沈黙 サイレンス(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『沈黙-サイレンス-』本予告

沈黙 サイレンス(映画)の動画フルを安全に見る方法

沈黙 -サイレンス-
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

沈黙 -サイレンス-
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

沈黙 サイレンス(映画)の内容

映画『沈黙 -サイレンス-』は、2017年1月に公開されました。

この映画は、戦後日本文学の金字塔にして、今も読み継がれている遠藤周作の小説「沈黙」を原作とし、「ディパーテッド」「タクシードライバー」の巨匠マーティン・スコセッシが映画化した歴史ヒューマンドラマ。スコセッシが1988年に原作を読んで以来、28年をかけて映画化にこぎつけた念願の企画で、17世紀のキリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる江戸時代初期の日本を舞台に、来日した宣教師の衝撃の体験や信仰を禁じられ、苦悩する人々の姿を描き出しています。

主演は『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのアンドリュー・ガーフィールド。また『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のアダム・ドライバー、『シンドラーのリスト』『96時間』のリーアム・ニーソンが共演しています。日本からは、浅野忠信、窪塚洋介、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシら、各世代の実力派俳優が名を連ねています。

何回も観ても心に響きます。イッセー尾形さんの演技に戦慄を感じて本当にうまかったです。日本の描き方に全く違和感を覚えなかったところがまず凄い。
日本家屋、衣装、日本人訛りの英語が実に良かった。

原作は読んだことがなかったのですが、海外の作品としてできるのかという不安もありましたが、素晴らしかった。
とても海外で作られたとは思えない日本の空気感に圧倒されました。
長崎の街の様子などは日本映画と見間違うほどです。

今作はかなり忠実に原作の世界観を再現していたと、私は思う。そして、キャスティング、(特に日本人俳優)は見事だった。

寒々しい風景をバックに、制作陣及び俳優陣達の熱い思いが詰まっている、実に見応えの有る作品である。

キリスト教の「真理」が分からない自分には難解な部分もあったけど、映画として非常に見応えのある作品だった。
現に「あそこまでして守りたかったキリスト教って何なの?」って疑問(好奇心?)は湧いてきたし、自分の中で無意識的に根付いている、仏教的な概念にも気づくことができた。

あらすじ

17世紀の江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の日本。
高名な宣教師・フェレイラ(リーアム・ニーソン)の棄教を聞き、その弟子のロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライヴァー)は、旅の途上のマカオで出会ったキチジロー(窪塚洋介)の協力で長崎へと潜入しました。日本にたどりついた彼らは、想像を絶する光景に驚愕しつつも、弾圧を逃れた”隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会います。

しかしキチジローの裏切りにより、遂にロドリゴらも囚われの身となり棄教を迫られます。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

見どころ

江戸初期の長崎を再現

本作は、アカデミー賞®受賞6回、ノミネート23回のスコセッシゆかりの最高のスタッフ陣に、日本人スタッフチームよる美術、時代考証などが加わり、舞台となる江戸初期の長崎が高いクオリティで蘇りました。

外国人監督によって製作されたとは思えない程、そこに表現されたのは、まぎれもなく〝日本〟。そんな舞台を再現するに当たって、予算を抑えるために撮影は台湾で行われたという17世紀の長崎の風景は見どころです。

「沈黙」

本作は、タイトル通り、冒頭からラストまで音楽らしい音楽はなく、まさに「沈黙」。残酷なキリシタン弾圧シーンも、ただただ淡々と静かに描かれ、それが逆に心をえぐるような感覚におちいります。

さすがにエンディングは音楽が流れるだろうと思いきや、波や風などの自然の音。そんな「沈黙」を深く味わってみて下さい。

スタッフ

原作:遠藤周作「沈黙」
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス / マーティン・スコセッシ
音楽:キム・アレン・クルーゲ / キャスリン・クルーゲ

キャスト

クリストヴァン・フェレイラ神父:リーアム・ニーソン
徳川幕府の拷問、強制により、棄教を余儀なくされたポルトガル人の宣教師。

セバスチャン・ロドリゴ神父:アンドリュー・ガーフィールド
棄教したフェレイラの消息・動向を追って、長崎へ密入国した若き宣教師。

フランシス・ガルペ神父:アダム・ドライバー
ロドリゴと共に入国し、途中で離れ離れとなったポルトガル人宣教師。

通辞:浅野忠信
ロドリゴ拘束後、彼の通訳としてロドリゴに同行する。

キチジロー:窪塚洋介
ロドリゴ、ガルベの案内役として、入国を助けた隠れキリシタン。

井上筑後守:イッセー尾形
徳川幕府から命じられ、長崎にてキリシタンを制圧する。

モキチ:塚本晋也
強い信仰を持つキリシタン。

モニカ:小松菜奈
隠れキリシタン。

ジュアン:加瀬亮
隠れキリシタン。

イチゾウ:笈田ヨシ
トモギ村の隠れキリシタンらを導く〈じっさま〉と呼ばれる人物。

ヴァリニャーノ院長:キーラン・ハインズ

ヨヘイ(トモギ村の村民):パンタ
ツネ( 〃 ):片桐はいり
ヒロ( 〃 ):伊佐山ひろ子

クロ(五島の男):三島ゆたか
ハク( 〃 ):竹嶋康成

ナカ: 洞口依子
キチジローの母。

タエ:石坂友里
キチジローの妹。

ハル:佐藤玲
キチジローの妹。

キチタ:藤原季節
キチジローの弟。

モスケ:江藤漢斉
五島の老人。

沈黙 -サイレンス-
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

沈黙 サイレンス(映画)の感想

60代男性
60代男性

遠藤周作の「沈黙」を学生時代に読んだ記憶があります。著者は敬虔なクリスチャンですが、今一つキリスト教の宣教師である、主人公ロドリゴの存在理由がわからず私の中では昇華できませんでした。その後篠田正弘監督により映画化されたものの、男女を問わず好みの俳優も出演することはなく、見る機会はありませんでした。それから20年以上たち「タクシドライバー」などを代表作とするスコセッシ監督が「沈黙 -サイレンス」を再び世に出しました。奇しくも「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」がユネスコにより世界遺産登録された頃でした。この映画にはキリスト教の弾圧の強化を図る為政者長崎奉行側と弱きキリシタン住民の狭間で葛藤するロドリゴの姿が巧みに描かれています。海辺で十字架に張り付けされたキリシタン、踏み絵のシーンは特筆すべきシーンでしょう。主人公のアンドリュー・ガーフィール、リーアムニーソンなど海外の豪華俳優陣と日本側の窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形らは引けを取らない演技力です。アカデミー賞にノミーネトされた大作を是非ご覧になってはいかがでしょうか。

30代男性
30代男性

『沈黙 -サイレンス-』は、『タクシードライバー』や『ギャング・オブ・ニューヨーク』など多数の名作を世に送り出してきた巨匠マーティン・スコセッシによる歴史ドラマである。原作は遠藤周作による小説「沈黙」で、スコセッシは長年に渡りその映画化という構想を温めていた。物語の舞台は17世紀の日本。主人公はポルトガルから日本を訪れた若き宣教師。その目的は布教ではなく、日本で布教活動をしていた師でもある宣教師が棄教したことを聞きつけ、その事実を確かめるためだった。当時の日本では幕府によるキリシタンに対する取り締まりが厳しく、信者たちは息を潜めるように祈り続けていた。映画は小説の内容に忠実で、当時の日本の人々からその暮らし、家屋、情景に至るまで、ハリウッド映画にありがちな偏ったイメージではなく、日本に暮らす今の私たちの目から見てもリアリティを感じることができる。日本人たちの演技にも違和感はない。作品を貫くのは信仰に対する問いかけである。キリシタンたちが受ける拷問は熾烈を極め、その苦痛に耐えきれず信仰を捨てる者もいれば、それを頑なに拒み続け命を落とす者もあった。彼らが直面する筆舌に尽くしがたい苦難は、直視することも苦痛に感じられるほど厳しく、だからこそ、その姿は見る者の胸を打つ。演じた俳優たちはもちろん、それを映像として収めた制作者たちの成果には意義深いものがある。それはどこか、メル・ギブソン監督による『パッション』を思い起こさせるほどである。作品はタイトルにたがわず全体を静けさに覆われており、静謐ささえ感じられるほどの優しさに包まれている。

30代男性
30代男性

今の日本人は割と自分の家がどのような宗教に入っているのか分からなかったり無宗教の人が多いですよね。自分もその一人なんですが、そんな宗教にまったくと言っていいほど興味がない自分が見てもともて考え深い作品でだったような気がします。映画の部隊は江戸時代初期で幕府によるキリシタン弾圧が一番厳しかった時代の話になっており、主人公はそんな日本へキリスト教を広めに来た宣教師となっており、これまでの作品では弾圧されている日本人に目を向けた作品などは多くありますが、宣教師目線で描かれた作品はとても珍しく感じました。外国人から見た当時の日本人の異常さや目をそむけたくなるような弾圧の厳しさが伝わってっきます。特に宣教師の目の前でキリシタンを断罪していく姿は見ているのも辛いほどの演出でした。そんな厳しい環境の中で宣教するのかそれとも命を守るために棄教するのか迫られる主人公を見ていると自分だったらとっくに心が折れていると思い、何かを信じることは時に大きな力を生むのだな~と強く感じました。日米共同の本作ではなんと監督にマーティン・スコセッシを起用しておりよりリアルな演出と舞台づくりが見どころとなっています。窪塚洋介や浅野忠信などの演技派の俳優陣も素晴らしいです。

 

まとめ

沈黙 -サイレンス-
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました