カメレオン(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アクション・アドベンチャー
カメレオン(プレビュー)
占い師・小池佳子の前に、突然右手が差し出される。見上げると、生気のない男が立っていた。野田伍郎、25歳。伍郎は気の合う仲間とサギを働いてはバカ騒ぎの毎日。未来も希望もないその場凌ぎの日々は、ワケありの過去を持つ伍郎にとって初めて味わう"平穏"でもあった。だがある日、伍郎たちは拉致現場を目撃。拉致されたのは、国家を...

カメレオン(映画)の動画フルを安全に見る方法

『カメレオン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『カメレオン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

カメレオン(映画)の内容

映画『カメレオン』は、2008年7月に公開されました。

本作は、松田優作さん主演の映画『遊戯シリーズ』第2弾として、丸山昇一さんにより執筆されましたが、実現されなかった「カメレオン座の男」を丸山さん自身が設定を現代に合わせてリメイクした作品です。

巨大な事件に巻き込まれ詐欺グループの仲間を殺された主人公が復讐に立ち上がるクライム・アクション。監督は、2005年「亡国のイージス」、2012年「北のカナリアたち」など手掛けている阪本順治監督で、主演は、藤原竜也さん。ノースタントでアクションに挑み危険な主人公を熱演しました。

そのほか、水川あさみさん、豊原功補さん、柄本佑さん、萩原聖人さんなど実力派俳優が勢揃いしています。

 

設定はそうでもないけど、演技とかストーリーは真に迫っててリアルに感じた。主人公がかっこいいな。格闘シーンもキレあったし。

藤原竜也と水川あさみの掛け合いがすごくよかった。
萩原聖人が中盤で出てきてキーパーソンかと思ってたら、ワンシーンしか出ず残念。

気弱なキャラが多い藤原竜也が、かなりバイオレンス的な役で面白い。不死身っぷりがいい。
ユーモア交えつつ、冷酷さも兼ね備えるキャラクターが松田優作と被ってた。

藤原竜也の演技がだいぶ抑えめでハードボイルド風でめちゃくちゃかっこいい。終盤の桟橋でのラストシーンは最高!

終わり方がイマイチわからなかったけど、アウトローな雰囲気で役者も豪華だった。

 

あらすじ

街の片隅で占い師をしている小池佳子(水川あさみ)の前に、突然右手が差し出されます。佳子が見上げると生気のない男が立っていました。

野田伍郎(藤原竜也)は、一瞬ギラギラと目を光らせたかと思うと、次の瞬間にはやさしい笑顔を覗かせるつかみ所のまったくない奴。廃工場に住み、仲間の公介(塩谷瞬)たち気の合う仲間と小さな詐欺を働いては、騙し取った小銭でバカ騒ぎする日々。

ある日、仲間たちといつもの詐欺に成功した帰り道で偶然、政府要人の拉致現場に居合わせてしまいます。それが原因で命を狙われるようになり、仲間たちが次々と殺されてしまいます。

伍郎が街で知り合った占い師の佳子も事件に巻き込まれてしまい、怒りに震えた伍郎はついに復讐を計画します。

見どころ

見どころは、主演の藤原竜也さんのアクションと演技。アクションは、スタントを入れる予定だったようですが、藤原竜也さんが、このくらいなら自分でできるとノースタントで撮影。しかし、実際は大変で、撮影に遅刻すればアクションやらなくて済むかなと考えたほどだったようです。

また、難しい役だったため、阪本監督と1カットずつ作り上げていったのですが、阪本監督の演出のオーダーにハマるものと、全く訳がわからないことも多々あったようです。

中でも豊原功補さんとのラスト近くで、「右手一本で、外で待ってるぜ」と言うシーンでは、阪本監督に「ダッピョーン」って言った時の顔の表情でやってみてと言われたそうです。藤原竜也さんは訳が分らなかったけれど、ダッピョーンの表情をしたことにより良いシーンになっているそうですよ。

そんな藤原竜也さんのカメレオンのような色々な表情も見どころのひとつです。

スタッフ

監督:阪本順治
脚本:丸山昇一
音楽:安川午朗
主題歌:シギ「証明」

キャスト

野田伍郎:藤原竜也
通称ローゴ。結婚詐欺師、元・傭兵テスト生。犯罪を目撃したことから仲間たちを殺された男。

小池佳子:水川あさみ
伍郎が街で知り合った占い師。

春川公介:塩谷瞬
伍郎のうつ仲間、銚子出身。

木島高:豊原功補
殺し屋集団の代表。

吉田純:波岡一喜
伍郎の少年院仲間。

大北達男:西興一朗
伍郎の少年院仲間。

梶原悟:萩原聖人
警察庁刑事。

木島高:平泉成
結婚詐欺の被害者・新婦の父。

境研造:谷啓
山村座の役者。

山村修次:犬塚弘
山村座座長。

山村典子:加藤治子
修次の妻。

厚木義武:岸部一徳
国交大臣。

【そのほか出演者】

石橋友保:伊藤洋三郎(日本不動産専務・業務企画室長)
緑川郁恵:街田しおん(結婚詐欺の被害者・新婦)
合田真樹:倉本康子
濱田万葉(公介の交際相手のナース)
柄本佑、趙民和(殺し屋の後衛部隊)
菅田俊、中野裕斗、野貴葵(殺し屋の実行部隊)
パク・ソヒ、クリスチャン・シンプソン

 

『カメレオン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

カメレオン(映画)の感想

 

40代女性
40代女性

出演者がとにかく豪華です。藤原竜也さんは、あまり見られない控えめな演技で、それもまたかっこよかったです。水川あさみさんも可愛いし演技もやっぱり自然でうまいです。時々アクションシーンもあり飽きがこない映画です。何度か観るんですがいつも見逃していた箇所、シーンを発見しています。何にも考えず無になって観れる映画なので観ていて私は疲れないので好きです。ストーリーは人によってすぐに掴めず「えっ?」ってなるのも面白いので、この映画は何人かで観るのが一人で観るより私は好きです。最後のシーンも、なんでこの人生きてるん?って思う人続出していました。なんか笑えます。感動もしますけどね。高校生の娘も面白いと何度も一緒に観る映画です。ホームステイがまだまだ推奨されておりますし、是非ぜひご家族でも観てほしいと思える映画です。地上波とかでも放送してくれても嬉しい映画です。ただ高齢者や小学生以下にはあまりおススメできないかな?なんとなく内容が掴みにくいかもしれません。題名のカメレオンが観ていてなるほどと思いました。題名のセンスの良さもわたしがこの映画を好きな一つの要因になります。まだ観てない方には是非観てほしいです。

 

30代男性
30代男性

昭和の香りただようアクションバイオレンス作品でした。よくよく内容を調べもせずにただ大好きな藤原竜也が出ているというだけで見ましたが、やはり彼の顔、全体の雰囲気、そしてアクションはすごかったです。どこか松田優作にも通じるようなハードボイルドな雰囲気をまとっていて、オーラがありました。普段テレビで見る彼は華奢でちょっとはにかみ屋みたいに見えるんですけどね。表現者と呼ばれるのがぴったりです。内容ですが、骨太のハードボイルドで見ごたえありました。個人的にはちょっとラブロマンスはあえて入れなくてもよかったんじゃないかなあと思いましたが、そこを抜きにしても、ゴーロの強さ、心がわしづかみにされました。特にラストにかけての、ゴーロがサングラスをかけて組織をつぶしにかかるところなんかは心臓ばくばくのアドレナリンでまくりで、おもわず口からなんだかよくわからない声が漏れてしまっていました。痺れる強さで、ありきたりな展開もここまでくるとかっこよすぎます。カーチェイスのシーンも良かった。古き良き時代の映画が現代できれいによみがえったようなシーンに見えました。それと水川あさみという女優はこれまでそれほど注目していなかったのですが、演技がすごいですね!これから注目します。

 

30代女性
30代女性

藤原竜也さんは絶叫系俳優として有名ですよね。「うわーーっ!」と叫ぶ姿、彼ほど上手な人いないと思います。そんな藤原さん、この映画ではかなりハードボイルドな感じで登場です。ただ、彼は顔が童顔なだけにサングラスがあまり似合わないという難点があるかも…。爽やかさ前面に出しつつ実は裏ではヤバイくらい悪人という方が合っているのではと思ってしまいました。物語自体は復讐劇。だから、ワクワクとドキドキ感で見続けることができます。ヒロイン水川あさみさんが超絶美しいのでそちらを見所にするのもありかと。この映画、松田優作さんの幻となった作品「カメレオン座の男」を題材にして脚本を練り直したものだそうで、映画を見つつ松田優作さんだったらどんな風に演じたのかなぁなんて思うのも悪くないと思います。欲を言えば、松田兄弟のどちらかに演じて欲しかった気もするのですが。でもそこまでやってしまうとゴリゴリな感じがしますよね。藤原さんの抜群の演技力で、鬼気迫る感じや仲間を大切にする心はものすごく伝わってきました。所々見せてくれる「ワル」の表情が、かっこいいです。ただ、見方によってはやはりかわいく見えてしまうかも。藤原さんのファンなら新しい一面が見られて大満足なこと間違いなしでしょう。

20代女性
20代女性

私は、映画『カメレオン』を観て、「復讐に燃える主人公の姿」と「激しいアクションシーン」が特に印象に残りました。まず、復讐に燃える主人公の姿についてです。この作品では、ある出来事がきっかけですべてを失ってしまった主人公が、復讐を進めていく様子が描かれます。主人公が、非情なまでに残酷な方法で、自分を絶望に追い込んだ人々と対峙し、次々と制裁を加えていく様子に、恐怖心を抱きながら観ていました。また、主人公が全てを失う前と復讐を決めた後の姿は、別人ではないかと疑ってしまうほどのギャップがあり、復讐に及ぼうとする感情の恐ろしさが伝わってきて、ぞくぞくしながら観ていました。次に、激しいアクションシーンについてです。主人公が復讐を行う相手と対峙する際に、互いに命がけの壮絶な闘いが繰り広げられます。何が起こっているのか分からなくなってしまうような、目の回るような素早く痛々しいアクションシーンの数々に、目を背けそうになりながらも、そのシーンから伝わる強い感情や荒々しさに魅了されながら観ていました。また、対峙する相手に合わせたアクションも多く、アクションシーンが続く中でも常に新鮮な気持ちを持って観ていました。

30代男性
30代男性

軽いノリで犯行を行っていた詐欺師のグループが、政府要人の拉致を目撃したことをきっかけに、本当の闇の世界へ巻き込まれてゆく物語です。そして、仲間たちを殺された藤原竜也さん演じる主人公野田伍郎が復讐に挑む、リベンジハードボイルドといった印象を受けました。飄々としていた主人公が、仲間の死に衝撃を受けて、復習に立ち上がる様は、まるでアニメの主人公が覚醒するシーンを彷彿とさせられました。詐欺師も犯罪者であることには間違いないのですが、悪のレベルが違う世界に巻き込まれたという感じです。また、復讐劇を敢行するに当たってのアクションシーンもかなり見応えがありました。藤原竜也さんって、こんなに身体能力が高かったんだと驚かされるような動きを何シーンも見せてくれましたし、カーチェイスも手に汗握るような展開に仕上がっています。全体的に話がう上手くまとまっていたと思いますし、水川あさみさん演じるヒロインの存在も良かったです。ただ、この映画の脚本は、元々は伝説の俳優松田優作さんが主演する映画のために書かれていたそうですから、今はなっては叶わない願いですが、松田優作さん主演版の『カメレオン』も見てみたかったと思ってしまいますね。

 

30代男性
30代男性

結婚式場の会場に乱入してきたたちの悪い借金取りが、お祝いムードをぶち壊しにすることで物語は幕を開けていきます。金銭感覚のだらしない新郎・春川公介が招いた、自業自得のトラブルかと騙されてしまうのは新婦の父親ばかりではありません。式の司会進行を務めているのが主人公・野田伍郎で、いかにも口だけ達者な今時の若者といったイメージです。伍郎役を演じているのは藤原竜也で映画の序盤でパッとしない風貌ですが、みるみるうちに豹変していくので注目してください。式の帰りに偶然にも目撃した拉致現場を撮影する時に、伍郎がとっさに取り出すガラケーには時代を感じてしまいますね。拉致された男性が証言する予定だったのが大臣の汚職事件で、こちらの方はまさにタイムリーな話題と言えるでしょう。否応なしに巨大な陰謀へと巻き込まれていく伍郎の、心の拠り所となる占い師・小池佳子もミステリアスな雰囲気を湛えていました。アングラ劇団のような仲間たちと繰り広げる冒険の数々や、悪友たちとの楽しい時間にもいつかは終わりがくるであろうことを痛感してしまいます。愛する人を守るために初めて身体を張って奔走していく、伍郎の決意には勇気を貰えるはずです。

30代男性
30代男性

本作「カメレオン」は、あの日本の映画史を代表する俳優「松田優作」を主演を想定して脚本を丸山昇一が、デビュー前に仕上げた事で有名な映画でもあり、もしかしたら松田優作が主演していたかもしれない、ハードボイルドの世界観を現代風にアレンジした松田優作の配役を藤原竜也にした事で、本作の完成度を上げたとも言えます。藤原竜也が演じる野田伍郎は、裏社会の人間で、その通り名はカメレオンと呼ばれており、複数の顔を持ち、小さな詐欺を行い、日銭を稼ぎながら、日々を刹那的に生きていたどうしようもない男でしたが、ある日を境にして、ある事件に巻き込ま追われてしまいます。それは政府の要人が誘拐されてしまう現場を目撃してしまった事からはじまります。関わることの無い事件だとすぐに忘れようとしていたにも関わらず、危険だと判断された組織によって、仲間を殺されてしまい、命を狙われてしまうと、理不尽な目にあい、小悪党の自分の命を軽く扱う巨大な組織に、復讐を誓うと、そんなある種の生き様を見せてくれる内容で物語は進んでいきます。クズと権力者たちからは軽い命として扱われてしまうと、絶望の中で誓った男の復讐心が、どんな結末をもたらすのかと、何も持たない男の意地が昭和のテイストを込めながら、令和の時代に輝くと、懐かしいテイストを感じたい人にお勧めしたい映画です。

 

まとめ

『カメレオン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました