ちょっと今から仕事やめてくる(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
「ちょっと今から仕事やめてくる」予告

ちょっと今から仕事やめてくるの動画フルを安全に見る方法

『ちょっと今から仕事やめてくる』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ちょっと今から仕事やめてくる』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ちょっと今から仕事やめてくるの内容

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』は、2017年5月に公開されました。

原作は、北川恵海さんの第21回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞し60万部突破したベストセラー小説。今のこの時代に存在する「長時間労働」「パワハラ」「自殺」など、苦しい若者の現実を描いた、働く全ての人が共感して涙した作品です。

主演の謎の男・ヤマモトを福士蒼汰さんが演じ、ブラック企業で働くサラリーマン・青山隆を工藤阿須加さんが演じました。ヤマモトは、明るくてポジティブで生き方も魅力的。一方、青山隆は真面目なサラリーマン。工藤阿須加さんは、そんな青山をイメージしてスーツを選び毎日着て体に馴染ませて生活をしていたそうです。サラリーマンが行くような飲み屋街に行って、どんな愚痴を話しているのか調査しに行ったり。そのスーツは映画でも登場しているとか。

その他、黒木華さんや森口瑤子さん、池田成志さん、小池栄子さん、吉田鋼太郎さんなど、実力派俳優が出演。

監督は、映画「八日目の蝉」や「ソロモンの偽証」など手掛けた成島出さん。エンディングに流れる主題歌「心」はコブクロが担当しています。

 

辞めずに働くことは苦痛を耐えれば出来るから、辞めないことは凄いことじゃない。ただ、辞めずに希望を持って努力し続けるのは凄い。希望を持てる環境は大事。この映画のように劣悪な環境で社員を萎縮させ、希望を失わせる企業なら辞めて当然だと思うな。

いい映画です。人生一度きりだからね。ブラック企業にしがみつくより、いろいろ経験した方がいいよね。福士蒼汰いいね。吉田鋼太郎がこれ観てると嫌いになるわ。

ああいう上司ムカつくわぁ。吉田鋼太郎さんが嫌いになりそうなったくらい吉田鋼太郎の演技は圧巻!

この映画を見て、自分もこれからどんな辛いことが起こるかわからないなと思った。それを我慢して心がボロボロになって死を考えるようになっては生きる意味が無い。人は生きてるからこそ楽しいことも幸せなことも味わうことがあるのだ。と考えることが出来た。

 

あらすじ

ブラック企業の営業部に勤務している入社1年目の青山隆(工藤阿須加)は、仕事で厳しいノルマを課せられ、上司のパワハラや、さらには長時間労働で精神的に追い詰められていました。極度の疲労から駅のホームで倒れ電車に跳ねられそうになった青山を助けたのは、同級生のヤマモト(福士蒼汰)だと名乗る男でした。

ヤマモトは、アロハシャツを羽織り、半パンにサンダルというラフな格好をし関西弁を喋り、「久しぶりやん」と声を掛けてきます。青山はそのヤマモトという男を覚えていませんでしたが、ヤマモトのペースに巻き込まれ、一緒に食事へ行くことに。トイレに立った青山は、小学校時代の同級生の岩井に電話し、ヤマモトについて問います。岩井によると、小学生時代に転校したヤマモトケンイチがいることが判明。納得した青山は、ヤマモトと楽しい時間を過ごします。

翌日、青山の住んでいる部屋を覗き込むヤマモトの姿が。青山は「休みやろ」と声を掛けてきたヤマモトと出かけ、一緒に空を見上げたり、デパートへ行ってネクタイを選んだり、営業職のアドバイスもしてくれます。その甲斐あって、営業成績も伸び始めます。

ところが、同級生の岩井から連絡があり、どうやら小学生の時に転校したヤマモトケンイチは、現在、ニューヨークにいるという情報を得ます。すると、ヤマモトは、同級生と間違えていたと言い出し、自分は”山本純”だと名乗ります。

ある日、青山は流山霊園行きのバスに乗るヤマモトを目撃し、後を追い、霊園に向かいましたが誰もいません。自宅に帰り、ネットで”山本純”と検索してみると3年前に自殺していたことが分かります。それではヤマモトと名乗る、あの男は一体何者なのか?

見どころ

初の大阪弁

今作で、福士蒼汰さんは、初の大阪弁を披露しています。福士蒼汰さん曰く、朝ドラの「あまちゃん」で久慈(岩手県)の方言を話したとき以上に、大阪弁は難しかったそうです。

このヤマモトはとても明るい役で、大阪弁の持つパワーが役柄をより印象付けました。方言指導は、芸人の烏龍パークの加藤さんで、方言指導以外にも、ノリやツッコミなど”大阪人とは”を教えてくれたそうです。福士蒼汰さんは、関西人に近づけたつもりで役を演じたようです。

パワハラ上司に注目

工藤阿須加さん演じる青山にパワハラする上司の部長・山上を演じたのは吉田鋼太郎さん。鑑賞した人たちの感想コメントにも多くあった通り、この吉田鋼太郎を観ると誰もが嫌いになってしまうほど迫真の演技を披露しました。青山を怒鳴りつけ、ロッカーを蹴りまくり、土下座させ、日に日に青山を追い詰める様子は圧巻のリアリティーです。

スタッフ

原作:北川 恵海「ちょっと今から仕事やめてくる」
監督:成島 出
脚本:多和田 久美、成島 出
音楽:安川 午朗
主題歌:コブクロ「心」

キャスト

ヤマモト:福士 蒼汰
青山隆の同級生を自称し、関西弁を話す大らかな性格。

青山 隆:工藤 阿須加
大学卒業後にブラック企業に勤め、心も体も疲れ切っている。

五十嵐 美紀:黒木 華
営業部で働く青山隆の憧れの先輩。仕事のできる有能な女性。

大場 玲子:小池 栄子
ヤマモトの過去を唯一知る女性。

山上 守:吉田 鋼太郎
パワハラ上司。部長。

青山 容子:森口 瑤子
青山隆の母。

青山 晴彦:池田 成志
青山隆の父。

 

『ちょっと今から仕事やめてくる』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ちょっと今から仕事やめてくるの感想

30代男性
30代男性

仕事で落ち込んでいるときに勇気づけられる映画です。ちょうど自分も仕事がうまくいかず自信を失っていたときにタイトルに惹かれ鑑賞しました。タイトルにある「会社をやめてくる」って実は簡単なんだけど、そういう状況に追いつめられると最悪の選択をしてしまうもの。現実世界でも過労で命を絶ってしまった人がたくさんいることが示しています。けれど、「生きてさえいれば、案外どうにでもやってけるよ」という主人公の父の言葉がなんだかその答えを示してくれているような気がしました。主人公である青山を演じるのは工藤阿須加さん。なんか普通の若手サラリーマンっぽくみえるところが良いです。不安や緊張で寝付けない夜、ミスが見つかった時の血の気を失う思い。極端ではあるがどこかありそうな上司のパワハラや職場の変な慣習。それらに苦しめられる主人公の気持ちが手に取るようにわかりました。また、福士蒼汰演じる謎の青年・ヤマモトは、少々現実離れしていますが、超現実的な設定において一種のアクセントとなる存在で案外悪くはありませんでした。また主人公の身を案じる両親の温かさに、主人公と同じく親元を離れて暮らしている自分も胸にくるものがありました。最後に主人公は自分なりの気持ちで前に進んでいく決意をします。そんな主人公に勇気をもらい、自分もすっきりした気持ちで、また仕事頑張ろうと思いました。

40代女性
40代女性

福士壮太さんが主演ということで個人的に楽しみにしていた映画です。ブラック企業に勤めていた主人公「隆」が肉体的、精神的に追い詰められていく様子に胸が痛みました。私の友人もブラック企業に勤めていて疲れ切っていた時期があり、その時に感じた胸の痛みを共有しました。主人公を救ったのが「ヤマモト」でした。死を選びそうな「隆」を心から明るくしていったのは「ヤマモト」が抱える後悔と悔しさから同じ人を出したくないという強い思いです。そのことに感動しあした。「ヤマモト」が双子の兄弟を「隆」と同じように精神的に追い詰められて自殺したとき、心がつぶれそうだったでしょう。「ヤマモト」が言った(残された家族はたまらない)という言葉は私にもわかります。(自殺ではないけど数年前に姉妹が病気で亡くなったので)「隆」が仕事を辞める話を両親に伝えた時「会社は一つじゃないから」といった言葉が胸に響きました。会社だけじゃなく、すべてのことは1つじゃない、たくさんの選択肢はあるのだと私も感じました。今の社会ではブラック企業に勤めてしまい苦しんでいる人がいます。その人たちは仕事を辞めるという考えは思いつかないのでしょう。つらくても仕事を続けて精神的なダメージを受けている人もこの映画を見て違う生き方を選ぶ勇気を持てればいいと思いました。

20代女性
20代女性

自分自身の想いも絡まってくるのですが、ちょうど観にいった際に仕事をやめたくて仕方がないときだったので主人公の青山の気持ちがすごくわかりました。あんなにひどい仕打ちはされていなかったので、青山のほうが仕事をやめたかったと思いますが…。私だったら自殺なんてせずにとりあえず仕事をやめると思います。だけどその判断がつかないくらい毎日朝から晩まで働いて2時間睡眠とかで、何度も怒鳴られて青山は精神的にぼろぼろだったんだろうと考えたら涙がとまりませんでした。そこに現れたヤマモトは、すごく明るくてとりあえず自殺をしようとする青山をしっかり止めてくれたので安心しました。どうして死ぬまで続けるの?そんな簡単なことを、青山に自覚させるために明るく振舞うヤマモトを応援したくなりました。自分の身内が青山と同じように自殺してしまったヤマモトは、きっと目の前の青山を見て救いたいと思ったのでしょう。青山を止めることで自分自身も救われる気持ちになっていたのではないかと思います。そして、青山は明るくなっていってすごく元気な声で「ちょっと今から仕事やめてくる」と言った時はうれしくなりました。そして自分もそこまで追い込まれたらもう迷わずやめようと思いました。この映画で勇気をもらった人はたくさんいると思います。

20代女性
20代女性

仕事に対してのこれまでの価値観をガラッと変えられた作品でした。作中では、ヤマモトに出会ってからの青山の表情が生き生きしていて、こんな風に毎日を過ごせたらどんなに良いだろうと作品に引き込まれました。しかしタイトルの「ちょっと今から仕事やめてくる」という生き方は、やはり躊躇してしまいます。仕事を辞めた後の世間体や暮らしの保障がないこと。そして、ちょっと今からという軽さ。映画を観ている間に何度も、これはあくまでもファンタジーの世界だと自分に言い聞かせてしまうほどでした。青山も、きっと視聴者と同じように自分のこれまでの自分自身の行いを信じたかったからヤマモトの存在をお化けだと言い聞かせていたんだと思います。わたしも、ヤマモトの謎すぎる行動には何度も振り回されましたが、彼の過去や真実に触れていく中で、改めてその魅力に気付きました。この映画を観て、人生は何事もきっかけが重要なんだと感じました。大人になってから、良いことや悪いことが波のように迫る日々を、他者に揉まれながら生きていくのは苦しいことが多いですが意外にも1歩を踏み出すのは簡単なものです。今、仕事が上手くいっていない人や平凡な毎日に飽き飽きしている人、より良い仕事への転職を考えている人など、同じように社会に立ち向かっている現代の大人に紹介したいなと思う作品です。

 

30代女性
30代女性

主人公は世間一般でいうところのブラック企業で、日々体と精神を酷使する生活を送っています。朝から夜遅くまで、大して人間関係も良くない会社に出社し続ける辛さが、リアルに伝わってきて、心が痛くなりました。ブラック企業はもちろんですが、そうでなくても会社勤めの方なら、会社という特有の息苦しさ、利害関係を考えて立ち回らなければならない辛さなど、共感する部分が多いのではないでしょうか。主人公は思い詰めてとうとう自殺寸前まで追い込まれている状態になるのですが、そこに現れるのは『ヤマモト』という男性です。主人公の記憶には彼の存在はないのですが『ヤマモト』と度々連絡したり、つるんだりしているうちに主人公は癒されていきます。しかしそれも長く続かず、主人公は会社であった大事件を機にまた心が沈んでいきます。しかし『ヤマモト』の働きかけにより、主人公は影響を受けて前向きになっていきます。この作品を見て感じるのは、仕事のために生きるのか、生きるために仕事をするのか、自分自身でよく考えることが大事だということです。就職は人生の大きな転機ですが、失敗することもあるし、成功したかのように見えて自分にはしっくりこないこともあります。すぐ退職するのは甘えだと思い込まずに、長い人生を柔軟に生きていく大切さを教えてくれる作品です。

40代男性
40代男性

似たような状況だった自分が題名だけで見た映画です。ブラック企業に勤めている真面目すぎる隆(工藤亜須加)。落ち込んでいるときに、特にどん底の時に劇的な出会い、それは後々に親友となる人になるかもしれません。落ち込んでいる、どん底の時にやさしくされたときにしかわからない人の気持ち。その相手は親などの家族であったり、また親友だったり、自分を見守ってくれている人たちの気持ちです。そして映画のように劇的ではないにせよ、誰かと出会い、人に支えられて今生きているのは誰しもが同じと思います。
人によっていろいろな状況の中で様々な選択があり、選択が少ない方もいる中で頑張っている方もいる。けど嫌なことで頑張る必要があるか、頑張りすぎたことで追いつめられる必要があるかどうか、考えさせられます。
年齢が若いのは確かな武器だとは思いますが、年をとられてていてもまだまだ遅くありません。年齢は関係なく嫌なことをしている自分ではなく、自分の好きなように生きよう。生活は希望を捨てなければなんとかなるはずだ等、まだまだ挑戦できる気持ちになります。
そして最後に純(優:福士蒼汰)の爽やかさ、かっこよさは間違いありません。そしてクライマックスでわかる純の過去、感動の作品と思います。

20代女性
20代女性

私はこの映画を、一度だけではなく何回も観てしまいました。最初は、DVDのパッケージの明るさから少しコメディな感じやよくある内容なのかなと思いながらあまり期待せずに手に取りましたが、終わった後には本当に観てよかった映画の中のひとつになりました。誰もが、一度は仕事について悩んでいたり、転職や退職を考えた経験があるかと思います。また、社会人経験がなく、これから社会に出たり仕事を始めたりする方にもぜひ観てほしい作品だと感じました。多くの人が少なからず共感できるところがある映画です。内容などが少し暗い内容であっても全体的に明るく綺麗な映像や場面も多く、気持ちが落ち込むことも少ないように感じました。流れもわかりやすく、これはどういうことだったのかな?とモヤモヤすることがなかった所も良かったです。私も仕事で悩んだことや転職の経験があり、共感できるところばかりで気付いたら泣いてしまっていました。自分が何を大切にしてどう生きていきたいのか、また今ある世界が全てではないと思える物語で心が軽くなり、自分なりにもっと頑張ってみようと前向きになれる映画でした。年齢、性別を問わず多くの人に観てほしいオススメできる映画だったと思います。

10代男性
10代男性

主人公は中小企業の広告会社で働く、ミスを沢山するさえないいわゆるお荷物社員の男です。この男が働く中小企業は100時間のサービス残業、鬼のような朝のラジオ体操、鬼のような発生練習、社長が強制的な無理難題を押し付けたり、パワハラが横行するいわゆる「ブラック企業」です。その激務に耐えられず、主人公は自殺を決心し、電車から飛び降りようとしたところを同級生と名乗るラフな格好をしたフリーターの山本(役:福士蒼汰)という男に助けられます。山本が主人公の男に対して生きる上でのヒントを沢山教えて、主人公はだんだん活き活きとした生活を取り戻すようになっていきました。その中で困難にぶつかる主人公がどうやって困難を乗り越えていくのか。そういったところが面白いみどころの一つです。そんな困難に立ち向かう主人公を見て助けていた、山本自身も助けられるようになりました。そして山本は元々やりたかったとあることを成し遂げようとしました。その成し遂げようとしたこととは・・・・・主人公と山本の結末は最後まで目が離せません。この映画はぜひ何か悩んでいて人生嫌になっているひとにぜひみてもらいたいです。この映画を見て人生は沢山の選択肢があって、様々な生き方がある。そんなことを教えてくれました。

 

20代女性
20代女性

予告映像の段階から、「ブラック企業で働き続けることに疲れてしまい、投身自殺しようとしていた主人公が声をかけられて助けられ、元気を取り戻していくストーリー」と思い込んでいた部分がありました。徐々に本当のことが明らかになっていく感じが、自分が物語にどんどん引き込まれていく感じがして面白かったです。福士蒼汰さん演じる、元同級生だと声をかけてきた男が、本当の同級生では無いことまでは話しの流れで大体想像できていました。しかし、そこからの展開は全く想像していなかったもので、えー!と声を上げてしまった自分に少し笑ってしまいました。主演の工藤阿須加さんの死の間際にいた主人公の演技も、それから徐々に精気を取り戻していく演技も、元気になってからの演技も、どれも自然で、演技力の高さに非常に感心しました。また、これまでは、恋愛マンガの実写映画や、ラブストーリーの主人公など、イケメン俳優として役を演じることが多かった福士蒼汰さんですが、本作のような難しい役柄を演じられるのはすごいと思ったし、新たな一面が見れて、こんな役もできるんだ!と感心しました。ストーリー、キャスト、演出の全てが素敵で、観た後に爽快感も味わえる映画でした。

40代女性
40代女性

実際に仕事で辛い思いをしている人にこそ見てもらいたい映画です。中小企業など小規模な会社では、パワハラなどがまだ当たり前にまかり通っています。その実情が少しやりすぎなのでは?というくらいリアルに描かれています。ワンマン会社やオーナー企業だからこそできるであろうパワハラは、見ていてやや不快に感じるほどです。見ているだけでこのような気分になるということは、被害を受けている人はウツになってしまうのではないかと心配になります。パワハラを受けながらも、なぜその会社にしがみつき、そんな上司に従うのか、意地悪な同僚と働かなければいけないのか、そんな必要はあるのだろうか、という問題に見事に切り込んでいます。パワハラをする上司がいるとそれに比例するかのように意地悪になる先輩など、人間の心理的な傾向もついています。真面目に働いている人がその対象となってしまうなんて、悲惨すぎます。今も昔も真面目な人ほど損をするということが浮き彫りになっています。現代は既に終身雇用万歳の時代ではなく、働き方は自由に選べるし、転職することも悪いことという概念もなくなってきています。そもそも転職=悪いなど、だれが決めたのでしょう。合わない会社に我慢してずっといるなんて、時間の無駄ですし、生産性がないにもほどがありまs。この映画は、そんな仕事に対する姿勢や考え方などを改めて考えさせる作品でした。

 

まとめ

『ちょっと今から仕事やめてくる』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

福士蒼汰のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました