僕の初恋をキミに捧ぐ(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ
僕の初恋をキミに捧ぐ 野村周平 桜井日奈子

僕の初恋をキミに捧ぐ(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『僕の初恋をキミに捧ぐ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『僕の初恋をキミに捧ぐ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

僕の初恋をキミに捧ぐ(ドラマ)の内容

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』は、2019年1月から3月にテレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」で放送されました。

原作は、累計発行部数800万部を超える青木琴美の同名少女漫画。前作『僕は妹に恋をする』のスピンオフ作品として、2005年17号から2008年15号まで『少女コミック』(小学館)にて連載され、2009年に実写映画化、そして2019年にテレビドラマ化されています。

数々の困難に見舞われ、迫りくるタイムリミットに悩み苦しみながらも、必死に運命に抗おうとする高校生2人の、切なくも美しすぎる純愛を描いた本作は、20歳まで生きられない心臓病を抱える主人公・逞を野村周平、逞の病気についてすべてを知ったうえで彼を一途に愛する幼なじみの繭を桜井日奈子が演じ、運命にあらがおうと奮闘しています。

主人公以外のキャスト知らずに見たら割と豪華でびっくり。とりあえず、ふたりとも良い!ふたりのムズキュンは楽しいし、切ない。

映画版を見てたから「思ってたのと違うな〜」と思うかなと思ってたら、野村くんと桜井日奈子ちゃんの2人も凄く良かった。
最後の終わり方も好きだった。

漫画とは結末の設定が違うのは良かった。
映画より一つ一つのエピソードが濃く描かれていて作品に浸ることが出来たし、5話まで爽やかな気持ちで見れてたけど、最後の二話で話が急に動き過ぎて詰め込み過ぎて雑な感じを受けた。

少女漫画らしいファンタジーさと、命というテーマの盛り込み方のバランスが良かった。ちなみに泣きまくった。

あらすじ

小さな頃から心臓病で入院する垣野内逞(野村周平)と、その主治医の娘・種田繭(桜井日奈子)。 幼い頃、逞は繭に「大人になったら僕のお嫁さんになって下さい」 とプロポーズ。 「20歳になったら絶対よ!」そう応えた繭との未来を信じて疑わなかった。 自分が【20歳まで生きられない】と知るまでは――。

突然、心臓移植が受けられることになった逞(野村周平)は、繭(桜井日奈子)と共に安堵と喜びを覚えるのですが、その心臓の提供者は脳死状態に陥った昂(宮沢氷魚)だったのです。昂の父親は、逞と同じ病気で亡くなっていたため、逞の病気をよく分かっていた昂は、自分に万一のことが起きた場合に備え、ドナーカードを書いていたのです。それを知って複雑な思いにかられる逞は、移植手術を拒否すると書いた手紙を残し、病院から姿を消してしまいます。さらに昂の母親も、臓器提供を取りやめると言い出し・・・。

見どころ

衝撃のラスト

全7回で放送されたドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』の最終回は、ハッピーエンドともバッドエンドとも取れる衝撃のラスト。

放送終了後のSNSでは、「結局どうなったの?」とムズムズする反響が溢れていました。結局、「ハッピーエンドであって欲しい」という声が多く集まったようですが、さて、どんな結末を迎えたのでしょうか?

主題歌

ドラマの主題歌はDEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)の「Maybe Tomorrow」。ディーンさんが「力強く生きていく意思をイメージした」と語るように、軽やかなリズムで希望に満ちた明るい未来が見える様な爽やかな曲。

ドラマの中の若い二人の未来を応援するようなディーンさんの歌声に、是非耳を傾けてみて下さいね。

スタッフ

原作:青木琴美 『僕の初恋をキミに捧ぐ』(小学館刊)
脚本:尾崎将也
演出:宝来忠昭/藤原知之
音楽:富貴晴美
主題歌:DEAN FUJIOKA「Maybe Tomorrow」

キャスト

垣野内逞:野村周平(幼少期:潤浩)
幼い頃から重い心臓病を患い、余命宣告を受けている。

種田繭:桜井日奈子(幼少期:田島僚華)
逞の主治医の娘。逞が20歳まで生きられないと知りつつ、一緒に病と闘っていく。

鈴谷昴:宮沢氷魚
逞と繭の上級生で生徒会長。繭のことが好き。

鈴谷律:佐藤寛太
昴の弟。

上原照:馬場ふみか
逞と同じ心臓病を患っているが、症状は軽い。逞のことが好き。

五十嵐優実:松井愛莉
昴の同級生で、昴のことが好き。

田村結子:矢作穂香
繭の親友。

神尾耕太郎:岐洲匠
弓道部部長。

生田成美:富田健太郎
紫堂高校の生徒会メンバー。

野村聡美:福本莉子
繭の同級生。

向井早苗:是永瞳
看護師。

鈴谷小百合:山下容莉枝
昴の母。

種田陵子:真飛聖
繭の母。

垣野内寛貴:児嶋一哉
逞の父。

垣野内えみ:石田ひかり
逞の母。

種田穣:生瀬勝久
逞の主治医で繭の父。

『僕の初恋をキミに捧ぐ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

僕の初恋をキミに捧ぐ(ドラマ)の感想

 

20代女性
20代女性

病気がある主人公の話ってドラマや漫画のなかには多くありますが、それが女性ではなくて男性目線という作品はなかなかないので、見ていて新鮮でした。女性が弱っていくのが王道ではありますが、そうではなくて男性が「もう少しで死ぬかもしれない」と思うなかで生きていき、それでも強く見せようとする姿に涙が止まりませんでした。そんな中でも、どんどん主人公に詰め寄っていくのがヒロインです。男前なヒロインですから主人公の悩みや弱いところが見えるとすぐに助けに行きます。同じ女性ながらに格好良いなと思いましたし、この2人の関係はどうなっていくのだろうとストーリーが進むにつれてドキドキしてしまいます。この作品は元は少女漫画ですし、映画化もされているのですが、ドラマはまた違った雰囲気で楽しめるところが魅力的だなと思いました。キャストがリアルな高校生に見えますし、必死に生きているところ、そしてそれを助けたい守りたいというヒロインの気持ちが画面越しで伝わってきます。完璧ではない高校生なりの恋愛ドラマに胸が締め付けられるシーンもあり、正直タオルなしでは見ることができないと思います。社会的な問題も少し取り上げられていたりと自分の知らない世界を知れる作品でした。

 

30代女性
30代女性

8歳で自分が20歳までしか生きられないと余命を宣告されてしまった垣野内逞とそんな彼を一途に想い続けている種田繭の純愛映画です。自身の余命を知っているからこそ、繭の傍にはいられないと悩んで自分から距離を置く逞が切ないです。そしてそんな逞を全力で想い続け、支えようとする真っ直ぐな繭の姿はとても感動的です。本当はお互いをこれ以上なく想っているような二人ですが、一緒にいられる時間のリミットが刻々と迫っていくシーンはとても切ないです。青木琴美さんの少女漫画が原作ということで、映画のキャストが気になりましたがそんな不安が吹き飛ぶほどの素晴らしい配役でした。垣野内逞を演じた岡田将生さんはまるで少女漫画から出て来たようなかっこよさと儚さを持っていて見事に役にはまっていました。そして種田繭役の井上真央さんはその容姿の可愛さも少女漫画の世界観に合っていて素晴らしかったですが、何より演技力の高さに脱帽しました。逞の為に何度も土下座をするシーンは圧巻の迫力があって、何度見ても感動して泣いてしまいます。主題歌は平井堅さんが歌う「僕は君に恋をする」という逞と繭の美しく切ない二人の物語を表すような曲でとても素晴らしかったです。

40代女性
40代女性

原作漫画も大人気、映画も話題になったのでだいたいの内容は知っていましたが、ドラマ化されて初めて見ました。野村周平さん、桜井日奈子さんのお2人がとても良かったです。物語は、さすが伝説の少女漫画だけにとにかく切なかったです。連続ドラマのせいなのか原作もそうなのかは分かりませんが、毎回波乱があります。とてもキラキラした綺麗なシーンの後にやって来る、辛く悲しい展開。どうぞうまくいってほしいと祈るような思いで見ていても試練が襲い、胸が苦しくなりました。いい年をして恥ずかしいのですが、高校時代というのは本当に刹那的で美しく、忘れていたあの頃の気持ちを思い出すようでした。時代は変わっても、初めて人を好きになる気持ちは変わらないものなのだとあらためて思いました。相手を思いドキドキする気持ち、自分を犠牲にしても相手の幸せを願う気持ち、そんな気持ちは普遍のものなのだと思います。野村さんは今どきの男の子らしい活発さと茶目っ気のある表情を見せ、一方ではとても深い静かな目をしている時があり、静と動のギャップに驚かされる俳優さんです。桜井さんは触れたら折れてしまいそうな少女特有のはかなさに芯の強さが同居していて素敵でした。

 

20代女性
20代女性

井上真央さん演じる種田繭は医師の娘で真面目で正直で純粋な少女であり、岡田将生さん演じる垣野内逞は重い心臓病を患っていて20歳頃までしか生きれない、と宣告されています。2人は小さい頃からの幼馴染でいつも一緒にいました。両想いな2人でしたが、時が経つにつれ、心境に変化が出始めます。本作を見た感想としては、とにかく感動しました。病気で恋人を亡くしてしまう作品は数多くありますがその中でも群を抜いて素敵な作品だと思います。繭に悲しい想いをさせたくないが故に自分の意思とは反対に繭を避けてしまう逞に対し、自分の意思でぶつかり絶対に死ぬまで一緒にいる、と言い張る繭。しかし時間は刻一刻と迫っている中で、2人が様々な人と関わり、色んな経験をすることで高校生から大人になり、中身も成長していく姿が描かれています。自分だったらどうするか、相手のために何をしてあげられるか、とても考えされられる作品でもありました。ラストシーンは本当に涙が止まりませんでした。病気を患いながらも、愛する人のそばにいたい、でも迷惑は掛けたくないという葛藤の中、必死に今を生きる逞と、大事な人を失ってしまう恐怖の中自分に正直に今を生きる繭の2人のぶつかり合う想いはとても素敵なもので、ちゃんと毎日を悔いなく生きよう、と思わせてくれる作品でした。

30代男性
30代男性

「限られた時間の中で、一生分の恋をした」このセリフに込められた思いがこの映画の全てです。それは、あたたかくて、やさしくて、でも切なくて、苦しくて・・・。タイムリミットがあるなら、どうして恋なんかしてしまうのか。でも、そんな状況だからこそ、その思いには、どこにも嘘がないし、世界中のどんな恋よりも本気で強いと思うんです。恋が深まるにつれて、時間は経っていく、タクマの生きたいという気持ちも、繭の死んでほしくないという思いも、どんどん高まる。こんな状況じゃなかったら、きっとふたりはありふれたカップルのように愛を育んでいったんだと思います。ゆっくりと、時間をかけて。お互いの人生にたくさんの思い出を刻んで。それなのに・・・。絶対に幸せになれるふたりなのに・・・。そう思うと涙なしでは見れません。最後のデートでのタクマの言葉、「約束、守れなくてごめんな」。こんなにもやさしいのに、こんなにもかなしい愛の言葉があるでしょうか。涙と嗚咽が止まらなくなりました。映画でこれだけの量の涙を流すことはないんじゃないかと思うくらい。“泣ける映画”というととってもチープに聞こえてしまうけど、この映画を見て流す涙は、とても純粋でキレイなものだと思います。見終わった後は、不思議と世界全体があたたかいものに見えてくるくらい、心が洗われる作品です。

30代女性
30代女性

岡山の奇跡と言われる桜井日奈子さんの女子高生姿がとても可愛かったです。幼い頃から心臓病で入院する逞に野村周平さん。お坊っちゃまというイメージがありましたが、今回はドンピシャはまり役でした。そしてその逞のその主治医の娘が繭役の桜井日奈子さん。逞は繭に大人になったら僕のお嫁さんになって下さいと、プロポーズをしており、信じていましたが運命は二人を少しずつ引き離して行きました。原作ではこの辺りを丁寧に描写しておりましたが、ドラマとなるとトントン拍子に展開がなされ、回つまんだ形にはなりましたが大事な所はしっかりと映し出されていたと思います。逞の限りある命について知りながらも、逞は彼を一途に愛する所が切なくて癒されました。スキだけではどうにもならない事態にモヤモヤもしましたが、これぞ少女漫画。絶対に二人はハッピーエンドとなる訳です。結末は分かっているのに、二人に関わるライバルの出現にはドキドキしました。特に宮沢氷魚さんの透明感溢れる出で立ちと半端ない適役としての存在感は、ドラマを盛り上げました。野村周平さんの穏やかなセリフ回しと対照的な桜井日奈子さんのガツガツした言動がリアル感を増したように思います。飽きの来ないドラマの仕上がりでした。

 

30代男性
30代男性

爽やかな恋愛ものと思いきやいい意味で裏切られ、後半はもう涙が止まらない感動作です。物語は大人になったら結婚しようと約束していた2人、しかし余命を宣告され2人の関係が大きく変化していくものなんですが、お互いのことが好きだと分かっているが故のすれ違いや過ちが見ていて胸が苦しくなるものがありす。繭ちゃんのツンデレなところや逞くんのさりげない優しさが良い感じにマッチングするんですよね~。タイムリミットがある恋だからこそ今を一生懸命に生きようと必死にもがく2人を見ていると自然と勇気をもらうことが出来ます。主演の井上真央は当時22歳なんですが、高校生役が全然に似合っていて役柄もしっかりとはまっていますね。爽やかイケメンの代表格の岡田将生の演技力も当時から抜き出ているものがあります。その他にも窪田正孝や中村トオルなど以外俳優陣も多数出演しておりタレントが豊かな作品となっています。臓器提供という深いテーマにも関わらず作品としては重くならず終始胸が熱くるなるようなストリー展開は監督の腕の良さを感じさせます。特にタクマが最後の10分ほどで精いっぱいの感謝のっ気持ちを伝えるのですが、もうハンカチなしでは見られないほど涙が止まりません。

20代女性
20代女性

漫画原作特有のわざとらしさが全くない作品でした。お互いを想う気持ちが溢れていて、見ていて切なくなりました。そしてなんといってもよかったのが主演の岡田将生さんと井上真央さんの演技です。岡田さんのラブストーリーを見たことがなかったのですが、こんなにも魅力的なんだということに改めて気づかされました。心臓病を患っているという弱々しさもきちんと感じられて、それでも繭を守りたいというもどかしい想いが表情からひしひしと伝わってきました。ほして主人公の繭を演じた井上真央さんは漫画のイメージとぴったりでした。かわいくてちよっとわがままで、気の強い感じか井上さんらしいなと感じました。2人がとてもお似合いで、幸せになってほしいと心から応援することができました。そしてストーリーは漫画原作とは思えないほどに深く、重いものでした。命の大切さ、はかなさについても考えさせられました。長く生きることができないということを知りながら、誰かを好きになるとはきっと辛いことであり、どうしようもない思いに悩まされると思います。しかしこの2人からはそんな未来にも負けないという強い思いを感じられ、お互いを想う気持ち、病気に立ち向かうパワーに感動しました。

 

まとめ

『僕の初恋をキミに捧ぐ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました