ブタがいた教室(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
ブタがいた教室

ブタがいた教室(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ブタがいた教室』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ブタがいた教室』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ブタがいた教室(映画)の内容

映画『ブタがいた教室』は、2008年11月に公開されました。

原案は、黒田恭史さんの書籍「豚のPちゃんと32人の小学生 命の授業900日」。大阪北部の小学校で、豚の飼育を通して教育を考え、命を見なおそうとした実践が展開され、教育の現場で「命」をどのように教え、経験させられるのかの答えを求め続けた900日間にわたる「命の授業」の記録です。

その実践は、当時、ドキュメンタリーとしてテレビで放映され賛否両論を巻き起こしました。本作では、1年間大切に育ててきたブタを食べるのか、食べないのかで大論争を巻き起こす子供たちの素の表情が描かれています。

監督は、2007年「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」、2018年「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」など手掛けている前田哲監督。脚本は、2013年「江ノ島プリズム」などの小林弘利さんが担当。

主演は、妻夫木聡さんが務め、そのほか、田畑智子さん、大杉漣さん、原田美枝子さん、戸田菜穂さんなど。さらに、小学生時代の北村匠海さんも出演しています。

 

劇中、「殺すのはただ命を奪うことで、食べるのはその殺した動物の命を受け継ぐことなんだよ」と言い切る男の子にたくましさを感じた。

“命と向き合うこと”を主題にしている作品ですが、それ以上に“責任を取る”とはどういうことか?この点についてのほうがより考えさせられました。

子供たちで話し合うシーンはアドリブだそう。噛んだりしたのをあえてカットしない所など、現実味が出ていい効果を出していた。
サウンドトラックもいいし、トランペットの部分とピアノの部分があり全く逆の雰囲気の音楽を振り分けていて、効果抜群。

とても考えさせられる映画だと思った。子どもたちが豚をどうするか、熱く議論するシーンは泣いてしまった。

あらすじ

6年2組を担任することになった新米教師の星(妻夫木聡)は、食べることを前提として子ブタを飼うことをクラスの生徒たちに提案します。校長先生(原田美枝子)にも相談し、卒業までの1年間26人の生徒が子ブタの面倒を交代でみることになります。

ブタに”Pちゃん”と名づけ、校庭に小屋をつくり、えさやりから掃除、糞尿の始末まで生まれて初めての作業に戸惑う子どもたちでしたが、やがてPちゃんに家畜としてではなくペットとしての愛着を抱くようになっていました。

卒業の時は迫り、星はPちゃんをどうするかみんなで話し合って決めてほしいと提案。クラスの意見は「食べる」「食べない」に二分されてしまいます。

見どころ

6年2組の生徒役の子共たちは、オーディションで選ばれました。その中には、いまや数々の映画やドラマに出演するDISH//のリーダーでもある北村匠海さんの姿もあります。

北村匠海さんをはじめ子供たちに手渡された台本には、セリフ部分だけが白紙で、結末が書かれていないものだったそうです。もちろん大人たちには通常の脚本が手渡されていて、子供たちに余計な情報を与えないように接していたそうです。

子供たちは、撮影前から食肉センターや養豚場を見学したり、ブタの飼育をしたりとブタと接し、ラストで問われるブタを食べるのか、食べないのかを実際に考え答えを出し、それを撮影しました。そのため議論が白熱して涙を流す子や、つかみ合いの喧嘩をする子もいました。

そんな子供たちの役を演じながらの本気の涙やセリフには心を揺さぶられます。

スタッフ

原案:黒田恭史
監督:前田哲
脚本:小林弘利
音楽:吉岡聖治
主題歌:「花のように 星のように」トータス松本

キャスト

星先生:妻夫木聡
6年2組の担任となった新米教師。

池沢先生:田畑智子
3年1組の担任。

小鷲先生:池田成志
体育の先生。

仁科教頭先生:大杉漣
先生のチャレンジに疑心暗鬼。

高原校長先生:原田美枝子
先生のチャレンジを温かく支える校長。

音楽教師:清水ゆみ

伸哉の父:ピエール瀧
6年2組の生徒・榎木伸哉の父親。

雄馬の父:近藤良平
6年2組の生徒・太田雄馬の父親。

菜野花の母:大沢逸美
6年2組の生徒・松原菜野花の母親。

力也の父:樋渡真司
6年2組の生徒・樺澤力也の父親。

甘利花の母:戸田菜穂
6年2組の生徒・甘利花の母親。

【6年2組の生徒】
甘利花:甘利はるな
圭太:東圭太
飯島彩由佳:池田彩由佳
千也:石井千也
すみれ:石川すみれ
奈月:伊藤奈月
榎木伸哉:鵜木伸哉
結衣:大和田結衣
太田雄馬:大倉裕真
美月:小川美月
駿斗:岡駿斗
岡本れいな:柚りし菓
博紀:緒方博紀
海音:金子海音
柿澤司:柿澤司
みのり:斉藤みのり
樹生弥:影山樹生弥
麻衣羅:櫻木麻衣羅
樺澤力也:樺澤力也
あずき:桜あずき
拓実:北村匠海
奈々:新川奈々
英永:寺田英永
名波ルナ:夏居瑠奈
流架:向江流架
松原菜野花:松原菜野花

【3年1組の生徒】
荒川湧太、宇佐美魁人、大橋悠人、兼平束玖、春原大地、月吉智哉、飛田光里、水野倫太郎、伊早地夏音
内野亜彩、小野あかり、佐藤彩、高橋遥、中尾瑠美、中村絵梨香、奈良木未羽、服部咲華、林絢香

【そのほか】
北山雅康、伴美奈子、真下有紀、玄覺悠子、石村みか、はやしだみき、真日龍子
澤田育子、建部和美、児玉貴志、井上マー、小田切佳三、蜂谷良一、川原一志
麻生海太、くわばたりえ
エキストラ協力:香取市立府馬小学校 児童・職員のみなさん

 

『ブタがいた教室』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ブタがいた教室(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

実話を映画化した感動作です。小学6年制の子どもたちの思い、葛藤、考えが詰め込まれていて涙なしには見られない作品でした。担任がブタを食べると決めて飼育し始めても、十人十色の考え、担任、子ども、保護者、それぞれのおもいがあり、どの立場にも共感できますし、色々な立場で見ることのできる作品なのでおすすめです。未成年の中でもまだ幼さが残る子どもたちが、一つの生命と真剣に向き合う中で、自分と異なる考え方の仲間とも向き合っていくので、こちらも真剣に見入ってしまいました。妻夫木聡さんが演じる新米担任も、とても演技が上手で忠実に再現されていて見どころです。自分の考えと子どもたちの考え方のちがいなどに対面して、1年間通す中で考え方が変わったりする姿には真摯に教師として生徒に向き合う姿を感じて心があたたまりました。校長先生も、教師を見守り、保護者から庇い、時に導き、上司の鏡、人の鏡で、こんな人に出会いたいと思うほど素敵でした。今の時代だからこそ、見てほしい作品でもあります。生命の尊さや、意見を言葉にして話したり、考えたり、向き合うことの大切さを教えてくれますし、観ることで、何かしら得られる作品だと思います。

 

50代女性
50代女性

小学生の子供と一緒にみました。あまり期待せず見始めましたが、最後には泣いてしまいました。小学生と豚の交流の話しかと思いきや、実は…。食卓にあがる料理、その食材はどこからどうやってくるのか?それを実際目にすることは、子供にとって衝撃であることかもしれません。ましてや、みなで可愛がって飼育していた豚となれば尚更だと思います。命を頂くと言うことはどういうことなのか?可愛がって飼育していた豚の行く末。子供達それぞれの思いや考え、豚の命を通して、意見をぶつけあいます。子供達は泣きながら一生懸命考えます。大事なことは何なのか?可哀想だけで終わらせないところが学びになります。子供には命を自分の中に取り込み一緒に生きていく。そんな風に思ってもらえたら、親として嬉しい。そんな気持ちで一緒に見ていました。映画を通して、学べるように描かれていると思いました。正直最後の決断は、大人の私でも辛いかも。うちの娘は、ちょっとの間、スーパーのお肉売り場に行くと思い出して、豚さんの話をしていました。小学生のお子さんがいらっしゃる方、親子で是非ご覧下さい。そしてお子さんと一緒にたくさんお話ししてみてください。おすすめの映画です。

20代女性
20代女性

私は、映画『ブタがいた教室』を観て、「ブタの可愛らしさ」と「命の大切さに気づいていく子どもたちの姿」が特に印象に残りました。まず、ブタの可愛らしさについてです。この映画では、ブタを飼育することになったある小学校のクラスの子どもたちの日々が描かれます。子どもたちは一目で愛らしいブタに魅了され、毎日楽しみながら世話をしていきます。子どもたちになついたり、マイペースに行動したりするブタの一挙手一投足が愛くるしく、子どもたちと同じように夢中になって観ていました。次に、命の大切さに気づいていく子どもたちの姿についてです。ブタを育てていく中で、子どもたちのブタに対する愛情はどんどん強くなり、天候が悪化している際などどんな時でもブタを守ろうとします。そんな中、大きくなってきたブタを食べるかどうか決めなければならない時がやってきます。子どもたちは、ブタの行く末をどうするかそれぞれの気持ちをぶつけ合います。子どもたちが感情を爆発させてブタを食べるかどうかに関する自分の気持ちを話す姿から、命の大切さに気づき葛藤していることが感じられて、ブタと接したことによる子どもたちの成長に感動を覚えながら観ていました。

20代女性
20代女性

「豚をクラスのみんなで飼い、最後はみんなで食べよう。」という星先生の提案から、卒業まで豚と向き合うことになった星先生と子どもたちの物語。最初は食育の一環かなと軽い気持ちで見ていましたが、Pちゃんと名前をつけたり、一生懸命お世話をしたりしていく中で、少しずつ変わっていく子どもたちの気持ちにとても共感しました。Pちゃんは子どもたちみんなが大切にしている豚だから、食べられない、ありえない。でもスーパーでいつも買っているのも豚肉。その違いはいったい何なのだろう…。私は今まで学校で食育を受け、命をいただいているということについて、わかっているつもりでした。しかしこの映画を通して、大切にしている命という観点から、命をいただくことについて考えることができました。様々な選択肢が出てくる中で、子どもたちと星先生が出した結論とは…。映画の中では子どもちが真剣に豚のPちゃんについて考え、台本に縛られずに一生懸命自分の思いを伝えています。素直で真剣な子どもたちと、その子どもたちと全力で向き合う妻夫木聡さん演じる星先生のやりとりが見どころだと思います。実際に命をいただくとはどういうことなのか、心が揺さぶられるほど、深く考えさせられる素敵な映画です。

30代女性
30代女性

小学6年生の担任は妻夫木聡です。教室に子ブタを抱えてやってきて、みんなで飼って、最後には食べようと思います、という言葉から始まる物語です。食べる、ということよりも、動物を育てるということにまず子どもたちは興味を持ち、飼育する毎日が始まります。大事に育てたブタを食べるということについて、どういう判断が下るのかが気になり最後まで見続けました。他の先生や、保護者は、このやり方に懐疑的だったり、不満を持つ人もいます。それでも児童たちは懸命に、ブタの世話をします。見どころは、ブタを食べるか食べないかに分かれてのクラスのディベートです。一人ひとりの考えや思いはどの意見も理解できるし、間違ってもいません。それでも、食べるか食べないか、ひとつの結論を出さなければいけません。その現実に直面している12歳の子どもたちを見ていると、その真剣さ、真摯に向き合う姿勢に胸が熱くなりました。妻夫木聡は当初、命の大切さを考えて欲しいと、他の先生や保護者を説得していました。それに対して他のやり方もある、という反論もありました。このディベートを見ていると、命の大切さ以上のものを子どもたちは学んだと思います。ウルフルズの主題歌も、このディベートを歌った歌詞でした。少し刺激の強い面もありますが、正解のない答えを探す過程はとても見応えがありました。

50代男性
50代男性

2008年の前田哲監督で、妻夫木聡さんが主演した映画ですが、’90年代の初頭に、実際に北大阪の小学校で授業としてブタを飼うということがあり、それを映画化したとのことです。映画はほとんどが子供たちと教師の話し合いのシーンで構成されています。普通は家畜として飼われるブタを、小学校のクラスのペットのように購入して、子供たちが世話をして育てながら、そのブタが大きくなったらどうするかについて議論するというストーリーなので、ずっと話がまとまりません。大きくなれば世話をしきれませんし、クラスの子供たちもずっと小学校にいるわけではないので、当然、飼えなくなるために、何らかの処分をしなければならなくなりますが、さすがに子供たちにはとても結論は出せません。今ならば、計画段階で父兄や学校関係者から止められそうな話ですが、当時は景気がよく、おおらかだったのか、実際に小学校のクラスでブタを飼うところまで行ってしまうあたりが時代を考えさせます。様々なことが細分化された現代社会において、いきなり原理的な問いを持ってくるあたりに無理がありそうです。教員の意気込みは解りますが、教員でも責任を取れないような実験授業をすると、どうなるかがわかる映画でした。経済的に貧しく、困窮した家庭が多くなった現在からみると、思考実験としての映画としては面白いと思います。

 

まとめ

『ブタがいた教室』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました