ボクは坊さん(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
ボクは坊さん。(予告編)

ボクは坊さん(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ボクは坊さん。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ボクは坊さん。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ボクは坊さん(映画)の内容

映画『ボクは坊さん。』は、2015年10月に公開されました。

原作は、糸井重里が主宰する「ほぼ日刊イトイ新聞」で約7年にわたり連載されていた愛媛県今治市にある四国八十八カ所霊場の第57番礼所・栄福寺の住職・白川密成が実体験を綴った人気エッセイ「ボクは坊さん。」。『ALWAYS 三丁目の夕日’64』で監督助手を務めるなど、第一線の現場でキャリアを積んだ新鋭・真壁幸紀の、長期編監督デビューとなった作品です。

祖父の死をきっかけに、24歳で実家である栄福寺住職を務めることになった青年が、試行錯誤しながら日々精進していく奮闘を描いた本作の脚本は、『つみきのいえ』などの平田研也。僧侶の道を歩み始めたばかりの主人公・白方光円を演じるのは、幼い頃からテレビ・ドラマで活躍を見せる伊藤淳史。幼なじみの越智京子を、人気女優の山本美月が演じています。

寺の住職の世代交代や檀家さんとの関係、その他、寺にまつわる様々な事柄を学びつつ、弱い人間が強く生きられるコツを描いた作品で、なぜか心に清々しい風が吹くような感覚で、ありがたい気持ちにすらなりました。

もっと重たいのかなと思っていたのですが、ちょっとした笑いもありで見やすい映画でした。
といいつつ見終わった後は、いろいろ考えさせられました。

若輩ながらも、住職となった主人公。頼りない所があるのは否めないが、新鮮な観点を持ち、穏やかな気持ちで観賞した。根底に、重いテーマがあるのたが、映画は爽やかな仕上がりになっている。

仏様の教えと、色んなものを抱える人々が、悩める私たちのきもちをほんの少し楽にしてくれると思います。心に染みた良い映画でした。

お坊さんという、誰もが知りながらも暮らしぶりはほとんど知られていない職業にスポットを当てた本作は、観る人の興味を誘い、お坊さんでも一人の人間。若くして突然僧侶となった青年が成長する姿は、何も特別なことではなく、自身と重ねて見ることが出来る感慨深い作品となりました。

あらすじ

実家の寺院を継ぐため、とある山の中にある仏教系大学に入学した白方進(伊藤淳史)。だが、大学を出た進は家を継ぐことに迷い、帰郷後、家に居候しながら、書店でアルバイトをして日常を過ごしていました。そんな進に母親や檀家の人たちは不安を隠せないでいましたが、住職の祖父だけは優しく見守ってくれていました。

そんなある日、祖父が急に倒れ、病院に担ぎ込まれました。病院のベッドの中で気丈に振る舞う祖父の姿を見て、進は僧侶になる事を決意し、坊主頭になりました。祖父は孫の姿に一瞬は驚くも、「白方光円」と自分が与えた僧名を名乗る進の頭を撫で、涙を流します。

やがて祖父は遷化し、24歳で四国八十八ヶ所霊場、第57番札所・栄福寺の住職になった白方光円は、この寺で生まれ育ったけれど、住職として足を踏み入れた“坊さんワールド”は想像以上に奥深く、初めて見る坊さん専用グッズや、個性豊かな僧侶との出会いにワクワクしたり、檀家の人たちとの関係に悩んだり。お葬式や結婚式で人々の人生の節目を見守るのはもちろん、地域の“顔”としての役割もお坊さんには必要なんだということを初めて知りました。また、人の生死に立ち合うことで“生きるとは何か?死ぬとは何か?”と考えたりもするようになりました。坊さんとしての道を歩み始めたばかりの光円に何ができるのか。何が伝えられるのか。光円は試行錯誤を繰り返しながら、人としても成長していき……。

見どころ

お坊さんの日常

本作では、普段見る事の出来ない「お坊さん専用グッズ」や仏教用語、個性豊かな僧侶たちなど、知られざるお坊さんの日常が満載です。

2015年高野山開創1200年、そして2014年に四国霊場開創1200年に伴い、お遍路ブームが加速しました。そういう意味でも、本作は〝お坊さんブーム〟の先駆けとなった作品なのかもしれません。

美しい風景

本作のロケは、実際に光円さんのご実家である愛媛県今治市の四国八十八カ所霊場の第57番礼所・栄福寺や高野山奥の院でも行われています。

スクリーンに映し出される自然豊かな四国霊場や、高野山の美しい風景は見る人の心を癒し、見どころの一つとなっています。

高野山奥の院での映画撮影が許可されたのは史上初だそうですよ。

スタッフ

原作:白川密成『ボクは坊さん。』
監督:真壁幸紀
脚本:平田研也
音楽:平井真美子
主題歌:吉田山田「Today, Tonight」

キャスト

白方 進(光円):伊藤淳史
祖父の突然の死により、24歳で突然実家である寺の住職になる。

越智 京子:山本美月
進むとは幼なじみ。進が想いを寄せている。

桧垣 真治:溝端淳平
進・京子の幼なじみ。

栗本 広太:濱田岳
白方 真智子:松田美由紀
新居田 明:イッセー尾形
峰岸 孝典:渡辺大知
白方 宣子:松金よね子
白方 瑞円:品川徹
白方 一郎:有薗芳記
正岡 龍仁:駒木根隆介
品部 武志:遠藤雄弥

『ボクは坊さん。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ボクは坊さん(映画)の感想

30代男性
30代男性

ほぼ日刊イトイ新聞のエッセイを映画化したという異色作。先代が亡くなって、いきなりお坊さんになった青年の半生を描いた物語です。人が生きている間には、つらいこともかなしいこともたくさんある。いつもいいことばかりじゃない。理解できない理不尽にさらされることだってある。この映画を見るまでは、お坊さんという職業の人々は、みんなそういったことを達観した視点を持っていて、いつでも最適な回答を答えられる存在のように思ってた。でも、実際はそうじゃない。お坊さんだって人間なんだから。友だちが死んだら涙を流すし、裏切られれば腹が立つ。そういう人間くささをちゃんと持っているということが、この映画を見ていると良くわかる。主人公のお坊さんは、とても未熟だ。よく泣き、よく傷つく。私情を挟みすぎるところもあるかもしれない。でも、彼には苦しんでいる人を見捨てない優しさがあり、大切なところで決断する勇気があり、どんな時にも現実に負けない強さがある。それはお坊さんという職業についたから芽生えたものじゃなく、彼自身がもともと持っていた特性なんじゃないかと思う。だからこそ、この人はきっといいお坊さんになれるんだろう。お寺という場所は、普通の職場よりも人の苦しみや悲しみ、死や生を身近に感じる場所だ。だからこそ、お坊さんは日常的に、命のことや生きること、死ぬことを他の人よりもたくさん考えているし、そこに悩みを持っている。この職業は、きっと人生観を成長させる機会に恵まれた仕事なのかもしれない。

 

30代女性
30代女性

伊藤淳史さんのファンなので見に行きました。伊藤さん主演の映画らしい、優しい世界でした。まず普通に暮らしていれば知ることはなかったであろう、お寺の住職さんの日常が興味深かったです。お寺専用のカタログやバリカン、住職でつくる野球チームなど、主人公の光円と同じように「そんなのあるの?」と驚いてしまうものが次々と出てきます。しかし光円自身もまた専門の大学を出ながら、頭を丸めたくない、寺を継ぎたくないと、意外なほど等身大の若者です。酔った勢いで友達の家に不法侵入したあげく、行きつけの酒場に介抱される姿は、すごく親近感を覚えました。また住職となった光円のぶつかる壁。地元の年寄りたちに若いやり方を受け入れてもらえない、提案全てに反対される姿を見ていると、どこの業界でも同じなんだなと思えました。仏に仕える者として、遠くに感じていた住職さんを身近に感じました。そして光円の幼なじみの京子に、事件が起こります。そのときに取った京子の夫の決断は、人として最低と言われても仕方ないでしょう。しかしそんな夫の行動も、成長した光円は受け入れて前へ進みます。優しく、強くなっていく光円と共に、厳しかった世界も変わっていきます。温かさと希望に満ちたエンディングが、この作品にはとても合っていると感じました。

30代男性
30代男性

お寺の住職だったお爺ちゃんが亡くなったことで、四国八十八ヶ所の札所の1つであるお寺を継ぐことになった孫の話です。世間からほとんど知られていないお坊さんたちの社会が丁寧に描写されていて、興味深かったですね。主人公の光円こと白方進が青年時代に迷いながらお坊さんになる道を探ってゆくところには、とても共感が持てました。現代社会の価値観に染まっていると、お坊さんになる道に抵抗感を覚えるのは無理もないと思うからです。余談ですが、光円が市役所で氏名変更の手続きをするシーンにはびっくりしました。お坊さんは本名とは別に僧名を持っていると思っていたのですが、ちゃんと法律上も名前を変えていたのですね。そしてお寺を継いだ後に始まるのが、檀家さんたちやお坊さん同士の同業の付き合いです。お坊さんはコミュニケーション能力が高い人でなければ務まらないなと思いました。もしコミュニケーション能力に欠けて檀家さんたちから見放されたらお寺の経営が成り立たなくなっちゃいますからね。あと、仏典からの引用がやたらと多いのもこの映画の特徴と言えるのではないでしょうか?正直な話、それほど意外性のあることは言っていないように思ったのですが、映画の雰囲気を整えるのに貢献していた引用だと思いました。

 

まとめ

『ボクは坊さん。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました