僕はどこから(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ
主演:中島裕翔「僕はどこから」|2020年1月8日(水)深夜0時12分スタート!【主題歌ver.】

僕はどこから(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『僕はどこから』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『僕はどこから』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

僕はどこから(ドラマ)の内容

ドラマ『僕はどこから』は、2020年1月からテレビ東京にて放送されたテレビドラマです。

原作は、市川マサさんによる漫画で、2018年に「週刊ヤングマガジン」に連載されました。特殊能力を持つ青年とエリートヤクザの青春異能クライムサスペンス。

脚本は、2013年の映画「凶悪」で白石和彌監督と共作で第37回日本アカデミー賞脚本賞を受賞した高橋泉さん。他人の文章を書き写すことで、その人の思考をコピーできる特殊能力を持つ小説家志望の青年・薫役に、Hey! Say! JUMPの中島裕翔さんが扮し、その薫の元同級生で若きヤクザの組長・藤原智美役に間宮祥太朗さん、そのほか、上白石萌歌さん、岡崎体育さんなどが共演しています。

 

上白石もかのお嬢役も良いし、間宮と中島の頼りない感じもよく合ってた。意外とバイオレンスなのも良いね。一番のサプライズは岡崎体育のサイコっぷりはサイコーだった。

「死役所」の後番組。この枠のドラマということで期待大だった。ヤクザ絡みで予想以上に怖かった。

様々な登場人物の視点から多角的なシーンが特徴的だったけど、登場人物の背景までわかりやすく作られていて、脚本が良く練られていたんだろう。

初回は少し重ためだけど、2話から面白くなる。ハラハラドキドキする展開と
中島裕翔と間宮祥太朗、2人の友情に胸が熱くなります。

主題歌とBGMがすごくマッチしていた。

 

あらすじ

文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内薫(中島裕翔)は、認知症の母と2人暮らし。今日も一心不乱に原稿に向かう薫でしたが、小説は参考にした作家の作風にことごとく酷似してしまい自分独自の作品が作れません。

さらに必死に母を介護しながら自分の夢と現実にもがく薫に母の事故という悲劇が降りかかります。自分の存在意義を見失い、母の入院費用さえままならないという絶望にくれた所に元同級生で講談会系東宮寺組最年少組長の藤原智美(間宮祥太郎)が現われます。

智美は、膨大な報酬を提示し、薫の特殊能力で、とある家庭の息子を一流大学に入学させるという替え玉受験の仕事を持ってきます。薫はその異能を活かして成功直前までこぎつけますが、予想だにしない大きな流れに飲み込まれることになります。

薫の先に待つものは光か闇か。人生に追い詰められた薫が、智美の導きで“自分さがし”を決意するとき、大いなる犯罪の幕が上がります。

見どころ

中島裕翔×間宮祥太郎

劇中では、元同級生という役柄でバディを組む中島裕翔さんと間宮祥太郎さんが登場していますが、実際に2人とも、1993年生まれで同い年。しかも本作で共演4作目となる気の知れた仲。5年ぶりの共演とはなりましたが、成長した2人の良い空気感がドラマから感じられるところが見どころのひとつです。

【過去の共演作】
2008年 日本テレビ「スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜」
2014年 日本テレビ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」
2014年、フジテレビ「水球講談会系東宮寺組最年少組長。ヤンキース」

エキセントリックな岡崎体育

本作で岡崎体育さんは、高橋努さん演じる山田龍一の弟分・駿を演じています。駿は、異質なキャラクターで、欲望のままに行動するクレイジーな男という役柄。サイコパスな演技に怖すぎて夢に出てきそうなほど。ほんわかしたイメージの岡崎体育はどこへ…。

岡崎体育さん起用には、プロデューサーの戸石紀子さんの熱望によるものだったとか。戸石プロデューサー曰く、岡崎体育の芝居が観たかった!とのこと。

中島裕翔×間宮祥太朗のイケメンバディに負けないくらい、岡崎体育×高橋努というインパクト大のバディも見どころです。

スタッフ

原作:市川マサ「僕はどこから」
脚本:高橋泉
監督:瀧悠輔、熊坂出、大内隆弘

キャスト

竹内薫:中島裕翔(Hey! Say! JUMP)/山田暖絆(幼少期)
文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる小説家志望の青年。

藤原智美:間宮祥太朗/小田将聖(幼少期)
薫の元同級生 講談会系東宮寺組最年少組長。

藤原千佳:上白石萌歌/渡辺真妃(幼少期)
智美に心酔する二つ違いの妹。

権堂真司:音尾琢真
藤原智美の身の回りのお世話係。

山田龍一:高橋努/ 島田裕仁(幼少期)
講談会系東宮寺組会長の子飼い。

駿:岡崎体育
山田龍一の弟分。

サントス:アイクぬわら
薫が働くコンビニにいる外国人の同僚。

東宮寺正胤:若林豪
講談会系東宮寺組会長。

井上涼子:須藤理彩
息子・玲を名門大学に入れることに固執し、玲に執着する。

井上玲:笠松将/伊藤清孝(幼少期)
母・涼子からの執着耐え兼ね、薫と智美も巻き込む大きな事件を起こす。

黒井純:都丸紗也華
女刑事。

桐原崇:神保悟志
刑事。

喜多慎吾:金井浩人
山田と繋がる刑事。

竹内陽子:仙道敦子
薫の母。若年性アルツハイマーを患っている。

 

『僕はどこから』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

僕はどこから(ドラマ)の感想

 

40代男性
40代男性

間宮祥太朗が演じる藤原がヤクザの組長ということで間宮祥太朗が組長かとちょっと驚かされました。若いのに迫力のある雰囲気を出せていたなと思いました。このドラマは突如、意味不明なシーンというかシュールな笑いを取り入れてくるのが印象的でした。中島裕翔が演じる竹内が病院で医師の説明を聞いてる際に、医師がお菓子を食べながら説明しているというのは新感覚だなと感じました。竹内も医師も真顔で演技しているという点もなかなか記憶に残りました。その他では藤原の組事務所が禁煙というのも笑えました。だいたいタバコ吸っているイメージしか無いんだがなと思いながら禁煙ブームに乗っているヤクザというのも面白いなと思いました。竹内が持つ文章を書きうつすことで他人の思考をコピー出来るという特殊能力というのもどう活用するのか注目していました。何の役に立つんだろうかと思ってドラマを見ていましたが発想の転換が流石だなと感じました。間宮祥太朗の演技というのもレベルが高かったんですが、藤原千佳を演じる上白石萌歌の演技が秀逸でした。ちょっと変わった女性の雰囲気を上手く演じていたなと思いました。姉の上白石萌音も良い演技をするし凄い姉妹だなと思いながらドラマを見ていました。バランスの取れたドラマで面白かったです。

30代男性
30代男性

「僕はどこから」は、先の展開が非常に読みづらかったところが面白いなと感じました。当初は主人公とその学生時代の親友のヤクザが協力して、ある依頼人の替え玉受験を決行するというものでしたが、そこから殺人事件が発生し、当初2人が予定していた状況とは全く違う光景となっていましたから。そこからいろいろな登場人物の思惑が交錯するようになり、視聴者からすると予想ができないストーリーが展開していくように感じたのです。そういったところがみどころだと思ったものの、それ以外でも面白い部分はあり、特に主人公とその親友のヤクザの絆の面というのは特徴的だったと思います。親友だけあって、特別な関係なんだということが伝わってくる面が大きかったと思います。主人公はヤクザと付き合いがありそうな雰囲気には全く見えず、むしろ友達が少なそうな暗そうな雰囲気を感じたくらいでした。しかし、そんな主人公にとって親友と言える存在がヤクザをしている人物ということで、そのギャップの面も非常に新鮮でした。この2人の仲が非常によく、かつ固い絆で結ばれていると実感できるシーンもあるので、そういったところもこのドラマにおけるみどころの1つになると思うのです。

50代女性
50代女性

久々に、全話リアルタイムで見たドラマでした。原作未読で、毎回気になる終わり方で、翌週が待ち遠しかったです。余韻の残るラストで、主人公の薫の未来が拓けているような描き方でした。この作品の良さのひとつは、1話30分という短さです。枝葉や過去放映回の映像を使い回した回想シーンなどはありません。1話だけ演出を変えて前話を振り返る放映回がありましたが、作中の出来事を解説するために必要でした。ドラマの進行に関係のないことは一切出てこないので、薫の父親の不在についても説明されません。薫の母子関係は、母親の病気を抜きにしても、かなり歪んでいるのですが、背景を説明されません。薫は一人で悩み、誰にも相談せずに、一人で決断する孤独な青年として描かれます。薫の親友である智美は、多少の説明があるのですが、三下から経済ヤクザにのし上がった経緯については端的に触れるだけでした。作中の事件をスリリングに展開させるためとはいえ、いさぎよい省略です。山田という、事件を攪乱させる男の幼少時代の回想シーンは、今回の事件に介入する伏線となっており、丁寧に描写されていました。山田の回想は演出が素晴らしく、特に園長が亡くなったくだりは秀逸です。作中の人物で注視してほしいのが、権堂です。智美の裏切りを疑う東宮寺は、見張りとして権堂をつけています。権堂の動向が、かなりドラマを面白くさせています。にぎやかしの三下にしか見えないのですが、終盤の回想で見え方が違ってきます。薫と智美の友情についても回想が小出しにされ、そのたびに、過去の放映回の言動の印象が異なりました。序盤の智美には、薫を利用するだけではないかと思わされたのですが、放送回が進むつれて心から薫を思っての言動であったとわかるのです。社会からはじかれた青年たちの絆を丁寧に描いた、ちょっとビターな佳作です。深夜ドラマで、暴力的な場面も多いのですが、より多くの人に見てほしいです。

 

50代女性
50代女性

まず、小説家志望の竹内薫の、人の書いた文章を書いたり、なぞったりするとその人の考えていることがわかるという才能は珍しいなと思いました。また、薫が認知症の母の入院費を稼ぐためにヤクザの友人に依頼された仕事を引き受けるのですが、薫の境遇と友人の藤原智美の境遇が一般社会で生きにくいところが少し似ていると思いました。だから、薫は智美に共感して、危険な仕事を引き受けたと思うのですが、引き受けた仕事の依頼人の息子も薫らに境遇が似ていました。題名の「僕はどこから」という意味は自分で物事を決めることが出来ない境遇の薫らが自分は何者なのかを問いかけていると思います。今回、薫役をやっているのが、Hey! Say! JUMPの中島裕翔さんです。中島さんのドラマは初めて見ましたが、難しい役なのに演技が上手でびっくりしました。後で、「野ブタをプロジュース。」を見た時に中島さんは子役からやっていることがわかり、それで謎が解けました。共演者の間宮祥太郎さんも智美役がぴったりで、前回の「べしゃり暮らし」よりもヤクザの役があっていると思いました。間宮さんもこの後、「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」や「アリバイ崩し承ります」にも出ていますが、だんだん演技が上手になっています。

40代女性
40代女性

主人公薫を演じる中島裕翔さんが、とても母親想いであるところが印象深く、お母さまと呼び、認知症であるまだ若い母親の面倒を優しく見ている姿に、えらいなあと感心しました。高校時代の友達である智美との、住む世界は全然違っていても、何より薫の能力のことを理解してくれている智美の存在は、とても貴重であり、智美の現状がかなり危ないところなので、それに巻き込まれていく薫がどうなるのか、ドキドキが止まりませんでした。同じ母親という面で、井上という青年は、長年母親に対する想いが爆発して、とんでもないことを起こすことになるのですが、母親と息子、親子の関係を考えさせられました。また、このドラマの中に登場する人物で、ミュージシャンの岡崎体育さんが出演されているのですが、彼の役に入り切った演技は、見るものを圧倒すると思います。ミュージシャンの時とのギャップがあまりにもありすぎて、最初は岡崎体育さんだと気づかないくらいでした。智美の仲間である、権堂役の音尾琢真さんは、雰囲気や声がこの役にとても合っていて、違和感なくてとてもよかったです。おとなしいイメージのある上白石萌歌さんが、少し変わった感じの女の子を演じていて、兄想いの妹役が所々で需要な役割を果たしていて必見だと思いました。

50代女性
50代女性

Hey!Say!JUMPの中島裕翔演じる竹内薫と間宮祥太朗演じる藤原智美の不思議なドラマでした。通常であればなかなか出会わない関係性、生い立ちやおかれた環境が違いすぎる二人だが、なぜか強い絆で結ばれた友情。そして薫と母親(仙道敦子)、智美と妹(上白石萌歌)という家族の絆。ドラマを見ている最中のスリル満点ドキドキ感と人と人との絆や信頼関係について考えさせられるドラマでした。もともとやくざ者のストーリーが好きで見始めたドラマだけど、なんだか途中途中でほろりと泣いてしまう切ない場面もたくさん・・・全く違う環境で育った二人でも、人はどこかでみんな心がつながっているのかなぁ、と自分の人生も振り返りたくなってしまいました。また薫が持つ特別な能力も、智美のおかげで人のために役立てることもでき、最後にはポジティブに考えることができるようになった変化なども、形こそ違えど共感する人はたくさんいるのではないかな、としみじみ思いました。ドラマにでてくる人たちはみな、誰かを守りたいという思いを持ち、その表現や方法が違うだけなんだと思い、最後はホッとするのと感動するのと、いろんな思いを抱えてドラマを見終わりました。間宮祥太朗ファンの私としては、また繰り返し見てもあきない!!

50代女性
50代女性

小説家を目指す青年がある事件に巻き込まれていくクライムサスペンスドラマです。ある行動をすると他人の感情を読み取ることができるという特殊な能力をもつ主人公の青年・竹内薫をHey! Say! JUMPの中島裕翔さんが演じています。薫は文系特有のナイーブな性格ながら、認知症を患う病弱な母を介護する芯の強さも秘めており、中島さんはその複雑な役どころを見事に表現しています。薫は不思議な能力を秘めたまま懸命に生きているのですが、ある時この能力を知る高校の同級生・藤原智美がそれを頼って薫を訪ねてくることにより物語が動き始めます。藤原智美役は手堅い演技で定評のある間宮祥太朗さんで、少々強引な性格だけれど根は優しく、薫と共闘する、若いヤクザの組長をカッコよく演じています。そして智美の実の妹で、後で薫を助けていくことになる千佳役は上白石萌歌さんで、ピンチの連続で暗く沈みがちなドラマに、明るい雰囲気で華を添えていました。物語は、同級生からの頼まれ仕事をこなすだけでは終わらず、徐々にダーディな方向に向かっていきます。弱気な性格の薫がかけがえのない大切なものを守ろうと苦しみ、特殊な能力を駆使しつつ、必死に抵抗する様子に思わず胸を打たれます。序盤から終盤までジェットコースターのように怒涛の展開が続き、ラストまで目が離せない物語の面白さが最大の魅力になっています。

 

50代女性
50代女性

最近俳優としての活躍が目覚ましいHey! Say! JUMPの中島裕翔が主演のドラマです。中島が演じるのは、文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできるという特殊な才能を持つ、小説家志望の青年・竹内薫です。薫は、認知症の母と二人暮らしで、介護をしながら自分の夢をつかむためもがいていたのですが、高校時代の同級生で、エリートヤクザの藤原智美と再会し、ある事件に巻き込まれていきます。薫の母役は、仙道敦子、元同級生ヤクザ藤原役は間宮祥太朗です。薫の母との暮らしぶりは質素で、母を思いやる息子としての優しさに溢れています。一方、ヤクザ藤原とのからみでは、深みにはまっていくにしたがって、薫自身の能力の活用と、藤原との友情の間で揺れ動きながら、スリル満点の展開に巻き込まれていきます。中島裕翔の俳優としての新たな魅力を感じ取ることができます。もちろん、間宮祥太朗のキレのある演技は相変わらず冴えています。他には、藤原の妹役の上白石萌歌の卑屈な兄妹関係に悩んでいる姿に同情しました。また、ヤクザ会長の子飼いの山田とその弟分・駿のゆがんだ師弟関係も考えさせられました。特に、駿役の岡崎体育のエキセントリックな演技は、絶賛に値します。

20代女性
20代女性

2人の男の友情を軸に描いた、社会派ドラマです。裏社会に身を置く藤原智美と、高校時代からの友人である竹内薫。性格も何も全く違う境遇の違う2人が、裏社会や現実にはびこる闇と立ち向かっていきます。一見よくある裏社会物かと思いますが、実際には現実のすぐそこにある問題に切り込んでいるドラマです。歪んだ親子の物語であったり、機能していない行政のことであったり。いくつもの難題に立ち向かっていく智美と薫ですが、人から人への愛がそこにはあるんだ、ということに気付きます。薫が特殊能力を使える、という所から物語に入るので突飛なことが多く起こるのかと思っていたので、意外性により思っていたよりも引き込まれました。演技派が多く出演しているドラマですが、この中で目を見張ったのは、若年性認知症を患っている薫の母を演じた仙道敦子さんと、明らかにイカれているヤバい奴役の岡崎体育さんでした。仙道敦子さんは、病気を抱えながらも薫の母として優しく見守るような愛情を感じる演技がとても良く、岡崎体育さんは役柄的にも飛び道具的な使い方なのかな、と思いきや意外にもヤバい奴役がとてもハマっていて驚きました。ただ一番ハマっていたのは智美の部下・権藤役の音尾琢真さんでしょうか。何よりも見た目がやくざまんまです。

20代女性
20代女性

私は、ドラマ『僕はどこから』を観て、「自分らしく生きようとする主人公の姿」と「予測不可能な展開」が特に印象に残りました。まず、自分らしく生きようとする主人公の姿についてです。このドラマでは、ある特殊能力を持つがゆえに思うように生きられない主人公が、同級生と再会したことから物語が始まります。主人公は、自分の夢を叶えることができなかったり母の介護に追われ自分の思うように生きられなかったりと、困難な状況にいます。それでも自分らしさを見出そうと奮闘する主人公の姿から、切実さが痛いほど伝わってきて、どうか幸せになってほしいと思いながら観ていました。次に、予測不可能な展開についてです。主人公は同級生から特殊能力を活かした仕事を持ちかけられます。どうにか活路を見いだしたい主人公はその仕事を引き受けますが、そこから思いもよらない犯罪に巻き込まれることになります。何も知らずに仕事を引き受けた主人公がこの先どうなってしまうのか、犯罪になることを知った主人公はどのような行動を選択していくのか、先の読めない展開にハラハラドキドキしながら観ていました。また、主人公だけでなく周囲の人々にも問題が生じていくため、主人公と周囲の人々がどう絡んでいくのかも気になりながら観ていました。

 

まとめ

『僕はどこから』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました