小さな恋のうた(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『小さな恋のうた』予告

小さな恋のうた(映画)の動画フルを安全に見る方法

『小さな恋のうた』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『小さな恋のうた』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

小さな恋のうた(映画)の内容

映画『小さな恋のうた』は、2019年5月に公開されました。

この映画は、沖縄発のロックバンド「MONGOL800」が2001年にリリースした「小さな恋のうた」をモチーフに描かれた青春ドラマ。幾度となく取材を重ねた沖縄を舞台に、完成までなんと8年にも及ぶ時間をかけたという本作は、MONGOL800の楽曲に込められた知られざるメッセージを導き出し、橋本光二郎監督によって、沖縄の高校生たちが、バンド活動を通じて仲間や家族、そして二つの国と共に生きる姿を描いています。

主要キャストに「ちはやふる 結び」「凜-りん-」などの佐野勇斗をはじめ、森永悠希、山田杏奈、本作が俳優デビューとなった新田真剣佑の弟・眞栄田郷敦ら若手注目株が集結する他、金山一彦、清水美沙、世良公則などの個性派俳優が脇を固めます。

まったくの予備知識ないままに観たので、最初はよくある青春モノなのね…
なんてタカをくくっていましたがなかなかどうして…
特に山田杏奈さんがいい。彼らの演奏にケチをつけてる人もいますが、素人のおじさんには十分でした。

この映画を見るまで、同じ日本なのに現在の沖縄の事が余り分かっていなかった。県民の方と米軍基地で暮らす方。現地にいる方がどんな思いや、日米の若者たちの気持ちが少しこの映画みたいなのかな?と思いました。
大好きな曲だったのでとてもよかったです。明るくも、友情、悩みなど沖縄の方が歌ううたには本当に何かが宿っている気がしました。

山田杏奈という逸材に出会えた素晴らしい作品でした。最後のライブのシーンではバンドのメンバーと一緒にMONGOL800の曲を熱唱してしまった。

とても素晴らしい映画です。何回見ても感動して泣いてしまいます。私が1番好きな映画は、小さな恋のうたです!!

あらすじ

米軍基地のある沖縄の小さな町に暮らす高校生の亮多(佐野勇斗)は、航太郎(森永悠希)、舞(山田杏奈)、大輝(鈴木仁)でバンドを組んでいました。オリジナル曲で観客たちを熱狂させる実力をもった彼らに、東京のレーベルが注目し、メジャーデビューが決まりました。ところが、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに一台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまったのです。

そこに現れた、一曲のデモテープと、米軍基地に住む一人の少女。それらによって、止まった時計の針は前に進み始め、隙間の向こう側に友の「想い」を届けるため、亮多らは再び楽器を手に取り立ち上がり― 。

見どころ

ちい恋バンドの演奏

劇中では、バンドメンバーである若手俳優陣の面々が、半年以上トレーニングを重ね、リアルに楽曲を演奏しています。

その演奏は、音楽に詳しい方からすれば拙いものだったかもしれませんが、普通に音楽を楽しむには充分なクオリティーで、しかもハートがこもっている印象さえ受け、感動を呼びます。

そんな佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁は、〝小さな恋のうたバンド(略称:ちい恋バンド)〟として、「小さな恋のうた」で2019年4月5日にデビューしています。

感動のクライマックス

本作は、音楽に賭ける沖縄の高校生たちの青春物語なのですが、ただ単にキラキラした胸キュン映画という訳ではありません。また、題材となったMONGOL800の誕生秘話でもありません。

沖縄という場所にまつわる様々な問題や、彼らを取り巻く大人たちの視点、基地内の軍人たちが抱えた事情など多くのメッセージが散りばめられています。それぞれがただ乱立されるだけでなく、全てが有機的に絡んでやがて感動のクライマックスへと収束していきます。

そんな涙が止まらなくなる最後の演出は見どころです。

スタッフ

監督:橋本光る二郎
脚本:平田研也很
音楽・劇中曲アレンジ:宮内陽大輔
主題歌:MONGOL800「小さな恋のうた 」

キャスト

真栄城亮多:佐野勇斗
高校生バンドのボーカル。太陽のように明るくパワフル。お調子者だけど純粋で憎めない性格。仲間思いで熱くていい奴。

池原航太郎:森永悠希
高校生バンドの柔和な笑顔と力強いスティックさばきが印象的なドラム。家は伝統漁師。バンドのお兄さん的存在。

譜久村舞:山田杏奈
高校生バンドのギターで紅一点。兄・慎司の影響で音楽に目覚め、父親の反対を押し切り、兄の果たせなかった思いを引き継ごうとする。

譜久村慎司:眞栄田郷敦
亮多の親友で舞の兄。高校生バンドのギター&作曲担当。親にはバンド活動をやめて勉強に専念して欲しいと思われている。基地内に住むアメリカ人の少女リサと恋に落ちる。

新里大輝:鈴木仁
高校生バンドのベース。学園祭のライブに出演するため他のバンドに移籍するも、亮多たちの新バンドのピンチを救うべく応援する。

リサ:トミコクレア
米兵の父を持ち米軍基地に住む少女。母親からフェンス外に出ることを禁じられている。慎司たちと密かに交流している。

池原昌盛:金山一彦
航太郎の父。

譜久村一幸:佐藤貢三
慎司と舞の父。

譜久村静代:中島ひろ子
慎司と舞の母。

真栄城慶子:清水美沙
亮多の母。米兵相手のバーを営んでいる。

根間敏弘:世良公則
ライブハウスのオーナー。亮多たちのバンドの実力にいち早く目をつけ、プロデビューの橋渡しをする。音楽を愛する元ミュージシャン。

 

『小さな恋のうた』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

小さな恋のうた(映画)の感想

30代女性
30代女性

MONGOL800が大好きな世代で、中でも小さな恋のうたには思い入れがあったので観ました。歌詞の世界観をどう映像にしているのか楽しみです。MONGOL800の歌詞の世界観というよりも、あの曲調のかっこよさが出ていたので、良かったです。沖縄県を舞台にした映画になっていますが、沖縄独特の家族愛が描かれていたのも良かったです。愛が沢山詰まって、観終わってからも気持ちが温かくなる映画でした。恋愛のところも、不器用ながら一生懸命な感じが、キュンとなってしまって、若い頃を思い出させてくれる作品でした。主演の佐野勇斗さんが、儚い、切ない、でも一番は温かい演技が観ている側にも伝わってくる映画だなと思います。10代特有の何ともいえない儚さは、きっと彼だから演じられたものだと思います。楽器を夢があり無我夢中で弾けるのって、限られた年齢だと思うので、それを彼らキャスト全員が引きだせていたように思えます。観終わってからも、余韻に浸れる作品です。若い人だけではなく、青春を過ごしたことのある人なら共感できる部分があると思うので、是非観てほしいなと思います。曲をモチーフにしている映画、映像はいくつかありますけど、言葉を形しても温もりが感じられる作品なので、最高だと思います。

20代女性
20代女性

高校生たちの青春を描いた作品かと思いきや、沖縄の抱える問題や音楽の偉大さに大胆に触れている深い作品です。みんなが知っている「小さな恋のうた」にのせて、物語は進んでいきます。実際この映画を見るまで、沖縄の基地問題などは現実味があまり無かったし詳細まで知る機会がありませんでした。しかしこの映画では、少し噛み砕いて大まかながらも本質に触れて考えられるように描写されています。それに合わせて高校生らの青春や恋模様が進むので、深刻な問題を扱っているけどどこかライトですっきりとした見やすい作品だと感じました。家族や友達、学校に夢に音楽、様々なものに対する愛や恋心が揺れ動いている姿にグッときました。俳優陣はこれから活躍する若手の人が多かったですが、それが逆にフレッシュさになっていて良かったです。高校生感があったし、大切な人のために歌って演奏する、という一生懸命さがよく出ていて涙が止まりませんでした。終盤になるにつれてどんどん歌が刺さります。重みを増して、音楽は国境を越え、それぞれの心に形を変えて、響くこともよく伝わってきました。見終わったあとは、MONGOL800の詩を聞きたくなること間違いなしです。

 

30代男性
30代男性

映画『小さな恋のうた』の感想をまとめていきたいと思います。本作の舞台となるのは沖縄。観光名所では無い、名もなき小さな町に住む、これからの人生を模索している最中の高校生達。主役の真栄城亮多に、池原航太郎と譜久村舞とリサと、ほんの些細な興味で始めたバンド活動から、仲間意識から親友に家族と恋愛になどに悩み、同世代の少年と少女の心の内を描いた作品とも言えます。本作の映画を見たうえで語りたいのは、大切な人への自分の想いをどのように伝えていくのかと、バンド活動で通し、歌で想いを伝える事の純粋さが描かれ、少年と少女の無垢な想いが、どんな風に実っていくのかと、そんな展開を注目したい作品ともなっています。この映画を見ていた中で感じたのは、時間の流れは有限であると言う事で、彼らは時間があるように見えて、その時間は限られ、高校という短い3年間の中で、それぞれに答えを見出す事を迫られてしまうと、誰もが体験するだろう高校時代の淡く儚く、長く短くと、すぐに終わってしまうだろう、輝かしい青春群像劇が、眩い形で描かれ、何かを残しながら、少年と少女の時代を終わらせていく、そんな彼らと彼女達の青春の瞬きがある作品とも言えます。

20代女性
20代女性

私は、映画『小さな恋のうた』を観て、「名曲が持つ力」と「国境を越える挑戦」が特に魅力的だと思いました。まず、名曲が持つ力についてです。この映画では、人気アーティストであるMONGOL800の名曲「小さな恋のうた」をモチーフにした物語が描かれます。主人公の男子高校生は、高校生だけでバンドをしていて高い人気を誇っていました。しかし、ある出来事をきっかけにバンドは活動を辞めてしまいます。そんな中、「小さな恋のうた」という曲によって主人公たちのバンドは再び活動を始めることを決意します。バンドの再結成を後押しすることはもちろん、曲を演奏する姿から曲に込められた強い情熱が感じられて、名曲が持つ力強さに胸が熱くなりました。次に、国境を越える挑戦についてです。バンドとして再び活動を始めた主人公たちは、自分たちが住む沖縄の町からほど近い米軍基地に住む一人の少女に向けて歌を届けることになります。しかし、ある出来事によって味わった辛さを乗り越えることに時間がかかっていたり、米軍基地という国境を越えることに対する厳しい意見もあり、主人公たちの挑戦は難航します。それでも歌を届けるために、知恵を振り絞りながら必死に演奏を続ける主人公たちの姿に勇気をもらいながら観ていました。

30代男性
30代男性

モンゴル800の名曲『小さな恋のうた』から生まれた映画。こう聞くと、曲がヒットしたからって便乗して作ったんじゃないの?といぶかってしまいますよね。私もそうでした。でも、この作品を実際に映画館で見て、鳥肌が立ちました。ラストシーンは、本当に感動的で、自然と涙がこぼれます。この曲の存在は知っていたし、カラオケでも歌ったことがあるくらいでしたが、こんな物語が背景にあったとは知りませんでした。これぞまさしく青春!というところがベースにはなっているんですが、日本とアメリカ、ふたつの国の事情に振り回され続ける沖縄の地域性も相まって、単なる青春音楽ムービーにとどまらず、深みのあるストーリーに仕上がっています。若手の役者さんもみんな躍動していて、輝くような時間を生きるものだけが放つ美しさを存分に解き放っていました。特に山田杏奈。この女優さんはとても透明感があって、美しくて、儚くて、役にぴったりとはまり込んでいました。未だに解決されない沖縄の米軍基地問題。その真っ只中で、青春時代を送る彼らにしかわからない葛藤や苦しみを追体験できます。他の都道府県に住んでいるとどうしても他人事になってしまいがちなこの問題に対して、感情で理解させてくれるコンテンツは、書籍でもムービーでもそうそうなかったのではないでしょうか。この映画は、その意味でも貴重な作品だと言えるでしょう。

40代男性
40代男性

高校生の純粋な想いと行動が放つきらめきが、沖縄の不条理な現実を自然と照らし出してしまう。声高に、殊更に沖縄の諸問題提起を行った作品は星の数ほどあるだろうが、ここまでそのことを身近に切実に感じられる作品があっただろうか?。実在する沖縄で結成されたバンド「MONGOL800」の曲をベースに作られたからなのか、劇中で歌われる曲と沖縄の風景との違和感が全くないどころか、この高校生たちが本当に作ったオリジナルだと信じて疑わないレベル(自分は経緯を知らずに観たので、実際凄くおどろいた)。「東京がこっちに来い」という台詞は首都圏や本土に住んでいては絶対に発することのない、離島である沖縄住まいでないとわからない魂の叫びなのだなと、とても印象に残った。日本側だけでなく、米軍基地に住まうとはどういうことなのかも同年代の少女を介して描かれていて、一方通行の問題ではないということも再認識させる。兄の想いを妹が受け継ぎ、実行するというモチーフ(これまた美男美女の兄妹で、まるで手塚治虫のマンガみたいな古典的シチュエーションだが、やはり王道パターンの力は凄い)が切なくも美しく、ある種神話のような雰囲気を醸し出し、百凡の作品との違いを際立たせている。

 

まとめ

『小さな恋のうた』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました