超高速参勤交代(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

歴史時代劇
映画『超高速!参勤交代』予告編

超高速参勤交代(映画)の動画フルを安全に見る方法

『超高速!参勤交代』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『超高速!参勤交代』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

超高速参勤交代(映画)の内容

奇想天外な時代劇コメディ映画『超高速!参勤交代』は、2014年6月に公開されました。

脚本家の土橋章宏による本作は、卓越した発想力と秀逸なストーリーテリングで話題になり、2011年の第37回城戸賞では全審査員満点で受賞し、小説化されました。その後、佐々木蔵之介を主演に映画化され、第38回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第57回ブルーリボン賞作品賞を受賞しています。

本木克英監督がメガホンを取り、江戸幕府から無理難題を突き付けられた弱小藩の藩主を取り巻く痛快・疾走劇は、笑って、泣けて、熱くなる歴史エンターテインメント超大作。ヒロインを深田恭子、共演には伊原剛志、西村雅彦、陣内孝則ら個性溢れる超豪華キャストが、愛すべきキャラクターたちを演じます。

2015年から続編小説が刊行され、2016年には続編映画『超高速!参勤交代 リターンズ』が公開されています。

おもしろい!歴史物の中で一番!
参勤交代…?江戸に行くんでしょ?誰がなんのために?なんて知識しかないバカな私でも楽しめる。もちろん知ってる人はもっと楽しめる。勉強になるので学生さんにもおすすめです。

テンポ良いストーリー展開と、演技達者な俳優陣のコミカルな演技が楽しめる、良い作品でした。
佐々木蔵之介の殺陣がとてもカッコよく、普段の姿とのギャップも魅力的でした。深田恭子もとてもキレイ。

時代劇だけど重くなく難しくなく誰でも楽しめる作品。ぼろぼろのドロドロになっても最後まで諦めない侍さん達を思わず応援したくなった。
佐々木蔵之介さん、ハマり役ですな。

面白かったです。佐々木さんの好印象は勿論、六角さんや他の共演者さん達もコミカルになっててホッとするし、心が和みました。

あらすじ

江戸期、8代将軍・徳川吉宗の時代。磐城国のわずか1万5000石の弱小藩である湯長谷(ゆながや)藩は、湯長谷の金山を狙う幕府の老中・松平信祝(陣内孝則)から、通常なら8日間を要するところを、5日以内に参勤交代せよと命じられます。通常ならば、準備に半年、8日はかかる道のり・・・しかも貯えも尽きている・・・しかしこの命令に従わなければ藩は潰される・・・。湯長谷藩主の内藤政醇(佐々木蔵之介)は、知恵者の家老・相馬兼嗣(西村雅彦)とともに4日間での参勤交代を完遂させようと作戦を練ります。道先案内役として忍び雲隠段蔵(伊原剛志)を雇い、家臣の精鋭6名を引き連れ、奇想天外な作戦を実行するものの、松平もそれを阻止せんと刺客の忍びを雇い、参勤交代を阻害しようとしてくるのですが・・・。

見どころ

悪役にどっぷりハマる陣内孝則

主役の佐々木蔵之介さんのかっこ良さはもちろんなのですが、本作で見せる悪役の陣内孝則さんのハマりっぷりは見どころです。

時代劇なのにアイシャドウをべっとり塗ったバッチリメイクで登場する陣内さんは、質素倹約の時代に金ぴかの羽織に身をまとい、贅沢三昧の毎日。にやにやと笑いながらバッサバッサと切りつけ、悪役の象徴ともいえる傲慢ぶりを楽しそうに(?)演じています。

スタッフ

監督:本木克英
脚本:土橋章宏
音楽:周防義和
主題歌:塩ノ谷早耶香「Like a flower」

キャスト

内藤政醇:佐々木蔵之介
湯長谷藩4代藩主。将軍・老中にも構わず直言できる頼れる存在。閉所恐怖症。

相馬兼嗣:西村雅彦
湯長谷藩家老。政醇や家来衆からの信頼は厚い。

荒木源八郎:寺脇康文
武具奉行。家来衆のリーダー。怒りっぽい性格。

秋山平吾:上地雄輔
祐筆。冷静で理論派。

鈴木吉之丞:知念侑李(Hey! Say! JUMP)
側用人。弓の名人。

増田弘忠:柄本時生
馬廻。二刀流を操る。動物と仲が良い。

今村清右衛門:六角精児
膳番。

瀬川安右衛門:近藤公園
江戸家老。

お咲:深田恭子
牛久の旅籠「鶴屋」の飯盛女。後に政醇の側室として迎えられる。

雲隠段蔵:伊原剛志
かつては東国一と言われた戸隠流の抜け忍。酒好き。

琴姫:舞羽美海
江戸屋敷に住んでいる政醇の妹。

松平輝貞:石橋蓮司
老中首座。

松平信祝:陣内孝則
本作最大の黒幕。

夜叉丸:忍成修吾
信祝に仕える隠密の頭。甲賀流。

高坂小太郎:冨浦智嗣
服部流の隠密。女装をしている。

虎之助:和田聰宏
服部流の隠密。

徳川吉宗:市川猿之助
8代将軍。

内藤政樹:甲本雅裕
磐城平藩の藩主。

徳川宗翰:前田旺志郎
徳川御三家・水戸藩の幼い主。

茂吉:神戸浩
農民。

 

『超高速!参勤交代』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

超高速参勤交代(映画)の感想

50代男性
50代男性

エッサーホラサーエッサーホラサーでひたすら走る7人の参勤交代、小藩を取り潰そうとする悪老中と5日間で参勤を命じらた、お金も無い貧乏小藩の藩主と家臣の知恵で乗り切る、コメディも含まれた時代劇です。佐々木蔵之介さん演ずる主役の藩主に、西村雅彦さん、寺脇康文さん、深田恭子さん、悪老中に陣内孝則さんに、対抗する老中に石橋蓮司さんとキャストも濃い映画です。いろいろな知恵を出しますが、なかなかうまく行かず、その度々にあらゆる知恵を絞り合、いろいろな人にも助けられ、また、裏切られ、また、お笑いのある映画です。西村雅彦さんの演技がお笑いをとります。意外な一面も主役の藩主はトラウマ持ちで軟弱なイメージの藩主ですが、人情味があり、剣の達人、また、家臣も知恵物、刀剣の達人、二刀流の藩士、槍の達人、弓の名手とそろっておりひたすら走る七人の侍です。ラストの切り合、アクションシーンは昔からの時代劇を思い出します。お笑い系の中にもチャンバラも含まれており、時代劇映画だと思います。深田恭子さんも、お笑いがあり、チャンバラの中でも、落ち着かせてくれます。陣内孝則さんの悪老中は怖さと悪知恵が、石橋蓮司さんの老中は静かで迫力のある老中で重みがあります。時代劇を見た事の無い人も面白く見れる映画だと思います。不可能を可能にする一生懸命さが見れる映画です。

 

40代男性
40代男性

映画『超高速!参勤交代』を見て思ったのは、中学の社会の歴史の時間に参勤交代という言葉と意味は聞いたことがあるけれど、実際にどういう風に行われていたのかを知っている人は少なかったので、「なるほどな」と感心してしまいました。きちんと史実に基づいて作られているのだと思うので、金銭的に余裕がない藩などはこの映画のように参勤交代を行っていた藩も実際にあったのではないかなと思ってしまいました。幕府が参勤交代を義務化した理由も藩に財政的負担をかけて謀反などを起こさせないようにするためだと教わったので、その目的から考えると当然資金面で厳しい藩などは、この映画のようなことをやっていた可能性もなくはないのかなと思ってしまいました。映画でも描かれていましたが、見栄をはりたいために宿場町や関所を通る時だけ行列に並ぶ人をお金で雇ったりしていたというのも、実際に行われていたことなのだと思いました。お金をかけない為に出来るだけ走っていくという考え方も凄いなと見ていて思いました。昔の人は自分の足で歩いて何日もかけていたと思うと、今の時代の自動車や電車、飛行機などのありがたみを感じてしまう映画でした。歴史の裏側を知る事が出来る、良い映画だと思います。

20代女性
20代女性

もともと佐々木蔵之介さんが役者として好きで、彼が主演ということで興味を持ったためみさせていただいた作品です。普段お侍さんが出てくる映画はほぼ見ない私ですが、こちらの映画は堅苦しさや昔ならではの複雑な言葉がなく、非常に理解しやすく見やすかった印象です。疲れていても肩の力を抜いて、リラックスしながらくすっと笑える映画だなと感じました。ストーリー設定も分かりやすくはっきりしているため、小さな子供から大人まで幅広い年代層が楽しめるという点も魅力的です。終始明るく酷いシーンもない映画なので、ご家族で団欒しながら見るのもおすすめだと思います。登場人物は皆さん明るく程よくお馬鹿なキャラクターが勢揃いでした。漫画チックな設定ですがわざとらしさがなくとてもいい演技だったと思います。私個人的には普段しっかりした役柄の多い佐々木蔵之介さんの違った一面が知れたのも面白かったです。一番印象に残ったのは走るときの掛け声です。えっさ、ほいさ!という独特かつどこかリズミカルな掛け声なので、映画を見たあとも耳に残り口ずさんでしまいました。またおちゃらけ要素を入れながらも参勤交代という仕組みのきつさがよく伝わるのもこの作品のよい部分です。昔の人たちは生きるだけで大変な苦労があったのだなと、時代を楽しく学べると思います。

50代男性
50代男性

子供からお年寄りまでどんな世代の人が観ても気持ちがスカッとする、痛快勧善懲悪時代劇です。地方の弱小藩の藩主にしかすぎない、主人公である藩主の内藤政醇が常に自分より先に家臣や領民のために行動するところが随所に描かれているので、彼を慕って従っている部下の面々がそれぞれ特技を持っていたり剣術の達人であったりするということも、それなりに納得させられてしまいます。また藩主の人望によって道中でピンチに陥っても他藩が力を貸してくれたり、忍びの衆が味方してくれることにも説得力を感じます。それに対する松平信祝を初めとする幕府方の悪役が、ねちっこくいやらしい悪人揃いなので、この対比がとてもわかりやすく、力を抜いてストーリーを追うことが出来ます。悪巧みを駆使して湯長谷藩の参勤交代を妨害しようとする松平一派と、その策略を知恵と団結とそれぞれの特技を生かして乗り越えていく内藤一行のひたむきな姿が勧善懲悪ストーリーとして一級なので、観ているものは心置きなく内藤一派に肩入れすることができます。そして、クライマックスは時代劇のお約束である、大立周りのチャンバラシーンが繰り広げられ、観ているものは胸をスカッとさせられてエンディングを迎えることが出来ます。

50代男性
50代男性

実は深田恭子ちゃんのファンなので彼女目当てにこの映画を見ました。もちろん彼女も魅力的でしたが、それ以上に面白い映画でした。しかも私は福島県出身で、実在した湯長谷藩のこともいわき市出身の友人から聞いて知っていたのでびっくりしました。佐々木蔵之介さん演じる殿様を支える家臣たちにはちょっと頼りなさを感じつつも、一所懸命頑張っている姿はいじらしかったです。中でも家臣の相馬兼嗣役の西村まさ彦さんがいろんな意味で大活躍でした。ある時は見事な奇策に思わず大笑いしたり、なんとも言えない異様な姿にあっけにとられたり、影の主役といってもいいでしょう。西村さんの存在こそがこの作品の面白さには欠かせませんでした。昔の古畑任三郎以来の頼りなさも漂っていて、それがまた良かったです。何しろ金が無い中での参勤交代なだけに、知恵を絞りだしてやりくりする場面が何度も出てきて「いやあ、よくやるなあ~」と笑いながら見ていました。伊原さんもかなりうさん臭い役で今にも裏切りそうだったので、それもハラハラしっぱなしでした。西村さんならではの存在感や意表を突いた知恵者ぶりに、何度も笑わせてもらいました。ハラハラしたり笑ったりここ数年の中で観に行って最も満足した作品です。

40代女性
40代女性

Hey! Say! JUMP知念侑李くん目当てで見たのですが、キャストが豪華なので始まって数分主要キャストが揃うまで『あの人も出てる!』みたいなワクワク感がありました。小さいお侍さんの知念くんは勿論のこと。佐々木蔵之介さんの似合いすぎるお殿様。しかも良すぎるお殿様。らしすぎます。佐々木蔵之介さん自体が雅ですよね。このお殿様をお守りするため、お殿様も自分を信じてついてくる皆の為に奮闘する姿が微笑ましいです。感情移入しやすいです。歴史がちんぷんかんぷんな私のようなものでも『参勤交代』という言葉だけは知っていたけれど、そんなにお金と労力のいるものだとは思いませんでした。無知な私から見ると無駄にしか思えないのですけど。今も昔もパワハラってあるのですねと妙に納得しつつ、上司からの嫌がらせに歯向かうというよりは知恵を絞って、真正面から立ち向かう姿に自分の実生活のあり方を振り返ってしまいました。純粋でキラキラして見えました。脇を固める役者さんも西村雅彦さんや、榎本時生さんなど味の出まくっている方々で、全体的にお話をぎゅっと引き締めたり笑わせてくれたりでバラエティー豊かで飽きさせません。個人的には雲隠段蔵役の伊原剛志さんのワイルドさに胸キュンでした。やはり時代ものには忍びが必要です。伊原さんが出てきた辺りからお話も変調してアクシデント続出でハラハラしながら後半へ転がりこむところもアトラクションみたいで楽しいです。さらに深田恭子さんの艷姿(足が綺麗。)も堪能できる上、お話のエンディングでスカッと爽快感もありました。思っていた以上の楽しめる映画です。

20代女性
20代女性

笑って泣けて、見終わったときには前向きになれる映画です!物語は、現在の福島県に実在した弱小藩が幕府に目をつけられ「今日から5日間のうちに江戸に来なかったらおまえの藩はお取り潰しね!」と無茶ぶりされるところから始まります。たった5日間で福島から江戸へ行くなんて不可能に思いますよね?まさにそこがお楽しみポイント!たくさんの障害をどう潜り抜け、無理難題をどう突破していくのか、見どころのオンパレードで書ききれません!まさに珍道中!幕府が送り込んできた刺客と戦ったり、かわいい女の子を助けたり、見ていたら応援したくなること間違いなしです。何度も見ている映画で好きなシーンはたくさんあるのですが、一押しは宿場町を通り抜けるために行列を偽造するシーン。江戸へ向かうお殿様と連れのお侍さんは全部で5人ほどなのでどう頑張っても「行列」にはならないのですが、それをどうやって行列にするのか、ぜひ見てほしいです。絶対爆笑しちゃいますよ!それから、エンディングも大好きです。エンディングが流れる瞬間、とても前向きな気持ちが沸き起こってきて「ああ見てよかった!」と無意識のうちに笑顔になっている自分がいます。全体的にコメディチックなので「時代劇はとっつきにくいな」という方もストレスなく見ることができますので、落ち込んだ時、元気をもらいたいとき、とにかく笑いたいとき、ぜひ見てみてください。

 

10代女性
10代女性

舞台は江戸時代、貧乏弱小藩である湯長谷藩は幕府から通常8日間で行う参勤交代をわずか5日で行うように命じられ、藩主・内藤政醇は『金なし』『人なし』『時間なし』の状況で参勤交代を成功させるために自らを含めた数名だけで江戸に出発します。題名だけでもかなり興味が引かれる面白そうな作品なのですが、期待を裏切らず本当に面白い作品です。特に主人公である政醇のキャラクター性が魅力的であり、お人好しで仲間想い、でもいざという時はカッコよく敵を倒したりと「こんな殿様についていきたい!」と思えるような存在です。政醇に限らず他のキャラも個性豊かでどのキャラも「友達になりたい」と思ってしまうようなキャラクターばかりです。また、湯長谷藩一行が参勤交代をする際に直面した問題の解決方法も想像の斜め上を行くものが多く、ずっと笑っていられます。この映画は義理人情を感じさせる場面が多く、人に親切に接すれば巡り巡って自分に良い事が返ってくることを感じることができ、キャラクター達の明るい性格も相まって観ていると非常に暖かい気持ちになれる作品です。コメディが好きな方、最近少し疲れている方、心の底から笑いたい方におススメする映画です。

30代女性
30代女性

邦画はあまり見ないほうなのですが、このシリーズは大好きで何回も繰り返し見てます。時代劇ではありますが、震災に苦しんだ東北への応援映画でもあります。佐々木蔵之介さん演じる、東北の貧乏大名・内藤政醇が7人の家臣とともに、極悪老中に強要されたイレギュラーな参勤交代を果たすため、知恵と度胸と体力を振り絞るお話です。私の一押しキャラは、寺脇康文さんが演じる剣術バカの荒木源八郎なのですが、一番の魅力は、やはり藩主である内藤のにじみ出る人柄の良さと優しさです。世話係に虐待されていたというつらい過去を持ちながらも、内藤は城下のものすべてに優しく、一緒に農作業をしてしまうほどです。また、一度あっただけの遊女(お咲:深田恭子さん演)にも気を使います。それだけでなく、自分たちの藩の懐事情も厳しいにも関わらず、近隣の藩が飢饉や不作に苦しんだ時には、惜しまず援助します。そんな内藤だからこそ、家臣や城下の人々だけでなく、もともとは内藤を妨害するために派遣された忍(雲隠段蔵:伊原剛志さん演)でさえ、内藤に協力してしまうのでしょう。時代劇らしい日本刀を使った大胆なチャンバラシーンや、大岡裁きの勧善懲悪もあり鑑賞した後、心が晴れやかになる映画でした。

 

30代女性
30代女性

映画館に勤める友人に、「これは面白いよ!あと深キョンがかわいい」とすすめられました。タイトルも、参勤交代が超高速って、どういうこと?と気になったので、観てみました。主人公は佐々木蔵之介演じる内藤政醇。貧乏藩の当主で、質素な生活を送るものの、不満や不平を漏らさず、むしろ倹約を楽しんでいるようなところも。お人好しで、家来たちとは堅い信頼関係が築かれています。彼の家来たちは個性豊かで、観ているうちに愛着が湧いてきます。ケチだけど知恵のある相馬(西村雅彦)、平和を愛する秋山(上地雄輔)、男気の強い荒木(寺脇康文)、磨き抜かれた技を持ちつつも弱点がある鈴木(知念侑李)…それぞれの性格のデコボコを補い合いながら、困難を乗り越えていきます。コメディというだけあってさらりと観やすい。かつ、時代劇の定番、勧善懲悪のストーリーでスカッとできます。貧乏でもコツコツ努力すること、自分の利益よりも人情を大切にすること。日本人が古くから持っている美学を感じ、そこで胸が熱くなる自分にもしっかり日本人の血が流れているなぁと、ひしひしと感じる作品でした。時代劇で血が出るのが苦手…という方でも、(少しだけそういったシーンもありますが)観やすいと思います。そして、やっぱり、深キョンはかわいかったです。

 

まとめ

『超高速!参勤交代』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました