BS1スペシャル7/5コロナ危機の見逃し無料動画配信と再放送情報|Youtube/Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuよりオススメ

NHK

『BS1スペシャル』の見逃し動画フルを安全に見る方法

『BS1スペシャル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『BS1スペシャル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『BS1スペシャル』の番組内容

“注目スポーツの舞台裏”“世界と日本の「いま」” “時代の知られざる真実” など、ドキュメンタリーを中心に大きなスケールで迫るBS1の大型特集番組。土曜・日曜・祝日などの夜を中心に放送。

引用元:NHK

『BS1スペシャル』7/5の番組内容

シリーズ コロナ危機「グローバル経済 回復力の攻防戦」
経済再開に動き出す各国は今試練の時を迎えている。米中が「冷戦」化EUもぜい弱性を露呈、欧州各国は独自の道を摸索する。そんな中日本は?株式市場と実体経済がかい離し不透明な先行きの中長期戦となる変化の時代の動きを注視。ノーベル賞受賞のデュフロ、スティグリッツ、気鋭の歴史学者ファーガソン、異色の経済ジャーナリスト、ヘルマンらも加わり人々の動きから問題の本質を探り新たな経済秩序を考える。回復力は生まれるか

引用元:NHK

『BS1スペシャル』7/5の出演者

【出演】ジョセフ・スティグリッツ,ニーアル・ファーガソン,トーマス・セドラチェク,エスター・デュフロ,ウルリケ・ヘルマン,森田長太郎,居松秀浩

【声】三宅貴大

【語り】石橋亜紗

『BS1スペシャル』7/5の放送日時と再放送情報

【放送日時】

BS1 2020年7月5日(日) 午後10:00~午後11:50(110分)

【再放送日時】

未定

『BS1スペシャル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『BS1スペシャル』7/5の感想

60代男性
60代男性

前回に続き、ノーベル賞受賞者などの多くの識者の含蓄のある予測、分析、提言は勉強になりました。7月現在で世界で1000万人以上がコロナに感染し死者がわかっているだけでも51万人以上がいる現在、IMFは2020年度の世界の成長率をマイナス4.9%と予測しアメリカはマイナス8%だ。日本では大和総研が6月時点でマイナス5.8%と予測しており、リーマンショックを上回る予測が、現実味を帯びて来ました。2019年のノーベル経済学賞を受賞したエスター氏が、あっという間の貧困格差を感じています。先進国のみならず、ジョセフ氏も政府の規制がなければ世界の資本主義の復活はないと言います。歴史学者のファーガソン氏もロックダウンが解除されても以前のように消費が回復せず経済のV字回復は難しいとまで言い切っています。しかし森田氏や居松氏は株式市場は経済回復を見込んで株価は回復しつつあり、市場関係者は楽観し過ぎとの指摘もあります。しかし、その背景には日本は日銀がETFなど今年も年間12兆円を購入すると宣言し、アメリカもFDAが潤沢な資金を市場に流して株価を支えて金融不安を招かないようにしているのも見逃せません。ヘルマン氏が指摘するように消費が増えない分、貯蓄から株式に流れているようです。経路依存性と説明していましたが、詳細を見ればGOOGLEなどファングとも呼ばれるIT関連の企業業績は回復しており、ニューヨークダウ平均を牽引しています。他方、EUで一番、経済が好調なドイツでは今回、付加価値税を半年下げる政策です。これで落ち込んだ消費を回復させようとしています。日本では総務省が6月に発表した家計調査が前年比11%下がっています。そうなると需要が生まれず、株式市場に流れ込んだ資金の投資先を何とかして見つけないと、企業は利潤が生めず配当も回せず従業員の賃金も上昇しません。そこで考えられるのがバーチャル世界の広がりで需要を生み出すしかないようです。投資の神様と言われるウオーレンバフェット氏が大手航空会社の株を売却しましたが、ビデオ会議サービスの会社の時価総額が、大手7社航空業界のそれを上回ったのが象徴的です。発行禁止処分の本を集めたネット図書館は興味深いです。もはや政府によるメデイア規制も言論統制も無意味になり「思想と言論の流動化」とも言える現象が加速すると思います。コロナ感染リスクのないロボットが高齢者の介護をし物流はドローンと自動運転走行車が担う未来が加速しそうです。一方でアメリカのように自国第一主義、人種問題がファーガソン氏がこれほど深刻になるとは思わなかったと言いロシアはリトアニアを侵略し中国は台湾を侵略して国民の不満を海外にそらせると言っていましたが、あまりに悲観的だと思いたいです。今のトランプ政権があまりに極端な政策をとっており、政権が変われば変わると思いますし、又、国際経済はダーウイン主義になり適者生存がはびこり益々貧富の差が広がるというのも悲観主義だと思いたいです。ケインズが不況時に限界消費性向が下がり、将来不安から貯蓄率が上がる流動性選好が上がってしまうと言い、景気の悪循環に陥る可能性がありますが、現在は当時と違い、ITの進歩でグローバルにバーチャルな世界が瞬時に国境を越えて新たな需要を生み出す可能性に賭けたいです。エスター氏が提唱する、開発途上国も含めた分散型の公共財ともいえるサプライチェーンの構築が必要だと思います。エスター氏がトヨタのような企業が公共財を生み出せ、日本がリーダーシップをとれるかもという言葉は心強いです。発展途上国とパートナ―関係を築くことで、人類が過去に幾多の危機を乗り越えて来た様に、今回も希望を失わなうことはないと信じたいです。

40代女性
40代女性

新型コロナウイルスは、感染が確認された当初は、よく『スペイン風邪』と比較されていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、世界各国でロックダウンや外出の自粛を要請されたため、大打撃を受けている経済を『世界恐慌』と比較するという試みは見たことがなかったので、とても興味ふかい内容でした。今、日本もアメリカも、けっして新型コロナウイルスが収束したわけではないのに、なぜか株価はかなりのスピードで回復してきているのは、とても不自然さを感じています。実体経済と株価が比例していないように感じているので、今、回復したように見えるのは、仮の姿で、これからおそらく増えていくであろう新型コロナウイルスの感染者とは逆に、3月末に経験したような急激な株価の落ち込みが再びやってくるのではないかと思っています。ただ、この状況については、複数の専門家も「わからない」と言っていて、これから何が起きるかもわからないのに一体、どう予測して、どう備えれば良いのだろうと思いました。その中で、『経路依存性』について話している専門家の言葉には、非常に納得できました。株価は、今のように景気が落ち込んでいる時も、なぜか上がることもあるし、好調な企業の株価も突如として下がることもあるので、結局は人間の気分で大きく左右されるものなのかなと思いました。

30代男性
30代男性

パンデミックを引き起こし、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス(COVID-19)。半年ほど前までは予想もしていなかった異常事態下において、感染の拡大を防ぐために人の移動が大幅に制限されることになりました。日本では緊急事態宣言下でも個人の外出自粛や、各店舗の営業自粛などの呼びかけに終始しましたが、大量の感染者と犠牲者を出している欧米では法律で外出を強力に制限するロックダウンまで実施されました。それらの施策は感染拡大をかなり抑制することに成功したと言われていますが、代償に経済面で多大なダメージを負うことになってしまいました。今、世界中で経済的な困難に直面している人が急増していることでしょう。各国とも経済再開に向けて動き出そうとしていますが、アメリカと中国という2大国の対立は激化していますし、ヨーロッパ各国も足並みが乱れています。また実体経済が大きく傷つけられているのに、株価が比較的高値を維持するという奇妙な現象も起きており、経済の先行きが見通せない不安も広がっています。番組では各国の経済や歴史の専門家が登場して、今起きている問題について、主に経済面から持論を語ってくれました。いろんな見方があることが分かりましたが、結局は確実に未来を予測することはできないと思いましたね。後世の歴史家から、コロナウイルス禍に襲われた現在の世界がどう評価されているのか知りたいものです。

 

まとめ

『BS1スペシャル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました