誰も守ってくれない(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
誰も守ってくれない(プレビュー)

誰も守ってくれない(映画)の動画フルを安全に見る方法

『誰も守ってくれない』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『誰も守ってくれない』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

誰も守ってくれない(映画)の内容

映画『誰も守ってくれない』は、2009年1月に公開されました。

監督・脚本は、人気ドラマ・映画シリーズである「踊る大捜査線」の脚本を手掛けた君塚良一さん。本作は、第32回モントリオール世界映画祭で、最優秀脚本賞を受賞しました。

映画「誰も守ってくれない」は、ある殺人事件の容疑者家族の保護を命じられた刑事の姿を描いた作品です。その刑事を演じたのは、佐藤浩市さんと松田龍平さん。またマスコミに個人情報をさらされる容疑者家族を演じたのは、志田未来さんです。高い演技力に定評のある俳優陣が勢揃いした作品とあって、注目度も高い作品でした。

容疑者家族に焦点を当てた作品は、多いようであまりない。彼らもまた事件の被害者であるということを目の当たりにさせられました。

演技派俳優が大集合で、無駄なところに気が散ったりせず、登場人物の感情に集中できました。ネットって本当に恐ろしい、ということを実感できる作品でした。

普段、テレビや新聞ではあまり触れられない、加害者家族に焦点を当てた作品でした。普段ほとんど考えることがないことに気づかせてくれる作品でした。志田未来ちゃんの演技が素晴らしくて、圧倒的な才能を感じられる作品です。

人間の恐ろしいほどの好奇心を垣間見ました。自分が傷つくことには臆病なのに、他人のことを詮索したり傷つけたりするのはお構いなし。同監督のドラマ「誰も守れない」もセットで鑑賞すると、よりこの作品の深みを感じられます。

実力派俳優が多く出演している映画というだけあって、その高い演技力に賞賛の声が集まりました。特に志田未来さんさんはこの時16歳。若いながらも圧倒的な存在感を放っています。

あらすじ

ある日、小学生の姉妹が惨殺される事件が発生しました。刑事の勝浦(佐藤浩二)は休暇を取消し、同僚の三島(松田龍平)とともに加害者家族の保護を任されました。犯人の少年(飯島耕大)が逮捕されますが、その妹である沙織(志田未来)ら家族はマスコミの餌食になっていきました。

少年の母(長野里美)は自宅で自殺を図り、死亡してしまいました。沙織は母の死を、付き合っている彼氏()から聞き、心を閉ざしてしまいます。そのころ、ネットで勝浦と沙織の個人情報がさらされていました。ペンションに身を隠した勝浦と沙織ですが、またもや場所が特定されてしまい、多くの野次馬が押し寄せます。

果たして、個人情報をネットに流しているのは誰なのか?!沙織は勝浦に心を開くのか!?

見どころ

「踊る大捜査線」チームが描く「加害者家族の保護」というテーマ

本作は、人気シリーズ「踊る大捜査線」の製作チームが、同作ために行ってきた取材の中から生まれた企画だそうです。第32回モントリオール世界映画祭では「最優秀脚本賞」を受賞しました。加害者家族の苦悩やネットの中傷など、描かれることの少ないテーマを扱った本作。ぜひ一度鑑賞してみてはいかがでしょうか。

「ドキュメンタリー撮影」という手法

本作は、リハーサルからカメラを回したままにする、という「ドキュメンタリー撮影」という手法で撮影されました。演者の方も、役作りはせずに感じたままを表現するように言われていたそうです。リアルな人間模様を追求した、等身大の演技にご注目ください!

スタッフ

監督・脚本:君塚良一
音楽:村松崇継
制作者:亀山千広

キャスト

勝浦卓美:佐藤浩市
沙織を保護することになった刑事。沙織と同い年の娘を持つ。妻とはうまくいっていない。

船村沙織:志田未来
中学生の女の子。兄が殺人事件を起こし、突然、加害者の妹となった。兄が事件を起こしたのは父のせいだと思い、父を恨んでいる。

船村礼二:佐藤恒治
沙織の父。直人に勉強を強要してきた。

船村澄江:長野里美
沙織の母。家宅捜索中に自殺を図った。

船村直人:飯嶋耕大
沙織の兄。大学受験を控えていたが、小学生を視察する事件を起こす。

三島省吾:松田龍平
勝浦とともに沙織を保護する刑事。

本庄圭介:柳葉敏郎
ペンションを経営している。過去に息子を殺害された。

本庄久美子:石田ゆり子
圭介の妻。

尾上令子:木村佳乃
勝浦の友人。精神科医をしており、自宅に勝浦と沙織をかくまった。

梅本孝治:佐々木蔵之介
直人の事件を追う記者。息子が学校でいじめにあっている。

坂本一郎:佐野史郎
勝浦と三島の上司。事件を利用して出世しようとたくらんでいる。

園部達郎:冨浦智嗣
沙織の彼氏。沙織が唯一心を許している。

森本:柄本時生
3年前、本条の息子を殺害した。

だいまじん:ムロツヨシ
ネットに勝浦や沙織の個人情報を流す。

 

『誰も守ってくれない』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

誰も守ってくれない(映画)の感想

 

20代女性
20代女性

私は、映画『誰も守ってくれない』を観て、「突然平穏な日常が奪われる恐ろしさ」と「傷つきながらもがく少女の姿」が強く印象に残りました。まず、突然平穏な日常が奪われる恐ろしさについてです。この作品では、ある平凡な家族が、一家の息子が容疑者として逮捕されたことで突如加害者家族として過酷な運命を辿ることになった姿が描かれます。加害者家族も、事件前はそれぞれ会社や学校で楽しく過ごしていましたが、事件後はマスコミや世間のバッシングを受け、その日常すらも奪われてしまいます。幸せが奪われ、どんどん追い込まれていく状況が恐ろしく、恐怖におびえながら観ていました。次に、傷つきながらもがく少女の姿についてです。加害者家族の一員である少女は、学校に行くことも出来なくなり、しつこく付きまとう世間の目に恐怖や憤りを覚え、感情をむき出しにしながら周囲とぶつかっていきます。突然自分の身に降りかかってきた絶望的な状況に、混乱し自暴自棄になりながらも懸命に生きようとする少女の姿が健気で、なんとか救われて欲しいと思いながら観ていました。また、表情や言葉から、悲しみや苦しさ、怒りなど少女が抱える感情が痛いほど伝わってきて、何度も少女に感情移入しながら観ていました。

50代女性
50代女性

犯罪加害者家族の救いがたい悲劇を描いている映画です。犯罪被害者の保護はよくクローズアップされていましたが、犯罪加害者家族を描く作品は少なかったように思います。警察が保護してくれる事実を初めて知りました。未成年の凶悪事件は世間をより騒がせ、名前が晒されないからこそ、ネット民を騒がせます。親の責任も問われますから両親も世の中の非難を一身に浴びてしまいます。しかし、兄弟姉妹はどうでしょう?責任は微塵もないにも関わらず、非難は両親と同じように浴びてしまいます。学校にも通えずマスコミに追われ、人生の全てを失うと言っても過言ではありません。裏切りのオンパレードにも合うと思います。そして、この映画の犯罪加害者の妹は母親まで自殺してしまいます。確かに少年犯罪の親は責任問題も生じ、苦しさは半端ないでしょう。でも、子供の更正を見届けることも責任を果たす一環になるので、死ぬことだけは絶対にしてはいけないことです。その事で他の家族をも絶望させてしまいますし、どんなに苦しくても生きる道を選んで欲しかったです。あとインターネットの発達はこの映画の犯罪加害者家族ではなく犯罪被害者家族も苦しめます。私たちは正しい情報と間違った情報を見極める力を持たなければならないと感じました。そして一つの事件の影には様々な涙があるのだ、と再確認しました。

 

30代男性
30代男性

家族が犯罪者になってしまったら、どうなってしまうのか。この映画は、加害者家族たちの苦しみをテーマに描いた作品です。かなり誇張している部分もありますし、これがつくられた時代もまだまだネット創世記で、今の人からするとあまりリアリティを感じられないかもしれませんが、込められたメッセージには真実が混じっているのかなと思います。加害者家族というだけで、いたずら電話をされたり、報道陣に毎日つけまわされたり、身内や友達から酷い言葉を浴びせられたり、自分が悪いはずないのになぜか世の中から責任を問われたり・・・。なぜ加害者家族というだけでこんなにも酷い、暴力的な扱いを受けなければならないのか。社会のブラックボックスにあった人たちの苦しみを描いた作品で、当時の日本映画としてはそれなりに新しさはあったと記憶しています。フジテレビ主導でそれ描くんかい!みたいな批判もけっこうあった気はしますが・・・。まあでも、「ひどい」とか「かわいそう」とか感想を持つ人たちも、現実では加害者家族を責めている側だったりするので、人間の醜さがよくわかる作品でした。レビューを見ても問題作だったんだなあということが見て取れます。ひとつの犯罪が起こってしまった時に、社会はそこから発生する多くの問題に対してどう接していくべきなのか、問題はかつてよりも表面化しているにも関わらず、その多くは問題のまま放置されています。もう何年も昔の作品なのに、いまだにこの問題はなくなっていません。その事実そのものが、悲しいことと言えるかもしれませんね。

20代女性
20代女性

ごく一般的な多感な年ごろの少女を取り巻く環境が、ある日突然一つの事件をきっかけにして瞬く間に変わっていきます。急速に変化する状況を理解することが出来ないまま、あらゆる種類の「悪」が牙をむいて襲い掛かり、少女は翻弄されます。信じた人に裏切られ、大切な人を失っていく。関わる周りの大人やその家族を巻き込みながらも、少しずつ向き合い受け止める姿に心動かされました。無責任な顔の見えない第三者たちの悪意が恐ろしいスピードで何人もの人生と尊厳を簡単に奪っていく描写がとてもリアルでした。この事件が解決し、世間の興味関心が新たな事件へ移り次第に忘れ去られていったとしても、少女の心には大きな傷が残ることでしょう。果たして悪意の始まりはどこからだったのか、容疑者とは誰で被害者とは誰なのか。前面に描かれた悪意の裏では、複雑な感情の葛藤がありつつも温かく支えてくれる人達の人間模様が描かれていて、その心理描写がとても繊細で心に響きます。すごく嫌な登場人物でも背景や立場を鑑みると理不尽で攻撃的な行動までも共感できるところがあったり、視点を変えて見てみることで解釈が変わり感じ方も違ってくるため何通りも味わえます。プライバシーや個人情報の保護、インターネットの在り方などについても現在の社会問題と相まってとても考えさせられる面白い作品でした。

 

30代女性
30代女性

加害者家族側をテーマにしている映画はいくつか観たことがありましたが、加害者家族の保護をするというのは初めて観ました。被害者家族ではなく加害者家族も保護されるのは何故だろうと思う人もいるかもしれませんが、そんな人にはこの映画を観て欲しいです。全くおかしな話ですが被害者家族もネットの誹謗中傷を受ける時代で、加害者家族への誹謗中傷はさらにひどいものだと思います。加害者家族への誹謗中傷が広がることが恐ろしいのはその誹謗中傷をしている人々が自分は正しいことをしているという正義感のようなものを持っているところだと思います。この歪んだ正義感で人を傷つけていることを想像できない、あるいは傷つけられて当然のことをした人だからと思っている人々の想像力のなさに腹が立ちます。映画なので綺麗に描かれている部分も多いと思いますが、それでもやはり個人的には自分に直接関係の無い人へ誹謗中傷は許せないと思います。個人的な直接的な攻撃ではなくネットを味方につけての正義感を振りかざした攻撃にはどんな意味があるのかをもっと考えてほしい、そう映画は訴えていたような気がします。散々誹謗中傷をしてきた人々が違う事件が起きたらすぐにそっちに流れていくところもいい意味でとても後味が悪かったです。

 

30代男性
30代男性

18歳の少年Aが起こした小学生殺害事件によって、あっという間に離婚から一離散と追い込まれていく船村一家のマイホームが映し出されていました。近隣住民から浴びせられる冷たい眼差し、マスコミによるセンセーショナルな報道、さらにはインターネット上での不特定多数による誹謗中傷。この映画が公開された2009年当時はまだSNSが普及していない時代でしたが、いま現在の炎上騒ぎやフェイクニュースを予感させるような描写もあってリアリティーがあります。どこか陰のある刑事・勝浦卓美に佐藤浩市が苦悩をにじませながら扮していますが、その任務は事件の真相究明でもなく犯人逮捕でもありません。志田未来が演じている容疑者の妹・船村沙織の保護を命じられた勝浦が、他人行儀でぶっきらぼうなのが気になりますね。私生活では夫婦関係が破綻寸前を迎えている勝浦が、実の娘に対して打ち明けることができない気持ちを沙織にぶつけていくのが皮肉です。わずか15歳にして世間の残酷さを突きつけられて、ただただ不条理な運命を受け入れるしかない沙織には胸が痛みます。その一方では逃避行を続けていく勝浦と沙織の間に芽生えていく絆には、わずかながらの希望と勇気を貰えることでしょう。

 

30代女性
30代女性

加害者の家族がどんな扱いを受けるのかが描かれます。社会的な制裁がこのような形でいいのか、観た人にとって問いを残す作品になっていると思います。導入は、北乃きいが楽しそうに体育の授業を受けているシーンです。ですが悲しい旋律を歌う曲が流れています。並行して、18歳の少年が小学生姉妹を殺害したとして、警察が少年を逮捕するため自宅へ向かいます。北乃きいは少年の妹で15歳です。突然警察が家に来て、家族が容疑者として連れていかれる。家宅捜査で警官が家にごったがえしている。そんな中に役所の人がやってきて、世間から身を隠すため、離婚、再婚、養子縁組、の手続きをすすめます。容赦ありません。逮捕直後の受け入れられない家族の様子が詳しく伝わってきました。北乃きいは警察に保護されることになり、その担当が佐藤浩市です。マスコミや世間から逃れるための3日間が描かれます。佐藤は過去、容疑者を確保する直前に5歳の男の子が殺されてしまうということがありました。その男の子の両親を頼って、北乃を伊豆のペンションへ連れて行きます。警察という組織、警官という1人の人間、加害者と被害者、その家族という、様々な人間が関わり合うことになります。家族を守るためという目的を意識することで、少し強くなれるかもしれない、という希望が最後にはありました。

 

まとめ

『誰も守ってくれない』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました