BLEACH(実写映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アクション・アドベンチャー
織姫やチャドの姿も!実写映画『BLEACH』本予告

BLEACH(実写映画)の動画フルを安全に見る方法

『BLEACH』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『BLEACH』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

BLEACH(実写映画)の内容

映画『BLEACH』は、2018年7月に公開されました。

原作は、集英社の週間少年ジャンプにて2001年から2016年まで連載された久保 帯人(たいと)さんの漫画となっております。

2012年2月にワーナー・ブラザースが映画化権を獲得し、ハリウッド映画として脚本やプロデューサーまでほぼ決まっているという報道もありましたが、企画は頓挫してしまいました。

その後、映画化権を取得していたワーナー本社が、ワーナーブラザーズジャパンに【邦画での製作】を提案しました。そこで原作の「死神代行篇」をベースに、アイアムアヒーローやキングダムの監督を務めた佐藤 信介さん・主人公である黒崎 一護(くろさき いちご)役を福士 蒼汰さんが演じ、実写映画化いたしました。

主演である福士 蒼汰さんはもちろん、主人公の一護に死神の力を与えた朽木 ルキア役の杉咲 花さんの表現力が素晴らしいと注目を集めました。

 

非現実世界を派手なCGで演出していますが、良く出来ています。アクションもそうですが、入念に作りこまれているなと思いました。クライマックスの戦いが最高にイカしてます!

主題歌を歌っている[Alexandros]の音楽とも相まって、凄くカッコ良かったです。

ジャンプの王道って改めて凄いな。単純に面白かったから漫画を読もうって思いました!

蒼汰くんの大ファンだからって理由だけで何となく見ました。が、アクションは勿論すごいですが、ストーリーも良くて、最後は泣けました。終わり方もスッキリしていて大満足です。

本作では、「虚〈ホロウ〉」と呼ばれる悪霊が出てきますが、驚異のCGを駆使しております。スタッフ談で「体毛は絶えず揺らぎ、光沢感を持たせることで常に表情が変化しているような異様さを出す」と、こだわりを強く見せており、見た方に印象を強く残せております。

CGで表現した「虚」や、その「虚」とのアクションシーンはもちろんですが、ストーリーの纏まりを評価する声も多かったです。

あらすじ

霊が見える高校生・黒崎 一護は、亡き母・真咲の思い出を胸に、父親・一心と幼い妹ふたりと暮らしていました。幽霊が見えること以外は普通の生活だした。

ある日、一護の家族が人間の魂を喰らう悪霊の虚に襲われてしまいます。そこへ自らを“死神”と名乗る少女・朽木 ルキアが目の前に現れたことで、平和だった世界は突然壊れてしまう。

ルキアは虚と戦うが、深手を負ってしまい絶望的な状況になります。彼女は一護に究極の選択を迫ります。このまま家族とともに殺されるか、世の中の全ての人を虚<ホロウ>から護る《死神》になるか。

本来は人間に与えてはならない死神の力の一部をルキア譲り受けた一護は死神を代行するハメになり、虚と死闘を繰り広げます。

そしてその先には、想像を絶する運命が待ち受けています。

見どころ

一護とルキアの2人の心情の変化がよく描かれ、感情移入がしやすくなっております。

アクション任せで、ただワアワアと終わらすのではなく、一護がなぜ死神になってまで戦いの場を望んだのかを一言つぶやかせるなんて、しっかりラストを締めております。

だからこの名前の漢字に「護」の字が入っているのかな?と思わせる、粋なセリフをしっかり確認して下さい。

スタッフ

監督・脚本:佐藤 信介
脚本:羽原 大介
原作:「BLEACH」 久保 帯人

キャスト

黒崎 一護 / 福士 蒼汰
本作の主人公。虚に襲われた際にルキアから死神の力を譲り受けたことで、死神代行となる。

朽木 ルキア / 杉咲 花
護廷十三隊の十三番隊に所属し、現世・空座町を担当していた死神。黒崎一護が死神になるきっかけを与える。

石田 雨竜 / 吉沢 亮
絶滅したはずの対虚退魔眷属・滅却師(クインシー)の生き残りの一人。

井上 織姫 / 真野 恵里菜
一護のクラスメイトで一護に好意を寄せている。

茶渡 泰虎 / 小柳 友
一護のクラスメイトで中学生時代からの親友。

浦原 喜助 / 田辺 誠一
表向きは「浦原商店」を営むが、実は死神への援助を行う闇商人。

阿散井 恋次 / 早乙女 太一
護廷十三隊六番隊副隊長。ルキアとは幼馴染の間柄。

朽木 白哉 / MIYAVI
護廷十三隊の六番隊隊長。朽木ルキアの義兄。

黒崎 真咲 / 長澤 まさみ
黒崎一心の亡き妻で黒崎一護の母。9歳だった一護を庇い虚に殺害された。

黒崎 一心 / 江口 洋介
黒崎一護の父親で、家族が大好きな黒崎家の大黒柱。

 

『BLEACH』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

BLEACH(実写映画)の感想

30代女性
30代女性

原作のBLEACHを読んだ同年代の仲間で、夜通しお酒を飲みながら、うだうだと話すときに見た方がいいという感じの映画です。おそらく監督もBLEACHってどんな映画だったっけ?という感じで思い出しながら作ったようなチャンバラ系の映画になっています。ドラゴンボールでやってしまったように、漫画の原作を実写映画にするとかなり難しいうという実例のような映画になっています。オシャレなキャラクターデザインで有名な原作者の久保帯人がよく許したな?と思えるようなキャラクターデザイン(特にルキアと白哉の違和感が特出していたと思います。ファンが多いキャラクターなのだからもう少し作りこんだ方が良いのでは。)になかなか思い切ったなぁという感想です。黒崎一護を演じる福士蒼汰は確かに身体能力が高く、黒崎一護を演じていましたが、斬魄刀とCGがどうにも工作感が出ていて微妙に空回りしている間はありました。(できればホロウももう少しお金をかけて欲しかったなぁというのが実直な感想です。)エンドクレジットの部分で次回作を予告させるような思わせぶりな演出も、おそらくあまり効果がないと思われますが、「ここが原作と違った」という間違い探しをしていくには良い映画だと思います。

30代男性
30代男性

ジャンプ漫画の実写化は、どうしてもコスプレになってしまう。そう思う人が多いのも無理はありません。確かに、ジョジョも、銀魂も、珍遊記も、基本的にはコスプレでした。BLEACHも、その原則にもれず、コスプレ感は否めません。でも、分かって欲しいのは、これは作り手やキャストが悪いわけでは決してないと思うんです。そもそも漫画を実写にするだけでも相当なチャレンジなんです。銀魂はそこはあきらめて、別の楽しませ方を模索した作品だったと思いますが、BLEACHは、そこに妥協せずに挑戦していったことがうかがえます。衣装さんも、メイクさんも、大道具さんも、小道具さんも、演者だって、相当頑張ってると思います。これだけ努力している作り手をもう責めないであげて欲しいです。彼らは不可能に挑戦しているんですから、野暮は言わないのが矜恃ってもんじゃないでしょうか。でも、CGのできはすごく良かったです。特に虚(ホロウ)の造形は、原作漫画を上回るほどの迫力を出せていました。周辺の絵づくりにも並並ならぬこだわりが見え、CGが悪目立ちすることもなく、きっちりリアルに溶け込んで、独特の世界観を作り上げることに成功していました。そこは見所だと自信を持って言えます。全体的な映像としては、るろうに剣心に肉薄するほどの高い完成度がありました。それだけに、見ていてつらかった・・・。でも、過去の漫画実写化からどんどんクオリティは上がっているのは確かなんです。もう少し技術や方法論が進化すれば、どんな漫画でも違和感なく実写化できる時代が来るかもしれない。そんな可能性を感じさせる映像でした。ただ、ストーリーは少しはしょりすぎていて、原作を読んでいる私でも、「ちょ、ちょっと待って・・・」と、ついてくのが大変でした。初見の人は理解しにくいんじゃないかと思います。

50代女性
50代女性

福士蒼汰主演で実写映画化した作品で漫画の世界を見事に、実写の映画として表現していました。黒崎一護を演じた福士蒼汰と石田雨竜を演じた吉沢亮が演じており、二人が漫画の世界のヒーロが飛び出して来たような格好良さでした。豪華なキャスト陣の共演も魅力的だとは思いましたが、やはり原作とはかけ離れたヴィジュアルやキャラクター性がとても魅力に感じました。キャラクターに俳優さんたちが寄せて来ており、漫画の世界観を忠実に表現していたと思います。迫力のある映像やアクションは見応えがありましたが、漫画を実写化したした場合によくあるようにこの作品もセリフが説明的なセリフが多くなっているのが、少し気になりました。「BLEACH」の世界観を見事に実写として表現しており、ここまで忠実に表現できるとは思っていなかったのでうれしい誤算でした。お父さん役として江口洋介が出演していましたが、彼は素敵な年齢の重ね方をしておりこの映画の中でも素敵だと思いました。キャスト全員が、漫画のイメージと一致しておりこれほどピッタリのキャストはいないのではないかと感じました。アクションシーンも満載でそのアクションシーンがどれも迫力満点でした。

20代男性
20代男性

ブリーチの映画を見た感想といたしましては、主演が福士蒼汰さんと杉咲花さんという豪華な主演陣でそこは良かったのかなと思いました。キャラクターとは決して合ってるとは言えなかったのですが、精一杯頑張ってる感じはしたので我慢はできました。しかしながら、確実に言えるのは、主演の一護は福士蒼汰さんではないかなと思いました。カッコよくて男らしくてぶっきらぼうなキャラクターなのですが、福士さんではカッコ良すぎて少女マンガのキャラクターみたいな感じになってしまうのでそれは合っていなかったので残念でした。もう少しあっている俳優さんはいたのではないのかなと思いました。また、杉咲花さんももう少し合っている女優さんがいるのではないかと思うくらいキャラクターに合っていなかったので変えて欲しかったです。また、ストーリーとしては、ブリーチの作品をベースにはしているのですが、原作とは大幅にちがうので原作が好きな人にはあまりお勧めは出来ません。終わりもルキアが現世から消えて終わりというなんとも言えないような終わり方で原作を知っている自分からしたら納得がいかなかったです。そもそも実写にしない方が良い漫画を実写にしているのでしょうがないのかなと思いました。

50代女性
50代女性

予告編を観た時は、ゴーストバスターズの日本版みたいな痛快アクション映画かな?と思いました。狩られるホロウがいて、狩る死神がいて。確かにそう言うストーリーではあるのですが、ストーリーの奥行きの深さとアクション時はCGの素晴らしさは、想像していた単なる痛快アクション映画とは余りにかけ離れていました。主人公 一護(福士蒼汰さん)のキャラクターは本当に身近な高校生ですが、心に深い傷を抱えています。その傷を陰鬱にではなく、力強くプラスの力に変えている一護はとても魅力的でした。一護に深く関わる死神ルキア(杉咲花さん)は華奢なルックスながら死神の異質感を見事に演じられていました。一護とルキアの微妙な距離感と感情の揺らぎにも引き込まれました。周りの俳優さんたちも豪華で素晴らしい存在感でした。特に死神役の早乙女太一さんの眼力とMIYAVIさんの凄味は強く印象に残っています。死神と同じくホロウを狩るクインシー役の吉沢亮さんも怖いくらいに美しく、主人公のピンチを救う姿は神々しい程でした。根底に流れているストーリーがあまりにも切なく、哀しいのに、ラストの一護とルキアに一筋の希望を抱きました。是非また巡り会って欲しい!例え闘いの為であっても、と心から強く願いました。続編の待ち遠しい映画です。

20代男性
20代男性

BLEACHは昔から好きで、アニメや漫画や映画など全部見てきました。BLEACHが実写化することが決まった時は嬉しかったのですが、少し不安もありました。漫画・アニメ原作の実写化は賛否両論が多いので再現度はどうなのか気になって不安でした。しかし、観終わった後は大満足でした。出演者や内容や主題歌などすべてが素晴らしかったです。黒崎一護役の福士蒼汰さんや朽木ルキヤ役の杉咲花さんや石田雨竜役の吉沢亮さんや井上織姫役の真野恵里菜さんなどとても豪華で再現度が素晴らしかったです。戦闘シーンも迫力が凄く、一護たちと虚(ホロウ)の戦いは大迫力で観ていて鳥肌が立ちました。虚(ホロウ)のCGが凄く、とてもリアルでした。原作通りにストーリーが進んでいて、しっかりとした内容だったので、とても観やすかったです。原作を知っている人はもちろん、知らない人でも楽しめると思います。主題歌を歌うALEXANDROSのMosquito Biteはかっこいい曲で、今でもよく聞きます。感動するシーンが多く、一護の家族のシーンはとても感動しました。仲間の大切さや最後まで諦めない気持ちの大切さなどたくさんのことをこの映画から学びました。ぜひおすすめする映画です。

40代男性
40代男性

原作の漫画を少ししか読んでいないのですが、以前より気になっていた作品であったので今回見ました。主人公の黒崎一護を演じていたのは若手イケメン俳優の福士蒼汰。見た目も一護に似ていて死神代行として敵と戦うアクションシーンの動きがとても早くて格好が良かったです。ルキア役の杉咲花は、原作のキャラに見た目は似ていませんでしたが一護が死神の力を身に着ける重要なシーンでの迫真の演技が印象的でした。また。早乙女太一やMIYAVIなど豪華なメンバーが出演しておりBLEACHファンには堪らない実写映画だと思います。アクションシーンと共にこの作品での目玉であるのは、CGでリアルに再現された虚のビジュアルが大迫力で見ものでした。VFXを駆使して一護の大きな刀を振りかざして戦うシーンはハリウッド映画のようで、漫画を実写化するのは大変難しいことですがCGを駆使したことでよりリアルに再現出来てしまうことに大変驚きました。今回の映画は、一護が死神代行の力を手に入れた冒頭部が中心の作品でしたので、原作ではこの後のストーリーも続いていますので続編が見たいと思いました。また、原作も途中までしか読んでいないので全巻読破したいと思いました。

30代女性
30代女性

漫画原作は読んだことないのですが、学園ドラマとアクションで楽しく観ることができました!原作ものは、人気があるものほど何巻も発売されていて、映画だと必ずしも原作ファンの人ばかりが観るわけでもないので、どのエピソードをどう映画に表現するかが大変なところだと思います。主人公が急に特別な力を手に入れることで、普通の高校生ではいられなくなってしまいます。少年漫画のお約束ですが、それを素直に受け入れるわけではないので厄介です。死神のルキアがどうしても力を与えなくてはいけなくなり、主人公にかわりに戦ってもらえないととても困ります。当然と言えば当然ですが、普通なら戦いたくないですよね。でも、主人公とルキアがだんだんわかりあってきて、絆を深めていくことで、2人で特訓して主人公がルキアに協力していきます。このあたりのどんどんシーンが盛り上がっていくところとかは凄くよかったです。また、特訓をしてバトルをしていくのですが、アクションシーンもおすすめです。アクション監督ががっちりついていて、俳優さんもだいぶ特訓したと思います。CGもよいですが、人間がアクションした方が迫力があるので、その分アクションシーンに反映されていると思います。アクション好きな方におすすめしたい映画です。

20代女性
20代女性

原作を知っていたけれど、再現度も高くて面白かったと思います。主演の福士蒼汰さんがすごくかっこよくて、オレンジ髪も似合っていたので役にぴったりだと思いました。2時間にギュッと詰まっているので、雨竜が仲間になる流れなどは少し雑な部分はあったりましたけれど全体的にはまとまっているなと感じました。ルキア役の杉咲花さんはちょっとルキアのイメージとは違うなとは思いました。ルキアはクールだけれど天然な部分があったけれど、杉咲さんが演じたルキアは少しクールすぎたかなと思います。この映画の最大の見所はやはり、母を倒したホロウと戦うシーンです。もうだめかと思うたびに立ち上がってくる福士蒼汰さんが本当にカッコ良くて、映像だけでも見られるなと思うくらいでした。何度もピンチになるけれどそこから這い上がってくる姿に胸も打たれました。大好きだった母を殺されたうらみや、自分への不甲斐なさなど、いつもクールで自分を偽っている一護が、感情をあらわにするところがよかったです。そして、この家族はみんながみんなを守ろうとしていてすごく良い家族だなと思いました。みんなが犠牲になっているのに自分だけ震えているなんて!と自分を刺すことを決めた一護もすごくかっこいいなと思いました。

30代女性
30代女性

家族や仲間を守るために、敵に立ち向かって行く姿が見ごたえのある作品です。原作漫画も読んだことがありますが、短い時間の中で上手くまとめられていると感じました。非現実的な内容ですが、テンポよくストーリーが展開されるので面白かったです。アクションシーンがかっこよく、迫力のあるCGのクオリティーの高さもこの作品の魅力的なポイントだと思います。また、思っていたよりもキャラクターの再現度が高かったので驚きました。主人公の黒崎一護役を演じられた福士蒼汰さんは華やかなビジュアルに目を引かれるのはもちろんですが、一護の熱い部分を上手く演じられていたと思います。死神である朽木ルキア役の杉咲花さんは初めはルキアっぽくないビジュアルだと思いましたが、冷たくて影を感じるような表情や不思議なオーラを纏った雰囲気に引き込まれました。杉咲さんらしいルキアを演じられていて、さすがの演技力だと思いました。他のキャストも見た目だけではなく、内面から役に入り込んでいるように感じました。漫画の実写映画は原作ファンから厳しい言葉を掛けられがちだと思いますが、この作品は原作の良さを取り入れつつ、映画ならではのオリジナリティも上手く表現していると思いました。

 

まとめ

『BLEACH』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

福士蒼汰のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

杉咲花のU-NEXT配信作品

【映画】

  • トイレのピエタ
  • 劇場版 MOZU
  • BLEACH
  • 繕い裁つ人
  • パーフェクトワールド 君といる奇跡
  • スキャナー 記憶のカケラをよむ男
  • 愛を積むひと
  • 楽園
  • イン・ザ・ヒーロー
  • メアリと魔女の花(声の出演)

【ドラマ】

  • 緊急取調室(2014)
  • ドラマスペシャル 緊急取調室
  • いだてん~東京オリムピック噺~
  • ハケン占い師アタル

 

 

早乙女太一のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 忘却のサチコ
  • 忘却のサチコ 新春スペシャル
  • ふたがしら
  • ふたがしら2

【舞台】

  • 薄桜鬼 新選組炎舞録

 

長澤まさみのU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 都市伝説の女
  • 都市伝説の女 Part2
  • 東野圭吾「分身」

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました