ぼくが処刑される未来(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

SF
映画『ぼくが処刑される未来』予告編

ぼくが処刑される未来の動画フルを安全に見る方法

『ぼくが処刑される未来』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ぼくが処刑される未来』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ぼくが処刑される未来の内容

映画『ぼくが処刑される未来』は、2012年11月に公開されました。

スーパー戦隊シリーズ仮面ライダーシリーズ出身俳優たちの更なるステップアップを目的とした企画「TOEI HERO NEXT」シリーズの第2段として公開された作品です。

2011年~2012年に放送されていた仮面ライダーシリーズ『仮面ライダーフォーゼ』で、それぞれ「フォーゼ」と「メテオ」を演じた福士蒼汰さん、吉沢亮さんが本作品のメインキャストとして起用されています。

監督を務めるのは、劇場版ウルトラマンシリーズの監督も担当していた小中和哉さん。脚本は同じくウルトラマンシリーズや仮面ライダーシリーズをはじめとした多くの作品を手掛ける長谷川圭一さんが担当しています。

主人公の大学生がある日突然未来にタイムスリップし、その世界で殺人の罪にかけられてしまいます。そしてそれは未来の自分が起こした犯罪だと言われ、無実を証明すべく、ライズマンという救世主と共に動き出す物語です。

 

仮面ライダーフォーゼをずっと見ていて、その延長でこの作品も鑑賞しました。フォーゼで主役を演じていた福士蒼汰さんですが、その時の役柄とは真逆のような性格の役だったので新鮮さを感じました。

多くの俳優さんが戦隊ものシリーズの出演をきっかけにブレイクしていますが、福士さんと吉沢さんもそのうちの一人ですね。お二人の初々しい演技が見られます。

始めは物語の設定が難しくて少し戸惑いましたが、なかなか面白いテーマで最後まで見ごたえのある作品でした。

ラストでは、様々なピースが合わさり伏線が回収されてスッキリ!福士蒼汰さんも吉沢亮さんもかっこいい。

 

あらすじ

大学生の浅尾幸雄(福士蒼汰)は、小心者で自分の気持ちや意見を表に出せない弱気な性格で、代わり映えのない日々を送っていました。ある日、突如強い光に包まれる幸雄。気が付くとそこは警察署の取調室で、身に覚えのない殺人の疑いをかけられています。状況を呑み込めない幸雄でしたが、担当の弁護士・紗和子と話をすることになります。彼女の説明によると、幸雄が今いる世界は25年後の未来で、25年後の自分がこれから犯す罪を被り処刑されるのだという。

25年後の世界では「未来犯罪者消去法」が確立されていて、アマテラスによって蓄積されたデータをもとに未来の犯罪を割り出し、未来で起こる事件を未然に防ぐというシステムが構築されているといいます。このシステムに基づいて幸雄の罪が発覚したということです。

しかし、幸雄が25年後に引き起こす犯罪は、同姓同名の同級生によるものだということがわかります。

自分の無実を確信した幸雄でしたが、その事実は受け入れてもらえず落胆します。半ばあきらめていたところにライズマン(吉沢亮)という救世主のような青年が現れ、彼に導かれるようにして逃走に成功します。

外にでた幸雄は自分の無実を証明するために動き出します。

見どころ

仮面ライダー出身俳優のW主演

人気作品『仮面ライダーフォーゼ』の福士蒼汰さん、吉沢亮さんが主演している作品です。戦隊ヒーローものの若手役者が未来へ羽ばたくために企画された作品だそうです。今思えば豪華なW主演ですよね。

スタッフ

監督:小中和哉
脚本:長谷川圭一

キャスト

福士蒼汰(浅尾幸雄)

気が弱い性格で、自分の意見を強く言えない大学生。特に代わり映えのない毎日を過ごしているが自分はそういうものなんだとあきらめかけているようなところがある。ある日タイムスリップして犯罪の疑いをかけられることに。

吉沢亮(ライズマン/砂田悠)
冤罪を晴らすべく立ち向かう幸雄の救世主的存在。

関めぐみ(生方紗和子)
幸雄を担当する弁護士。

小西博之(キングアーサー)
幸雄と同姓同名の同級生。幸雄とは真逆のような性格で、同じ名前の幸雄に嫌がらせやひどいいじめをする。幸雄がかけられた罪はこの男によるものだった。

中西良太(粕谷刑事)

中丸シオン(下田刑事)

 

『ぼくが処刑される未来』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ぼくが処刑される未来の感想

 

50代女性
50代女性

SF作品で内容がとてもいい映画でした。福士君演じる気の弱い大学生がいきなり警察に逮捕されてしまいますが、そこは現代ではなく未来の警察でした。過去から罪を犯す前の犯罪者をタイムスリップさせ、公開処刑するという制度が出来ており福士君演じる浅尾が殺人を犯したというのが、浅尾を見ているとどうにも殺人事件を犯すような人間ではありません。それが間違いだと分かるのが、未来の浅尾と再会させられた時でした。同姓同名の同級生と間違えられて未来に連れて来られて処刑されかけている、福士君が可哀そうな気がしました。しかし、そんな福士君演じる浅尾がハッカーにより脱獄して、自力で未来の自分を探し無実を証明しようとする姿は、感動出来ました。とくに感動したのは、福士君演じる浅尾と未来の浅尾が二人で力を合わせて本物の殺人犯で彼をイジメていたキングアーサーを倒して自分がダサオではないというシーンでした。それまで情けない感じがしていた福士君演じる浅尾が、強い浅尾に生まれ変わったシーンだったと思います。内容も面白く福士君も頼りない役を見事に演じていたと思います。もしかしたら、こんな時代が来るのかもと思わせる内容の映画だったと思います。

20代男性
20代男性

話の展開はとても面白い内容でしたが、キャストの演技がイマイチでありながら見ごたえが少ない映画となっていました。設定としては面白いのですが、どうにも内容が頭に入ってこない映画でした。自分もたくさんの映画を見てきましたが、少し謎の展開がありました。話についてくことが難しかったり無理がある設定でした。また、キャストが大根役者で酷かったです。最後まで見ましたが、とても残念でした。無駄な時間を使ったと思った映画の一つでした。展開が面白いことは、非常に良かったと思います。また、最後の結末のオチは非常に良かったと思います。犯罪を犯していないのにどんどんと話が進んでいきます。冤罪など現実社会でも問題になっていることもあり、見ごたえもある場面もありました。そういったこあり、社会に対してメッセージ性が高い映画でもありました。また、万能のハッカーも登場してきました。ネット社会になった今だからこそ気を付けないと自分もこのようなトラブルに巻き込まれるのと感じる場面もありました。自分の危機管理にも大きな影響を及ぼした映画となっていました。話の展開や設定は凄くいいのでキャストを変えて豪華なキャストで再編すると非常に見ごたえが生まれると感じました。

50代男性
50代男性

この映画は、2012年公開の日本の映画です。東映が仮面ライダーやスーパー戦隊シリーズの出演者のステップアップの場として企画された興味深い作品です。仮面ライダーフォーゼで共演した福士蒼汰さんが出演していることでも話題となりました。この映画は、福士蒼汰さんと吉沢亮がダブル主演を務めているサイエンスフィクション・サスペンスです。簡単なあらすじは、未来の世界で殺人事件を起こしたとして捕らえられ、死刑を宣告されてしまった大学生が、未来世界のハッカーと手を組み、自らの無実を証明するために、立ち上がるというものです。この映画は、死刑制度が廃止された世界で、過去から連れてきた犯罪者を処刑するという、過激な設定でしたが、ストーリー展開のテンポが良く、楽しみながら視聴できました。また、コンピュータグラフィクスなども使いながら、近未来を描いていて、リアリティーがあってよかったです。なお、処刑時刻が迫った時に、ライズマンが天照をハッキングして処刑と中止させるというストーリーは面白かったです。アクション要素が満載で、大物俳優がたくさん出てくるので見応えのある作品に仕上がっていると思います。特に、中西良太さんはこの作品で久しぶりに彼の演技を見られました。

40代女性
40代女性

僕が処刑される未来、この映画作品は主人公が25年後にはなぜか、処刑者になっているという主人公がその未来を見るというストーリー設定になっています。未来の社会背景は現在とは変わっており、未来にはある罪で彼は捕まってしまっているのです。こうした未来へのタイムトリップとしてSF的な要素もまじえて、主人公の男性はあるひ白い光とともに気を失ってしまうようになります。そこからはもう25年後の未来が待っているのですが。。普通に考えてありえない未来設定ですが、それでも一寸先は闇という表現がちょうどいいとおもいました。特筆すべき主演者はいませんでしたが、若年層の主演者ばかりでアクティブな印象を受ける作品でした。日本映画としては風変わりですが、ドラマのようなのシチュエーションで気軽に楽しめました。多忙な中で見るほどではありませんでしたが、映像は綺麗にまとめられているために、暇つぶしにおすすめできます。真面目に考えると、過去にも今では考えられなかった法律が施行されていたりと、信じがたい事態は起こっているということも思い出されました。真面目に考えると、その時代ごとで常識、ルールが異なるんだということも考えさせられるのです。

30代女性
30代女性

冤罪をテーマにしたSFものです。死刑の廃止された未来では、犯罪を犯す前の犯罪者を過去から連れてきて公開処刑することで、人々の処罰感情をおさめているという、意味があるんだからないんだか、のとんでも設定です。過去から連れてきた犯罪者を殺せば、未来でのその人は消えるから、死刑と一緒じゃ?と、設定からしてわけがわかりませんでした。それに、いくら、機械の性能を知らしめたいからといっても、声紋鑑定とか、指紋とか、本人確認くらいするだろうし、別人とわかればそれは聞いてもらえると思います。なんで、そのまま処刑なんですか。別人とわかって、助かったと思ったら、不祥事隠しを企む役人に改めて捕まるとか、ありもしない別の犯罪の犯人に仕立て上げられるとか、やりようはあったと思います。主人公を窮地に追い込みたいからって、リアリティのない設定にはしないでほしいです。仮面ライダーフォーゼの福士蒼汰、吉沢亮の二人が出ていて、まだ若い二人が観れるのはいいけど、そこしかいいところのない作品だなと思いました。もう少し、テーマも展開も練ってほしいです。厨二病的だし、面白そうというテーマだけ出して、たいして作り込みもせずに世に出したって感じです。特撮の役者たちのステップアップのための作品なら、もっときちんとした脚本を書いてほしいです。

 

30代男性
30代男性

青春キラキラ映画のイケメン俳優としてではなく、「仮面ライダー」シリーズでアクション俳優として活躍していた頃の福士蒼汰と吉沢亮が精悍な表情を披露していました。超高性能のコンピューター「アマテラス」によって全ての人間がコントロールされている、近未来の世界が舞台になっています。オートメーション工場のような無機質な裁判所の中で、流れ作業的に判決が下されていくシーンが何とも不気味ですね。現代に生きるごく普通の青年・浅尾幸雄がある日突然にこの世界に迷い込んで、まるっきり身に覚えのない殺人で公開処刑を宣告されてしまう不条理な展開です。裁判員制度の見切り発車や元死刑囚の無罪確定などで司法制度の在りかたそのものが問われていた、2010年前後の世相を思い出してしまう方も多いのではないでしょうか。幸雄の弁護を担当する生方紗和子の横顔は映画の序盤でこそ、アマテラスに対して絶対的な忠誠心を示すサイボーグにしか見えません。終始一貫して無実を訴え続けていく幸雄の声に耳を傾けていくうちに、少しずつ人間らしい感情が芽生えていく心変わりを見逃さないで下さい。すべての謎を解くためのカギを握る人物・ライズマンの正体と、過去にまで遡る幸雄と生方との因縁浅からぬ関係も衝撃的ですよ。

 

30代女性
30代女性

福士蒼汰さんと吉沢亮さんという仮面ライダー出身のイケメン俳優が出ているという事で観ましたが、日本でこういう映画を作るとなぜこういう風になってしまうんだろうかと少し物足りなさを感じる映画でした。普段洋画ばかり観ている人はありがちなストーリーで、スピード感も足りないなぁと思うかもしれません。未来で犯罪を犯す人を過去から連れてきて公開処刑するというアニメのような無理がある設定が最後まで引っかかりました。最後まで観ると、ここに繋げたかったんだという伏線回収的な要素はあるので謎が解けて行く感覚は少し楽しめました。ただ訴えかけるものはやはり少し弱いかなという印象です。ハリウッドで作ってたらもっと面白かったのかなと思ってしまうのが悲しいところです。日本の映画にSFは難しいなと思ってしまいました。戦い要素があるともっと派手になるけど、派手なアクションがあるわけではないし、CGももう少しなんとかできなかったのかとか、いろいろと惜しいなと思う映画です。もっと主人公の気持ちになって一緒にハラハラドキドキできるような演出も欲しかったです。仮面ライダーを見ていたこどもたちが中学生くらいになって見たら楽しめる映画なのかもしれません。

 

まとめ

『ぼくが処刑される未来』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

福士蒼汰のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました