だんらん(ドラマ)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

国内ドラマ

だんらん(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『だんらん』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『だんらん』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

だんらん(ドラマ)の内容

『だんらん』は、2013年1月に関西テレビにて放送されました。吉本興業創業100周年特別企画と笑福亭仁鶴50周年記念に製作されたスペシャルドラマです。

笑福亭仁鶴師匠が自らが本作の原案を考え、それを俳優の佐藤二朗さんが脚本しました。

スペシャルドラマ『だんらん』は、日々暮らしている日常の中で、改めて家族の絆と面白さを見つめ直す作品となっており、矢沢家の5人家族を村上ショージさん、南野陽子さん、菅田将暉さん、矢倉楓子さん、近藤正臣さんが務め、また原案者の仁鶴師匠、脚本の佐藤二朗さんも出演しております。
また、大阪を舞台にしているので、出演者のほとんどを関西出身で固めております。

話が進むほど面白くなっていきますので最後まで観て欲しいですね。
普段は関西弁のドラマは好んで見ませんが、なぜかしっくり見ることができました。

iphone5での撮影に関しては素人目には良くも悪くも差が分からず。ですが、話の内容としては楽しく観る事が出来ました。

幼き日の菅田将暉さんと佐藤二朗さんが共演!
ピリピリした19歳の男子を菅田さんが演じており、それをどこの誰ともわからないおじさんが理解しつつも注意したりする。でもおじさんも社会不適合者だからなんともカッコがつかない…なんてよくある日常を描いてるホームドラマになっていました。

吉本興業の記念ドラマっていうだけで期待せずに見てみましたが、想像以上に面白かったです。
南野陽子さんが演じた矢沢家の主婦は、着飾っておらずとても良かったでした。ほのぼのとした良いドラマです。

仁鶴師匠が描こうとしていた内容を、見事に表現されているドラマとなっているかと思います。

また、若くて紅顔の美少年の菅田将暉さんがかわいいとの声も多くありました。

あらすじ

矢沢家は、修(村上ショージ)、道子(南野陽子)、英吉(菅田将暉)、里美(矢倉楓子)、庄司(近藤正臣)の5人家族で大阪に暮らしています。矢沢家のご先祖様である江戸時代の落語家・落葉亭風琴(笑福亭仁鶴)は、矢沢家が心配であの世からのぞきに来ては、それぞれが抱える悩みを心配していました。

英吉は東大に合格するほど頭が良いですが、いじめが原因で進学も就職もせず退屈な毎日を過ごしていました。父である修は印刷会社に勤めておりますが、年下の上司・小杉(ほっしゃん。)に毎日のように成績不振を責められ、落ち込んでおります。

ある日、修に大手企業の会長・鬼頭宗雄(オール巨人)から仕事の依頼がやってきます。鬼頭は修の熱意に惚れ仕事を任せましたが、小杉のミスにより鬼頭を怒らせてしまいます。渋々謝罪に向かった小杉は、反省するどころか、修に責任をなすりつけます。そのことに気づいた鬼頭は、ある要求を突きつけることにしました…。

見どころ

世界初(?)の挑戦

本作の撮影は全編を通して、iPhone5を使用するというテレビドラマ界初のチャレンジとなっております。

既製のカメラでは撮れない角度、撮れない位置を可能にするためとの事です。確かに、テレビ局にあるような高額な本格的カメラでホームビデオなどを撮るはずもないですもんね。臨場感溢れる理由が分かりました。

ちなみに、この画期的な試みに仁鶴師匠は「まずiPhoneなるもんはどんなもんやと(笑)」存在すら知らなかったみたいです。

仁鶴師匠の想い

原案が生まれた経緯について、50周年を迎える原案者・仁鶴師匠は

今まで見つめてきた落語と現代の中で、最も伝えたかった「人と人とのぬくもり」を描きたい。
一見当たり前の日常に見える家族の小事件…。実はその「当たり前」こそが、何よりも大切な存在なのだ。

と語っておりました。現代社会において、昔や落語のような「人と人とのぬくもり」を当たり前と思わず、大事にしてほしいという気持ちが伝わってくる作品となっております。

スタッフ

原案:笑福亭 仁鶴
脚本:佐藤 二朗
演出:白木 啓一郎
音楽:松下 昇平

キャスト

矢沢家

修:村上ショージ
矢沢家の主人。印刷会社に勤めている。

道子:南野陽子
修の妻。

英吉:菅田将暉
修と道子の19歳の息子。

里美:矢倉楓子(NMB48)
修と道子の14歳中学生の娘。

庄司:近藤正臣
修の父。

その他

江戸時代の落語家・落葉亭風琴:笑福亭仁鶴
矢沢家のご先祖様。

小杉:ほっしゃん。
修が務める印刷会社の年下上司。

鬼頭宗雄:オール巨人
大手企業「鬼頭ビバレッジ」の会長。

春日:佐藤二朗
英吉の唯一の話し相手。無職の中年男。

所長:大平サブロー

小林:西川忠志

後藤時子:木下百花(当時NMB48)

綾:與儀ケイラ(当時NMB48)

マキ:押谷かおり

川下大洋

鈴木つかさ

朱帥明

土肥ポン太

八田麻住

野田裕成

福田薫

永沼伊久也

高樹リサ

重松由喜榮

高橋真理恵(KTVアナウンサー)

『だんらん』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

だんらん(ドラマ)の感想

40代女性
40代女性

大阪に住む5人家族を描いた作品でしたが、その家族のご先祖さまで江戸時代の落語家・風琴がちょくちょく現れるのが面白かったです。もちろん、家族たちには見えてないのですが。それぞれ家族が悩みを持っていて勝手に?、風琴が気を揉んでいるのがもどかしかったです。想いがあっても何も出来ないと言うのはもどかしいでしょうね。それにしても今から思えば豪華な家族でした。おじぃの近藤正臣さんに孫が菅田真暉くんってどんな家族って思っちゃいました。おとんの村上ショージさんとおかんの南野陽子さんの普通っぽさもほのぼのしていて良かったです。けっこうお笑い芸人さんが出ていておとん・修の勤める会社の上司がほっしゃん、得意先の会長がオール巨人さんと言い味出してくれてました。並行して色んな問題がそれぞれに持ち上がるのですが、そのことを通して生きることとは、家族とはということを考えさせられました。特におじぃは年を取っているので「自分には何もない」と生きる意味を見失っているのが寂しかったです。でも家族たちの小さな悩みを見るにつれ、まだ死ねないと思うことで前を向いて行くことになったのが良かったです。きっと自分の存在も相手にとっては大事だとも感じたのではないかなと思います。何か特別なことが出来るのも凄いけど、ただ話を聞いたり、役立つかどうかは別として意見を言ってあげるというのも大切なことだと感じます。人と人とのぬくもりを感じる作品でした。笑福亭仁鶴さんが原案だけに古典落語のエッセンスが随所に見受けられました。ちゃっかりご先祖様の風琴役で出るというのも可愛く感じました。

 

まとめ

『だんらん』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました