仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

特撮・ヒーロー
『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』予告篇

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー(映画)の動画フルを安全に見る方法

『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー(映画)の内容

映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』は、2017年12月に公開されました。

『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』シリーズの第2弾として、テレビ放送中の『仮面ライダービルド』と前作『仮面ライダーエグゼイド』のクロスオーバー作品になります。監督は、テレビ版『ビルド』『エグゼイド』両方とも担当した上堀内佳寿也さんが務めました。

本作の登場人物はビルド役の犬飼貴丈さんと、エグゼイド役の飯島寛騎さんはもちろんのこと、平成レジェンドライダーである、オーズの渡部秀さん、フォーゼの福士蒼汰さん、鎧武の佐野岳さん、ゴーストの西銘駿さんの雄姿が一つの物語の中で描かれる奇跡が起きました。

エグゼイドを見たことがない状態で、本作を見ましたが、とても面白く見れました。その中でも、悪役の大橋ケンヂさんのイカれっぷりがとにかく凄いです。

ライダー全員集合して一斉に決め台詞を言うシーンですが、個々に分かるように演出されていたのが素晴らしかったです。

仮面ライダーが集結して、最強フォームで闘うシーンは大人から観てもカッコいいと思います。

息子はまだ小さいので昔のライダーは全く知りませんが、映画には釘付けになってました。大人が見ても面白い作品だと思います。

大人が観ても、子供が観ても楽しめる作品となっております。特に、仮面ライダーが集結するラストシーンは、誰が観てもかっこいい演出となっており大好評ですね。

あらすじ

スカイウォールという巨大な壁で三つに分断された世界で生きる桐生戦兎 / 仮面ライダービルド(犬飼貴丈)の元に、宝生永夢 / 仮面ライダーエグゼイド(飯島寛騎)の敵であるバグスターが現れます。

この世界に存在しないはずの正体不明の敵に為す術なくその場に崩れる戦兎の眼前には、体の半分がメカに覆われた科学者が佇んでいました。彼は巨大なマシンを起動させると、上空に逆さになった世界が出現しました。

一方、永夢の世界でも同じ現象が勃発し、スカイウォールのある世界が刻一刻と地上へ迫ってきます。このままでは2つの世界が激突し、どちらとも消滅してしまいます。タイムリミットは24時間。世界崩壊の危機に、レジェンドライダーたちが集結します。

見どころ

本作での見せ場は非常に多いですが、その中でも観客の心に響くシーンは、各平成レジェンドライダーたちの登場シーンだ。過去シリーズでも過去作のライダーたちが助けに来てくれましたが、ラストの戦闘シーンのみ仮面ライダーに変身後の姿で突然現れて、ただただ戦って終了…。そんな展開ばかりでしたが、本作ではそんな安易な登場ではないのです。

人々が、そして仲間が最大の危機に陥ったとき、レジェンドライダーたちが一人ずつ変身前の姿で現れて窮地を救ってくれます。その登場が繰り返していくのですが、特に仮面ライダーオーズこと火野映司の登場シーンはこれ以上ないほどのシチュエーションとセリフになっております。

他には、フォーゼの福士蒼汰さん、ゴーストの西銘駿さん、鎧武の佐野岳さんと、遂に勢揃いし最終決戦へと向かうこの盛り上げ方は劇場版仮面ライダーシリーズの中でも秀逸です!

スタッフ

原作:石ノ森章太郎
監督:上堀内佳寿也
脚本:武藤将吾 / 高橋悠也

キャスト

仮面ライダービルド

桐生戦兎 / 仮面ライダービルド(声):犬飼貴丈
最高のIQと驚異的な身体能力をもつ天才物理学者。

万丈龍我 / 仮面ライダークローズ(声):赤楚衛二
変身者の龍我が元格闘家ということもあり、接近戦を得意とする。

石動美空:高田夏帆
本作のヒロインで惣一の愛娘。

滝川紗羽:滝裕可里
フリージャーナリスト。

葛城巧:木山廉彬
桐生戦兎の父親にして難波重工の技術者であった人物。

氷室幻徳:水上剣星
東都政府首相補佐官兼、東都先端物質学研究所の所長。

石動惣一:前川泰之
美空の父親でnascitaのマスター。

仮面ライダーエグゼイド

宝生永夢 / 仮面ライダーエグゼイド(声):飯島寛騎
聖都大学附属病院に勤務している駆け出しの研修医。様々なゲームの達人。

鏡飛彩 / 仮面ライダーブレイブ(声):瀬戸利樹
聖都大学附属病院に勤務する天才外科医。

花家大我 / 仮面ライダースナイプ(声):松本享恭
医師免許を剥奪された闇医者。

檀黎斗 / 仮面ライダーゲンム(声):岩永徹也
ライダーシステムを開発したゲーム会社、幻夢コーポレーションのCEO。

仮野明日那:松田るか
本作品のヒロイン。衛生省のエージェント兼CRの看護師。

ポッピーピポパポ:松田るか
仮面ライダーをサポートするゲームキャラクター。

九条貴利矢 / 仮面ライダーレーザーターボ(声):小野塚勇人
監察医務院に所属する監察医。

西馬ニコ:黒崎レイナ
年収1億のプロゲーマーにして女子高生。

パラド:甲斐翔真
バグスターの参謀格。

ゲスト仮面ライダー

火野映司 / 仮面ライダーオーズ(声):渡部秀
如月弦太朗 / 仮面ライダーフォーゼ(声):福士蒼汰
葛葉紘汰 / 仮面ライダー鎧武(声):佐野岳
天空寺タケル / 仮面ライダーゴースト(声):西銘駿
JK:土屋シオン
御成:柳喬之
アンク:三浦涼介
大杉忠太:田中卓志

本作オリジナルキャラ

最上魁星 / カイザー(声) / バイカイザー(声):大槻ケンヂ
ネビュラガスとバグスターウイルスを融合して完成させた生物兵器。

『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー(映画)の感想

30代男性
30代男性

見所はレジェンドライダーが全員オリジナルキャストという所です。これまで、レジェンドライダーが参戦する映画というのは多々有りましたが、今まで以上に豪華で面白い映画です。久しぶりに財団Xも登場して、グリードやホロスコープスなどの敵が復活しているのもキャストに相まって面白いです。各々のアクションシーンもしっかりと有り、楽しく見える映画というのに加えて、オーズ、フォーゼ、鎧武、ゴーストの4人のレジェンドライダーがオリジナルというのはかなりテンションが上がります。特にフォーゼの福士蒼汰にいたってたは、数々の映画やドラマに出演している人気俳優なので出てくれるとは思いませんでした。キャストありきの変身ヒーローだと思っているので、オリジナルキャストが映画とはいえ復帰するというのはかなり嬉しいです。内容的にも、しっかりとビルドの設定がありつつ破綻の内容に他のライダーを登場させており面白いです。後のビルドに繋がっていくカイザーブロス等本編の補完になるような物が多々あります。映画特典の先行登場でもグリスやラビットタンクスパークリングが登場しており、本編への期待感を上げてくれる作品になっています。見なくても本編は楽しめるけど、見ればもっと楽しめるそういう位置づけの映画だと思います。

 

20代女性
20代女性

仮面ライダー映画の中で、一番興奮して唯一2回劇場に足を運んだ作品です。ビルド、エグゼイド、ほか登場したライダーたちすべての設定が、絶妙に生かされ、組み合わさっており、どのライダーのファンも楽しめた作品だと思います。例えば、前の映画でゴーストの命をエグゼイドが救ったストーリーを引き継いだセリフがあったり、テレビ本編ラストで神様になった鎧武が主人公たちを導くポジションにいたり、教師になったフォーゼの威厳ある教師らしい立ち振る舞いであったり、一時的復活を遂げるオーズに登場したアンクの演出であったり、とにかく興奮シーンの詰め合わせのような豪華な印象でした! 互いの作品が互いの作品を邪魔することなく、かといって決して分離されることもなく、いい具合にミックスされているところに、脚本家や監督の方々の力量とこだわり、熱量を感じました。当時放送が始まって間もないビルドも、本編の軸となる「ラブアンドピース」というフレーズを主軸において、テレビ本編への伏線としていたのにも、後から気づいて驚きました。そしてエグゼイドの大人気キャラクター・檀黎斗の濃すぎる演技も健在! 見下ろしすぎて、もはや一周回ってのけぞっちゃってる傲慢ぶりが、「いつも通りのエグゼイドだ!」という安心感と笑いを提供してくれました。この映画をきっかけに、多くの人が仮面ライダーに再燃してほしいです。そして、まだみていないライダー作品にはまってほしい、そんなことを思う映画でした。

30代女性
30代女性

ストーリーがしっかりとしているので見応えが十分ですが、テレビ版から繋がっているん部分が非常に多いのでテレビの本編も見ているとさらに何倍も楽しむことができます。テーマとしても、誰にも褒められない中で何のために戦うのかというヒーローの永遠の課題にぶつかる準主役の万丈に対する主人公の戦兎の答えが胸を打ちます。そしてそのテーマを最後まで貫いているのが見事でした。もう一つの見どころはレジェンドライダーの登場ですが、ダブル主役となるビルドとエグゼイドの世界が上手にミックスされていて、登場人物たちの個性が生かされながら話が進むので、まるで今までも同じストーリーを生きてきたかのようです。やっぱりヒーロー同士はすぐに共鳴できるんですね。そしてさらに過去の4シリーズの仮面ライダーも登場しますが、彼らもゲスト出演というよりはしっかりとストーリーに絡んでくるのでファンにはたまりません。特に仮面ライダーオーズは懐かしい2人の絡みをもう一度みることができて幸せでした。オーズが好きだった人は泣けてくるはずです。私が一番好きなシーンは最後の総攻撃で6人の仮面ライダーがバイクで出撃するところは絵になり過ぎです。このシーンを思い返すだけでも鳥肌が立ってくるほどカッコイイので、何回でも見たくなります。

20代男性
20代男性

『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』は2017年の12月に公開しました。この映画には、フォーゼやオーズや鎧武やゴーストなどレジェンドたちが沢山出ていたのでとても面白かったです。この映画は仮面ライダーファンの好きを詰め込んだ作品だと思います。さらにこの映画には、福士蒼汰さんや犬飼貴丈さんや佐野岳さんや飯島寛騎さんなどとても豪華な俳優さんが出演されています。自分が観てた好きなライダーと当時の思い出を懐かしみながら観れるのでとても楽しいです。仮面ライダーはとにかくアクションシーンが大迫力で、観ていてとても鳥肌が立ちます。世界観や内容なども全く違うライダーたちのコラボ映画であるにもかかわらず、ストーリーの中でしっかりとそれぞれの作品に決着をつけているところがとても良かったです。ライダー全員が集合するまでの流れも熱く盛り上がる構成なのでとても面白かったです。平成の時代の仮面ライダーの集大成としてとても満足して観れました。この映画からは仲間との友情や最後まで諦めない気持ちの大切さなどとても大切なことを学ぶことができます。ぜひおすすめする映画です。

40代男性
40代男性

ビルドである戦兎は夢の中で戦いフルボトルを手に入れますが、戦兎に記憶が無い。観ていて「ビルドどうした?」って思ったが、戦兎の夢に出て来たスマッシュと同じだった事からエグゼイドの能力で今まで一気に戦況が有利になる。次にエグゼイドが出てきてビルドと同じ展開になりますが、ビュラバクスターが現れ、エグゼイドに変身出来ないけど仲間が助けるシーンは仮面ライダーシリーズに必ず出るシーンなので安心感があった。そこに龍我が現れて永夢はエグゼイドの世界とビルドの世界が本当に一緒になっている事を聞きます。ビルドに話が移り、戦兎の前にエグゼイドの仲間であるパラドが現れて調査を進めると最強形態ムテキゲーマーの存在が浮上します。再びエグゼイドの世界になり変身出来ない永夢は仲間たちとエニグマが発動しない様にリバースカイザーと戦う。ここでオーズも登場しクローズのピンチを助けます。3人の前に最上が出てきて立ち向かいリバースカイザーはグリードを出し戦います。リバースカイザーの攻撃から守ったのはフォーゼでした。ビルドの世界にもライダー鎧武が登場しライダーが揃います。エニグマが動き出しカイザーが合わさり、バイカイザーとなりますが、エニグマの外では各ライダーがXガーディアンと戦う。エニグマでの最後の戦いはエグゼイドがムテキゲーマーとなりビルドはラビットタンクスパクリーンフォームになってバイカイザーを倒すシーンは圧巻です。二つの世界は消滅しました各ライダーたちは今後も共に戦う約束をしたシーンで締めくくられていて感動しました。

30代男性
30代男性

仮面ライダー平成ジェネレーションシリーズは数多くあるが、この作品は個人的に特に印象に残っています。その理由が、過去作品に出ていたキャラクターに対して、しっかりと元の作品から続いている未来の姿を丁寧に描いてくれている脚本でした。こういった複数の作品が出てくる映画にありがちなのが、元の作品の物語、キャラクターを無視して、脚本が作られるので大抵、見ていて矛盾を感じてしまうことが多いのですが、この作品は、今や主演映画を何本も抱える売れっ子になった、仮面ライダーフォーゼの主人公、如月弦太朗役の福士蒼汰の本人出演。仮面ライダーオーズの最終回の流れを引き継ぐ脚本が胸熱。実質、仮面ライダーオーズのスピンオフ作品と個人的には行っていい良いかもしれないと思っています。特撮作品の宿命、一年間の放送を終える時の寂しさ、お気に入りの作品だと永遠に終わらないで欲しいと思いつつ、毎年終わってしまうが、この『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグエイドwithレジェンドライダー』では、他にも仮面ライダー鎧武の主人公が本人出演など、昔から仮面ライダー平成2期シリーズを追いかけているファンの心をくすぐる展開が目白押しです。平成ジェネレーションシリーズNo. 1の興奮をありがとうございます。

 

20代男性
20代男性

本作はそのタイトル通り平成ジェネレーションズ二作目にあたる、今や定番となった仮面ライダーの冬映画です。平成ジェネレーションズシリーズの前身であるMOVIE大戦では現行仮面ライダーと前作仮面ライダーの別個のストーリーが実は根幹を同じくしており第三パートで融合するというクロスオーバーが作品の軸となっていました。一方、ゴースト×エグゼイドから始まった新たな冬映画のシリーズ「平成ジェネレーションズ」では現行と前作のクロスオーバーという軸はMOVIE大戦から継承しつつパート別だったストーリー構成を一新し、序盤から物語が交錯するという形になっています。この変更点とレジェンドライダーのキャスト陣を多く登用する平成ジェネレーションズの持ち味が上手く作用しているのです。前作冬映画ゴースト×エグゼイドでも、ウィザードやドライブなどレジェンドライダーが客演しましたが、今作も同様、現行仮面ライダーである犬飼貴丈氏(ビルド)一作前の飯島寛騎氏(エグゼイド)をダブル主演に据え、平成第二期と呼ばれる世代から西銘駿氏(ゴースト)、佐野岳氏(鎧武)。そして平成第二期の黎明期を作り上げた二作から渡部秀氏(オーズ)と福士蒼汰氏(フォーゼ)という正にレジェンド級のキャストが参戦し、大杉先生やJK、御成そしてアンクが脇を固めます。宣伝用ポスターで仮面ライダー版とキャスト版の2バージョンが公開されたことからも、キャスト陣の豪華さが本作の売りの一つであることは明らかでしょう。なんだかんだ言ってもレジェンドキャストの起用というファンサービスに特撮ファンは弱いのです。また、フォーゼ、オーズに関しては物語のその後を描く描写が細部に見られ、これも仮面ライダーシリーズを長く応援し続けたファンには堪らないポイントとなっています。更に特筆すべきは、仮面ライダー映画としての前作にあたる「劇場版仮面ライダーエグゼイドトゥルーエンディング」の終盤、ビルドお披露目のシーンが伏線となっていることです。具体的に名言するのは敢えて避けますが、エグゼイド夏映画のこのシーンが本作の全ての始まりへと繋がるシナリオは私の想像を優に超える展開で、アニメや特撮など数多くの物語に触れてきた私も思わず唸らされました。ビルドやエグゼイドを主軸に置きつつも、レジェンドライダーとそのキャストも無駄にせずしっかりとそれぞれの持ち味を生かした調理がなされており、まるで一流レストランのフルコースを味わっているかのような心地でエンドロールを迎えることができます。私は映画館で楽しみましたが、エンドロールの最後の最後まで席を立つことができない一作です。

 

10代男性
10代男性

本作品ではレジェンドライダーとして前作ゴーストの他、オーズ、フォーゼ、鎧武が出てくるが、主役であるビルド、エグゼイドを食わない程度でそれぞれが活躍するシーンが描かれており、ライダー映画には珍しく上手くまとまった作品でした。オーズは登場ライダーで最も古い作品であり、全レジェンドライダーで最も大きな活躍をしていました。手を伸ばすシーンから始まり、復活したアンクとの会話は感動の最終回を思い出すものでした。フォーゼは先生となって再登場してくれました。福士蒼汰さんが人気になったのに戻ってきて、当時の髪型を再現してくれただけで涙ものでした。サブのキャラクターも登場し、フォーゼの空気が感じられました。鎧武は一年前登場出来なかったこともあり、とても嬉しい再演でした。佐野岳さんのアクションシーンはさらに成長していて、見応えがありました。前作ゴーストは当時より変身シーンがキレキレで、弟キャラであるのにレジェンドとしてもカッコ良かったです。また、本作ではゴーストの御成とエグゼイドの檀黎斗の夢の共演が実現しており、とても面白いシーンでした。エグゼイドとビルドもそれぞれのドラマと連動した面白い話でしたので、どの作品ファンでも楽しめる映画だと思います。

30代女性
30代女性

観て損はない作品だと思います。中心のビルド、エグゼイドは勿論ですが、それまでの平成ライダーの出てくる人数が絞られている分、それぞれが魅力がしっかりとでてていたと感じました。ただたくさんの仮面ライダーが登場し、戦闘シーンのみ大迫力なるというものもそれはそれで楽しめると思いますが、私はこちらの方が好みです。ビルド、エグゼイドに関してはこの映画以前にちょっとした絡みがあり、それがこの映画の伏線になっていて、ストーリーに関わっていることがわかりスッキリ。あと、パラド推しの私にとってはパラドががんばってくれてた姿が嬉しい。そしてやはり万丈の成長も見所ですね。仮面ライダーとは何か。何のために戦うのか。この映画の中で彼が自分なりに答えを出していく姿が「仮面ライダー」映画の伝えたいことのひとつではないでしょうか。他の平成ライダーについては、テレビ版終了後の姿がわかる嬉しさが。特に定評ありだと思いますが、オーズの映司、アンクの二人が出てくるシーンは感動。切なくもあり、よかったねという気持ちもあり、まさに涙ものでした。他のライダーシリーズも相変わらずのキャラの登場にほっこしたり。といいつつ、実は出てきたライダーシリーズを全て観ていた訳ではないのですが、それでも楽しめた、というところが個人的にオススメできるポイントかと思いました。ずっと観てきたファンはたくさんの箇所で楽しめ、あまり今までのシリーズを観たことがない人には、遡って他の作品も観てみようかと思える、そんな作品だと思います。

 

まとめ

『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました