男子高校生の日常(アニメ)の無料動画フル配信|1話から全話イッキ見

アニメ動画

男子高校生の日常(アニメ)の動画フルを安全に見る方法

『男子高校生の日常』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『男子高校生の日常』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

男子高校生の日常(アニメ)の内容

アニメ『男子高校生の日常』は、2012年1月~3月に放送されていました。原作漫画は累計230万部を突破した人気作品です。男子高校生のなんてことない日常に潜む笑いがコミカルに描かれています。ストーリー性はあまりなく、ギャグの短編集のような感じで楽しめる作品です。

監督・脚本を務めるのは、こち亀や銀魂などの人気作品も手掛ける高松信司さんです。

2013年には、菅田将暉さん、野村周平さん、吉沢亮さんらがメインキャストとして映画化もされ話題を呼びました。

 

ギャグの短編集のような感じでテンポ良く気軽に見られる。男子ならではのくだらないやり取りやシュールなミニコントが笑いを誘います。

ゆるーい男子高校生のおバカな日常。主人公がいい意味で主人公っぽくなくて、みんなキャラクターが濃くて面白い。声優も豪華!

かなり面白くて原作漫画も買ってしまった!文学少女シリーズが1番面白い。男性女性問わずおすすめしたいアニメです。

面白くてあっという間に見れちゃう!アニメを普段見ない人でも見やすい構成になっていて、万人受けすると思いました。

 

あらすじ

第一話では、タダクニ、ヒデノリ、ヨシタケの3人がタダクニの家で他愛もない会話をしているシーンからはじまります。全12話の物語で基本的に大きなストーリーはなく、ただただ日常のシュールな笑いを描いたアニメになっています。各回5~7個前後の短いギャグシーンがテンポよく続く、短編集のような構成です。

見どころ

『男子高校生と文学少女』

ある日、ヒデノリが夕日の見える河原で寝転がりながら読書をしていると、見知らぬ文学少女が彼のそばに腰かけます。何も言葉を発しない文学少女に対し、「夕焼けが、綺麗ですね。」「今日は風が騒がしいな。」などと、すかした”それっぽい言葉”をつぶやくヒデノリ。少年と少女が河原で出会う自作ラブストーリーを書いている文学少女は、主人公とヒデノリの姿を重ね合わせてにやにやと大喜び。

この文学少女とのシリーズがシュールで面白く、結構人気の高いキャラクターです。

『男子高校生と文化祭』

なんてことない日常のワンシーンを描いている本作品ですが、文化祭という少し非日常の設定の話もあります。男子校と女子校合同の文化祭なので、普段はあまり出てこない女子キャラクターも出てきて面白いです。

菅田将暉さん主演で実写化された映画版では、この文化祭の話をメインに描かれています。

スタッフ

原作:山内泰延「男子高校生の日常」
監督:高松信司

キャスト(声の出演)

・真田北高校

タダクニ(入野自由)
主人公。ヨシタケ、ヒデノリといつもつるんでいて、3人の中ではつっこみ役。主人公だがあまり特徴はなく、ごく普通の青年。ピザ屋でアルバイトをしている。

ヨシタケ(鈴村健一)
3人の中で1番明るい性格。交友関係が広くて友達が多い。

ヒデノリ(杉田智和)
眼鏡をかけていて真面目そうに見えるがおかしな発言が多い。

会長(石田彰)
生徒会会長。チャラい性格で、あまり仕事はせず気楽に過ごしている。

副会長(安元洋貴)
色黒で金髪姿の少年。老け顔で、りんごちゃんには28歳に間違えられた。

唐沢としゆき(小野友樹)
生徒会役員。常に帽子をかぶっている。

モトハル(浪川大輔)
強面のヤンキーだが、姉と結構仲が良い。

 

・他校の女子

りんごちゃん(悠木碧)
真田東高校の生徒会長。りんごというのは本名ではなく、ほっぺがりんごみたいに赤いことから付いたあだ名。気が強く、感情的になることが多い。

文学少女(日笠陽子)
真田西高校。河原で読書をしていたヒデノリを見かけた際に、風使いの少年のイメージを彼に見出す。実は社交的で学校では友達が多いらしい。

タダクニの妹(高垣彩陽)
兄とは仲が悪く、ほとんど会話はしない。3人のいたずらに振り回されている。

なごさん(皆川純子)
タダクニと同じバイト先で働く真田中央高校の女子。身長が高くぽっちゃり体型。

 

『男子高校生の日常』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

男子高校生の日常(アニメ)の感想

30代男性
30代男性

男子高校生の日常について、なんとも言えない雰囲気のあるアニメでした。原作がもともと少し笑いのツボがかたよっているギャグマンガみたいなものであり、日々の日常アニメとして期待すると期待外れかもしれません。個人的には作中にある女子高校生の日常という内容の話の方が好きでした。声優が結構豪華で、それだけでも見る価値はあったかなと思います。恋愛系の話はほぼほぼなく(あっても、よくわからない女子生徒と主役級の男子のやりとり)くすっと笑えるギャグ系の展開となっています。話の構成的には、ギャグが2割、日常的なストーリー3割、5割が内輪のノリのストーリーです。個人的にこの内輪ノリというか、作者が面白がってのせているストーリーが嫌いでした。キャラクター達については、それぞれキャラが立っていたとは言えません。なんとかして声優陣のパワーで盛り上げていた感がかなり強いです。しかも、1話で突っ込み役であった男子キャラがだんだんと出番がなくなり、最終的にはほぼほぼ出番がないという悲惨な状態。それを面白がって作っているところもイラっとしました。個人的に好きなキャラだったので残念です。ほのぼのとした男子高校生の日常アニメを見たいのであれば是非見てみてください。

 

20代女性
20代女性

実写化された映画に影響されたのとアニメ好きな友達がおすすめしていたので気になってアニメを見始めました。実写化されて話がおもしろかったのでアニメはもっと面白いかなと思って見始めましたが、絵がなんかシュールでそこでじわじわきました。実写はちょっと美化されているなと思いましたが、実写のメンバーは良かったのではないかなと思いました。一話の中で短編が何本かが組まれていて出来ている作品なので気軽な気持ちで見れて、すぐ終わるし見やすかったです。じっくりみることもなく何かしながらでも理解できるような作品で、ぼーっとしながら観ていました。文学少女とヒデノリのよくわからない展開がじわるなっておもってました。その展開が何回かに渡って繰り広げられるのがなんなんだろうってなってました。個人個人に細かい設定があってその設定に笑わされたり、アニメ界で一番シュールでシュールな笑いを見せてくれる作品だなと思いました。一番アニメをみて衝撃だったのが陽気なキャラでもないのにヨシタケ金髪だということでした。高校生で陽気なキャラではないのに金髪に染めていて学校に行ってることに驚きましたし、がんばってるなって思ってしまいました。

20代女性
20代女性

日常ものといえばかわいい女の子が主役であるという認識をいい意味で覆してくれた作品です。男子高校生たちのおバカな行動を描いたギャグ作品で、爆笑系というよりは少しシュールでくすっと笑えるところがいいと思います。1話の中に多くの短編が詰め込まれている形式なのでテンポよく話が進むのが楽しいです。特に好きなエピソードは第1話の「男子高校生と文学少女」と第3話の「男子高校生と温泉卓球」です。前者は作中でも人気の高い話だけに面白く、何度見てもオチで笑ってしまいます。後者は勝手なイメージで男子高校生が本当にやっていそうな遊びを主人公タダクニをはじめとしたメインキャラがやっているのが微笑ましくて好きです。また、メイン3人の入野自由さん、杉田智和さん、鈴村健一さんのほか、有名声優さんが多数出演しているのも魅力的です。他の作品では声がイメージに合わないキャラが1人くらいはいることが多いですが、『男子高校生の日常』は単に豪華なだけでなくどのキャラも声がハマっており、初めて見たときも自然と受け入れられました。ギャグアニメの割には基本的にローテンションで見ていて疲れないところが好きですが、ときおりはさまる「女子高校生は異常」は本編よりもハイテンションで良いメリハリになっていると思います。

 

30代男性
30代男性

「男子高校生の日常」は、個人的には珍しいジャンルのアニメだなと思って見ていました。女子高生の日常を描いたアニメというのはいくつか見てきたものの、男子高校生の場合には聞いたことがなかったので、そういうアニメがあるということ自体がかなり新鮮でした。自分が男であるため、こういうアニメは自分の高校生のときの日常を思い出させてくれるような、そんな気分だったと思います。また、私は男子校ではありませんでしたが、だからこそ男子校に通う男子高校生の日常というのが非常に興味深く見ることができたということも言えると思います。このアニメが実際の男子校の実態をどこまで表しているか?は分からないものの、共学の高校とはなんとなく雰囲気が違うというのがあったと思うのです。自分が共学の高校に通っていたので、余計にそういう感覚になりました。同じ男子高校生でも、共学のケースと男子校のケースでは環境に明らかな違いがあるので、そこでの日常というのも差があり、そういう部分を実感しやすいアニメだったなと思います。ただ、自分が男子校に通ったことがなかっただけに、男子校という部分に興味が出てきた、男子校も楽しそうだなと思えた側面もあったと思います。

 

20代女性
20代女性

私は、高校生の頃友達に紹介されて何回か見た事がありますが、男子高校生の日常は、名前の通りほのぼの系です。基本男子高校生しか出てこないのですが、たまに女子高生も出てきます。その絡みもまた面白いです。大人の方がみても学生さんがみてもだれでも楽しめるアニメだと思います。社会人の人が観ると学生の頃に戻りたくなります。個性が全く違う3人が出てきて、ボケとツッコミが綺麗になりたっています。ざっくり紹介するだけでは物足りないので、個人的に好きなシーンを紹介します。1人の男子高校生が河川敷に座っていて、後ろからまた1人の女子高生が傍にやってきます。どうしたんだろう?と思う男子高校生。ずっと後ろに立っているので気になり、何か言わないとと考える。そこで出るセリフはなぜかクサイ言葉。しまったと思ったのも束の間。何故か女子高生が便乗して、ノリの良い言葉を交わす。思わず友達と真似したくなるような場面です。なんと言ったのか気になる方は是非検索して、自分の目で確かめてみて下さい。まだまだ私が好きなシーンはたくさんありますが、ここでは書ききれないほどいいものです。1話見るだけでも全然楽しめるので、スキマ時間にでも観るみてください。

20代男性
20代男性

個人的に久々に腹を抱えて笑えるアニメだった。何気にないジャンル男子高校生を主体にした日常アニメという題材、そして死ぬほどキレッキレのギャグ。きっと男子高校生というか学生生活を送った健全な男子ならば、陰キャだろうが陽キャだろうが等しく爆笑必須です。たぶん主人公たちの精神年齢はどちらかといえば中学生くらい、帰りに木の棒を拾えばドラクエが始まり、友達の家に集まっても暇を持て余しまくっているから、部屋の中で寸劇冒険したり、ラジオごっこしたり、とにかくアホなことには事欠かない。主人公たちの在籍する学校は、まごうことなき男子校だが、流石に男子高校生オンリーの「魁男塾」」みたいな絵面ではむさくるしすぎるので、一応はかわいい女の子も登場する、しかし基本に頭がヤバい、とにかくヤバい女子しか出てこない。唯一まともなのは「りんごちゃん:」くらい。あと「文学少女」は一応まともではあるのかもしれないけれどこっちが恥ずかしくなる、黒歴史を臆面もなく垂れ流してくる。たまに恋愛っぽいこともあるがそんなものは発展するわけもなく、大体一話完結で話が進む。気軽にかつ、友達と一緒に見てバカみたいに笑うにはとてもおススメです。惜しむらくは、漫画も完結してしまっており、アニメも続編はなさそうなんで、できればもっと続いてほしかったくらいでしょうか。あ、主人公は一応「タダクニ」です。

30代女性
30代女性

クスッと笑えるシーンから、数日後思い出して笑ってしまう内容、思わず深く考えてしまう内容まで盛りだくさんのアニメです。軽い気持ちで見れますが、意外と哲学的なことまで学べるので見ていて癖になります。私が最も好きなキャラは副会長。強面なのに、礼儀正しすぎて挙動の一つ一つが面白いです。それに比べて会長のノリだけで生きる様子もかなり面白いです。こんな高校生がクラスにいたら、私の高校生活ももっと楽しかっただろうな~と思います。このアニメは、現役高校生にウケることはもちろんですが、学生時代あんまり楽しくなかったな~と思っている大人にもおススメです。なんだ、もっと気を抜いて生きて来ればよかったんだと思わせてくれる作品ですよ。主人公のタダクニは本当に影が薄くて、あれ、今回の話で何か言ってたっけ?と思ってしまうことも多々ありますが、それでも彼の美学は時折胸に深く突き刺さります。まさに、皆違って皆いいんだ!と思わせてくれるアニメです。人との違いを楽しんで、自分の個性を認められるようになったらこれほど生きやすい世の中ってないですよね。仕事で疲れた~とベッドに倒れ込みたい日でも、このアニメを見たら元気&癒しをもらえると思います。

30代女性
30代女性

男子高校の日常とは、その日その日の男子高校生が何を考え何をしているのかをまとめたアニメです。あまり知られていないアニメですが、非常におもしろいです。声優陣も豪華です。主人公で三人男の子がいるんですが、それぞれ杉田智和さん、鈴村健一さん、入野自由さんが声を充てています。三人のやり取りが非常に巧みでアドリブでやっていた回もあるみたいです。アドリブだからこそ素のツッコみやボケが引き立っておもしろくさせています。ある回で本人たちが怖いと思った話を披露するって回があるんですが、後に調べたら作り話じゃなくて本当に本人たちが体験したことを語っていたってことを知って爆笑したのを覚えています。他にクラスメートの男子や他の高校の女子たち、男子たちの姉や妹、色々なキャラが出てきますが女子たちに対する男子の態度や女姉妹に対する考えや行動、あぁこんなこと考えてそうだなぁとか共感できます。私自身も兄がいるので結構共感した部分はあり、アニメだからってこんな話の展開ないでしょって思う部分がハッキリ言ってないです。全部の話が結構リアルであり得そうな話なので、学生時代を思い出してクラスにこんな男子いたなぁとか考えながら見ると尚更おもしろいです。兄妹がいる人はもちろん、一人っ子の人や現在学生でいる人にもオススメで万人にウケるアニメです。

30代男性
30代男性

日常アニメというのは、今やアニメ界ではバトルものや恋愛ものと同じく王道ジャンルの一角として君臨しています。しかし、それらの日常ものは概して「萌え」とセットになっている作品ばかりで、登場人物たちは皆可愛い女の子ばかり、基本的に男子はどこか画面から見えないところに陰を潜めているような作品ばかりです。そんな中この「男子高校生の日常」はタイトルが示すとおり、登場人物たちが皆暇を持て余した男子高校生ばかりだというところに決定的な新しさがあります。萌女子高生に比べて、大してかっこよくもない男子高校生たちは何の花もない退屈な存在。しかしだからこそ、タダクニ達が繰り広げる気の抜けた笑いの世界に妙な共感を覚えてしまうのです。この作品で描かれる、日常的な下らないことにやたらと熱を注いでしまう登場人物たちの姿は、かつて男子高校生だった我々からするればどれも痛いほどよく分かるものばかりではないでしょうか。もちろん脇役としては可愛い女子高生たちものたくさん登場しますが、彼女たちも男子陣に負けるとも劣らない暇人の変人ばかりです。ともかく肩の力を抜いて笑いたいという方には是非おすすめの作品で、全12話と短く内容もハイテンションで進行していきますので、気がついたらすぐに見終わってしまうことでしょう。同系の男子高校生に焦点をあてた作品には「監獄学園」がありますが、「男子高校生の日常」のほうが過激な描写も少なく、安心して見る事ができます。

20代男性
20代男性

私はこのアニメを見て非常にセンスのある日常系ギャグアニメと感じました。このアニメは日常系ギャグアニメの先駆け的存在でもあり、話題性も高かったので私の周りの人もみんな見ていたような気がします。男子高校生たちがバカやってるだけの単純で。、ストーリーもあってないようなはずの内容なはずなのに、いつまでもゲラゲラ笑えて来てしまう感じがあります。年頃の若い男って本当にいい意味でバカというか、突き抜けているなあと自分の学生時代を思わず振り返って懐かしい気持ちになってしまいました。声優も豪華で演技力に溢れるキャストで固められており、よりアニメへの没入感が増していきました。多くのファンを獲得したのはキャストのおかげもあるのかななんて思ったりします。そして気になって周りの人やネット上での意見を見ると、やはり文学少女に関するエピソードが人気があります。私も好きで仕方ないエピソードではありますが、作中でもやはり人気が高いキャラなんだなあと改めて思い知らされました。最近知ったのですがアニメ「銀魂」となんと制作が同じらしく、私は「銀魂」も好きなのでこれを知ったときは思わずびっくりしました。やはり面白い制作陣は何を作らせても面白いものを仕上げるんだなと感じました。

 

まとめ

『男子高校生の日常』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました