ディアーディアー(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

コメディ
映画『ディアーディアー』予告編

ディアーディアー(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ディアーディアー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ディアーディアー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ディアーディアー(映画)の内容

映画『デイアーディアー』は、2015年10月に公開された、幼い頃に「幻のシカ」を目撃したことで嘘つき呼ばわりされ、人生を狂わされた3兄妹を描いた切なくて滑稽なヒューマンコメディです。

監督は、黒沢清、瀬々敬久、石井裕也といった名匠のもとで数々の話題作の助監督としてキャリアを積んできた菊地健雄。監督デビュー作となった本作は、菊地監督の故郷・栃木県足利市の全面協力により、全て足利ロケで撮影されました。

〝全部シカのせいにする〟主人公の3兄妹役を、中村ゆり、斉藤陽一郎、桐生コウジが演じるほか、染谷将太、菊地凛子が友情出演するなど、多彩な顔触れが集結し、第39回モントリオール世界映画祭にも出品されました。

 

全然上手く行かない人生を、黙って耐えたり人のせいにしたりとそれぞれ生きている3兄妹のもどかしさがリアルで、自分を見ているようだった。 過去にすがりたくなる気持ちもなんかわかる気がする。

田舎の鬱屈した空気感を上手く表現されているなぁと思いました。田舎の綺麗な自然とか、都市化されすぎていない風景とか、もちろん田舎っていいなぁと思う場面も所々あります。

物語の沸点となるお葬式のシーンの長回しは秀逸。中村ゆりが全編を通して危うく美しい。

何かのせいにして生きてきたダメ人間な三兄妹だっただけに、その鬱屈度も半端じゃなくて、見ていてホント痛々しかったぁ~、でも単純に笑うことは出来なかったです、明日は我が身かもしれないって感じで・・・。

でも、物語の根底に優しさが溢れていて、私的には地味に好きな話でしたね。

あらすじ

かつて山間部の地方都市に「リョウモウシカ」と呼ばれる幻のシカが居たと言い伝えられていました。そのシカを発見した三兄妹は有名人となったのですが、やがてその目撃は虚偽とされ、三人には「うそつき」というレッテルが貼られてしまいました。

それから25年、三人は別々の人生を歩んでいました。町に残って家業の工場を継いだ長男・冨士夫(桐生コウジ)は多額の借金を背負い、次男の義夫(斉藤陽一郎)はシカ事件で精神を病んでしまい病院暮らし。末娘の顕子(中村ゆり)は駆け落ちの果てに酒浸りの生活でした。

父親が危篤の知らせをきっかけに、10年ぶりに再会する三人でしたが……。

見どころ

タイトルに込められた想い

タイトルの「ディアーディアー」は、英語表記で“Dear DEER”となり「親愛なるシカ」を意味します。

本作を企画したのは、自身も長男役を演じる桐生コウジ。多額の借金に追われる立場の役どころですが、実は桐生さん自身も2008年に父親を亡くし、億単位の負債がある会社を長男として後継した経歴の持ち主。映画の中の借金苦の長男・富士夫に自分を重ねて企画したそうですが、苦悩の一方で新たな道を築く転機にも成り得る、という実感を込めて、監督や脚本家に反対される中、今回のシカを巡る騒動のタイトルを敢えて「親愛なる」と形容したそうです。

そんな桐生さんの想いを感じつつ、見てみて下さいね。

キャスティングのこだわり

今作のキャストは、なんと全員初対面の人で固められているそうです。それは敢えてそうしたらしく、何のしがらみも執着なく、自由に創作したかった、という製作側の意向からだそうです。

気心の知れた人たちと、安心感を持って作るというより、初めての人同士の緊張感を優先してキャスティングしたという本作は、ある意味リスキーな選択であったかもしれませんが、非常に贅沢で新鮮な顔ぶれで、見応え充分です。

スタッフ

製作:渡邉佳子
企画:桐生コウジ
監督:菊地健雄
脚本:杉原憲明
エンディングテーマ:「気まぐれな朝」森は生きている(Pヴァイン)

キャスト

顕子:中村ゆり
長女。駆け落ちの末にアルコール依存症。

義夫:斉藤陽一郎
次男。精神病棟で生活している。虚言壁がある。

冨士夫:桐生コウジ
長男。父の営む工場の跡継ぎ。借金苦。

タカシ:染谷将太
加藤の息子。ニート。

見物客:菊地凛子
通りすがりの女。

西野:山本剛史
顕子の元恋人。不動産屋。

清美:松本若菜
西野の妻。

清一:柳憂怜
顕子の夫。

畠中:政岡泰志
義夫の旧友。運転手。

加藤:佐藤誓
強欲な僧侶。

 

『ディアーディアー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ディアーディアー(映画)の感想

40代女性
40代女性

美しい田舎の風景が広がります。でもそこにあるのは現実、誰もが顔見知りという狭い集落の中でそれでも浮気をしてしまう女性に大切な犬を殺してしまったのにその飼い主に言えずにいる男性、弱さや狡さ・田舎ならではのマイナス面とかが浮き彫りになるのです。何もかもうまくいかない彼らは、幻の鹿と会ったのにそれを写真に収めたもののそれ以降は会えずにいることが原因であると言い出します。でもそんな相手と会えただけでも奇跡、そこから幸運をつかみとっていくかどうかは自分たち次第なのではないでしょうか。何でも悪いのは自分ではなく他の要因、そう思ってしまう心こそが問題だと思います。そんな彼らですからお葬式もめちゃくちゃに、犬を轢いたことやいじめを行っていたことをばらしてしまったために、刃物を振り回しての大騒ぎとなるのです。自身のお葬式をぶち壊された父親こそが被害者、ですが彼らをそんな風に育てたのは父親自身なのですから自業自得ともいうべきかもしれません。窮地を脱することが出来たのは停電が発生したから、のちに動物が電線をかみ切ったためにその停電は起きたのではないかとの報道は流れるものの鹿のおかげかどうかもわからず、不思議なストーリーでした。

30代女性
30代女性

田舎独特の世界観が味わえる作品で良かったです。田舎は人間関係も狭く閉鎖的なため、日々様々な地味な問題が起こります。そんな問題も人間らしくて、都会では味わえない良さなのではないかと思いました。登場する三兄弟は過去にシカを見た事で嘘つき呼ばわりされた同じトラウマを抱えて大人になりました。そしてその三人はそれぞれが皆今問題を抱えています。それを過去のシカ事件のせいにする訳ですが、このような事は誰もが抱えている問題だと思います。人は皆今の生活に不満があるとその責任を他の何かにしたがるものです。それは自分に責任があると思うと辛くなるためでだいたいが過去の失態や親のせいにしたりするのではないでしょうか。そうして今の不幸を責任転嫁する事でその不幸と向き合わずに苦しさから逃れる事が多いと思います。なのでこの兄弟が大人げもなく自分の困っていることを皆過去のせいにする姿は親近感が沸きました。何か特別に解決する訳ではなく平凡なある家族の物語ですが心にじんわりと響く作品です。田舎育ちの人には田舎あるあるがたくさんあり共感できると思います。また田舎好きの人には田舎の風景にも癒され、田舎独特の世界に魅了される映画なのでおすすめです。

30代男性
30代男性

見る人によってかなり好き嫌いが分かれるタイプの映画だなと思いました。とある田舎町の立ち退きを求められている工場主の家族の物語ですが、工場主自身は危篤状態。跡継ぎの長男は工場を守るために立ち退きを拒否していて、そこに離婚寸前の長女や心を病んでいる次男が帰省してくることで始まる、兄妹3人を中心とした物語です。3人がそれぞれ抱えているエピソードが展開されるのですが、長女は故郷で元彼と再会し、次男は友達と再会することで、一家全体が抱えている過去のトラウマが蘇ってくるようなストーリーでした。3人の兄妹がそれぞれ抱えている鬱屈はとてもリアリティがあって、世の中の多くの人に共通する部分があるのではないでしょうか? この映画を見た人の大半は、3人のうちの誰かに感情移入してしまうような気がします。「リョウモウシカ」という幻の動物がこの一家を翻弄してしまったと言える一方で、逆に一家の側が「リョウモウシカ」に自分たちの人生が上手くいかない原因をなすりつけているようにも見えましたね。作品全体として、本来笑えるようなシーンはほとんどないのですが、時折乾いた笑いが漏れてしまうような場面が点在しています。こういった作品こそ、ブラックコメディと呼べるのかも知れません。

60代女性
60代女性

中村ゆりさんが、とても美しかったと思いました。気の強い末っ子を熱演していて良かったと思いました。存在感がすごかったです。斉藤陽一郎さんが、精神を病んで療養中の次男を熱演していてとても良かったと思いました。ベテランなのに、若手っぽい芝居が出来るのはいい意味ですごいと思いました。大人たちがもがいて悩んでいる姿が、リアルに描かれていて、胸に染み込んできました。兄妹3人とも、うまくいっていない現状を、全て昔幻のシカを見たせいにしているのですが、それを嘲笑うように3人の前にシカが現れるのは何とも言えないものがありました。長男が父親の町工場を継いだのですが、生活が上手くいかない考え方と生き方は同じ長男の立場の世の中の男性は、共感出来るだろうと思いました。父親が亡くなって、葬式で久しぶりに再会する兄妹たちなのですが、それぞれみんなが問題を抱えていて修羅場になるシーンは、すごかったと思いました。ところどころにちょっと笑える部分があったり、イタイ話があったりして最後まで飽きずに観ることが出来ました。田舎の鬱屈して閉鎖的な空気感を上手く描いていると思いました。人間はほんとうに無い物ねだりで、なかなか上手くいかないものだと改めて思い知らされました。

 

まとめ

『ディアーディアー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました