ぶどうのなみだ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『ぶどうのなみだ』予告篇

ぶどうのなみだ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ぶどうのなみだ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ぶどうのなみだ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ぶどうのなみだ(映画)の内容

映画『ぶどうのなみだ』は、2014年10月に公開されました。

監督・脚本は、映画「しあわせのパン」や映画「幼な子われらに生まれ」などで知られる、三島有紀子さんです。映画「幼な子われらに生まれ」では、第41回モントリオール世界映画祭で、グランプリに次ぐ審査員特別グランプリを受賞されています。

映画「ぶどうのなみだ」は、2012年に公開された同監督作品・映画「しあわせのパン」に続いて、オリジナル北海道企画の第2弾として制作されました。もちろん、撮影はすべて北海道で行われたそうです!

主演には、タレントや声優としても大活躍されている大泉洋さん。その他にも、染谷将太さん、安藤裕子さん、大杉漣さんなど、豪華俳優陣が脇を固めています。

 

ブドウ畑を走る大泉洋さんを見て、号泣してしまいました…。

諦めないことや、仲間を大切にすることを再認識させられました。

北海道の穏やかな時間が流れる作品。映画「しあわせのパン」もよかったが、この作品も心が温まる作品でした。

大泉洋さんはお笑いのイメージが強いので、この作品の演技を見て印象がガラリと変わりました。弟役の染谷将太さんとの絶妙な掛け合いにほっこりとした気持ちになります。

北海道の雄大な土地のせいか、ゆったりとした時間を感じられる作品です。家族愛もあり、兄弟愛もあり…心が温まる作品です。随所に出てくる北海道のワインや料理がとてもおいしそうでした。ワインが飲みたくなります。

北海道の雄大な大地とおいしい料理を最大限に生かした、心温まる脚本・演出に高い評価が集まりました。「癒された」「ほっこりした」という感想が多く目立ちました。

あらすじ

舞台は北海道の空知。父を亡くした年の離れた兄弟・アオ(大泉洋)とロク(染谷将太)が暮らしています。亡くなった父(大杉漣)が残した小麦畑を2人で継ぎましたが、アオが突然ブドウを植えて、ワインづくりを始めました。ある日、エリカ(安藤裕子)という女性が突然現れ、畑に穴を掘りだします。子供のような天真爛漫さで人を惹きつけるエリカ。しかし、アオはエリカを許せないままでした。

ワインづくりはなかなかうまくいかず、苛立つアオ。ついにアオは、エリカに意見を求め、2人は交流を持ち始めました。エリカはアオのために、空知で育った木を使った樽を作ろうと、過去に捨てられた母親(江波杏子)のもとを訪れます。

ある日、アオのもとに樽が届きます。エリカからの「空知のもので空知のワインを作ってほしい」と書かれた手紙が同封されていました。アオは、今まで顧みなかった家族や、空知の人々に謝罪し、新たな気持ちでブドウを育て始めます。果たして、おいしいワインは出来上がるのでしょうか…!?

見どころ

貴重!二枚目の大泉洋

大泉洋さんは面白くて明るい三枚目のイメージが大きいですよね。タレントとしても大活躍されていることもあって、コメディテイストの作品にも多く出演されています。本作の大泉洋さんは、そんなイメージとは打って変わって「二枚目」の演技を見せてくれます。大泉洋さんの幅広い演技力に乞うご期待です!

北海道の自然と風景

すべてのロケを北海道で行っているとあって、北海道の広大な自然がたくさん出てきます。ワイナリーが舞台であることもあり、どこかヨーロッパ風の雰囲気も感じ取れる作品です。美しい自然と家族愛・郷土愛が描かれ、美作品とも言われる本作。鑑賞した後には、映画の雰囲気に後押しされてワインが飲みたくなること間違いなしです!

スタッフ

監督・脚本:三島 有紀子
企画:鈴井 亜由美
プロデュース:森谷 雄

キャスト

アオ:大泉 洋 (少年時代:小関 裕太)
ロクの兄。指揮者として活躍していたが突発性難聴になり、実家の畑を継ぐことになる。ワインづくりに奔走する。

ロク:染谷 将太 (少年時代:内川 蓮生)
アオの弟。突然ブドウを植え始めた兄に嫌悪感を抱きつつも、内心では誰よりも兄のことを応援している。

エリカ:安藤 裕子 (少年時代:高嶋 琴羽)
突然キャンピングカーで畑に現れ、穴を掘り始める。母親に捨てられた過去を持つ。アオを応援し、空知の木で作った樽をプレゼントする。

アオとロクの父親:大杉 漣

エリカの母親:江波 杏子

警官のアサヒさん:田口 トモロヲ

郵便局の月折さん:前野 朋哉

リリさん:りりィ

バーバーミウラ:きたろう

 

『ぶどうのなみだ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ぶどうのなみだ(映画)の感想

30代女性
30代女性

北海道大好き、ワイン大好きの私には最高の題材でした。大泉洋さんと染谷将太さんが年の離れた兄弟を演じているというのも見所です。この映画、出てくる食べ物がどれもかなりおいしそうなので、ご自宅で見る際にはお気に入りのお酒とおつまみを用意しておくことをおすすめします。私は一旦止めて、コンビニにワインとパン、チーズを買いに走ったほどです。ストーリー自体はゆったりと丁寧に流れていくので、日々の生活に疲れを感じている人にもぜひ見て欲しい作品です。誰かの丁寧な生活の様子を見るのって、癒されますよね。テンポ良い映画がいいんだ!という方はちょっと不向き?と思うかもしれませんが、大泉さんと染谷さんの掛け合いが抜群なので飽きずに見通すことができると思います。画面に映し出される北海道の風景は圧巻。私はDVDで見たのですが、これをスクリーンで見れた方が羨ましいです。もし上映されていたら見に行きたいというほどです。北海道旅行を計画している方も、この映画を観ておくと10倍楽しめるようになるのではないでしょうか。北海道の魅力や、そこで生きる人たちの強さ、たくましさ、純粋さに触れることができる作品でした。食が進みまくってしまうので、ダイエット中の方はご注意を!

50代女性
50代女性

北海道・空知の大自然がとても美しくて癒されました。大泉洋さんが、とてもいい味を出して演じていて、良かったと思いました。北海道の自然に溶けこんでいて、はまっていたと思いました。安藤裕子さんが、とても可愛くて自然体の演技で良かったと思いました。アオとロクが、美しい夕陽に見とれているその後ろで、エリカが泣きながら夕陽を見つめていて、その表情を見たアオが驚いたようなハッとする表情をするシーンが、とても切なくていいシーンだと思いました。ほとんどの人間が心に秘めている、自分ではどうにもならない葛藤や苦悩や闇の部分などが、繊細に丁寧に描かれていて優しくて深い作品だと思いました。染谷将太さんが、さまざまなことを我慢して家を守り、都会で挫折して帰ってきた長男の好き勝手な振る舞いにも耐えて、怒るわけでもなく、多くを語らず全てを受け入れようとする複雑な気持ちの次男を、さすがの演技力で見事に演じていて素晴らしかったと思いました。圧倒的な存在感があったと思いました。どんな役を演じても、違う顔や表情を見せてくれて、幅広い役をこなせるすごい役者だと思いました。見終わった後、穏やかで優しい気持ちになれる素敵な映画でした。

40代女性
40代女性

夢破れて故郷に帰り、自分を取り戻させてくれたワイン作りに没頭する兄とそれを冷静に見つめる弟。兄弟をそっと見守る町の人々。ある日突然現れるヒロイン。物語だけを追えば実にありふれた、ありふれた以上に単純過ぎる物語ですが、この映画はストーリーではなく役者大泉洋と染谷将太を魅せる映画。北海道の美しい景色の中で繰り広げられるファンタジーです。セリフの言い回し、映像的な衣装、演劇的要素が強い作品だと思います。ストーリー重視の映画がお好きな方はもしかしたら受け付けないかもしれませんが、舞台作品の映像化、もしくは歌わないミュージカル映画だと思えば腑に落ちるかもしれません。バラエティー番組でみせる明るい弾けキャラの大泉さんが姿は同じなのに別人にみえます。大泉さんは背が高くスタイルが良いのはもちろんですが、立ち姿がとっても美しい役者さんです。映像作品も数多く主演されていますが、この立ち居振る舞いの美しさは舞台俳優さんだなぁと魅了されます。この人の存在感、美しさを引き立たせるにはこの映画の設定、演出で当たりなんではないでしょうか。そういう意味では決して体格に恵まれているとは言い難い染谷さんですが、セリフの少なさを視線や微妙な表情で表現するのはさすがです。大泉さんとは違った魅力でありながら、二人並んだ姿はとても絵になります。

 

30代女性
30代女性

「しあわせのパン」「そらのレストラン」も同様に三島有紀子監督の作品は映像がとても綺麗です。特に衣装やインテリアが素朴なのにとってもオシャレでいつも気になってしまいます。今回も大泉洋さんが着ていたブルーのリネンのシャツや染谷将太さんが着ていたノーカラーのシャツ、安藤裕子さんが着ていた真っ赤なワンピースなどお洋服がとても素敵で印象的でした。緑の中に建つ赤い屋根のお家も素敵でしたし、インテリアも何気ない木の机や椅子、テーブルクロスや食器までこだわって選んでいることが感じられるデザインでした。衣装や建物、インテリアから映画全体の温かさが引き出されているようでした。この三島有紀子監督が作り出す可愛らしい絵本のような雰囲気が大好きです。ストーリーはしあわせのパンより大人っぽい気がしました。だいたいのお話の流れは読めてもやっぱり過去の挫折を乗り越えて頑張る2人の姿には感動しました。「ぶどうは荒れ地の方がよく育つ」というセリフが印象的で心に残りました。お話には関係ないかも知れませんが、アオとロクのお父さん役が大杉漣さんだったので登場した瞬間に涙が出てしまいました。本当に素敵な役者さんだなと改めて感じました。

 

まとめ

『ぶどうのなみだ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました