文学処女(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ
“恋を知らない”森川葵ד恋ができない”城田優ד想いを寄せる”中尾暢樹/ドラマ『文学処女』予告編

文学処女(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『文学処女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『文学処女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

文学処女(ドラマ)の内容

ドラマ『文学処女』は、2018年9月よりMBS/TBSドラマイズム枠にて全8話で放送されました。

原作となる電子コミックサービス「LINEマンガ」のオリジナル作品「文学処女」は、出版社の文芸編集部に勤める、恋を知らない26歳の女性と、イケメンだけど実は恋ができない人気小説家の男性との遅咲きの初恋を描いた人気作。

主演は、圧倒的な表現力が魅力の実力派若手女優・森川葵。未だ本当の恋も、男も知らない女性・月白鹿子役を熱演します。そして、端正なルックスを持ちながら恋ができない男・加賀屋朔を、ミュージカルや舞台などでも大活躍の城田優が演じ、美しく儚い原作の世界観をそのままに、情感あふれる映像美で描いた大人のラブストーリーとなっています。

出演者がとにかく美しいです。
特に城田優は魅力を遺憾なく発揮してるし、森川葵はこういう役がピッタリですね。

原作の雰囲気を美しく映像に落とし込んでいます。内容もほぼ原作にそってよかったです。

この森川葵の何にも染まってない雰囲気は好き!城田優もミステリアスな感じで良い。映像もきれいで全体的に上品な感じ。ストーリー自体よりこの雰囲気が好きで見てた。

このドラマの城田優めちゃカッコイイ!森川葵ちゃんキュート♡面白かったから放送回もっと多いと良かったのにな〜。

あらすじ

出版社に勤める月白鹿子(森川葵)は恋愛経験がない26歳。念願の文芸編集部に配属された鹿子が担当に任命されたのは、憧れの超売れっ子ミステリー作家、加賀屋朔(城田優)。鹿子にとって加賀屋は、本を通して恋を知らない自分に「初恋」を教えてくれた特別な存在で、そんな彼の担当になり、張り切っていました。

ところが、二人三脚で作品を作ろうと懸命に歩み寄る鹿子に対して、加賀屋はドライな態度で雑事を押し付けられてばかり。あげくに加賀屋の機嫌を損ねてしまい、「もうお宅では書きません」と引導を渡されてしまいます。

また、思わせぶりに近づいたかと思えば、気まぐれに遠ざけようとする加賀屋の態度に翻弄される鹿子。現実の恋を知らなかった鹿子は徐々に加賀屋に心惹かれていくのですが、「僕みたいな男はやめたほうがいい。」そう鹿子を突き放す加賀屋。実は加賀屋には婚約者と死別していた過去があったのです。彼女の死の真相とは?さらに、加賀屋から執筆活動を休止したいとの連絡が・・・二人の歪な恋の行方は──?

見どころ

Sっ気たっぷりな城田優

本作の城田優は、イケメンだけど鹿子に対して腹立たしいまでのドSキャラ。でも、そんな色気たっぷりで挑戦的なSっぷりが、SNSを中心に大きな盛り上がりをみせました。あんなに美しい男性なら、冷たくされても好きになっちゃうかもですね!

主題歌

本作では、主題歌の他にオープニングテーマと挿入歌の3曲が流れます。ドラマで3曲も流れるのは珍しいのではないかな、と思います。ストーリーの進行を盛り立てる素敵なメロディーに耳を傾けて下さいね。

スタッフ

原作:中野まや花「文学処女 」 (LINEコミックス)
監督:スミス、戸塚寛人、岸川正史
脚本:下田悠子
主題歌:Sonar Pocket「君の名前」
オープニングテーマ:Special Favorite Music「ロングハローグッバイ」
挿入歌:城田優「イザベル」

キャスト

月白鹿子:森川葵
出版社「緑線社」の文芸編集部勤務の26歳。恋愛経験なし。加賀屋の担当。

加賀屋朔:城田優
超売れっ子ミステリー作家。

望月千広:中尾暢樹
鹿子の同期。鹿子に片想いしている。

七星真樹:上遠野太洸
校閲。望月の相談相手。

三島皓:河原雅彦
「緑線社」編集長。

三島暁里:古賀哉子
三島編集長の娘。作家志望。

天村千夜香:田辺桃子

川端龍之介:綱啓永
編集。

谷崎鏡花:池上紗理依
編集。

有明光稀 – 泉里香
ライバル社「赤文社」の美人編集者。

『文学処女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

文学処女(ドラマ)の感想

20代女性
20代女性

加賀屋と生まれて初めてのデートをすることになった鹿子は加賀屋の思いに確信する。しかし恋愛経験がない鹿子にとって加賀屋との恋は難問ばかり。ハラハラドキドキするストーリーの中で、鹿子が加賀屋に経験ないことを打ち明けてから、加賀屋の思いも変化していくストーリー。初々しい恋愛ドラマになっていて、凄く面白かったです。何よりも鹿子の成長と加賀屋のツンとした態度。二人がそれぞれ成長していく姿とドラマの展開が凄く綺麗に描かれていて、出版社の部署が変わったことで、鹿子も小説に魅了させていくストーリー展開で凄く面白いドラマでした。キュンキュンする箇所もいっぱいあって、甘酸っぱい恋心が綺麗に描かれていて凄く見応えのあるドラマでした。何よりも鹿子の成長ぶりと加賀屋の態度に注目してほしい作品です。人に対して臆病になってしまった加賀屋の気持ちやお互いに不器用ながら愛しあっていくストーリー。その中でそれぞれが苦難に立ち向かって、成長しながら愛を見つめる恋愛ドラマは今までので恋愛ドラマと一味違う展開になっています。書けなくなってしまう加賀屋の心境に鹿子がどう答えるのかも見所の一つになっていて、それぞれが本音と向き合いながら展開していくドラマはわたしは一番好きなドラマです。

30代女性
30代女性

キャストがすごくよかったです。私は、原作の漫画の大ファンで、ドラマもすごく楽しみに見ました。どのキャラも、見た目も結構原作の漫画に忠実で、見た目以上に演技が上手で、原作の漫画のイメージが、崩れることなく楽しめました。原作の漫画が少女漫画ということもあり、微妙な恋愛の心理描写とか、声に出さない心の中のセリフとか、漫画独特の表現を多用してこそ、面白い漫画だったので、正直、原作の漫画のファンには、実写は物足りないのかもしれないと、見る前は少し諦めた部分もありました。それ以上に、大好きな漫画が実写になるという喜びが大きかったので、ドラマはとても楽しみにしていたのですが、実際にドラマを見て、良い意味で裏切られました。とても素敵なキャストのみなさんが、漫画の世界をとても素敵に表現していて、原作の漫画のファンとしても、とても満足な見ごたえでした。特に、先生のセクシーな雰囲気とか、すごくカッコよくて、本当に見ていて引き込まれました。そして、ドラマを見て、もう一度原作の漫画を読み返してしまいました。2.5次元という枠にとらわれることなく、3次元でもしっかりと原作の漫画の良さがでていたのが、とてもファンとしては嬉しかったです。

 

まとめ

『文学処女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました