ちはやふる 下の句(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
「ちはやふる -下の句-」予告

ちはやふる 下の句(映画)の動画フルを安全に見る方法

ちはやふる -下の句-
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

ちはやふる -下の句-
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ちはやふる 下の句(映画)の内容

映画ちはやふる -下の句-は、「上の句」と「下の句」の2部作で連続公開された後編で、2016年4月29日に公開されました。

「タイヨウのうた」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の小泉徳宏監督が監督・脚本を務め、当初は2作品で完結の予定だったようですが、あまりの反響に「下の句」公開初日の舞台挨拶の際に、急遽「結び」を制作することになったとサプライズ発表があり、出演者も驚く展開になりました。

人気漫画家・末次由紀による〝競技かるた〟を題材にした大ヒットコミックを実写映画化し、広瀬すず主演で繰り広げられる青春ストーリーは、少女漫画というより熱血スポーツ漫画。

共演に野村周平、真剣佑、上白石萌音に松岡茉優など、今最も勢いのある若手俳優と共に、競技かるたに打ち込み、全国大会を目指す熱い高校生たちの青春を描きます。

上の句に続き『ちはやふる -下の句-』は泣きたくなるほどの熱いクライマックス。競技かるたのルールや技など知らなくても、主人公たちの勝敗やチームプレーにハラハラドキドキ。十分楽しめます。

 

千早・太一・新の三人三様のかるたへの思い、千早を挟む2人の千早への想い
脇をかためる3人の部員たちの個性もおもしろい。
広瀬すずもいいがクイーンの松岡茉優も魔性の女みたいでいい。

面白い!ワクワクする!登場人物も魅力的!
百人一首が、より奥深くしてくれる映画です。

何でもいいからひとつの事にのめり込んで打ち込むと、人生凄く楽しくなると思える作品です。

胸キュンなラブストーリーあり、感動あり、カルタの奥深さあり、笑いあり。
美人美男子揃いで目の保養にもなり、楽しい映画でした。

あらすじ

高校で再会した幼なじみの太一(野村周平)と一緒に「競技かるた部」を作った千早(広瀬すず)は、創部1年目にして東京都大会優勝を果たしました。

「競技かるたを続けてさえいればいつかまた逢える」

東京を離れた新(真剣佑)に会いたい一心で競技かるたに打ち込んできた千早は、新に東京都大会優勝を報告したのですが、新から衝撃の告白を受けます。

「かるたはもうやらん。」

ショックを受けた千早でしたが、全国大会へ向けて仲間たちと懸命に練習に打ち込みます。

そんな中、千早は、同級生ながら最強のクイーンと呼ばれる若宮詩暢(松岡茉優)の存在を知り、詩暢に勝てばもう一度新とかるたを取れるかもしれない、と期待を抱きます。

千早は徐々に詩暢に勝つことに意識が向けられ、仲間たちから離れていってしまっていることを心配した太一は、千早の目を覚まさせようとしますが、次第にそれぞれの気持ちがすれ違っていき・・・。

見どころ

ダサい松岡茉優

普段はファッショナブルな松岡茉優さんですが、役の中ではファッションセンスがないダサい女子高生を演じます。

美人なのにダサい服装をするので、周りからは「残念」と思われている設定です。映画の中で松岡茉優さんがどんなダサい格好をするのかは見ものですね!

スタッフ

原作:末次由紀『ちはやふる』(講談社「BE・LOVE」連載)
監督/脚本:小泉徳宏
音楽:横山 克
主題歌:Perfume「FLASH」

キャスト

綾瀬千早:広瀬すず
離れ離れになった新たに会いたいが為に、競技かるたに情熱を注いでいる。ライバル出現により、勝つことが目的になって突っ走ってしまう。

真島太一:野村周平
千早・新の幼なじみ。頭は良いが負けず嫌いな性格。千早と瑞沢高校に競技かるた部を作り、部長に就任。

綿谷新:新田真剣佑
幼なじみの千早と太一をかるたの世界に引き込んだ。家の都合で東京を離れる。

大江奏:上白石萌音
呉服屋の娘。和服が着たいが為に弓道部に入部していたが、千早に交換条件を出されかるた部に転部。おっとりした大和撫子のような性格。

若宮詩暢:松岡茉優
中学3年生で史上最年少かるたクイーンになった経歴を持つ千早の永遠のライバル。京都府・津咲高校の生徒で千早と同い年。ファッションセンスがない。

宮内妙子:松田美由紀
千早が通う瑞沢高校教諭。

原田秀雄:國村隼
千早の百人一首の師匠。

 

ちはやふる -下の句-
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ちはやふる 下の句(映画)の感想

40代女性
40代女性

上の句とは連続でセットで見たほうが面白いです。もともとは漫画の原作が元になっているために漫画の世界の中を超えないという意味で、後半も満足できるという内容でした。私の世代では青春してるなあっていうなんてことのないシーンが印象的で、男女交えて仲間と歩くところ、主人公が新に告白されるところなどは漫画の通りに青春ドラマでした。とはいえ、大会が見どことになってはいるので、そこはワンパターンながらも力が入っているようでした。個人的には、広瀬すずさんの主役が割とワガママな身にうつり、周囲のメンバーを振り回しているという様子はちょっとキャラクター違いだなあという印象です。真剣さがちょっと違うという印象です。主演女優になぜ広瀬すずさんなのかわかりませんが、存在感が強いゆえに一匹狼的な役がお似合いだと思うのです。ワンパターンとはいえ周囲のキャストも穏やかで、期待を裏切らない漫画の世界観でとても面白かったです。衣装がとても綺麗でしたが、野村周平さんの着こなしもかなりイケてます。一見難しいような内容に見えて何てことない少女漫画の世界です。上下で見るとああ、面白かったということになるので世代問わず、時間があれば是非ご覧あれ。

 

40代男性
40代男性

上の句の続きで、部活も上級生になり、競技かるたの腕も上達しています。試合になっても勝つことが多くなってきました。そんな折、昔の競技かるた仲間が登場します。いろいろな葛藤が描かれていて、難しい学生生活との迫られているのを見るにつけ、自分の高校生活が蘇ります。やりたいことをやるべきか、勉強に打ち込んで受験を勝ち抜き大学に入ることを優先すべきか、いつの時代も悩みの種です。何のために競技かるたや部活をすべきなのかが問われます。東京都大会を勝ち抜き全国大会に出場を決めるあたりがドラマらしい展開です。近江神宮での撮影も実際に行われたということできれいな映像も見どころの一つです。団体戦を重視すべきか、個人戦を重視すべきかが問われる展開です。日本人ほど団体競技が好きな国民もいないと思うので、個人戦重視の発想は敵対視してしまいます。全国大会に出場したものの、優勝するほど甘くはありませんでした。広瀬すずファンにとってはストーリーの中での表情一つ一つがたまらないと思います。喜怒哀楽を前面に出しているので、画面にうっとりとさせられることでしょう。団結こそ力なり、そんな展開が続いていきます。その後どうなるのかについても早く知りたいといった感じがする作品です。

40代女性
40代女性

ついに全国大会に、スポコンものとしては王道の筋道です。チームが崩壊しかけて、でもそれを乗り越えることで更に強くなってというストーリーも正にスポコンです。でもいいのです、広瀬すずさんの美しさを見ていられるのであれば物語は二の次です。様々な表情を見せてくれて、年甲斐もなくおばさまが恋してしまいました。広瀬すずさんの美しさを活かすため、とはいえ他のメンバーがジャージで出てきている中ではかま姿はやりすぎでしょう。上白石萌音さんの演じる女の子、宣伝目的もあるとはいえ甘やかされ過ぎです。この作品では最強のクイーンとして松岡茉優さんが出てきます。バラエティ番組などで見る元気な女の子のイメージはそこには無く、ちはやのライバルとして上手に演じていたと思います。彼女がいるからこそ更に成長できたのです。最後の戦いのシーンなど迫力満点でした。ちはやが百人一首にかける思いも分かるし、気持ちが先走ってどんどん行きたい性格もあるのでしょうが部を立ち上げるために無理やりにでも引き込んだと思ったら、クイーンとの闘いばかりに気が取られてチームをおろそかにしたりと結構周りにいると面倒な性格です。でもここでの展開でちょっとは成長したのでしょうか。

 

40代女性
40代女性

ちはやふる-上の句-の続編となるこの作品は、主人公達も高校2年生となり、少しこれまでのただがむしゃらにという部分だけではおさまらない。いろいろな問題も増えてきて、さらに気になる作品になっていると思います。特に下の句で印象的なのは、しのぶちゃんという新たなキャラクターの登場です。かるたの世界で敵なしの彼女が、千早に静かに闘志を燃やすところなど、見逃せない感じだと思います。しかしそのしのぶちゃんが、とあるキャラクターが大好きで、そのキャラクターを見た途端にテンションが豹変するギャプがとても面白かったです。野村周平さん演じる太一は、これからの進路にも悩んでいたり、千早に対する恋心ににも苦悩したりと、いろいろな場面が見られるところも見どころだと思います。かるたにどんどんのめりこんでいく千早の勢いがとどまるところを知らない感じで、どこまでもかるたに対してまっすぐなので、時々心配になるくらいです。かるたの試合の場面はとても迫力があり、汗がしたたる感じがとてもリアルに伝わって来て、臨場感がありました。どんどん強くなる千早にもいつしか、貫禄さえ感じられるようになっているように感じます。まだまだ続きが観たいと思わせる作品だと思います。

20代女性
20代女性

出演者全員が原作に忠実で原作ファンでも楽しめました。主人公の広瀬すずさんなど脇を固める女優陣、俳優陣も演技力が高く、國村隼さんといったベテラン役者陣も出演しているため、クオリティも高いです。ストーリー的には、主人公と他の登場人物とのすれ違いといった、青春の甘酸っぱさも随所に散りばめられ、スポーツ映画としてではなく、恋愛映画や青春映画が好きな方にもオススメです。そして、私のオススメする、この映画の最大の見どころは、映像です。大会時のカメラワークなどでは臨場感が溢れ、かるた競技で一番重要である指先の戦いがきちんと撮られています。出演者の方々も、撮影のためにかるた合宿を行ったということで、一致団結感が生まれさらに大会のシーンにリアル感が生まれています。カメラも「ファントム(ハイスピードカメラ)」が用いられ、競技のスピード感が余すところ無く使用されています。こちらの映画は、上の句・下の句・結び、と三作品になっています。ストーリー的に上の句から見たほうが良い作品です。原作とは違う順番で話が展開しますが、映画として見るとこの展開の方が面白いなと思います。原作ファンの方で見るのをためらわれている方は、一つの作品として見ることをオススメします。

20代女性
20代女性

都大会後の全国大会のお話。本当に、素敵な映画で前作からずっとファンです。一つのことに夢中になる気持ち、全力で取り組む大切さ、青春って良いな、部活っていいな、と感じさせられる映画になっています。下の句では広瀬すず演じるちはやの挫折、苦しみ、そしてそこからの這い上がりが描かれています。上には上がいる、でもその苦しみや挫折を感じた人こそ更に強くなって上に行くことができる、ということを痛感させられました。真っ直ぐで一生懸命かるたに取り組む主人公に広瀬すずのキャラクターや演技はピッタリだったと思います。天真爛漫なキャラクターですが、とにかく可愛くて、女の自分でさえも羨ましく思ってしまうほど可愛かったです。そして何と言っても松岡まゆの演技が素晴らしいです。クイーンとして比べ物にならないくらいの強さを誇る松岡まゆは、競技シーンの迫力はさることながら、プライベートではゆるいキャラクターにメロメロになっていたりと、何とも独特なキャラクターです。しかしその個性が溢れるところや、クイーンならではのオーラ、おしとやかでいかにも実力がありそうな話し方など、それらすべてが松岡まゆの演技にマッチしていて、本当に素晴らしい女優さんだと思いました。大好きな映画です。

30代女性
30代女性

競技かるたは小学生のころ習っていた経験があるので、ちはやふるは当時のことを思い出しながら楽しんで見れます。競技かるたの認知度を広めてくれたのは、この映画のお陰と言っても過言ではないはず。かるたにかける熱い思いや、競技にどれだけ体力を使うかということが見事に表されていると思います。広瀬すずさん、野村周平さん、真剣佑さんの演技がとても素晴らしく、幼馴染の和やかさと真剣にかるたと向き合う熱い思いも伝わってきます。特に真剣佑さんの登場シーンや、時折見せる苦悶の表情は最高です。女性ファンが多いのも頷けます。物語は幼馴染の三人のすれ違いに焦点を当てて描かれている部分も多いのですが、それを見ていると本当にやきもきしてしまいます。どうして皆思いは一緒なのに仲良しに戻れないのだろう…と感情が揺さぶられました。それくらい見入ってしまう演技に演出なのです。ちはやの夢や目標を追い求めるあまり身の回りのことが目に入らなくなるところや、協調性を重んじる太一、いつもどこか思い悩んでいる新。それぞれの違いが見事に描かれ、映画の中でリンクしているので見終わるのがあっという間に感じました。ちはやふるシリーズはどれもオススメですが、下の句は一番切なくなる作品と言えます。

 

30代女性
30代女性

大人気漫画「ちはやふる」を2部作で実写映画化した作品の後編作品になる下の句では、上の句で千早の競技かるたに対する情熱から高校で競技かるた部を設立し、見事都大会で優勝し全国大会進出を決めた瑞沢高校ですが、千早は大会後に久しぶりに連絡を取った新が「もうかるたはやらない」と言ったのを心配し、太一と福井までかけつけます。上の句は1からチーム一丸となってかるた部を作り上げていく青春がフォーカスされていましたが、下の句ではチームとして全国の場で戦う緊張感や高揚感のような部分が描かれていて更に面白くなっていましたし、新と千早、そして太一の三角関係も徐々に進展していてそちらも注目でした。そして今まではチームとしての競技かるたを幼い頃から目指していた千早が、新たなライバルであるクイーンの存在を倒し、祖父を亡くてかるたをする意味を失ってしまった新を勇気づけるために奮闘する姿はとても純粋で眩しいと共に、覚醒した千早の姿を少し怖くなるぐらい成長していました。古都京都で開かれた全国大会の模様も日本ならではの伝統が受け継がれる場として、映像や衣装もとても綺麗でしたし、千早とクイーンの白熱した心理戦は見てて息をのみました。

30代女性
30代女性

「ちはやふる-上の句-」の前編では主人公の綾瀬千早がどのようにしてかるたに出会ったのか、そして瑞沢高校でどのようにして「かるた部」を作ったのかという過程を丁寧に説明していたのに対して、後編の「ちはやふる–下の句-」はでは前編でしっかりと説明された設定やキャラクターを十分に生かしていて素晴らしかったです。後編ではかるたの競技だけではなく、千早や幼なじみの真島太一と綿谷新との恋愛模様も描かれているのがポイントです。3人の複雑な恋愛関係を描きながらも「かるた」に一生懸命に向き合う姿は眩しくてとても爽やかな青春映画でした。映画の内容だけでなく、主人公の千早を演じた広瀬すずさんや綿谷新を演じた新田真剣佑さんなど、原作からそのまま飛び出してきたようなルックスに原作ファンはとても感動しました。特に綿谷新役の新田真剣佑さんは、福井訛りのある素朴だが、かるたが好きだという難しい役どころを見事に演じていてその演技力にも驚愕しました。原作を知っている人には、その配役とキャラ設定の素晴らしさに驚きますし、原作や「かるた」について知らない人でも、その競技の奥深さについて教えてくれるような、色んな視点で楽しめる作品だったと思います。主題歌を担当したPerfumeさんの「FLASH」も作品の雰囲気に合っていて、とてもよかったです。

 

20代女性
20代女性

これまで競技かるた(百人一首)に一切興味がなく何が面白いんだろうと思っていましたが、この作品を見て一気にそのかっこよさに魅了されました。上の句がとても気になる終わり方だったので、この下の句が見られるのを大変楽しみにしていました。この下の句の見所は更にチームワークが強くなった千早たちかるた部の面々のやり取りと、新とこれからどのような関係になっていくのかというところだと思います。千早の一生懸命さが新に伝わり、新がかるたに再び向かい合うようになったシーンはとても感動しました。新田真剣佑さんが新を演じているのですが、原作漫画の新のイメージとぴったりですぐに入り込むことができました。野村周平さん演じる太一は少しイメージが違い残念だったのですが、上の句からの熱演に違和感が少しずつなくなって見ることができました。そして千早演じる広瀬すずさんがかるたをやるシーンは上の句よりも迫力が増していてとても見応えがありました。松岡茉優さん演じるクイーンと対戦するシーンは2人ともがかっこよすぎて見入ってしまいました。すずさんだけでなく、他のメンバーたちもより鋭い眼差しや技を見せてくれ、見ているだけで手に汗にぎりました。

 

まとめ

ちはやふる -下の句-
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の「ちはやふる」作品

【映画】

【アニメ】

  • ちはやふる
  • ちはやふる2
  • ちはやふる3

野村周平のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • BRIDGE はじまりは1995.1.17 神戸 プロローグドラマ 『ひと目、あなたに。』
  • 純平、考え直せ
  • WALKING MAN
  • 僕の初恋をキミに捧ぐ
  • BRIDGE はじまりは1995.1.17 神戸 ディレクターズカット版
  • 台風のノルダ
  • ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち

上白石萌音のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 怪談牡丹燈籠
  • 記憶捜査~新宿東署事件ファイル~

松岡茉優のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • コウノドリ(2015)
  • コウノドリ(2017)
  • 愛のむきだし 最長版THE TV-SHOW
  • 水族館ガール
  • 限界集落株式会社
  • 恋の三陸 列車コンで行こう!

【アニメ】

  • 映画『聲の形』
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました