忠臣蔵外伝 四谷怪談(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

歴史時代劇
忠臣蔵外伝 四谷怪談(予告)

忠臣蔵外伝 四谷怪談(映画)の動画フルを安全に見る方法

『忠臣蔵外伝 四谷怪談』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『忠臣蔵外伝 四谷怪談』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

忠臣蔵外伝 四谷怪談(映画)の内容

映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』は、松竹誕生100周年記念作品として、1994年10月に公開されました。

監督は、クエンティン・タランティーノやジョン・ウーなどが支持を公表している、世界的にも有名な深作欣二さんが務めました。

映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』は、忠臣蔵と四谷怪談を融合させた時代劇エンタテインメント作品となっており、佐藤浩市さん、高岡早紀さん、荻野目慶子さん、渡辺えり子さんに、特別出演として真田広之さん、田村高廣さん、名取裕子さんなど豪華俳優陣が出演しております。

本作は、第18回日本アカデミー賞において最優秀作品賞をはじめ、合計12部門の受賞し話題となりました。

忠臣蔵と四谷怪談を繋げるというアイデアが凄いですね。深作欣二監督は期待を裏切らない監督。何度見ても飽きません。

ユーモラスな表現が多いかと思いきや、しっかり残酷なシーンもあり、引き込まれました。

とにかく快感すら感じてしまうテンポが良さ。アクションシーンは、日本の時代劇では最高レベルだと思います。見ていて痛快な深作ワールドが展開されていき、不思議な魅力に包まれる作品です。映像的にも美しくて最高の一作です。

ラストが印象的。激闘が終わって静けさが戻ってきて、琵琶の懐かしい音色が鳴り響く。素晴らしい終わり方だと思いました。

あらすじ

貧しい浪人の伊右衛門(佐藤浩市)は琵琶を弾きながら、辻斬りにも手を染めて生活費を稼ぐ日々を過ごしておりましたが、ある時、縁があり赤穂藩に仕えることになりました。

しかし、わずか2か月後に赤穂藩の藩主・浅野内匠頭(真田広之)が江戸城の廊下で吉良上野介(田村高廣)に斬りかかるという前代未聞の事件が勃発しました。その日のうちに、浅野内匠頭は切腹を命じられ赤穂藩は取り潰しとなり、伊右衛門は再び浪人の身となりました。

浪人となった伊右衛門は琵琶を手に生活費を稼ごうとしておりましたが、ひょうんなことから、湯女宿の湯女であるお岩と知り合い、ほどなくして二人は一緒に暮らすことになりました。幸せな生活を続けている中で、お岩のお腹には伊右衛門との子を授かりました。

そんなある日、いつものように琵琶を奏でていると、酔っ払いに絡まれているお梅を助けました。お梅の祖父は吉良家の家臣である喜兵衛(石橋蓮司)。そんなお梅は伊右衛門に夢中となり、婿入りの話を持ち掛けます。すると、伊右衛門は次第にお岩の存在が疎ましく思えるようになっておりました。

そして、伊右衛門はお岩と別れて、お梅のところへ婿入りを決断しました。その結末に待っていたものとは…?

見どころ

ホラーというより不気味

ホラー映画と捉えて良いのか判断が難しい作品ですが、ホラー映画にある特有の怖さよりも、俳優陣たちの怪演の怖さが目立った映画となっております。

存在が不気味な喜兵衛役の石橋蓮司さん。同じく存在が不気味なお槇役の渡辺えり子さんがニッタ~とほほ笑むシーンは背筋がゾゾっとするほど気色が悪いです。

その二人を圧倒的に超えるのが、お梅役の荻野目慶子さんです。目つきが鋭く、キツネに憑りつかれたような怖い顔をしており、狂喜乱舞を繰り返すキレた演技という生易しい言葉では済まされない行動の不可解さ。

全ての常識を逸脱しており、逆に見事としか言いようがない怪演を披露してくれております。

高岡早紀のボディ

伊右衛門と恋仲になるお岩役を演じた高岡早紀さん。

伊右衛門との濡れ場のシーンがあり、惜しげもなく披露するバストの豊かさには目をみはるものがあります。悩殺されるほど魅力が十分な彼女の体当たりの演技は見事です。

そんな彼女の演技が評価され、日本アカデミー賞において最優秀主演女優賞と新人俳優賞の2冠を達成。さらに、キネマ旬報賞、報知映画賞、日刊スポーツ映画大賞、ブルーリボン賞、ヨコハマ映画祭で主演女優賞を総なめにし、一気に知名度を上げました。

スタッフ

監督:深作 欣二
脚本:古田 求 / 深作 欣二
製作:櫻井 洋三
音楽:和田 薫
主題歌:オルフ「カルミナ・ブラーナ」

キャスト

民谷伊右衛門:佐藤浩市
琵琶を弾きながら、辻斬りにも手を染めて生活費を稼ぐ浪人。

お岩:高岡早紀
湯女。伊右衛門と一緒に暮らすようになり、お腹の中に二人の子を授かる。

お梅:荻野目慶子
伊右衛門に酔っ払いから助けてもらったことを機に好意を抱く。

伊藤喜兵衛:石橋蓮司
吉良家の家臣。お梅の祖父。

清水一学:蟹江敬三
吉良家の家臣。

宅悦:六平直政
湯女宿の番頭。

浅野内匠頭:真田広之
伊右衛門が2か月だけ仕えた赤穂藩の藩主。

お槇:渡辺えり子

横川勘平:火野正平

お可留:菊池麻衣子

吉良上野介:田村高廣

浮橋太夫:名取裕子

民谷伊織:近藤正臣

堀部安兵衛:渡瀬恒彦

大石内蔵助:津川雅彦

 

『忠臣蔵外伝 四谷怪談』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

忠臣蔵外伝 四谷怪談(映画)の感想

50代男性
50代男性

とても有名な忠臣蔵の話と四谷怪談。江戸時代にはわずかな一時期同時に演じられた事もあるそうです。そして2つの有名な物語を1つの作品として仕上げたのがこの映画です。映画の主人公はあくまで四谷怪談でおなじみの伊右衛門とお岩。
今回の映画では伊右衛門が赤穂藩の家来として描かれています。そしてあの松の廊下での事件が発生し皆が浪人となるというおなじみの話です。今回、印象に残ったのは伊右衛門がお岩と離れようとするきっかけをつくったお梅とお梅の祖父にして吉良上野介の家来である伊藤喜兵衛の演技です。この映画でかなりの存在感はあります。伊右衛門を虜にしていくお梅の不思議な魅力。そしてお岩の存在を排除していこうとする喜兵衛の恐ろしい行動。あくまでこの映画は忠臣蔵が話の中心ではありますが、恐怖映画の性格が一部反映しているのはお梅と喜兵衛の存在だと感じました。お岩は喜兵衛の計画により苦しみながら命を落としていきます。悔しさのあまり霊としてよみがえりなんと、赤穂浪士に見えない力を与えていく所は従来の四谷怪談と性格を変えて、お岩を救世主的な存在として描いていてこの映画の見どころでもあります。2つの独立した話を、1本の作品として製作していこうとした人たちの努力は相当なものがあったと思います。創造的なアイデアこそがこの映画の特徴といえます。

30代男性
30代男性

「忠臣蔵」と「四谷怪談」というどちらも有名な物語ですが、実は同時代のお話で、鶴屋南北作の歌舞伎狂言「東海道四谷怪談」は「仮名手本忠臣蔵」の外伝として書かれて、初演から2つの作品が併演されていた事実は世間でもあまり知られていないのではないでしょうか。そんな2つの物語が百数十年ぶりに再び合体したとも言えるこの映画は、よく知られている忠臣蔵の世界に、四谷怪談の伊右衛門とお岩の物語を上手く絡ませてあります。伊右衛門が赤穂藩浅野家に仕官したものの、すぐにお取り潰しになって再度浪人となり、次いで仇である吉良家への士官を企むという流れは、クズ男としての伊右衛門のキャラクターを行動でよく表しているなと感心させられました。その伊右衛門は酷い男なのですが、演じ手の佐藤浩市のおかげで、女にはモテそうなかなりカッコいい男になっていますね。現代にいれば、さしずめホストクラブで№1に君臨しながら、多くの女性を不幸に陥れていそうな存在感でした。そしてお岩役の高岡早紀さんは幽霊姿もよく似合うのですが、劇中で大胆な姿になるシーンがあって、びっくりしました。伊右衛門の最期も、上手く赤穂浪士の討ち入りに絡めてあって、王道の娯楽時代劇に仕上がっています。

 

まとめ

『忠臣蔵外伝 四谷怪談』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました