味方にするのは容易でした。まさに頭脳と攻撃力ともに最強タッグです。原作ではエルはこの二人に惜しくも破れますが、映画では見事にライトを倒します。ライトもすごいのですが、死神の力を持つ二人に頭脳で対抗したエルが本当に凄かったです。

30代女性
30代女性

原作と映画版とでは違う部分も当然出てきますが、この作品はいい意味で原作を覆します。ライトとL、二人の緊迫した心理戦はハラハラドキドキでスリルがあって観ていて飽きません。ライトが信じた正義は暴走して悪になってしまいますが、誰の心の中にもライトのように「それが正義」だと信じるものはあると思います。でも善というものは不安定で時には悪になり得るということを考えさせられました。そんな人間の善と悪という対比を描いていて面白いです。自分はライト視点で観ているのか、L視点で観ているのか、客観的に気づくと自分の本質はそっちなのか?なんて思います。そしてクライマックスのどんでん返しがなんと言っても面白いです。これは原作ファンを退屈させませんね。それからLが一人最期の時を待つシーンも原作にはないので楽しめます。またL役の松山ケンイチさんがLのイメージ通りで、見た目はもちろん、甘いお菓子を指でつまんで食べている姿勢や口調など細部まで原作のLを忠実に表現しているようで素晴らしかったです。かなりクオリティーが高いです!それからワタリ役の藤村俊二さんも文句なしにワタリそのものでした。そしてライト役の藤原竜也さんの悪を隠す善の演技もキレがあって最高でした。真に迫る演技と言っていいと思います。リュークやレムの映像のクオリティーも高く本当にそこにいるかのようです。時間があっという間に過ぎる、満足度の高い映画なので、かなりオススメです。

20代男性
20代男性

原作好きの方からするとやはり実写映画ですのでキャラやストーリーには無理がありますが、個人的に原作などを忘れて映画としてみる分にはすごく楽しめた映画だと思います。主演の夜神月を務めている藤原竜也さんも個人的には映画として合っているんじゃないかと思いますし、Lの役を務めている松山ケンイチさんも役柄にすごくお似合いだと思います。今作のストーリー性は心理戦が主軸であり、前作にくらべて騙しあいの数々があって、推理戦好きの僕にとってはかなり楽しめました。特に物語の内容も無理に原作に寄せている感じは無く、映画としての半オリジナルストーリーも違和感なく映画としてすごく楽しめました。何よりミサ役の戸田恵梨香さんの役が個人的にドハマリしました(笑)すごく可愛く演じてもいるし思いのほか原作に似せているなとも思い、かなりよかったです。また死神もリュークだけでなくレム少しですがジェラスも出てきたのがすごく原作好きの僕にとってはうれしい部分でした。かなりおおまかな感想になりましたが個人的には日本映画(特に原作を実写映画化する日本映画)はほぼほぼ見ませんがこのデスノートの実写映画は僕的に原作実写映画のなかでもトップクラスにお勧めできる映画なので一度は見てほしいです。

 

30代男性
30代男性

まずキャストがいいです。特に藤原竜也さん、松山ケンイチさん、戸田恵梨香さんの3名が漫画の世界観そのままに、いやそれ以上に増幅して、魅力を表現してくれています。ライトのゆがんだ正義感がストーリーが進むにつれてどんどん独善的に歪んでいくのですが、自分も同じような力を持ったときにどのようにその力を使うだろうかと考えてしまいました。これは漫画や映画での表現ですが、実際に誰にも止められない強大なパワーを持った権力者がその権力をあやまった方向に使って多くの命が奪われて国がめちゃくちゃに破壊されるような例は多々あるわけで、そんなことまで考えさせられる深いテーマを持った漫画、映画であると思います。ライトも自ら内にかかえる矛盾にだんだんと気づいていって、絶望していってるように見てとれます。ただ、もう暴走を止めることができなかったんだろうと想像します。その意味では、ライトはLに追及されることを恐れながら、一方ではLによって自らの暴走が止められる日を待ち望んでいたのではないかとも思いました。ライトとLのひりひりするような頭脳戦には胸がどきどきして、映画が終わった後しばらくは余韻から日常に戻ることができませんでした。

 

30代女性
30代女性

有名漫画「デスノート」の実写化映画です。藤原竜也さんと松山ケンイチさんは、この時期実写化作品に多数起用されており、当時はまだ若手俳優ではありましたがしっかりとした演技で作品に集中することができました。特に松山ケンイチさんの演じるLという役柄は、現実離れしたまさに「漫画のキャラクター」という容姿・設定のキャラクターでしたがら、とてもしっかりと再現されていたと思います。戸田恵梨香さんの演じたミサも非常にかわいかったです。あらすじについてはオリジナルのストーリー展開となっております。個人的には、原作の展開よりもこちらの映画の展開のほうが好きです。漫画のように、Lの後継者が出てくるという展開ではなく。Lと月という2人のキャラクターでデスノート事件を終わらせてほしいという気持ちがあったからです。それほどにまでにこの2人の主人公はとても魅力的なキャラクターだと思います。月は狂った大量殺人鬼と言い切れない、変に純粋で真面目過ぎる部分が魅力的でした。Lが映画のように「自らの名前をノートに書く」という手段を取るかどうかが、読者からの賛否が分かれる部分だとは思います。しかし個人的には、Lというキャラクターならそこまでのことをしてでも月と対決するというふうに感じ取っていました。

 

まとめ

『DEATH NOTE デスノート the Last name』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました