珍遊記(実写映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

コメディ
映画『珍遊記』予告編

珍遊記(実写映画)の動画フルを安全に見る方法

『珍遊記』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『珍遊記』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

珍遊記(実写映画)の内容

映画『珍遊記』は、2016年2月に公開されました。

原作は、漫☆画太郎によるギャグ漫画「珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-」で、1990年から「週刊少年ジャンプ」で連載されました。タイトルを見て分る通り、基本的には「西遊記」のパロディ作品。

監督は、実写化できそうにないギャグ漫画を、あえて実写化するのが得意という山口雄大監督。札付きの不良少年・山田太郎が、彼を更生させようとする僧侶・玄じょうと一緒に天竺を目指す旅をするというストーリー。

主人公の山田太郎には、松山ケンイチさんが扮し、パンツ一丁でおバカ全開の演技をやり遂げました。僧侶の玄じょう役には倉科カナさん、そのほか、映画オリジナルキャラクターに、溝端淳平さんや藤本泉さんなども出演しています。

 

原作の下品でくだらない感じがよく出ていて、スベりっぱなしなのも良い感じだった。

前半よりも後半のグダグダ感に酷評があるようですが、そのグダグダが好きでした。つまらないグダグダじゃなかったと…。これが珍遊記っしょ!
鑑賞する時はあまり期待しない方が楽しめると思います。

ウンコとオナラのギャグが多いので子供にはうけると思う。

予想通りのくだらなさで満足。漫☆画太郎だなーって感じの映画でした。
漫画よりは綺麗に描かれてました。ハードル下げて見れば楽しいと思う。

あらすじ

天竺へと旅をしていた僧侶の玄じょう(倉科カナ)は、たまたま寄った家の老夫婦から、妖力で悪さをする不良息子・山田太郎(ピエール瀧)の更生を頼まれます。

玄じょうは、宝珠を駆使し妖力を封印することに成功します。さらに、玄じょうは力を失った太郎(松山ケンイチ)を引き取り、一緒に天竺への旅に出ることに…。

そんな太郎は、道中さまざまな騒動を巻き起こします。果たして天竺にたどり着くのでしょうか。

見どころ

監督と原作者

山口雄大監督と原作の漫☆画太郎さんは、2002年の映画「地獄甲子園」からの付き合いですが、出不精の画太郎さんは、基本的にあまり人に会わないそうで、お2人もほとんどメールでの付き合いだそうです。

『珍遊記』の映画化の話は前々からあり、やっと映画化が決まり、画太郎さんの希望が、原作を変えてもいいからメジャーな感じでヒット作にして欲しいことと、本作では温水さんが扮した中村泰造はちゃんと登場させて欲しいというものでした。

監督と脚本家

漫☆画太郎ファンの山口監督は、練りに練り、新しい血を入れようとアニメ「おそ松さん」など手掛けた松原秀さんに脚本を担当してもらい、松原秀さんの勧めで見に行ったお笑いコンビ・鬼ヶ島のお笑いライブを見てスカウトしてしまった、おおかわらさんにも脚本と出演をお願いしました。

ライブでのおおかわらさんが、あまりにみんなにウケていなかったことが決め手となり、客観的な意見をおおかわらさんに求めたそうです。そのせいなのか、鑑賞した人からは、演じている人は楽しそうだけど、見てる方はそこまででもとか、もっと原作のようにして欲しかった…といった辛口なコメントも見受けられました。

それもその通りで、山口監督を始め、松山ケンイチさんも、ピエール瀧さんも漫☆画太郎ファン。ファンだから、なんとか、世に広めるために、漫☆画太郎ファンから見たら描写が若干ヌルいと言われてしまうようなファミリームービーに仕上げているそうです。

全裸

テーマは、劇中で誰も死なないこと。太郎がブッ飛ばされて服が脱げるのは、野球拳的な概念で、全裸=死を現わしているとか。ちなみに、松山ケンイチさんは、全身の毛を剃って役に挑んでいます。

スタッフ

原作:漫☆画太郎「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」
監督:山口雄大
脚本:おおかわら、松原秀
音楽:森野宣彦
OP主題歌:RIP SLYME「Take It Easy」
EDテーマ:RIP SLYME「Drop!」

キャスト

山田 太郎:松山ケンイチ(変身後)/ピエール瀧(変身前)
主人公。妖力で悪さをする不良息子だったが、玄じょうと戦い呪文で変身し、頭に毛が3本の小ザルのような姿になった。

玄じょう:倉科カナ
馬と共に旅をする僧侶。

じじいとばばあ(山田夫妻):田山涼成(じじい)/笹野高史(ばばあ)
太郎の育ての親。けっこう欲が深い。

龍翔:溝端淳平
ほほえみ教の教祖。太郎の強力な屁を浴びると鼻が豚鼻に変形する。

奈落:藤本泉
龍翔の部下。ボンテージ風の格好。

雲海:山本真由美
龍翔の部下。僧兵風の格好。

珍々:松尾諭
ラーメン屋「珍々亭」の主人でふんどし姿をしている親父。

中村 泰造:温水洋一
たけしの父。世界最強の武闘家。

たけし:アイアム野田
中村泰造の一人息子。

こづれ紳士:板尾創路
龍翔の人気が廃れて、手品で人々から支持を集める。

賞金稼ぎのザコ:矢部太郎(カラテカ)
太郎退治にやってきた賞金稼ぎ。

アキバ:今野浩喜
龍翔の追っ掛け。

張明:おおかわら(鬼ヶ島)
龍翔の側近。

【龍翔から太郎を抹殺する為に雇われた屈強な姿の外人部隊】
エライアス:ロバート・ボールドウィン
ハリス:エリック・ファーマン
ボブ:リッキー

 

『珍遊記』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

珍遊記(実写映画)の感想

 

30代男性
30代男性

少年ジャンプのギャグマンガの金字塔「珍遊記」をまさかの実写映画化!と聞いた時は色々な意味で期待と不安を感じました。まずはあのとんでもない漫画をどのように映像化するのだろうか?そしてあの内容を受け入れてくれる俳優や女優さんはいるのだろうか?そして実際に映画を見るといい意味で期待を裏切られました。漫画で頻繁に出てくるくだらないけど笑ってしまうギャグを見事に再現しており、そしてバトルシーンも何気にCG等を活用しており思っていたより本格的な仕上がりになっています。そして何より豪華キャストに驚かされました。まず主人公の太郎に松山ケンイチ、僧侶役に倉科カナなどその他にも豪華な俳優陣が目白押しで演技力もさることながら、全力でくだらないギャグを行うシーンは見ものです。特に個人的に気に入っているのは僧侶(倉科カナ)がチ〇コを連呼するところは色々な意味で興奮してしまいました。そしてあの名俳優松山ケンイチがパンツ一丁で全力おバカキャラを演じる姿はもう二度と見れないかもしれません。心が疲れた時や、なんか病んできたなーて方が見ると腹の底から笑えるかもしれませんよ。しかも監督は数々のギャグ漫画を実写化してきた山口雄大監督ですから流石の完成度です。

20代男性
20代男性

『珍遊記』は2016年の2月に公開しました。『珍遊記』原作漫画も読んでいて、とても面白く大好きな漫画だったので実写化が決まったときはとても嬉しかったです。この作品はギャグ要素が強く、いつも声を出して笑っていました。主人公のタロ・ヤマダ役は松山ケンイチさんで、役がとても合っていて良かったです。松山ケンイチさん以外にも、倉科カナさんや溝端淳平さんや田山涼成さんなどとても豪華な俳優さんが出演されています。くだらなく笑えるシーンが多いのでとても面白いです。倉科カナさんはとても美しく、演技が上手だったのですが衝撃発言が多くてとても驚きました。原作漫画を忠実に再現されており、特に擬音やツッコミなどが再現されていてとても良かったです。何も考えずただ笑いたいときにこの作品を観ます。ギャグ要素以外にも、青春要素もあるので学生時代の思い出が蘇り懐かしく感じました。ストーリーが進むにつれて、ギャグ要素が増えて観ているとだんだんテンションが上がり楽しくなります。アクションシーンもあり、大迫力で驚きました。この映画は嫌なことや辛いことなどがあったときに観るのが良いと思います。全部忘れて楽しく観れると思います。ぜひおすすめする映画です。

30代男性
30代男性

かなりお下品なギャグ漫画が原作の映画です。少年ジャンプに掲載されている漫画だけあって、かなり子供でも笑って面白がりそうな内容でしたね。肩の力を抜いて、頭の中も空っぽにして見ていられる作品でしょう。正直なところ、CGも特殊メイクも安っぽくてあまり出来はよくないのですが、馬鹿馬鹿しいギャグ漫画だからこそ、逆にそのチープさが相応しいように感じられました。そして何よりこの映画の見どころだと思うのは、出演している役者さんたちの楽しそうな演技だと思います。美人女優の倉科カナさんに想像もつかないようなお下品な台詞を言わせるのはギャップ狙いでしょうが、それ以上に驚かされたのは温水洋一さん演じる中村泰造です。まさか温水洋一さんが、あんなにキレキレのアクションシーンを見せてくれるとは、誰も予想できないでしょう。他の役者さんたちも、与えられた役を楽しそうに演じていると感じられました。全編に渡って馬鹿馬鹿しさが突き抜けている映画ですが、「ついてこれないなら見てくれなくていい」という映画制作側の潔さというか開き直りみたいなものが伝わってきます。映画に高尚な芸術性を求める人には合わないかも知れませんが、良い意味で見る人を選ぶ映画と言えるのではないでしょうか。

30代男性
30代男性

子供のころに週刊少年ジャンプで連載されていてよく読んでいました、バカバカしいのですがそれは原作がギャグ漫画なので仕方ありません、実際原作と実写を比べると原作はこうだったな、と思う部分も出てくると思いますが、実写は実写の良さがあって面白いと思いました。原作を見たことがない人でもキャストが豪華なので楽しめたんではないかと思います、原作をそのまま実写にするのは原作を読んだことがある方ならわかると思いますが、無理だとわかるはずです。全力で馬鹿をやってるのがこの映画のいいところだと思います、言葉もかなり汚い言葉連発ですが、それが珍遊記だと思います、常識など忘れて見る映画です。主演の松山ケンイチさんの演技も中々イカれていて良かったと思います、温水さんはカッコよかったと思いました、スタントなしで演技されていたそうです。尻を出したりオナラとかその他ちょっと書けませんがそれこそが珍遊記だと思っているので、この作品を見るときだけはアホになってみたほうが楽しめると思います。下ネタが絶対駄目な人は無理でしょうが、こんな時代だからこそこういうギャグ映画を見てたまには馬鹿になってもいいんじゃないかなと思いました。

 

まとめ

『珍遊記』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました