天の茶助(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ファンタジー
「天の茶助」予告篇

天の茶助(映画)の動画フルを安全に見る方法

『天の茶助』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『天の茶助』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

天の茶助(映画)の内容

映画『天の茶助』は、2015年6月に公開されました。

原作は、本作の監督で脚本を務めたSABU監督の処女小説。ストーリーは、脚本家たちが地上で生活している人間の“人生のシナリオ”を執筆している天界で、お茶くみ担当の主人公が地上の女性に恋するも、死ぬ運命にあることを知って地上に降り立ち、彼女を救うために奮闘するラブストーリー。

主人公のお茶くみ担当・茶助役には、2011年の映画「うさぎドロップ」でSABU監督作品2度目の松山ケンイチさんが扮し、ヒロインを大野いとさん、そのほか、大杉漣さんや寺島進さん、伊勢谷友介さん、玉城ティナさんなど多彩な顔ぶれが共演します。

 

アホ臭いけど楽しく観れる映画。脇役出演の玉城テイナが可愛いかった。

沖縄の商店街を走る松山ケンイチは相変わらずいい身体でカッコいい。
SABU監督が好きなので、最初からヘビーなシーンは覚悟していたけど、コミカルでテンポよく見ていて飽きなかった。パロディもいい。

役者がみんな快演。
ヒロイン・大野いとは喋ると下手なのかナチュラルなのか分からないけど、喋れない役だったからか魅力が光ってた。今野浩喜はインパクトあった。

いろいろ詰め込みすぎ感があり、途中から何の映画を見ているのか分からなくなってしまいました。

 

あらすじ

大勢の脚本家たちが、地上に住む人々の“人生のシナリオ”を書いている天界。人間たちは、その脚本家たちが作成した人生のシナリオを地上で再現しています。

そこでお茶くみをしている茶助(松山ケンイチ)は、脚本家たちにお茶を配るのが仕事。茶助は毎日、シナリオを全うする人間たちを観察していました。

そんな時、茶助が不用意に発した言葉により、天界のシナリオが書き換えられてしまい、ユリ(大野いと)が交通事故で死ぬ運命になってしまうことを知ります。茶助は、ユリを何とかして救いたいと天界を抜け出し地上へ向かいます。茶助は事故を回避させるためユリが暮らす沖縄に降り立ちます。

見どころ

松ケンのパンチパーマ姿

主人公の松山ケンイチさんは、天界でお茶くみをしていますが、過去はヤクザをしていたという役柄。これまで、ヤクザ役を演じたことがなかった松山ケンイチさんが初ヤクザを演じています。

撮影前、松山ケンイチさんは自分のヤクザ姿を想像できなくて、SABU監督にパンチパーマが良いのではとアドバイスされ、ロケ地の沖縄の床屋でパンチパーマをかけたそうです。

玉城ティナのデビュー作

本作は若手女優・玉城ティナさんの映画デビュー作。撮影時は、まだ16歳だった玉城ティナさんを共演者の伊勢谷友介さんは、重圧感があって大物のようだったと言っています。

そんな玉城ティナさんの役どころは、松山ケンイチ演じる早乙女茶助の妹・茶子。兄が元ヤクザだったからなのか、ヤクザ映画でもよく使われているからなのか、妹・茶子は、土佐出身で土佐弁を話します。この土佐弁が見事で大変好評です。

しかし、玉城ティナさんは本作の舞台となった沖縄出身なのになぜ、わざわざ土佐弁を…?そのギャップが見どころかもしれません。

大作のオマージュ

本作では、過去の大作映画のオマージュも見られます。これはSABU監督が、あの世でもパクリってあるのでは?という想像から作られたそうです。

その映画のひとつには、超大作「タイタニック」。しかし、SABU監督はタイタニックを見たことがなかったので、衣装合わせで大きなネックレスが出てきてビックリ。スタッフにタイタニックに大きなネックレスが出てくることを教えられたそうです。

ほかにも、ジュリア・ロバーツが出演した「ノッティングヒルの恋人」のシーンもあります。これはSABU監督の好きな映画だったからのようです。そのほか色々なオマージュが散りばめられています。

スタッフ

原作・監督・脚本:SABU「天の茶助」
音楽:松本淳一
主題歌:Ms.OOJA「翼」

キャスト

早乙女茶助:松山ケンイチ
天界のお茶くみ担当。

新城ユリ:大野いと
口のきけない可憐で清純な女性。

種田潤一:大杉漣
種田アート骨董品店店主。

彦村ジョー:伊勢谷友介
彦ちゃんラーメン店主でありボクサー。

チャーリー・ポン:田口浩正
お笑いマジシャン。

早乙女茶子:玉城ティナ
早乙女茶助の妹。

黒木:寺島進
黒竜会の若頭。

根岸一輝:RYO(ORANGE RANGE)
ヤクザに茶助の殺害を依頼された殺し屋。

康夫:今野浩喜
茶助を狙う。

白塗りの男:オラキオ
警官。

 

『天の茶助』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

天の茶助(映画)の感想

40代女性
40代女性

天界の脚本家たちの描くシナリオに従って地上のあらすじは決まってしまうとは、面白いけれどちょっとシュールな設定です。それにしても地上にいる人たちの数は数億人、その一人一人を管理するのはとても大変なことでしょう。主人公はそんな脚本家たちにお茶を入れてあげるお茶くみ係さん、彼の軽いアドバイスで人生が左右されるのですからこちらとしてはたまったものではありません。そんな彼が好きになったのが地上に住むユリ、彼女が事故で亡くなってしまうという展開を変えようと頑張るのはいいですがなぜ沖縄設定なのでしょう。作者の出身地なのでしょうか。ボロボロの服のままで沖縄踊りの中心に降り立った不審人物を拾ってくれる相手がいたことがすごいです。敵となるのは天界の人たちだけでなく闇の世界ともかかわりを持つボクサーの彦村も、このあたりからどんどんテンポが早くなりついていくのが必死でした。何しろ、自分の体調が悪くなりながらも他の人たちも助ける彼、地上に降りたからこそ人間そのものに同情が湧いたのでしょうか。でも肝心のユリの事故を防ぐことが出来ないのなら本末転倒です。更にヤクザになってしまってといった辺りからは理解不能でした。天界に住む者の考えることはよく分からない、あまり悩まずあるがままを受け止めた方が良さそうです。

50代女性
50代女性

地上に生きる人間たちの人生や運命のシナリオを書きつづる天界の脚本家たちという設定が本当にこんな脚本家たちがいたらと思わせてくれました。お茶くみ係の茶助が不用意に発言してしまったことで、シナリオが変わってしまい人間界で生きるユリが交通事故で死ぬ運命であることを知ってしまったら自分でも茶助のように何とかしたいと思うのではないかと思いました。それぞれが真面目に生きているのに見ていると不思議な世界観で、こんな世界観があるんだと面白くなっていきます。ちょっとでもシナリオが狂うと、他の人にも影響してしまうというのに茶助は死ぬはずだった人間を生かしてしまう茶助の優しさに驚きました。キャラの濃い人が、どんどん出て来て映画を飽きることなく見ることが出来ます。見ていると不思議な世界観の中にどっぷりと嵌って行く自分がいます。いろいろな要素も織り交ぜられておりその多くの要素も楽しむことが出来ました。松山さん演じる茶助ですが、彼はこんなシュールな世界観の役柄を演じるのがとても上手い俳優さんだと思います。彼の茶助の演技のおかげで、映画全体が不思議な世界観になっていたと思います。終わりもハッピーエンドだったので最高です。

 

30代男性
30代男性

人々の人生や運命は、天界に住まう者たちが書く脚本に沿って進められているという、どこかで聞いたことがあるような設定。あまり斬新さは感じませんでしたね。しかしベタではあるけど王道的な面白さも感じられました。そして松山ケンイチさんが演じている主人公早乙女茶助という天使のキャラクターが良い。自分のちょっとしたミスで脚本が変えられて交通事故で死ぬことが決まった新城ユリという女性を救うために奔走するのですが、とにかく熱い魂を持った男で、好漢と言えるでしょう。そんな好漢を、松山ケンイチさんが力いっぱい演じていることが、この映画の印象を良くしていると思います。ストーリーは、変に奇をてらった訳でもなく、ありきたりと腐す人がいるかも知れません。しかし、シンプルなストーリーだからこそ、余計な寄り道をせずにテンポ良く進みますし、早乙女茶助という熱い心を持ったキャラクターが燦然と輝いていると見ることができると思います。少なくとも私は、この主人公に終始魅了されてしまいましたね。ラストも感動的で、諦めないことは運命も変えることができるというメッセージ性も上手く伝わってきたと思います。まさに良作と言ってよいのではないでしょうか。

 

まとめ

『天の茶助』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました